FC2ブログ
アクセスランキング

失ったもの【寝取り体験談】

結婚して12年、36歳の専業主婦です。夫は40歳で子供は二人います。
夫の年収は1,000万円を超えていますので、比較的豊かな暮らしが出来ています。

夫も私を大切にしてくれ、週3回の営みも毎回逝かせてくれます。私は一見幸せそうな奥さんに見えるかもしれません。


24歳の頃、私は2年間付き合った彼氏を裏切り、今の夫に抱かれました。そして出来婚…

とても優しかった彼と2年間付き合っているうち、その優しさが弱さに感じてきました。私を優先してくれているのか、それとも自分で決められないのか…優柔不断に思えて苛々していました。

デートもセックスも、いつも私主導でした。
「もっと男らしくしてよっ!」って思っていました。

私は昔から可愛いといわれてきましたし、自分でも可愛いと思っていました。だから、私なら、ただ優しいだけの彼よりもっといい男性がいたら簡単に乗り換えられると思いました。


そんな時、友達とその彼氏と私達4人でクリスマスパーティーをしました。友達は私と違ってしおらしい女性です。長いストレートヘアに整った顔をした物静かな淑女で、私と正反対でした。ミッション系の短大時代からの付き合いでした。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2018-07-18(Wed) 13:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

再会した幼馴染と大人のお医者さんゴッコ

「トモ君?」

「千佳?」

私25歳、千佳23歳、11年ぶりの再会でした。

公営住宅のお隣だった千佳とは、小学 生の頃、よくお医者さんごっこをしているところを見つかって両親に叱られていました。
そんな仲だった千佳は小学校を卒業する時、新居を買って引っ越していきました。

当時中2だった俺は、まだガキだった千佳に恋心が芽生えていたことにも気づかずにいましたが、お別れに涙する千佳を見て、初めてそのことに気付き、居なくなってから千佳が愛しくなりました。


私は高校、大学と新しい恋愛を重ねていくうち、千佳のことはすっかり忘れて、目の前にある生の女体に夢中になっていた、単なるサカリのついた牡でした。
就職してからも同じような恋愛をしていました。

「私のことが好きなの?それとも私の体が好きなの?エッチしたいからデートに誘うんだったら私じゃなくてもいいでしょ!」

約2年間付き合った同い年の同期社員と破局して、ヤケクソで参加した合コンで千佳と再会したのです。

続きを読む・・・

恋人・妻との体験 | 【2018-07-18(Wed) 12:10:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

彼氏が横に寝ているのに彼氏の親友と・・

当時、私は4年くらい付き合った彼氏がいました。
しかし、彼に対する気持ちはまだあったように思いますが、彼の親友のK君の事が気になって仕方なかったんです。
3人で遊ぶ事も多くなっていました。
K君はうっとりするほどの美男子なので、どうしても彼氏と比べてしまいます。


あれは仲間内でコテージを借りて忘年会をした夜の事でした。
仲間内で20人くらいが集まり、それぞれ彼女を連れてきたりしていました。

皆すっかり出来上がって、それぞれ雑魚寝状態でした。
最初から”Hは無しで”という忘年会でしたので、男女別々に部屋を分けていたのですが、先に潰れてしまったあたしが寝てた部屋に、彼氏含め、ゾロゾロと男子がやってきて、男部屋になってしまったようなんです。

それもそのはずで、女部屋はカップル専用になっていたみたいでした。
ふと目覚めた時、あたしの右横には彼氏がいて、すっかり酔っ払って寝ていました。
そして左隣にはK君が寝ていました。

「マズいな…」
そう思いつつ、あたしは彼氏の方に少し移動しました。
しかし、彼は壁側を向いて寝ています。
隣のK君を見ると、すっかり寝入っているようでした。


そして私もいつの間にかまた眠ってしまいました。
お酒と眠気とで朦朧とした意識の中で、誰かがあたしの手に触れているのが分かりました。

続きを読む・・・

不倫・浮気 | 【2018-07-18(Wed) 10:10:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

理性がぶっ飛び生挿入【出会い系体験談】

彼女の名前はM子。

容姿はそれほど良いわけではありませんが特別悪くもありません。

体系は少しぽっちゃりしてるものの、結構巨乳でパイズリも楽しめます。

年は19歳で肌もまだピチピチです。

セフレ掲示板に冗談半分で投稿した際、メールをくれたのがM子でした。

即お互いのアドレスを交換し、色々と話しをしました。

その時に彼氏、セフレがいると言っていたのですが、お互いの写メを交換するとM子の反応が一変しました。

彼氏はいるけど遠距離だとかセフレはおじさんだからあまりできなくて不満だなど、ことあるごとにエッチしたいエッチしたいとメールしてくるようになりました。

これは好機と思い「じゃぁセフレなる?」と聞くと

「いいよ。ってかセフレなって♪今週の水曜日にホテル行こ!!」とメールがきました。

即OKメールを送り、朝から駅で会う約束をつけました。

続きを読む・・・

ネットでの出会い | 【2018-07-18(Wed) 07:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

愛撫するとハスキーボイスで鳴くセフレ

上野のテレクラで待つこと1時間、電話が。

24歳で仕事帰りとの事。
月に2度くらい、電話しているらしい。

早速、丸井デパート前で待ち合わせ。
165cmくらいの女だった。


顔はまあまあか。
スタイルは良好だった。

近くのラブホで2時間楽しんだ。


仕事を聞くと不忍池近くのマッ◯の店員で、店長代理をしているらしい。
山中理恵(仮名)という女の子だった。


彼女だけシャワーを浴びてそのままSEXに及んだ。
体つきは若いせいか弾力が有り、とても良かった。

白い歯に、ハスキーな喘ぎ声。
キスやフェラも上手で乳首やクリなど愛撫すると、ハスキーボイスで鳴くばかり。

続きを読む・・・

セフレ | 【2018-07-18(Wed) 06:10:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 3

ユミはベルトは外し終えてジッパーを下げ、僕がユミのワンピースにしたようにストン、とはいかなかったけど、スリムタイプのパンツを足元もまで下し、僕が従順に脚を上げると足首からスルリと抜き取った。

ユミの目の前にはパンツを大きく盛り上がらせて(とは言え僕のは標準サイズだけど)、しかもすでに先っぽを湿らせているそれが存在を示威している。

そっとペニスの先に人差し指を当てるユミ。続いて掌で包み込むように優しく棹をなで上げる。

しゃがんだユミを上から見下ろすと、大きな胸とそれによって作られる深い谷間、しっかりとくびれたウエスト、

そして大きく張り出したヒップラインなど幾つもの曲線を描いてシンプルに美しく感じる。

「先、もうヌルヌルしてきちゃってるよ」

年上っぽい余裕たっぷりの笑みを浮かべてユミは僕を見上げて言う。

改めて言われると若干の恥ずかしさを感じるけど、開き直ってこの場の雰囲気を盛り上げることに徹することにする。

「ユミみたいな美人さんのそんな姿見せられてこういう風にならない男がいたら疑いなくゲイか下半身に深刻な悩みを抱えていると見るべきだよ」

「そんなまどろっこしいいかたされたら褒められてる気しないんですけど」

口調は批判めいているけど表情は全くの裏腹だ。

続きを読む・・・

ナンパ | 【2018-07-18(Wed) 01:30:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 2

ユミは僕がすっかり立ち上がるのを待たずにしっかり腕を回して俺に寄り添いフロアへと半ば引っ張るような勢いで歩く。

左腕に柔らかな胸が押し付けられその弾力を感じとろうと全身の神経が僕自身の意志とは関係なく集中しているように感じる。

ただし目線は僕の手の甲に添えられた左手薬指の指輪を捉えた。

年齢の話はしてもなぜか男友達は二人とも指輪には一切触れていなかった。

フロアスペースは踊るというより軽くステップを踏んで身体を揺する程度の隙間もないほどごった返していた。

遠くからは確認できたヒロシの姿は人混みに入ってしまった今となってはもう見えない。

ユミは僕の正面に回りこんで、胸元を押し付けるように僕に密着して巨大なスピーカーから流れるダンスクラシックスの音量に負けないよう耳元で大声を出した。

「人、凄いね、ちゃんとはぐれないようにね」

そう言って僕の背中にしっかりと手のひらを当ててぎゅっと抱き寄せる。

軽く口角を上げて微笑みだけ返し、僕もユミの腰元に手を置き少しだけ抱き寄せる。

あちらこちらから奇声に似た歓声が頻繁に上がりむっとするような熱気に汗ばんでしまう。

続きを読む・・・

ナンパ | 【2018-07-18(Wed) 00:30:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 1

週末の名古屋は熱い。

元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。

そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。

27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、

こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。

変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。

その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。

雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、

ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、

なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。

続きを読む・・・

ナンパ | 【2018-07-17(Tue) 23:10:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

主人に月一、バイアグラとトノスで愛してもらっています

主人52歳、私42歳の夫婦です。


主人はもともと精力の強い方では無かったのですが、50歳を過ぎた頃からジョン君(主人のモノをいつもジョン君と呼んでいます。)の元気がなくなり、私が必死でご奉仕してもなかなか元気になってくれず、やっと元気になってもあっと言う間にお終いという感じで、とても残念な日々を過ごしておりました。


そんな私の気持ちを主人も感じていたらしく、

「通販でバイアグラを購入して試してみよう!!」と言ってくれました。


私は内心そんな薬がどれほどの効果があるのか半信半疑でしたし、ちょっと怖い感じもしましたが、これも主人の愛情だし、ちょっと好奇心もあったので

「貴方が試したいなら、いいわよ」と快く承諾いたしました。



薬が届いた週の日曜日、「せっかくだから久しぶりにラブホに言って試してみよう。」と言うことになり、若い頃に行き付けだったホテルにフリータイムの時間帯を選んで行くことにいたしました。


薬は空腹時の方が効くらしく、朝食はコーヒーだけで済ませ、私は久しぶりに赤のTバックの勝負下着を身に着け、主人は早打ちマックですので、勝負の時にはいつも2時間前位にトノスと言う塗り薬を使用します。

続きを読む・・・

恋人・妻との体験 | 【2018-07-17(Tue) 22:10:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

綺麗でスタイルのいいお向かいの奥さんと淫靡な関係に

先月妻の実家で不幸があり、帰省したのですが私は仕事上どうしても長くは滞在できず、妻や親戚に申し訳ないと思いながらも一人で帰ってきました。

翌日仕事を終え帰宅すると、夕飯の材料を何も買わずに帰った事を後悔しながら、ビールとつまみを買いに近所のコンビニに出かけました。


レジで会計を済ますと後ろから「OOさん?お帰りだったんですか?」と声をかけられ、振り向くとお向かいの奥さん美紀さんが立っていました。32歳と言う話しですが、少し若く見える色っぽい女性です。


以前からプロポーションに引かれ、見かけるといやらしい想像をしながら、体を観察していた奥さんでした。やはり今夜も大きな形のよいおっぱいがよくわかるクリーム色のセーターに、生足が眩しいミニです。


事情を説明しながら家まで歩いていました。

すると
「私も今日は主人が出張で、これから一人で夕飯なんです、よかったらどうですか?」
「いや、そんなずうずうしい事・・・」
「いえ遠慮なさらずに。先日は私が奥様にご馳走になってますし、」

そんなやり取りの最中も目は彼女の体を嘗め回してました。


食欲よりもっと彼女を見ていたい性欲に負けて、ご馳走になる事を承諾しました。どうぞと招き入れられお向かいに上がりました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-07-17(Tue) 21:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*