FC2ブログ
アクセスランキング

元部下の結婚披露宴に呼ばれて行ってきた

私は、若い頃をバブルで過ごしたせいで女癖が悪いアラフィフオヤジなのだ。
先日、2年前まで単身赴任していた支社のある街に元部下の結婚披露宴に呼ばれて行ってきた。

元部下の新郎は31歳、27歳の美人新婦は、短大卒の新人だった21歳から25歳までの4年間、私の愛人をしていた不倫女なのだ。

哀れな新郎は、穴兄弟とも知らず元上司を披露宴式に招いたのだった。
新婦もシレッとした顔でお澄まししているが、内心穏やかではなかっただろう。

招かれた中には、休日、私と新婦がドライブしている時に出くわした者もいたから、もしかしたら何人かは事情を知っているかもしれなかった。

新婦の処女膜を破ったのは残念ながら私ではなく、新婦が短大1年の時に付き合っていた大学3年の男だ。
その元彼に両足を大きく拡げられて、晒された女陰を舐められて、羞恥と快感で悶絶したあと、男根で処女膜を破壊されたのだ。

その後、元彼の男根を深々と突き立てられながら元彼に抱き付いて、狂ったように腰をクネらせるようになったのだ。


私に初めて抱かれたのは新婦が21歳の夏だった。
既婚中年上司の私のクンニに、仰け反ってイッてしまい、
「元彼より、何倍も気持ちいい前戯だった・・・」
とウットリしていた。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2018-09-26(Wed) 15:10:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

誰もいない昼休みのオフィスでフェラ抜き

ある日、会社(支店)にて取引先を含めた会議が行われた。
俺はその会議にまったく関係ないので、デスクで仕事。
で、お昼ごろになると会議のメンバーがみんなメシにGO。
気がつくとオフィスは俺と同僚だけ・・・。
(『同僚』じゃ気分が出ないので『真美』としておく)

極小オフィスなので人がいないのはすぐわかる。
念の為、小会議室、大会議室ともにチェック。
誰もいない・・・ニヤリッ。

そそくさとコピー機に近づき、来てないの承知で自分宛のFAXがないかチェック。
コピー機のすぐ前が真美のデスク。
一心にキーボード叩いてる。
あ、俺が依頼した仕事だった。

スッと後ろから近づく。
真美も気づいて、ちょっとタイピング速度が落ちる。
肩に手を置くと小さくビクッとなった。
ドキドキした。

(「何すんのよ!ド変態!」とか言われてキレられたら・・・)

とか考えつつも、肩に置いた手を払う素振りもない。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2018-09-26(Wed) 12:10:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

居酒屋で仲良くなった夫婦の奥さんが酔っ払っていたのでホテルに連れて行った

行きつけの小ぢんまりとした居酒屋に訪れる政夫・京子夫妻と何時しか意気投合し、互いに連絡先を交換する仲となって久しくなっていました。

政夫は大手企業の中間管理職の51歳で私の1歳下。

京子は福祉系の派遣社員の46歳。

2人には子供がなく、周囲が照れてしまう程の仲の良さ。

政夫はどちらかと言えば派手に飲んでいつしか飲まれるタイプ。

決して強くはないのであろう。
それに対し、京子は淡々と飲むタイプで、間違っても乱れることのない方。

実はこの京子。顔立ちは地味系で、お世辞にも美人とは言い難いが、私の初恋の少女の面影が時折見え隠れし、初対面の時から心惹かれていました。

我社の歓送迎会が企画され、二次会までは顔を出していたものの、三次会以降は若者だけに場を譲り、近場の小料理屋へ身を潜めるように移動しました。

カウンター10席と小上がりのテーブル1卓しかない、私好みのタイプの店は絶えず客が出入りし、繁盛していたが、何より嬉しいのが、一見の私が遠慮せずに会話を楽しめる店でした。

どれほど飲んだだろうか。

小上がりのグループから1人の女性が仲間に別れの挨拶をした後、覚束ない足取りで出入口付近に座っていた私の方へと歩み寄ってきた。間違いなく京子であった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-26(Wed) 10:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

居酒屋で店員さんにバレないように足をのばして足コキされた

セフレ掲示板で見つけた「彼氏と別れて淋しい」という投稿にメールしてみたところ返信がきた。

最初は別れた彼氏の愚痴話。

僕も彼女と別れたばっかりだったのでお互いの傷の舐め合いメール。

何日かメールを続けたある日、よっぱらっていた僕は酒の力を借り思い切ってエロ話へ移行。

送ったメールは「心の傷の舐め合いはもうやめにせえへん?気持ちええとこの舐め合いしよや」放流されるかと思いきや、なんとこれが好反応!女心は分からん。

それからというもの、普通の話もエロ話もオープンに二週間ほどメールを続ける。

メールを続けて分かった事が一つ。

彼女はかなりのS。

別れた彼氏がS男だった為、我慢のエッチの連続だったらしい。

そこで・・・「俺で試してみる?好きなようにしていいよ」とメールをし面接が決定。

ちなみに僕はプチM男です。

最高です。

続きを読む・・・

ネットでの出会い | 【2018-09-26(Wed) 09:20:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

夫婦交換で妻が緊縛調教されるアブノーマルなSEXビデオ

一度体験してしまうと夫婦交換というアブノーマルな世界からなかなか抜け出せなくなります。


四十路夫婦の私達は夫婦交換歴6年目になりました。


数回の夫婦交換、スワップSEXを経験した私たちには、それぞれのお気に入りのお相手ができ、デートしたらお互い報告をするという約束で新たな道を進むようになりました。


妻のお気に入りは自分より年上の中年好みで、五十路前半の加藤さんで夫婦


そのご夫婦とは一度目のSWから3回目の時には単独男性1名を加えて、5回目の時にはさらに単独男性2名を加えた複数プレイをするまでにエスカレートしていったんです。


その後はそれぞれで単独デートを楽しんだりしていましたが、私にはお相手の奥様にはあまり興味がなく、私とお相手の奥様とは疎遠になっていきました。


妻と加藤さんは月に1度ほど加藤さんが私たちの住んでいる街まできています。


待ち合わせの場所で加藤さんの車に乗り換え郊外のラブホで一時を過ごし、また妻の車のところへ送って帰るのデートが主体でした。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2018-09-25(Tue) 22:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

主人の同僚に主人の浮気を相談した結果・・

私は43歳で会社員、彼(52歳)はバツイチで主人の同僚です。
時折、家にも来る事がありましたが、私は本当に主人の同僚としか見ていませんでした。


それは2ヶ月前のことです。
どうやら主人が浮気をしているらしく、その方に恥ずかしながら相談しました。
彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから、私の気持ちを理解してくれると思ったからです。
彼はとても親身に相談に乗ってくれました。


主人とは数ヶ月、夜の営みはなく、いわゆるレス状態でした。
私は“相談”を口実にして彼と会うようになっていました。

私の中ではすでに彼に対する想いが膨らんできていたのかもしれません。
彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。

そんな時、初めて車の中で引き寄せられ、唇を奪われました。
初めは抵抗しましたが・・・。
今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。
それもあり、主人の浮気については彼のアドバイスもあり“知らないふり”を通していました。
でも本当は我慢の限界でした。

そんな時、主人の3日間の出張が決まりました。
もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-25(Tue) 21:10:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

年下の女王様にいじめられてマゾイキしまくった

私は23歳のOL、優子です。

先日、レズの出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢うことになり、指定されたホテルの部屋に。

「えっ!ここは・・・」

怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノック。

「あの・・・優子です・・・」

扉が開き、あきさんが・・・。

「初めまして・・・今日は宜しくお願いします・・・」

ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する。

「そう、早く入りなさい」

女王様の格好になっているあきさん。

「あそこに掛かっている縄、取って」

そう言って壁にかかっている縄を指差した。

「あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。ど変態だから、もうその縄気に入った?縄を渡して、服を早く脱ぎなさい」

縄を受け取る為に手を出し、身体の隅々まで見通すようなやらしい目で私の身体を観察してくる。

あきさんの女王様衣装に戸惑う。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2018-09-25(Tue) 16:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

憧れていた美人課長と待望のエッチ!

私は31歳北国の男です。
東京の私大から東京の会社に就職しました。

29歳の時に両親そろって体調不良になり、一人息子としてやはり面倒見ないといけないので30歳の区切りで地元に帰る事にしました。

地元の会社になんとか再就職を決めました。
引き継ぎ業務と送別会も済んで、あと2日で東京とオサラバで田舎暮らしか・・としんみりしてたら、上司の美人課長・亜紀34歳から飲みに誘われました。

超難関の国立大卒で仕事も出来て、しかも美人!私は自分の成績を上げるというより、課長に誉められたい思いで仕事に邁進してました。
実際、私の営業成績はかなり優秀でした。

イタリア料理を食べながら仕事の思い出話に花を咲かせました。
2軒目のバーに行くとプライベートの話になりました。

課長は彼氏から結婚を申し込まれてるけど仕事が楽しくて今の生活リズムを崩したくないみたいでした。

「野田君がいて課長として助かったんだよ。笑
何かお礼させて!何がいい?時計とか?笑」

私は酔いもあり最後だし大胆に攻めました。

「出来れば・・課長が欲しいです・・笑」
「えっ?私?・・も~何言ってるの!笑。冗談だよね?笑」
「冗談じゃないですよ・・ずっと課長に憧れてましたから!」

会社を辞めなければ絶対言えないセリフです。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2018-09-25(Tue) 15:10:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

単身赴任先で出会った愛くるしい人妻

社内の派閥争いから名古屋支店に左遷。単身赴任4年目を迎えた40代前半の会社員です。

第二営業部次席とは云っても部下は定年間際の2名のみ。
単身赴任当初は、毎週末に帰省(都内)し土曜の午後、妻との買い物が終わると日曜の昼頃まで愛妻を相手に性的なストレスも併せ発散していたが、支店の業績低迷から毎週末に帰省が出来なくなって半年、仕事帰りに立ち寄った100円ショップ(キャン○○)のレジー係・明美さんと知り合った。

明美さんは小柄でぽっちゃりした体型でまるで「小狸」のような愛くるしい瞳の熟女。
妻に感じたことのない魅力にショップに通う毎日が楽しく、単身赴任の寂しさやストレスもあって105円の支払の時に携帯番号のメモを渡すほどのアバンチュールの対象となってしまった。

メモを渡して3日経っても電話がなく、ダメか?と諦めていた矢先。
見知らぬ着信番号に出ると「どうしようか迷っちゃったけど、電話しちゃった!」と明美さん。

俺はこのチャンスを逃してはと焦りながらも「都合の良い日に食事でも」と誘ったら明後日は早番なので午後1時にパートが終わるとのことで会う約束をした。
その晩、俺は明美さんとの淫らな幻想を描きながら固く隆起する下半身を慰めた。

2日後、外回りを口実に外出し駅前でレンタカーを借りて待合わせの場所に行くと、
いつもの愛くるしい瞳の明美さんが、店でのエプロン姿とは違って短めの紺のスカート、薄水色のブラウス姿で立っていた。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-25(Tue) 12:10:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

冴えない私の唯一の武器は20センチ砲です

私は単身赴任中の会社員です。

もう年は52歳になります。

いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。

ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。

それは、ずばり「チンポ」のサイズです。
特に長さなんですが、勃起したらなんと20センチを超える長さです。

単身ながら、妻とうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。

なにせ、わたしのチンポが大きすぎて、ほかのチンポに浮気される心配ないのです。

(自分が思っているだけなのかもしれませんが、、)

ちなみに、隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。

子供さんは1人おられるのですが、大学生で、家から出ているので、だんなさんと2人暮らしです。

かすみさんは、年の割には、スタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが僕の一番の気になるポイントです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-25(Tue) 10:10:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*