FC2ブログ
アクセスランキング

あの晩マジでやっときゃよかったなぁ。。。【エッチ体験談】

高校の時からの同じグループの女トモ(巨乳)で、大学ん時に酔った勢いでキスしたりとかしてたヤツとの話。互いに彼氏彼女いながら。

社会人になってから、そいつがフリーになって合コンを依頼される。会うの半年ぶりくらい。合コンは普通に盛り上がり終電をパス。

途中で「今日寝るだけだから泊めてよ」メールがくる。皆で一旦解散してから落ち合ってうちへとタクシー。
なんとなくその時から、なんかあるんじゃないかという予感があった。

んで、うち着いてそいつ(この先K美)だけシャワー浴びて、俺の服貸して、んで、飲み直しな状況になる。
合コンの時に盛り上がった下ネタで「乳逝き」はあるか、って話にまたなった。

K美「Y子ておっぱいで逝っちゃうんだ?」
Y子というのは俺が高校・大学とつきあってた女で、K美も友達。

俺「何回か逝かせたことあるよ」
K美「うっそ、信じらんないw」

俺「いや、マジだって」
K美「おっぱいで逝くとかないからw」




俺「いや、現象としてあるのは確かだから」
K美「いやないでしょw」みたいな話から、

俺「え、じゃあ試してみていい?」で、
K美が「いいよ」とあっさり。


言ったものの、乳逝きはY子しかないし、俺のテクっていうかその子の体質だろと薄々思ってて、実は自信なかったけど、K美の巨乳さわりたくてたまんなかったから、もうやるしかないモードで。

電気暗くして、ベッドに腰かけて、K美前に座らせて、「キスだけしよ」って言って振り向かせてしばしディープ。そっからシャツの上から、撫でるようにさわさわしてるとK美の息が荒くなってくる。

シャツめくりあげて、下乳・横乳・手あげさせて脇と何度も焦らして、乳首の脇に触れる。乳首周りを指でぐるぐるしたり、先端だけ指の腹でこすったりして、最後乳首をつまむとすごい声あげるK美。
そっから乳首攻めまくりで、K美もだいぶ声出してるが、逝く気配はまだなく。


そっから右手を前に回してパンツの中に入れるともう大洪水。そのままクリをこすりながら、左手で乳首攻め続けてたら、「あっ、あっ、イク、イっちゃう」状態になって、K美が俺の右手と左手を共にぎゅーっと掴みながら、そのままイク。

K美「・・・・・ズルいw」
俺「でも逝ったじゃんw」

K美「でも、だけじゃないじゃん」て話になって、後ろから抱きしめながら、勃起しまくったモノを押しつけて「入れさせてよ、これ」と言って腰動かす俺。

K美「えー?」
俺「お願い!」

K美「じゃあこれは?」と言ってフェラ。
「立って」と指示されて立たされながら。異様に興奮して、1分ほどで発射。

この日はとうとうやらずじまいで。やんなかったけど、体験としては人生一エロいです。

これ書いて思い出し興奮してしまい、K美に春にグループで飲んで以来メルしたところ「彼氏できたんだよー」とのこと。

あーあの晩マジで強引にやっときゃよかったなぁ。。。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][乳揉み][乳首責め][手マン][アクメ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


友達 | 【2016-01-16(Sat) 14:10:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*