FC2ブログ
アクセスランキング

容赦ないセックスが可能な熟女は病みつきになります

経験上、出会い系サイトで確実に出会いが叶うのは、セックスレスの人妻でしょう。
僕は彼女達を狙い今までに10人以上の人妻とセックスしてきました。

おばちゃんといえるくらいの歳の女性が多いのですが、確実に抱けるのです。
僕が出会い系に嵌まったきっかけもそんなセックスレスのおばちゃんとの激しい体験でした。

それから僕は熟女好きとなりました。
先月も性欲を解消しようと出会い系の女性からの募集を見ていました。

その中で切ないくらいに男を欲しがっている人妻の女性の書き込みが気になり、返事を出しました。
1時間後彼女からのメールが…。

彼女のメールには本当に切ない気持ちが綴られていて、もう10年以上も夫婦の営みがなく、いくら50歳になったとはいえ10年も抱いてくれないなんて…とご主人への愚痴も混じってるほどです。

僕はそんなに僕と会いたいのなら、雰囲気や身体のラインがわかるような写真を見せて欲しいとお願いしました。
まあ、こんな要望を出すことで相手の本気度がわかるからです。


しばらくして、彼女からのメールが…。
プロフィールを覗くとそこにはキャミソール姿の彼女の写真が。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-13(Wed) 21:10:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

熟女の変貌【熟女体験談】

28歳独身男です。最近ですが54歳の熟女さんとお付き合いを始めました。

もちろんセックスもしていますがどちらかと言えば大人しい人で、セックスも受身がほとんどでした。

ゴムも必ず着けるように言われ、シャワーを浴びた後でなければセックスはしないと言うし、フェラもあまり好きではないようでした。

それでも熟女好きの俺は彼女とのセックスには満足していました。


ところがこの前は違っていました。
その時で5回目のセックスでしたが、彼女がラブホに入るとすぐに「今日は私にリードさせて」と言うんです。

俺は彼女とセックス出来ればそれで良いので「構わないよ」と言うと彼女はいきなり着ているものを脱ぎ始めました。

いつもと違う派手と言うかゴージャスな感じの下着でした。それも脱ぐとアソコの毛がありませんでした。

驚いて「ご主人に見付かったりしないの?」と聞くと「うん・・・大丈夫よ」とだけ言いました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-13(Wed) 15:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

美しい戦争未亡人の母が目の前で巨根男と交わった様子を見た記憶

この文は、私が初めて見た性行為の様子を書いたものである。

私は、9歳で性行為の何たるやを知らず、目の前で母が男と交わった様子を見ていたのに、しばらくするとその事すら忘れていた。

それが59歳になって、その時見た様子が突然鮮やかによみがえった姿を纏めてみたものである。

性行為について、私は母が持っていた月刊誌で、大人の男と女の間には凄く良いものがあるらしいということは知っていた。

しかし、それが何かは知らなかった。

どうして、男と女が夢中になるのかなど、知る由もなかった。そんな中で見たことである。

書き終わってみて、その様子をよく記憶しているものだと思う。

終戦になり、父が戦死したことが分かると、たくさんの男たちが美しい母との性の交渉を持ちたがって擦り寄ってきた。

私の周りでは、性交渉を「まんじゅう」と言っていた。

はるか年上の男達から、一度だけでも良いから母と「まんじゅう」をしたい、させてくれと言ってからかわれる事が屡々あった。

戦争未亡人達が次々に男の腕になだれて抱かれていく中で、ただ独り、母はさせてくれない女であったのだった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-09(Sat) 22:10:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

恥ずかしいんですけどエッチが大好きなんです 3【人妻体験談】

朝、佐々木はもういませんでした。

消費税アップの騒ぎの中、主人の会社も余波を受けて土曜も出勤でした。

雨の日曜日はあの動画を見ながら主人は何度も私を抱きました。
二人共、押さえつけていた欲望が娘の独立で目覚めてしまったのでしょうか。
バックで突かれながら佐々木の名を叫ぶ私に興奮する主人。
二日間続いたあの出来事は、しばらくの間、主人を奮い立たせるでしょう。


月曜
「満開だよー」と近所の友人に誘われて桜で有名な公園へ。
新しい花柄レーヨンの春ワンピ―スを着て出かけたものの、もうお恥ずかしい話、頭の中は「エロばばあ」です。
イヤラシイ事でいっぱいでした。

芝生の丘に向かう途中にある、桜並木の脇の公衆トイレ。
その向こうでテニスコートのフェンスの工事をする数人の男達。
金曜の夜に玄関でされたような事をあの男達にされたら・・
みんな佐々木のような大きなチンポをしてるのかしら・・
女だってムラムラするんです。

丘の上で消費税やダイエットの話に夢中な友人達から抜け出して最低だとは判っていましたが一人でさっきのトイレに向かいました。
「それって変態だから」という自分の声も振り切って。

わざと男達の前を横切ってじろじろ見られたあと、和式の女子トイレに入るなりワンピースのフロントのボタンを全開にして両側に開くとブラとスキャンティーだけの白い裸が露出して、これ以上に無くイヤラシイ姿になります。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-08(Fri) 23:10:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

恥ずかしいんですけどエッチが大好きなんです 2【人妻体験談】

主人の友人、佐々木に抱かれた夜の翌日。
「佐々木がもう一泊する」とメールが来た金曜日です。

あの日キーを打ちながら興奮してしまって、投稿を済ませた後ベッドで凄いオナニーをしました。
あのでっかいチンポをもう一度味わえると思っただけでトロケそうでした。
一人で何度も逝った後、シャワーを浴びて、やっとの事で夕食の準備が出来た夕方、全裸の上にあのワンピースを着ました。

7時頃、玄関を開けて二人が帰宅した様子だったので主人のリクエストどうりのピチピチのマリンボーダー柄のミニワンピースのウエストをたくし上げて、わざとスカート丈を短くして出迎えました。
思い出すと今でもトロっと濡れます。

「ホーッ」と私を見つめた二人は靴を脱ぐなり、なんと迫って来たんです。
175cmの主人と185cmの佐々木に、152cmの私。
立ったまま、壁に押しつけられ、二人は私の口を奪い合うように両側から激しいキスをしました。

嘘みたいでした。  
嘘みたいな快感でした。
何度も何度も順番に右を向いて、左を向いて舌を絡め二人とキスをしました。

「ハァハァ・・!嘘・・うそだー!やめてー」という私を両側から抱きかかえ、ワンピースを首元までまくり上げて全裸同然の体を撫でたり触られたりして、片方ずつ胸を揉まれました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-08(Fri) 22:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

恥ずかしいんですけどエッチが大好きなんです 1【人妻体験談】

主人には内緒でこのサイトを時々読んで
昼間から指を濡らしている専業主婦32歳です。
「夫の友人」「先輩後輩」「3P、複数」系が好きです。

それと、イヤラシイ中年に好きなことをされて嫌なのに逝かされる話も結構好きです。
不謹慎ですが娘の彼氏をオカズにオナニーもします。

パンティーや胸を見られる夏が好きだし
河原での浴衣姿のお○っこをおじさん達に覗かれた時も、わざと見えやすくしてあげたりもしました。
勿論それを思い出してはオナニーします。
 
 
45歳の主人と2LDKのマンションに二人で暮らしています。
大学に進んだ一人娘は京都で一人暮らしです。。

主人が「俺以外の男に抱かれたくないか」と言い出したのが去年の冬。
妄想だけで終わるものと思っていた私には夢のような話でした。

「したい」という私に異常に興奮する主人がとても愛おしくて
セックスの度に周囲の知り合いの男性の名前を呼んで燃えていました。

「抱かせてみたい・・・優子の体・・スケベな体・・・・たまらん!」
「あーパパ!してもいいの?優子狂ってもいいの?」

ムチムチした私の体を舐めまわす主人の欲望に応える為だけでなく心の中では、いつもイヤラシイ目で私を見るお肉屋のおじさんやマンションに出入りする工事や点検の人達、若いとか綺麗だとか言ってくれる宅配便のお兄さん、そして昼間読んだ投稿文の男達を想い浮かべて悶えていました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-08(Fri) 21:10:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

塾の講師が生徒の母親と中出しセックス【体験談】

小●生相手の進学塾の講師をしています。

私の場合、『講師に体を売ってでも…』

などという事例は一度もありません。

たぶん私が『二流』の講師だからだと思います。

そんな私にもチャンスは結構あるのです。

去年の3月まで付き合った人は、『×2』の母子家庭。

娘(小4)と休み時間に話しているうちに、日曜日にその子の家に行ってパソコンの設定をしてあげることになりました。


いざ日曜日に訪問してみると、出てきたのは小柄ながらおいしそーな体のお母さん(36歳)。

その日はPCのセットアップをしながら、Tシャツごしにくっきり出たお母さんのボディラインを充分チェックして、何事もなく帰宅。


すると次の日の晩、私の携帯に

「やっぱりうまく動かせない」との連絡。

ラッキー!

今度の日曜日に再度訪問を約束。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-06(Wed) 12:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

最後の炎に燃える熟女の性への執着は最高【熟女体験談】

ケーブル放送の営業で47歳の人妻社員の人が家に来た。
茶髪のほっそりした美人。家には27歳独身の俺だけ。

おとなしいけど陽気なおしゃべり好きで、話が弾む。
俺はもう香水の匂いでムラムラして、みだらな妄想全開。

ケーブルの営業そっちのけで雑談してて、顔の話で好感触。かわいいよと言ってくれた。
営業成績悪く首切られそうとのこと。おばさんの体目当てで契約を示唆。

また来てくれと頼み、玄関で別れ際にお尻に触る。ドアを押さえて、キスを強要。少し迷った後にチュっとして貰い、初対面を上出来で終えた。

二回目の対面で契約。銀行に印鑑証明取りに行く途中、セックスの話で赤面させる。好感触、熟女もエッチ好きと確信。

車から降りる際に、ケータイ写メールで上半身を見せる。すると、まじめな奥さんが目を輝かせて「若い」と興味を示す。奥手でも性欲ある大人なんだと実感。
最後は車の中で胸を触った後、キスを強要。ほっぺたで残念。


数日後、契約の確認の電話のときに、「県庁所在地で会いたい」と言うと、「平日の休日に食事だけならいいよ」と了承。
やった、もうチンチン勃起。頭の中でセックス妄想して電話切った。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-05(Tue) 23:10:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

隣の未亡人の甘い罠

隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。
男の出入りもなく、奥さんは貞操を守り続けている様子でした。
まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。
玄関のチャイムが鳴り、出てみると隣の奥さんでした。

奥さん「すみません。今、お時間ありますか?実は台所の電気が切れてしまい困っているんです。替えて頂けませんか?」

俺「お安いご用です。替えの電球はありますか?すぐに行きますね」

奥さん「ありがとうございます。よろしくお願いします」

お隣のお宅は掃除が行き届いていて、アロマが仄かに香っています。
脚立を借り電球を取り換えると奥さんはお茶を用意してくれていました。

奥さん「あっ、お茶よりビールの方がいいですね。大丈夫ですよね。今、用意しますね。ちょっとお待ち下さいね」

奥さんはビールとグラスを2つ持ってきました。

奥さん「私も一緒に頂いてもよろしいですか?先に飲んでて下さい。お摘みをお持ちしますから」

奥さんは台所で自家製のぬか漬けを取り出し、準備しています。

奥さん「こんなものしかありませんが・・・」

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-03(Sun) 22:10:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

会社に来る爆乳の人妻生保レディーを罠に嵌めて…

私は会社には通っていましたが
人生のウェートは仕事では無いので、
義務を果たす程度にそこそこ仕事をして居ました。


私は無類の女好きで、
会社の同僚や先輩からも余り派手な
女遊びしていると何時か
天罰が下るぞと忠告されていました。


いい年なんだから
そろそろ落ち着いた方が良いとも言われました。


そして遂にその通りになってしまいました。


つい最近の話なのですが、
私は人妻生保レディーを犯してしまいました。


適当に色んな女と遊んで居たのですが、
生保レディーとしたことは有りませんでした。


会社に来る保険レディー、はいかにも主婦って
感じの40歳くらいの中年おばさんばかりで、
ぜんぜん興味が無かったのですが、
ある日の昼休みに若めで爆乳のおっぱい生保レディーが来ました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-09-02(Sat) 00:30:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*