FC2ブログ
アクセスランキング

息子の保育園の保育士さんにときめいた体験談

その女性を見た瞬間、いい年齢して(35歳妻子アリ)ときめいた事を告白しよう。

4月に新任で入って来た、息子の保育園の保母さん。

色白で背が低く黒髪、スレンダーで可愛い系。

私のストライクゾーン、ど真中だった。

だがその一年は、私も保育園を訪れる事がなく、言葉を交わす事もないまま過ぎ去った。


翌年、その先生が息子の副担任となり、私のトキメキは再燃した。

それまでまったく保育園に行かなかったのに、時々顔を出すようになった。

それでもテレ屋の私・・・

頭を下げる程度で、何も喋れない。

ただ時々、目で追うだけだった。


「○○先生って、可愛いよね。」

突然息子が、私にそう言った。

「そうだね」私はそう返した。

それだけで会話は終わり、何も起こらないはずだったのに・・・




「せんせーい、お父さんがねーせんせいの事、かわいいってよー」

息子を迎えに行った時、事もあろうか息子がそう大声で言った。

「ばかっ!何を言うんだ!」

慌てて止めたが、それが益々真実味を増す結果となった。

帰宅し、まだ3歳の息子に言い聞かす。

「そういう事はね、大きな声で言ったらいかんよ。」

「なんで?」

「先生も、どう相手していいか分からないでしょ。」

そんな事言ったって、分かるわけがないのだが・・・


翌日は仕事で遅くなり、帰宅すると妻が開口一番。

「あんた、○○先生の事、好きらしいね」とニヤニヤ。

「はぁ?」

「保育園でさ、子供が言って回ってたよ。」

「なんて?」

「『お父さんの好きな、○○せんせーい』って」

「はぁ・・・」

その翌日から、○○先生と顔を合わすのが恥ずかしくなった。

息子の発言は、以後、益々エスカレートした。

「せんせーい、お父さんが好きらしいよー」

「せんせーい、お母さんがいなくなったら、お父さん、先生と結婚したいってさー」

そんな事、俺は一言も言ってないって!

しかし、私の代り?に大声で告白するもんだから、それは保育園中に知れ渡る事になった。


明けて翌年。

○○先生は、息子の受け持ちから離れた。

しかし我家はクラス役員となり、益々保育園に行く事が増えたし、先生方と話す機会も増えた。

まずは7月の夏祭り。

先生方と買出し&設営&販売を行う。

飲み物の販売を担当したのが、私と○○先生。

買出しや設営まではジャージ姿だったのに、販売時には浴衣に着替えておられた。

その姿に萌え?っ!


そして10月の運動会。

クラス対抗に出場した私。

その競技で、司会進行をしたのが○○先生。

「○○ちゃんのお父さん、頑張ってくださーい」

なんて言われ、張り切った事は言うまでもない。

加えて先生方の競技で、「思い出」をテーマに作った出し物。

○○先生が演じたのは、女子高生。

そのセーラー服姿に、改めて萌えーっ!

浴衣姿にしてもセーラー服にしても、写真に収めた事は言うまでもない。


運動会の翌日、「昨日はお疲れ様でしたー」思いがけず○○先生から話し掛けられ、すっかり鼻の下を伸ばしてしまった。

「先生こそ、セーラー服可愛かったですよ。思わず写真、撮っちゃいましたから。」

「えーっ・・・恥ずかしいですぅ」

書いてて、何でもない会話だなと、自分でも思う。

だけど私にしてみたら、もの凄い進歩だったりするわけで・・・

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][保母さん]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


学校・幼稚園 | 【2015-12-14(Mon) 14:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-12-15 火  11:37:11 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*