FC2ブログ
アクセスランキング

田舎の海にあるHスポットでギャルママの生着替えと授乳を覗き見

夏休みに近場の海に友達と魚釣りにいったんです。

友達が海釣りが大好きなんだが、俺は正直、釣りの何が楽しいのか全然わからない。

特に海釣りって、俺がやった時はほとんど釣れない。

日本海側の小さな海岸近くの岩場で釣っていたのだが、その日も案の定全然釣れない。

釣りに飽きた俺は近くの海岸をブラブラする事にした。

俺達が釣りをしていた岩場から100メートルくらい離れた所に穴場的な小さなビーチがあった。

岩場伝いに歩いていると、岩場の向こう側から人の気配

何気なく岩場を登って見てみると若い親子連れがいた。

人の多い海岸沿いを避けたのか?
砂浜と言うよりほとんど岩場ってカンジの場所にレジャーシートを広げている。

ヤンキーっぽい父親と二歳くらいの娘はすでに水着姿で、

「お母さん、遅い~」

ってカンジの会話をしていた。

少しすると2人は母親を置いて先にビーチの方に行ってしまった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-20(Wed) 17:10:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

家庭教師先の母親との美味しいエッチ【人妻体験談】

家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。

あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。


普通の中年の主婦の化粧や着衣・下着のままの、嫌がる(素振りをみせる)一枝を無理やりキッチンの流しに手をつかせスカートを後ろからお尻が丸出しになるまでたくし上げ、厚手のパンストとともにおばさんズロースを引き下げる瞬間は、肉の厚いふくらみに珍棒をねじ込む瞬間と同じくらい快感だ。


そして次に跪き、かすかに尿臭のする肉厚の大陰唇にしゃぶりつき、更にビラビラを唇で引っ張り上げ、クリットを下でツンツンする頃には一枝のオ○ン○は唾液と混じって愛液を滴り始める。


シンクに手をつかせ立ちバックで突きながら、ブラウスのボタンを外しブラからポッテリとした乳房をつかみ出だし後ろから揉みしだく。だが、マスかき夫君の僕のジョンは立ちバックでは滅多に射精には至らない。


そんな時は隣の和室に移動する。一枝は座布団を並べ、そこに横になり、スカートをたくし上げ、大股を広げ、欲しくて堪らなくなった厚ぼったい大陰唇を自ら両指で広げて僕を誘う。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-20(Wed) 10:10:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ヤリチン大学生は噂に違わぬテクニシャンでした【人妻体験談】

夫を送り出してウトウト二度寝してると、夫から会議に使う資料を忘れたと電話があり、勤務先の会社に届けることになりました。

最寄駅に行くと、同じマンションの隣に住んでて、いつも違う女の子を部屋に引っ張り込んでるヤリチン大学生がいました。

どうやら彼も方向が同じみたいで一緒の電車に乗り込みました。
彼も私に気が付いたみたいで軽く会釈されたので、私も軽く会釈しました。
かなり混んでいたので、さすがに会話するまでには至りませんでした。


久しぶりの満員電車にクラクラしながら揺れに任せていると、何やらお尻のあたりに違和感を感じました。
最初のうちは満員なんで不可抗力だと思っていました。
しばらくすると不可抗力ではなく、明らかにお尻を撫で揉んで来たんです。

(痴〇!?)

そう思って、私は体を捻って避けようとしましたが、なにせ満員なので思うように身動きできません。

これ以上エスカレートするようだったら周りの人に助けを求めようとと思ってキョロキョロすると、なんと私のお尻を触っていたのはそのヤリチン大学生だったんです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-19(Tue) 17:10:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

保険会社のおばさん外交員に誘われ、見事な三段腹を堪能

会社で仕事をしていると、
保険会社のおばさん外交員が
上司連れでやってきた。

一体何事だ?と伺うと

「入っている保険が満期になるので、
その前に下取りして新しく入り直すと安く出来ます」

とのこと。


興味があったので

「仕事が終わってから話を聞きたい」

と言ったら、夕方におばさん保険レディが
一人だけでやってきた。


結局、少し掛け金が高くなる話だったので

「ちょっと考えたい」

と半分断るような言い方をしたら、
急に態度が変わって、

「絶対に良い話だから、
他でゆっくりと説明させて下さい」

と言い出した。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-19(Tue) 16:10:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スケベな六十路熟女をセフレにして残業中に会社でガチイキSEX

もう5年も性ペットして飼っているセフレの六十路のおばさんがいる。


出会った頃はまだ50代だったがが還暦を過ぎても男に甘えるしか脳がないメンヘラなぽっちゃりオバサンで俺は可愛がっているんです。


ちなみに62歳のおばさんはバツ2で独身で普段は清掃員のバイトをしている。


それで俺が残業をしているとメンヘラ還暦熟女からメールがきた。


「今日はとっても会いたい。抱かれたい。

近くにいるんだけど・・」


とストレートにエロエロメールがきた。


職場にはもう僕しかいないから


「じゃあ、来なよ」

ってメールしたら

ガチャってドアが開き、ぽっちゃり豊満で厚化粧のセフレ熟女が入ってきた。


すでに会社が入っている雑居ビルの入り口にいたようだ。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-18(Mon) 15:10:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

嫁の地方転勤につきあって、両隣の奥さんとやりたい放題だった

自営業の30代の親父。自宅でPC使ってWeb関連の怪しい仕事をしてる。嫁は20代後半。

出世街道をひた走るキャリアウーマン。子作りもせず、互いにやりたい仕事を続けよう!っていう感じ。そんな自分達は、嫁の仕事の関係である地方に2年間だけ住んでた。

自分の仕事はPCさえあればどこでも出来る。「気分転換になるじゃん!」と割と軽い気分で引っ越したのを覚えてる。
嫁はというと、その転勤が決まった時は仕事を辞めるか続けるか悩んだらしいですけどね。

で、会社が用意したマンションを下見した時嫁がブチギレた。都内よりもずっと家賃が安いのにコレかよ!って。どうせ2年だけだったらと相談し、駅前にある新築の高層マンションを借りる事にしました。

これが都内だったらスゲーな!とよく言ってたもんです。引っ越してからは週末はコレをしてココに行って…と夢見ていたが、実際はそんな事が出来るほど暇なんて無い嫁なわけです。本社から来た生意気な小娘って思われてたんだと思う。

行く必要のない接待にも顔を出してたし、週末もゴルフ接待にまで同行してたから。そうなると暇になるのは自分。暇過ぎて市内のジムに通うようになり、半年もするとすこぶる元気なオッチャンになってた。

平日の午後によくジムへ行ってたんだが、都内と同じで女の人がウジャウジャいた。汗だくでプリンプリンの胸やお尻を振ってる光景は最高だった。だって20代~30代の若い女の人が大半だったんだもん。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-17(Sun) 22:10:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

夢にまで見た人妻との性交をコンビニトイレで果たした

多くの男性は一度は人妻に憧れたことがあると思います。
というのは僕の偏った思い込みでしょうか。

そんな僕は女性に興味が出だした中学時代からすでに人妻との性交を夢に見ていました。

なぜそんなに人妻に興味が出たのかというと、近所に住んでいた人妻がとても綺麗で優しくて、なんと言ってもセクシーで、その人妻を見るたびに僕の性欲は駆り立てられ、いつしか人妻との性交に憧れを持つようになりました。


その人妻は家庭ではいい嫁を演じながら、旦那のいない昼間には知らない男とセックスをしているんじゃないかとか、授業中に勝手に想像して股間を膨らませていたものです。

それからというもの観るAVはすべて人妻系だし、街で子供を連れている人妻なんかを見ると興奮していました。


しかし、(いつかは僕も人妻と・・・)なんて思っていても、人妻とセックスなんてそう簡単にあるものではありません。
僕も人妻に恋い焦がれ、気づけば童貞のまま20歳を迎えました。


ある日、そんな僕に転機が訪れました。
僕はコンビニでバイトをしているんですけど、そんなに都会でもないし夜中になるとほとんどお客さんが来なくなります。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-17(Sun) 01:30:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

可愛い部下と夫と3Pを楽しんでいます【人妻体験談】

それは、7ヶ月前のことでした。
夫とは恋愛結婚して4年ですが、付き合って7年です。
愛しているけど、7年も経つとお互いマンネリになります。
ある日ベッドでSEXの時に夫が・・・。

「何か刺激的が欲しいな。前にゆかりの課に新人が入ったと言ってただろう。今度、家に連れておいでよ、いいかい。・・・ほら、ここはどうだ!!いいだろう!」

「あぁ~来て~」

・・・この頃から、子供が欲しいのでいつも生中出しです。

実は私の会社の同じ課に26歳の新人が配属になり、その新人の教育係を私が担当する事になったのです。
真面目な青年という感じのとても話しやすい新人で、名前は山根君です。

山根君とは隣りの席にいる事が多く、仕事の事はもちろん、彼の恋愛の事や私と夫の事も話せるくらいになりました。
でも、時々じっと私を見て何も言わないこともあり・・・。

実は制服に原因があるのです。
会社の制服のブラウスは大きく胸元が開いて、大きなリボンの付いたカワユイ造りですが、隣りにいると胸元が大きく開いた分、ブラジャーに包まれたオッパイの谷間が目に入るんです。

今日も私が机に向かって書類を書いていると山根君が興奮して、「ゆかりさん、大きいですね!」って言うんです。
ブルーのブラジャーとDカップの谷間を見られたと思うと、ちょっと恥ずかしいけど嬉しくてジュンとなります。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-17(Sun) 00:30:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ボンデージ着衣した変態五十路熟女とアナルSEX

居酒屋でナンパした素人の五十路熟女とセフレになって3ヶ月


旦那に死なれて寂しかった後家さんは、すぐに俺とのSEXにハマり寂しさを埋めるように激しく求めてきて何でも言うことを聞く従順な変態雌豚おばさんになった。


SEXはいつも俺の自宅に呼び寄せてしているんだが、俺の部屋に入るなりすぐキスを求めて来るが、俺はシャツだけ脱ぎ性奴〇な五十路熟女に俺の腋の下を舐めさせると


「イイ匂い」

とか言いながら両脇とも舐め続け続ける変態おばさん。


時には腋毛を咥えて引っ張ったりして俺の脇毛をハムハムしてくる。


その間に俺はワンピースを脱がしてやると、俺の注文通りボンテージを着衣してくれている。


垂れたおっぱいはだらんと垂れ下がりお腹と股間を隠している。

洋物ポルノで金髪AV女優が着ている下品でエロいボンテージだ。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-16(Sat) 17:10:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

パンティラインがクッキリしている欲求不満な人妻と・・

純子は素人人妻で28歳の専業主婦

夫はサラリーマンで帰宅がいつも遅い。


先日、用があって夕刻に訪ねた。

玄関から呼んでみたが返事がないので裏の方に回ってみた。

梅雨時のせいもあり、洗濯物が所狭しと干してあった。

よくみると、純子のパンティが何枚も干してある。

色とりどりでナイロンのスケスケのものまである。

ついでに1枚いただこうと手にした瞬間、

「あら、○○さん。こんな所からどうしたの?あ、私の下着を・・・。」

ギクっとして何も言えないまま立っていたが、

「○○さん、私の下着に興味があるの?エッチねえ。」

と意外な言葉。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-06-16(Sat) 16:10:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*