FC2ブログ
アクセスランキング

無性に女の子に触れたくなって初ソープで童貞卒業した【体験談】

俺も今年で28歳。

女のおの字も知らないキモオタ童貞だが、無性に女の子に触れたくなったのだ。

最寄りの場所は福原。

言わずと知れた関西の風俗街だ。

80分25,000を目安にググったりなんなりした。

巨乳好きだったから、とあるIカップの嬢を選んだ。

21時の予約で、いざ入店。

中は思っていたよりも綺麗な場所で、受付の兄ちゃんの対応も良かった。

ここで一番恐れていたのは、巨乳にありがちなデブな事。

写真やスリーサイズでは太めでは無さそうに思えたが、実物はどうか分からん。

トイレに行ったり茶を飲んで緊張を少しでも和らげる。


そして嬢の待つルームに通された。




嬢「こんばんは」

俺「こ、こんばんは」

薄暗い、最初の印象がそれだった。

思っていたよりも暗い。

嬢よりも、内装面に気を取られてホイホイ促されるまま注いでくれたりんごジュースを飲む。

酒が飲めない自分が恨めしかった。

ここでようやく落ち着いて嬢を見る。

顔はまあ並。

だが恐れていたようなデブではない。

腹は多少ぽっちゃりしているが、極端ではない。

ほどよく肉があって、おっぱいは想像以上に大きかった。

童貞な事を隠していてもロクな事にならないのは目に見えているので、素直に話す。

嬢「え、私でいいの?」

俺「散々悩んで選んだから是非お願いします」

口下手コミュ障にプライドなんかない。

嬢に全てを任せる事にした。

「ベッドかマット、どっちがいい?」

と言われても分からんので説明を受ける。

ベッド:ある程度客と嬢が自由に動く。

マット:嬢から色々ヌルヌルしてくれる。

童貞が動くとかハードモードすぎるので、即マット決定。

互いに全裸になって、バスルームに行く。

改めて全裸の嬢を見る。

巨乳にありがちなデカ乳輪ではなくホッとする。

全身が緊張してて敏感になっていたのか、嬢に触られるたびにくすぐったくて快感を感じるどころではない。

でもヌルヌルローションは確かに気持ちよかった。

ゴムを着けられいざ挿入。

だが、中がキツかったのかゴムがきつかったのか今ひとつ分からないまま俺も嬢もひたすら腰を振った。

俺の定義として、中でイカなければ童貞を捨てたとは言えないから俺も必死だった。

それでも3-4分頑張ってめでたく膣内射精出来た。

初仕事をした息子を内心褒め讃えた。

ローションを流してベッドへ向かったが、2回戦なんて出来る体力や精神的余裕はなかった。

だからひたすらおっぱいをモミモミタプタプ揺らしたり、顔を埋めて遊ばせてもらった。

プロフにはパイズリも出来るという事でお願いしたが、なかなか思うようにはいかないしイケない。

パイズリ好きとしては残念だが、熟練の嬢が成せる技なんだと勝手に納得して、半分手コキで妥協した。

2回目にしては思ったより出たので自分でもびっくりした。

時間も近づいていたので、最後はトークで締めくくった。

いかんせん話題なんてアニメとゲームと、直近の夏コミ地獄の3日連日敢行しかない。

多分嬢は半分ほどしか理解してないであろう話題を散々振りまいてタイムアップ。


自分の話題の引き出しのなさを恨んだ。

「また来てね♪」

と営業スマイルを浮かべながら名刺を渡され店から出た。

夢の様な80分だったが、現実に起こった事だと分かってても、どこか現実味がない。

これが賢者タイムかと勝手な解釈をして家路へと帰り、夏コミのエロ同人誌で3発目を出した。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][ソープランド][童貞卒業][フェラチオ][セックス][パイズリ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


風俗・デリヘル | 【2015-12-25(Fri) 06:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*