FC2ブログ
アクセスランキング

初めて見た時から惹かれていた義姉と…1【体験談】

俺26歳嫁25歳(4女)

義姉32歳(3女)始めて義姉を見た時から惹かれていたんだと思う。

肩まである綺麗な黒髪。少し垂れ気味の二重マブタ。鼻は低めだけど、唇はプクっとしてる。背は150ちょっとくらいで、年齢より若く見えるが30を過ぎた女性独特の色気ももっていた。

はじめは美人な姉さんができてラッキーwくらいにしか思ってなかったし、どうにかなりたいなんて思ってもいなかった。

初対面のとき「いいなぁ○○(嫁名)は。ほんとカッコイイねぇw私は失敗したw」
と、ニコッと笑った顔が印象的だった。


しばらく月日がながれた。
家が同じ市内にあるためか、俺と嫁、義姉とダンナと子供1でご飯を食べたり、ダンナぬきで家に遊びに来たりと、月に一度か二度くらいのペースでなんらかの接触はあった。

俺もだいぶ打ち解け、タメ口で話せるようになっていた。

夏、暑くなり薄着になった義姉は、決して巨乳ではないが、形のいい胸(ブラのせい?)をシャツの隙間からチラつかせ膝丈のスカートからはほどよく肉の乗ったふともも。ジーパンからはパンツを。そのひとつひとつが俺を欲情させ、そんな日は決まって自慰行為をせずにいられなかった。

慣れたといっても下ネタなんか話せるわけもなく、体には指一本触れた事もなかった。でもチャンスはめぐってきた。




ある夏の夜、夕食後に家で嫁とふたりでのんびりしていた所に一本の電話。

嫁は「○○ちゃん(義姉)からだ。」と携帯で話し始めた。

大体聞こえてきた会話から予想がついたが、電話を終えた嫁によると、早い話がダンナとケンカをしたから子供を連れて我が家に家出しにくる。とのこと。

2部屋しかないこのアパートに?w

まあしょうがないか。理由が理由だし。

20分くらいして2人は来た。そのほんの少し前、ダンナから俺の携帯に迷惑かけるけどよろしく。的なメールがきていたw

義姉は、上はチビTで下はデニムの膝丈のスカート。その自分好みの格好を見ただけで股間が熱くなるのを感じた。

部屋に入った2人。俺は空気を呼んで子供と隣の部屋へ…。

薄い引戸を隔てただけの2部屋は、少し耳を澄ませば隣の会話を聞き取れた。

今日は泊まるらしいw


しばらくすると義姉が引戸を少し開け、

「○○くんごめんね。いきなり来ちゃって。迷惑かけるけどよろしくね。w」と言うと軽く頭をさげた。嫁の笑い声が聞こえた。

俺は困った時はお互い様。今度は俺たちのどちらかが迷惑かけるかもしれないしwと冗談を言うと、3人で笑い合い子供は不思議そうにしていた。

嫁が2人にお風呂をすすめた。じゃぁそうすると義姉。

2人が脱衣場に入ると気になって仕方がなく、今下着になったころかななんて妄想する始末。嫁がいなければ…。何度思ったか。

風呂を出ると、スッピンを見られるのが恥ずかしいらしく、顔を隠しながら布団へ。子供を寝かしつけにいった。

その間に嫁からは家出のいきさつをある程度聞いた。

引戸がゆっくり開き、静かにでて来た義姉は、化粧をしている時とは印象が少し違うが、肌もキレイでまた違った魅力があり、ついついみとれてしまった。w

あまり見ないでwと義姉。冷蔵庫からビールを出し、小さい飲み会が始まった。


その後は、旦那のグチやら世間話やらでそこそこ盛り上がり、時間も遅くなったのでそろそろ寝るか。と言う事になった。

嫁と義姉と子供は寝室に。俺はリビングのソファーで寝る事になった。

20分くらいして、寝静まったようなので、そーっと引戸をあけた。心臓バクバクでのぞくと…なんと1番こちら側で義姉がまだ起きていた。パニックになったが冷静を保つ。義姉はいじっていた携帯の手を止め、不思議そうな顔をしながら、どうしたの?と小さい声で聞いてきた。

更にパニックになった俺は、その時なんと答えたのかハッキリ覚えていないw

そんなことがあってからさらに2時間

懲りずに再挑戦w今度は引戸に耳を押し付け、様子を探った。何も聞こえないと言うかこれじゃわからない…。ほんの少しだけ戸を開けた。目と耳に全神経を集中させると、自分の心臓の音すらうるさく感じた。

こちら側から義姉、子供、嫁。

全員静かに寝息をたてていた。


ない頭が妙に働く。まずこちら側の電気を消し、外から入る僅かな光だけの暗い部屋に目を慣らす。ゆっくり引戸を半分ほど開ける。

義姉は普通のTシャツにスウェット生地のハーパン。

布団はお腹のやや上までしか掛かっていないため、あお向けのため少し潰れた感じの胸の膨らみと、肩口からわずかにみえた青いブラひもを確認。その時点で俺のチンコはフルにたった。

布団から大きく外れた左手の指を触ったり、軽く握ったりしてみたが反応はない。

熟睡のようだ。

そっと人差し指を義姉の胸に当てた。ブラ独特の感触がある。反応が無い事を確認し、さらに指をおした。

そこにまっていたのは、プニプニの、柔らかくも弾力のある感触。

リスクを考えれば今すぐにでも戻さなくてはいけない指を離すことができない。

何度も力を入れたり抜いたりしてると、俺のチンコの先はヌルヌルし始めた。


理性がなくなる前に、俺は一度リビングに戻った。

嫌、もう手遅れだった。俺の脳はさらなる刺激を求め、再び義姉の元へ向かった。

見たい欲求と触りたい欲求。そのふたつを満たすために俺がまずしたことは、胸をもむこと。

ゆっくり手を胸に添えた。
手のひらは汗がにじんでいる。

少しずつ手を縮めていくと。今度は手全体にあの感触が現れた。見た感じはDかEだと思う。今は仰向けなのが残念だった。

もう止まらない。

少し緩めのTシャツの首元を指でつまみ上げると、そこには青いブラに包まれた綺麗な膨らみが2つ。

次は布団を少し下にズラし、スウェットをつまみ上げる。青いパンツの一部がみえた。上下セットみたいだ。触りたくてたまらなかったがさすがにソレはやめたw。

でもスウェットの上から恥丘のあたりに手を添えた。

ここでアクシデント!義姉がこっち向きに寝返りをうったのだ。

もう死ぬかと思った。気付かれたのか?もう生きた心地がしなかった。

そのおかげで我に帰り、ゆっくり引戸を閉めた俺は、引戸一枚隔てこちら向きに寝ている義姉の方を向いてオナニーをし、凄い量のものを出した。
久しぶりに最高のオナニーだった。



次の日の朝、俺は一番に目が覚めた。

リビングを片付け、テレビをみていると嫁がまず起きてきて、それから少しして子供を抱いた義姉が起きてきた。

妙な気まずさがあるのはおれだけ…。

昨日イタズラした体をなめる様に見てしまった。

出かける用意ができた嫁は、朝ご飯何か買ってくると言って車で出かけた。

俺の隣には、化粧も終わり、シャツにジーパンに着替えた義姉がいた。

テレビをお互い無言で見ていると車の音。嫁が戻ってきたみたいだ。外に向かう子供。

すると待っていたかのように義姉が、

「あまり悪い事しちゃダメだぞw」

と言ってきた。

バレてたのか?急に鼓動が速まる。

怖くて義姉の方を見れない。笑みを浮かべるのが精一杯だった。

凄い後悔の念に襲われ、最悪の状況が頭をよぎった。もうハッキリ覚えているのは2人が帰る時にありがとと言った言葉だけ。

その日から1周間、怯えながら暮らしたのは言うまでもない。

しかし1週間後こんなメールが義姉からきた。

少しは反省したかな?○○には言わないから安心しな笑

これが始まりだった。


実際それから1月たっても嫁の態度などに変化はなく、いつもの日々が続いていた。

そんなある日、嫁に義姉からメール。来週末、旦那が出張で退屈だから、この間の御礼もかねて2人で泊りきなよ。と…。

1週間後、俺達は義姉の家にいた。

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][義姉][人妻][巨乳]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2015-12-19(Sat) 20:10:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*