FC2ブログ
アクセスランキング

3人の女とやりまくった免許合宿 2

俺「あ、あー・・・えーっと、向かいの席いい・・・?」

めぐみ「・・・は?」

ナンパ経験のない俺には、見知らぬ女性に声を掛けるテクニックなどない。

俺「いやー、俺とあっちに居るしおりってやつと2人でご飯食べてるんだけど、一緒に食べないかなー」

めぐみ「2人・・・?いいけど」

渋々ながら了承していただけた。
いや、しかし可愛い。
小さくて、ちょこんとしてて。
性格がちょっときつめのしおりと四六時中一緒に居たからか、そのしおらしさに少しだけときめいてしまう。

3人で昼ご飯を食べながら色々と話した。
めぐみとしおりが同年代なこと、趣味は車なこと、俺たちより早く合宿に来たということ。
しかし、「今何してるの?」という質問に対しては、妙に歯切れが悪かった。

「コンビニでバイト・・・かな?」みたいな感じ。

今流行りのバックラーかなとか考えたが、俺自身が人に胸を張れる職業に就いてないので、仕事の話はスルーして、「晩ご飯も3人で一緒に食べよう」と誘う。
宿泊ホテルも一緒だったのは幸運だった。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-06(Wed) 22:10:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

3人の女とやりまくった免許合宿 1

<登場人物>
俺:20歳、高卒、フリーター、顔面ランクE。
しおり:18歳、浪人生、Fカップ、柴崎こう似。
めぐみ:18歳、フリーター、貧乳、風俗勤め。
さつき:20歳、大学生、貧乳、処女。

適当にバイトをしてネトゲ三昧の毎日。
いい年して定職についてない上に、身分証が保険証しかないのはまずいと思い、ちょっくら運転免許を取ることにした。

一人暮らしをしていて親の脛はかじれないので、金はわずかな貯金とア◯ムで借りた金を使った。

バイクも乗りたかったので、自動二輪と普通免許の同時教習。
費用は35万ぐらい。
日程は3週間ちょいだった。


適当に手続きして、合宿当日。
地元から新幹線で移動し、到着した駅には『免許合宿の方はこちら』と書かれたプラカードを持った男がいた。

もそもそと男の所に移動。
どうやら俺が最後の一人だったらしく、合宿メンバーは俺以外で既に5人が集まっていた。
合宿免許の衰微期だったのもあるが、『合宿免許は出会いがある』とネットで得た知識をもとに、過度な期待をしていた俺は参加者が少ないことに幻滅し始めていた。
そこからプラカードの男に言われるまま、移動バスに乗り宿泊先のホテルへと移動。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-06(Wed) 21:10:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

電動歯ブラシオナニー体験告白

あやです。
今は、Tシャツと短パンはいてベッドにいます。

あやが妄想でおじさんにエッチな命令をされるのを想像してオナニーします。

今、電動歯ブラシを持ってます。

クリちゃんにあてると感じちゃうので、使ってもらえると嬉しいです///

はい、おっぱいもみますね//

もう、クリちゃんがうずうずしちゃって、腰が動いちゃいます///

いつも電動歯ブラシでクリオナしてるの?

週に何回くらいオナニーしちゃうのかな?

だめだめ、今日は簡単にさせてあげないからね?

あやのおっぱいは何カップかな?
姿見とかがあったらそっちに移動してね。

Tシャツの上から指先で乳首さがして、コリコリってこすってあげて、ブラしてたらはずしてね。

はい、いつも電動歯ブラシ使って、いっちゃいます///

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-06(Wed) 00:30:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ホテルの管理職はアイドルや芸能人の黄ばんだシミパンツを見れる

これは実話では無く、架空の国Japanでの妄想、フィクションのエロ話だと思ってご覧ください。

僕は日本でも指折りの大手ホテル勤務の従業員で、仕事は管理職についている。

そんなこともあり、ちょっとパソコンを弄れば誰が何日宿泊しているなどを調べるのは簡単なことである。

そんな僕は、覗きと女性の下着物色が日々の楽しみでもあり、日課でもある。

一般の客もそうだが、芸能人やタレントも都内ということもあり、かなりの頻度で利用がある。

仕事での利用がほとんどだが、たまにお忍びでと言うのも口が固いので知られている一流ホテルなので、利用がある。

毎朝、ミーティングなどを済ませると、予約者のチェックを始める。

芸能事務所からの予約があれば当たり日だ。

特に最近ではアイドルグループが乱立していたり、地方から東京に撮影でくる子たちも多い。

昼くらいにチェクインして翌日や、2泊以上ならお楽しみ確定。

チェクインして、出かけるのを確認。

これは管理者の立場からフロントに確認しておけば、簡単に把握出来る。

あとは掃除のおばちゃんと仲良くなりさえすればいい。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-04(Mon) 12:10:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

青姦カップルがよくいる公園に覗きに行く変態さん

カーセックスのポイントで忙しく携帯で場所を確認しながら走ってるキレイなおねぇちゃんのクルマとすれ違った。

たぶんここで待ち合わせなんだろうなとワクワク
ワゴンRだったかな?
ヤンキー系じゃなくて、20代半ばくらいの事務のおねぇさん風だった。

とりあえず自分のクルマを隠して、ワゴンRがもぐり込んだわき道の突き当たりに急ぐ。

すると赤帽の軽トラに乗ったゴマ塩アタマの初老のオッサンが携帯片手に狂ったように走りまわってる。
まさかこのオッサンが相手なのか?ちょっとショックw

2台のクルマが並んで停まっているところに、遠回りしてやっと辿りついた頃にはアンアンと仔犬の鳴き声がする。

赤帽の軽トラは全面フルスモークだったので、こっちかなと思って近づくが声はなし。

それにしてはずいぶん声がクリアに聞こえると思って軽トラの影からワゴンRを見ると、思いっきりやってやがる。

ワゴンRの左後のドアを開けっ放しにして、オッサンが外に立ってズボン半脱ぎで腰ふってる。

おねぇさんはワンピを胸元までめくりあげられて半裸状態、両脚はオッサンに膝裏をつかまれてマンコまるだし。

オッサンはチンポの出入りをみながら、ときどきワンピをたくし上げて乳をもみもみ。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-04(Mon) 00:30:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

チンコがデカイ俺が妹の友達に挿入したら…

あや「ねぇ兄貴、この前言ってた友達の彼氏のアソコの写メ貰ったんだけど、見る?」

俺「おう、どうだったんだ?」

あや「結構おっきいよ~」

妹の携帯の画面を覗き込むと、勃起したイチモツの画像が出ていた。



あや「18cmあるんだって」

俺「なんか細長いって感じだな。」

あや「そうそう、太さが4cm?とかそんな感じみたい。ってか兄貴のが太すぎるだけだからw」

俺「あーそれはどうもw んで俺のも見せたのか?」

あや「見せた見せた。やっぱびっくりしてたわ。」

俺「変な趣味だなお前ら。」

あや「まぁいいじゃんいいじゃん、それでね、友達が、是非兄貴のアソコを実際に見たいですって言ってるんだけどいいでしょ?」

俺「へぇ!?なに言ってんのお前!?大丈夫か!?」

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-03(Sun) 00:30:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

枕営業でムカついて、軽はずみな逆ナンSEXに走り後悔

同棲中の彼と毎月中出しを楽しんでいる私です。
最近、彼がエッチなサイトを見つけて嬉しそうに私に見せてくれてました。
皆さんも中出しをエンジョイしてるんですね。

彼が書き込む前に私が書き込んじゃいます。
と言っても彼との事ではなく、数年前の出来事です。


これでも私は食品関連の商事会社で営業をしているんです。
入社してすぐ営業に配属されて、念願だった事もあり仕事第一の生活でした。

この不況の時代、成績を達成させるのは簡単な事ではありません。
そう、女を武器に契約を取る事も何度かありました。

別に嫌な事では無く、SEX自体好きだと自覚しているので、特別な時だけは接待にかこつけて取引先の責任者と関係を持ったりしていたんです。
この話は、そんな関係を持った中でも特に不快だったので今でも思い出してしまうんです。

相手は2部上場企業スーパーマーケットチェーン本部の食肉仕入の責任者。
加工肉の売込みで営業してたんですが、ライバル企業と価格面でバッティング。
どうしても一括納入させたくて、禁じ手のスペシャル接待攻撃を掛けたんです。


後輩の若い営業社員(男)と一緒に食べて飲んでまでは普通の接待で、最後に私がタクシーで送るところからスペシャルコースの始まり。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-09-02(Sat) 21:10:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

初恋の従姉と目隠し調教し、アナルセックスで白目を剥くまで…

初恋の相手である
広末似の従姉とHした体験です

今は音信不通ですが、あの数ヶ月の関係は凄かった。

10年以上会っていなかったのに、ある事がキッカケでバッタリ会いました。

どうやら従姉は子供がいながら旦那はいない生活をしていたみたいでした。

最初はメールのやり取りでだけで、そこから飲む約束を交わしての当日。

今考えたら軽率な行動でした。

細かくは書けませんが、懐かしくて酒も進み、
実は初恋という事をバカみたいにカミングアウトしたら、従姉も知っていたみたいでまさかみたいなリアクションでした。

見かけは当時と変わらなくて、スレンダーで子供を産んでいるとは思えないぐらいに幼く見えるような奴でした。

ここでスペックを。

従姉:156cm、Eカップ、45kg、広末涼子かPerfumeのっち似。

僕:165cm、55kg、笑うと高橋克典似と言われる。

酒が進んでくると、従姉から突然ストーカーされているという相談をされました。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-08-30(Wed) 21:10:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

彼氏持ちの専門の子との4P体験談

俺が大学の時、よくコンパやってました。


その中で都内の専門学校に通う女の子5人と、ちょっとエッチな飲み会があり、一人暮らしの「A」という子が一人でとばしてました。

顔は中の上くらい、田舎から出てきたばっかりのようで、とても頑張ってるのが伺えました。

頑張って飲んじゃったもんだから、王様ゲームでも常に的にされ、友達も呆れている様子。

気が付くと友人Sが、手まんをばれないよーにやってました。

それに気が付いた俺とTとYは、二次会をやらない方向に持っていき、その子「A」を送るよと車に乗せました。

Sは手マンで満足していたようで、バイバーイと普通に帰っていき、俺らはAちゃんのマンションにつきました。



部屋に入って気が付いたが、壁にコルクのボードが立ててあり、彼氏との写真がたくさん貼ってあった。

「お前、彼氏いるんだー」とTが聞くと、

元気よく「うん!」と答えた。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-08-29(Tue) 12:10:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

老人介護のお仕事

去年の春、私は介護士の資格を取得しました。
両親の仕事が忙しい事もあり、小さい頃は祖父母に可愛がられていました。
特におじいちゃんは、私をわが子とばかりに愛情を掛けてくれた影響なのか?
男のお年寄りが大好きでした。
そんな訳で、お年寄りに関わる仕事がしたくて、資格を取得した次第です。


資格を取って間もなく、私は訪問介護の仕事を見つける事が出来ました。
体が不自由な方の世話や、健康でも1人暮らしで大変な方の世話をする仕事は、私にとって望んでいた事でした。

仕事を始めて2ヵ月も過ぎ、慣れて来た頃です。
新しく1人暮らしの男性(67歳 平吉)の家を訪問する事になったんです。

まだまだ現役と言った彼でしたが、数年前に妻を亡くし内面的には凄く淋しい思いをしている方だと思いました。

そんな彼の部屋を掃除していると、彼はお茶を飲みながら話しかけて来たんです。

「ねぇちゃん何歳なんだい?」
「私ですか?もう28歳ですよ」
「若いねぇ・・・」
「そんな事無いですよ」
「肌、白くてもち肌だね・・・うちのばぁさんも綺麗じゃった・・・」
「そうなんですか?」
「良い尻してるし、いい子産めるよ」
「え~そうですか?」
「ちょっと触らせてくれないか?」
「え~それは・・・」

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-08-28(Mon) 23:10:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*