FC2ブログ
アクセスランキング

ゆっくりピストンをはじめると、泣きながら感じていました 2

裕二は優子のカットソーを脱がしました。
すると優子の巨乳がブラジャーに包まれてるのが見えました。
片方のおっぱいは半分出ていて、乳首がブラの境目から折れ曲がるようにして飛び出しています。
僕はこんな形で優子のおっぱいを見れるとは思っていませんでした。

優子は力が入らないような感じで、裕二にあっという間にブラも取られてしまいました。
手で隠そうとしてんですが、裕二に両手をつかまれるとあっさり開いて見せてしまいます。

「うわ、でっけーおっぱい、うわーすげー乳輪ちっちぇー」
「ハァハァ、だめぇ、恥ずかしいよぉ、見ないで、ハァハァ、いあやぁ」
「お前乳首ピンコ立ちじゃん、変態じゃん」
「変なこと言わないでぇ、恥ずかしいよ、ハァハァ、おかしくなっちゃうよ」

裕二は後ろからおっぱいを乱暴に揉みしだきながら乳首を転がして耳を舐めています。

するとまたすぐに優子が
「ああ、ダメ、またぁダメ、あああ、はぁあ、っくぅうう、うっ、あああ」
と叫び体を硬直させながら仰け反ってイッてしまったようです。

僕は優子のこんな獣のような声を聞いたことがありませんでした。
首筋に血管を浮き上がらせて激しく苦しそうに悶えています・・・
でも優子は抵抗するどころか気持ちよさそうにしていました・・・

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-05-22(Mon) 22:10:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ゆっくりピストンをはじめると、泣きながら感じていました 1

今から10年以上も前ですが、大学生の頃の話。
僕は20才、彼女もいなくて童貞でした。
でも好きな女の人はいました。
その人は同じ年でA○Bの大島さんに似ていたので「優子」とします。

優子は別の大学に高校時代からの彼氏がいました。
僕も彼氏を見たことがありますがかなりイケメンでした。
優子は派手ではないけれど、清楚で清潔感があって、近寄りがたいオーラがありました。

飲み会の時になっても下ネタにはあまり参加しないでニコニコして聞いてるだけで、話をふっても笑って答えないような可愛らしい女の子でした。
彼氏がいるのだからエッチはしてるんでしょうが、それが全く想像できない人でした。

夏になると皆で海に行ったことがあって、そこで優子が巨乳だって事に気づきました。
本物の大島さんもおっぱいが大きですが、もっと肉づきがよくて大きいです。
その日を堺に何度も優子でオナニーをするようになりました。

そうして僕にとって優子は憧れの女性で、最高のオナペットになってしまいました。

でもたぶん僕だけではなくて、友達も皆同じだったと思います。
僕の周りには二十歳をすぎても童貞はいっぱいいました。
今思うとイケてないグループなんだろうなって思います。
優子は真面目な女の子だったから可愛いとはいえ、僕たちと遊ぶことが多かったのが幸いでした。

そんな幸せ?な学生生活だったのですが、友達の一人の和幸というやつが、僕たちの空気を壊すようになっていきました。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-05-22(Mon) 21:10:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

嫁の過去の恋愛経験を聞きながらエッチする子育て中の夫婦

うちの家庭は子供が出来てからは夫婦の寝室は別室。

うちの子供は夜泣きが激しくて私が寝不足で、仕事に影響がないように妻(明美・30)の計らいです。

土曜日は妻をゆっくり寝かせてあげる為に、私が赤ちゃんと一緒に寝るようにしています。


そんな優しい妻との夫婦の営みの合図は、部屋にこっそりと忍び込んでオッパイを2回揉むことが合図。

そして俺は自分の部屋で布団に素早く戻り待機。

妻は丑三つ時だろうが俺の部屋にきて俺の布団に潜り込みフェラをする。

いつでもH、OKな妻なんだ。

仰向けに寝てる俺。

妻は右手で竿をこすり、左手は乳首に。

ちなみに俺は右の乳首のほうが感じる。

俺の竿が長竿になると妻は長い舌を俺の口に入れながらキスをしてくる。

俺も舌を絡めながら、両手でDカップの巨乳のおっぱい揉み揉み。

「んっ」感じやすい妻が喘ぎはじめる。

続きを読む・・・

恋人・妻との体験 | 【2017-05-22(Mon) 00:30:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

旦那と行った旅行先で入った混浴でのエッチ体験

旦那と旅行に行った時の話。

旅館に向かう途中、温泉の看板を見つけて寄って行く事になりました。

そこは混浴露天呂!

やめとこうと私が言うと旦那は入りたそうだった。

あれこれと説得されて入る事に…。

旦那は、露出好きなんです。


今までは人気の無い所で車の中や野外でのエッチを旦那は好んでいたんで、混浴風呂は旦那の欲望を叶える場所!

私を他の男達に晒して、興奮した旦那は後で旅館でエッチする事を考えていんです。

以前にもネットで知りあった2人を家に招いて私を酒で酔わして、寝取らされた私。

それを思い出しては、旦那は興奮していた。

渋々旦那のネタ作りの為に温泉に行って、覗いて見ると三組の夫婦らしき人と数人の男性が入浴しているのが見えた。

他に女性が居るのならと少し安心した私。

旦那は他の女性も居るんだねっと嬉しそう。

私も良かったわ~なんて言いながら脱衣場へ。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-05-21(Sun) 22:10:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

あたしが濡れすぎるから【エッチ体験談】

彼女は「ヒロくんは肩が広いねー」「背中が大きくて格好いぃ」と言ってれました。
そして肩にチュっとキスをしてくれた時に背中に当たったタオル越しの胸の感覚が今も忘れられません。

何度かお湯を掛けてもらった後、誘われて一緒に湯船に向かい合いで入りました。

彼女はまだタオルで隠したまま。
俺も下半身はタオルで隠したまま。

家庭用の湯船は二人で入るにはもちろん狭く、彼女の脚と俺の脚は自然と絡み付く位置関係に。
しかし俺は緊張したまま微動だに出来ず、彼女の脚の体温を感じるものの押し付けることもできませんでした。


「彼女は初めての彼女?」

「そうです・・・」

「じゃ、ヒロくんは女の人のことまだ知らない?」

「・・・はい・・・」

そんな会話を湯船に入ったまま二人ぎこちなくした記憶があります。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-05-21(Sun) 21:10:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

フェラチオの上手い熟女看護婦【エロ体験談】

地元で、たまーに噂に出る病院内でエッチなことしてくれる看護婦の話。
嘘か本当かもわからない、都市伝説のようなものだと思ってた。

そんな話があったのかも忘れていた時、ちょっとした事故で骨折して噂の病院に入院することになった。

自分は忘れていたので、たぶん普通の入院生活だったが。どこで聞いたのか、昔の悪友がお見舞いに来て「どうだった?やっぱいるのか?」と耳元で囁いた。

なんだよ気持ち悪いなと思ったが、「忘れたのかよ、こっそり抜いてくれる看護婦の話。ここだろ」とまた耳打ち。

「あー、そんな話あったな」

確か、10年以上前からある話だ。

本当にいたとしても、相当な熟女だろう。

冷静に考えたら本当にどうでもよくなってきたが、入院生活が長くなり、リハビリも始まる頃には夜な夜な悶々としてきてしまうが、丁度利き腕が使えない状態では、こっそりオナニーもできない。

別の見舞い客が置いていったエロ本も手伝って、欲求不満はピーク。

頭が冴えて眠れず、タバコでも吸おうと思いながら、なんとなく深夜の病院内を歩いていたら、薄っすらとドアが開いた個室から光が漏れ、変な音がしていた。

時間は2時だったか3時だったか忘れたが、出そうな時間だった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-05-21(Sun) 00:30:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

妻の浮気は義妹の罠だったのかもしれない【不倫体験談】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。
妻は44歳の主婦で、火、木だけパートに出ていました。
子供は3人いますがそれぞれ遠方に就職しました。

妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。
性格も良くて優しくて、少し恥ずかしがり屋で清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。
胸はEカップですが、ブラを着けないとかなり垂れています。
陰毛は薄いほうでオマンコも見た目は綺麗なのですが、締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。


妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが、顔は同じように可愛い系の美人で、スタイルも妻よりは良く、オマンコの締りも抜群です。

そう、私は妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながら5年以上経っていました。

そんな義妹のH美から、妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。
仮に、万が一にも浮気していたとしても、妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・・。


そして運命の4月20日の火曜日。
少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。
妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

続きを読む・・・

不倫・浮気 | 【2017-05-20(Sat) 23:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

田舎から出てきた女子大生をバイトに雇い処女をいただいた体験談

私は小さな医療機器のメンテナンスを営んでる経営者です。

横浜で大きな医療関係の展示会があり、出店したので、バイトの女性を求めていました。

たまたま、夏休みの女子大生が応募してきました。

20歳になったばかりで、色白で控えめな女性で、秋田から都内の大学に入り大学の寮にいるそうで、いっぺんに気に入り採用しました。


展示中はよく気がついて助かりました。

夏休み中はどこかに行くのかと聞いたところ

「どこにも行きません」と言うので、

「よければ夏休みの間、うちでこのままバイトを続けてもらいたい」と話したら、「お願いします」言って翌日からオフイスに来ました。


会社には社員が私の他に男性が2名で得意先のメンテナンスをして、私と彼女だけで、昼食は彼女を連れて近くのファミレスや、レストランで済ませてました。

食事をしながら、親ものことや、彼はいるのとか聞くと、

3人兄妹の末娘で男性とは無縁だったようで、甘えん坊のように見受けられ、世間知らずで夕食に誘うと喜んでついてきて、カラオケに誘うと初めてのようで珍しがっていました。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-05-20(Sat) 22:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

清純なお嬢様系彼女が寝取られて異常なほど興奮する変態カップルに

私の彼女は、可愛い清純派で、絶対浮気しなそうなタイプで、最初は彼女が俺以外の男に抱かれる想像もできませんでした。

なんかそういう世界とはかけ離れたキャラだったんですよね。



でもだんだん、俺の中で変な妄想が膨らんで、そんな清純派で育ちの良い上品な彼女が他の男にヤラれて寝取られているところを想像して興奮するようになってしまったんです。

その内我慢できなくなって彼女に浮気をすすめました。

「なあ、浮気してみたくない?理沙が他の男としちゃった話聞きたいなぁ」

「え?そんな事出来ないよぉー」

根がまじめで3年間一度も浮気なしの子だったから、最初はやっぱり断固拒否でした。

でもいざセックスが始まったら、やっぱり女の子も興奮しますよね?

だからそういう時を狙って集中的にその話題をふってみることにしました。

挿入中、もうわけわかんなくなるくらい感じちゃってる時を見計らって、催眠術の様に繰り返し誘惑しました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-05-20(Sat) 21:10:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

女性の体、色や形等についての話

1. 女性の体、色、形又スワップ等について  投稿者:超熟年 投稿日:2014/11/14(Fri) 23:55 No.9320

かなり長く生きて、それなりに女性との関係も持ちましたが、どうも多くの人が書いている事がおかしいと思い書き込みます。

まず一番に、女性のオマンコ、の色形の事。
最近は小学校でもペニス、とかワギナと云う言葉を教えるらしいですが
そのワギナとはどこからどこまでなのか知りませんが
まあ、大陰唇から小陰唇、一番大事なクリトリス。膣前庭あたりでしょうね?

そしてまず殆どの書き込みに、「セックスをし過ぎると色が黒くなり、ドドメ色になる」
と云うやつですね!あれは絶対に嘘。
ならば娼婦のオメコは真っ黒で
貴方の奥さんのオメコは綺麗なピンク色をしてるのですか?
恐らく奥さんより綺麗なおまんこを持った娼婦の方が多いかも


そりゃあ幼稚園、小学1~2年位の子でドドメ色したオマンコの子はいないかもしれないが
もう中学、高校ともなれば、おまんこの色形、ついでに肛門まで
「げっ」っと言いたくなるようなものをお持ちの女性は幾等でもいます。

乳房も同じ事で、乳輪が大きい、黒い何てのも唯の個人差
幾等揉んだからと言って大きくも乳輪が黒くなる事はありません。
綺麗な子はいつまでも綺麗だし、そうでない子はずっとそのまま。

朝鮮人の事は知りませんよ?あいつ等は足の骨まで継ぎ足すらしいから?
私は娼婦を買った事は仕事がらみでしょうが無く数回は裸を見ましたが、SEXはしませんでしたが、それらの女性は言うなれば十人並み
顔は化粧で綺麗だけれどモデルの様な腰がくびれた女でもなく、オマンコの色も普通で不細工な事もない
極普通の女性でしたね。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-05-20(Sat) 00:30:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*