FC2ブログ
アクセスランキング

深田恭子似の保険会社の女の子との体験談 2

ピンポーン♪チャイムが鳴った。その瞬間、背筋に寒気を感じ嫌な予感がした。鍵はもう解かれていたので、玄関のドアが開いた。

予想通り、そこにはスーツを着た深キョンがいた……。深キョンとギャルは目が合うと、その空間は一瞬時間が止まったかのようになった。

深キョン「ちょ、ちょっと?アンタ何してんの!?」 
ギャル「なっ、何って、見ればわかるでしょ?仕事よ仕事」 

ギャルはそう言うと、玄関から出てドアを閉めた。とりあえず俺も出ようとしたが、ギャルが何らかの形でドアを押さえてるらしく、ドアが開かない。しょうがないので、玄関の覗き穴から様子を見る事にした。

深キョン「仕事って!ここはアタシの担当地域でしょ?何を勝手な事してんの!?」 
ギャル「別にいいでしょ?アンタの案件がず~と保留になったままだから、私がわざわざ足を運んであげたんでしょ?」 
 
深キョン「何言ってんの!それは会社でのルール違反でしょ!そんなにトップの成績が欲しい訳?」 


ギャル「何?その言い方?喧嘩売ってんの?」  
声が大きくなってきた。(近所迷惑だから…)と思いながらも様子を見てた。

「とりあえず、ここはもう私の担当だから!早く帰れよ!」とギャルが深キョンの身体を押してそう言った。 

「痛いなぁ!ふざけんなよ!」深キョンが声を荒げギャルの身体を押し返した。ここで止めればよかったんだが、その場ではそんな事も考えられずに、普通に覗き穴で様子を見てた。 




「パシッーン!!!」ギャルが深キョンの頬にビンタをいれた。ビンタされ、頬を押さえた深キョンだったが「バシッーン!」すぐさまギャルにビンタを返した。 

続けて深キョンが2発目のビンタを打とうとした時には、ギャルもお返しのビンタを打っていた。これはどちらとも顔にはヒットしなかったが、すぐにグーでの殴り合いに発展していた。

すると髪や服を掴んでもみ合いになると、二人は体勢を崩しそのまま転げた。転げたまま相手に攻撃をしながら、相手の上に乗ろうという展開になっていた。 
 
そして上になったのは深キョンだったが、ギャルも下からパンチなどを打って抵抗している。身長は同じくらいだったが、ムッチリとした深キョンが上になると身体の細いギャルは中々体勢を返せないでいた。 

(すげぇ~喧嘩だ)と思って見ていると「止めなさい!」という声とともに人影が現れ、喧嘩をおさめていた。
 
ここで「あっ、そうだ、止めなきゃ」とようやく俺は冷静になり、そう思ったが、なんか人が来ちゃって気まずいので、もう少し様子を見る事にした。よく見ると、喧嘩を止めたのは管理人のおっさんだった。

二人は立ち上がってからも、掴み合い罵りあっていたが、管理人の「いい加減にしないと警察を呼ぶよ?」という声に大人しくなっていった。 

「わかった、帰るから!面倒なことしないで!」と言ってギャルが管理人の言葉に逃げるようにして帰っていった。 

「待ちなさい!」管理人が言うが、そこにはもうギャルの姿はなかった。 
そして管理人が今度は、深キョンを問いたださそうとしていた。 

このタイミングで俺は玄関のドアを開け「大丈夫か深キョン?」と言って表に出た。一瞬間があったが「あっ、大丈夫大丈夫、もう帰ったから」と深キョンは言った。 

管理人「あっ、○○君、どうなってるんだい?」(さぁどうする…) 
「あっ、私この人の彼女なんですけど…」と深キョンが言いだした。

「えっ?彼女って?あれ?少しふくよかになったかな?」そう、管理人は俺の彼女を見た事があった。 

「何言ってるんですか~で…さっきの女が勧誘でこの人にしつこくしてたから私が追い出そうとしたら、掴みかかってきたんですよ」 

管理人「それじゃ、彼女は○○君の為に身体を張って喧嘩してたのかい?」 
深キョン「はい」 

管理人「○○君、自分の為に身体を張ってくれるなんて良い彼女を持ったねぇ~」
「ああ…はい…」 

管理人「うんうん、じゃあもう大丈夫だね?」 
深キョンと俺「あっ、はい、すいません迷惑をおかけして」 

「いいからいいから…」そう言って管理人は姿をけした。 
それを確認すると、複雑な顔で深キョンは俺の顔をみた。

とりあえず証拠隠滅をしてから、深キョンを家に入れマットレスに座らせた。 
「なんか少し女の匂いがするんだけど…もしかして…」 

「何言ってんの?昨日彼女が来たからだよ。あっ確かに部屋換気してなかったからまだ匂うねかもね」 

彼女の匂いのせいにしたが、まだ疑った顔で何か言いだしそうだったので、「でも、もう深キョンの匂いに変わっちゃってるじゃん」そう言うと、深キョンは笑顔になり「そう?」と言った。 

「ところで仕事は戻んなくて大丈夫?」 
「うん。外回りは融通が聞くから…で、ギャルは何でここに来たの?」 

俺は今日の流れを説明した。勿論エッチをしたことなんて話さない。 
そして俺も深キョンに、ギャルがなんでここに来たのかを逆に聞いた。 

どうやら深キョンとギャルは、成績を競うライバル関係の感じだったらしい。そして、俺の読み通り普段は口も聞かない仲との事だった。「なるほどね」俺と深キョンはお互いの話に納得がいった。

深キョン「そう言えば、管理人さんには私って彼女になっちゃったね~」 
俺「ああ、そうだね」 

深キョン「ふくよかになったとか言われたけど、彼女って痩せてんの?」 
俺「ん~まぁ少し痩せてるかな?」 

深キョン「ふ~ん…」 
俺「それにしてもびっくりしたよ、まさか深キョンがあんなケンカするなんてね」 

深キョン「しょうがないよ…女の敵は女だからね…でも私の勝ちだったでしょ?絶対負けたくなかったもん」 

俺「うん、深キョンが押してたし、あのままだったら勝ってたかもねっ?深キョンも顔腫れて引っかき傷が凄いよ」 

深キョン「しょうがないよ、ケンカだもん…」
俺はそんな健気にみえた深キョンの傷を舐めてあげた。

すると深キョンが俺を見つめ「ねぇ…欲しいよぉ…」と言った。
「時間不味くない?俺も買い物が…」 

「うんでも…あんな事あったからなんか興奮しちゃって…身体が熱いの…入れて欲しい、それだけでいいからお願い」 

そう言うので、俺は深キョンにキスをしながらアソコに手をあてがった。熱い、下着越しからでもその濡れ具合と熱さが伝わってくる。

そしてそのまま下着を下ろし挿入し服を着たまま正常位でガンガンと腰を振ると、深キョンは、今までにないぐらいの喘ぎ声をあげ、そしてイキ果てた。 

そして、イチャつきながら余韻に浸りながらしていると、まだ、はぁはぁと余韻で息を荒げる深キョンの携帯に会社から連絡が入り、グッタリとしながらも深キョンは会社へと戻っていった。

その日の夜、深キョンとギャルそれぞれから連絡がきた。

ギャル「ゴメンね、会ったばかりなのに恥ずかしい姿見せて…あの後大丈夫だった?じじいから文句言われた?」
俺「いやいや、大丈夫だったよ別に…」 

ギャル「そっか、よかった。でも私はあの後会社戻ったら、深キョンが喧嘩の事とかある事ない事を社長に言うから、明日から他の営業所に異動になっちゃったよ…。あり得ないよねぇ~あの女のせいで…マジでムカつくよ、もっと殴ってやればよかった」 

俺「マジか…むごいな…どうしてそうなっちゃったの…」 

ギャル「まぁそれはそれとして、話変わるけど、私、ホント俺男と付き合ってみたくなっちゃった…実は彼氏はいるんだけど…別れるからどうかなぁ?俺男は彼女っているの?俺男の方がカッコよくて面白いし…あと俺男のSEXはヤバ過ぎだよ、彼女いたらマジ彼女が羨ましい」 

俺「あ?彼女?100人くらいはいるかな?でもギャルはやっぱ彼氏いたんだね、でも俺もまたやりたいなぁ~ギャルは可愛いしね」 

ギャル「マジ言ってる?かなり嬉しいんだけど♪家知ってるし、とりあえずまた会おうよ♪連絡するから」俺男「OKOK、じゃあまた連絡してね~」ギャルとの会話はこんな感じだった。

で、深キョン「今日は迷惑かけてゴメンね。ギャルは移動だってさ。自業自得だよ。」
俺「あ、そうなんだ」
 
深キョン「ねぇ、今からまたそっち…行っていい?」 
俺「いや~今日は疲れてるでしょ?俺も何だか今日は疲れちゃって駄目だなぁ~」

深キョン「そっか、そうだよね…休みだったのに今日はゴメンね」 
俺「いやいや、いいよ。んじゃまた今度ね」と、まぁこんな感じだった。
 
その日の夜は昼間にギャルと深キョンとヤッたにもかかわらず、深キョンとギャルとのエッチと、二人の取っ組み合いの映像が頭から離れず、それを思いだして、なぜか興奮して久々にオナニーをした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][生保レディ][セックス][絶頂]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2015-11-24(Tue) 00:30:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*