FC2ブログ
アクセスランキング

大学の後輩の一番胸の大きい子と…【エッチ体験談】

ヤリたい盛りの20代。

決まった相手のいないオレはいつも相手を探していた。

大学を出ても地元にいたオレは、よく後輩達から大学行事について色々聞かれ、仕事が休みの日は手伝いに行ったりもした。

文化祭の準備を手伝いに行くと、床で掲示物を書いている子達がおり、

「お疲れ様で~す」

と声を掛けてきた。

4人いる子の中でも特にオッパイの大きい子に目がいった。

150cmくらいの身長で、Dくらいは余裕である。

床で書いているので、何度も谷間が見える。


エンピツの下書きを消しゴムで消そうと仲間に加わり、じっと谷間を見つめた。

(すげぇ谷間…試したい)

と悪い虫が出てきた。

特に可愛いというわけでもなく、女の子4人の中では一番マシというくらいに思っていたので、あまり弾んだ会話もせず、その子達ともその日だけで会う事はなかった。




文化祭も終わり、後日、その子も含めた4人でご飯に出た。

オレのクルマでファミレスへ行く。

男女2:2だったが、他の2人は急用で帰る事になり、オレとオッパイの大きい子だけが残った。

いつまでもファミレスにいてもしょうがないので、とりあえず夜景を見ようとドライブに出た。

クルマの中で話してると、彼女から

「うちに来ますか?」

と言ってきた。

「いいの?」

「はい、いいです」

飲み物を買って、彼女の部屋に行った。

<部屋に入れる=エッチOK>の方程式ではないが、断られた事もなかった。

適当に時間を過ごし、気づくと彼女は肩をくっつけて寄り添っていた。

そのまま顔を近づけ、軽くキス。

次の瞬間、唇を重ね舌を入れた。

首筋を攻め、背中に手を入れる。

彼女の吐息が耳にかかる。

服を脱がせ、ブラに包まれた谷間に顔を埋める。

やはり、大きかった。

柔らかい。

下着だけになった彼女を攻めた。

下着のまま、フェラをしてもらう。

下を向いたオッパイが余計に大きく見えた。

フェラをして揺れるオッパイを両手で揉んだ。

我慢できずに、一気に乳首を舐める。

胸チラで見たオッパイを目の前にして興奮がやまない。

やっぱりおっきいオッパイはイイ。

フェラのお返しに彼女の中に指をいれ、思い切り舌でクリを攻めたてた。

彼女は激しく声をあげ、更に求めてくる。

こうなると思ってなかったので、ゴムは持ってきてなかった。

「このまま入れていい?」

「うん。入れて」

生で入れた。

腰を動かす度にオッパイがユサユサ揺れる。

揺れるオッパイを両手で揉みつつ、更に動かす。

体位を変えながら、生の感じと揺れるオッパイを楽しんだ。

最後は激しく動かし、オッパイの谷間に出した。

ティッシュで拭いてあげると

「凄い良かった…」

と彼女が抱きついてきた。

シャワーを借りて、その日は彼女の部屋に泊まった。

翌朝、眠気冷ましにもう1回戦。

今度はパイズリを頼んでみた。

「最後オッパイで挟んでほしい」

「できるかなぁ…やった事ないけど」

「おっきいから大丈夫」

また生で入れて、最後イキそうになったところでパイズリをしてもらった。

谷間で挟んで両手で動かしてもらうと、中とは違う快感に襲われる。

「気持ちいいーーこれでいいーー」

「スゴイ…気持ちいい」

「いっぱい出して」

「やばい…出そう」

そう言うと激しく動かされ、谷間で思いっきり出た。

今思うと、他の2人はこの子とオレを引き合わせる為に

「急用」と言って帰ったのか?と思う。

その子とは付き合う事もなく、卒業と同時に会う事はなくなった。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][女子大生][巨乳][乳揉み][ディープキス][パイズリ][生挿入][絶頂][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2015-12-31(Thu) 06:10:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*