FC2ブログ
アクセスランキング

性欲に負けて肉質のよさそうなブス大生とやった体験談

先週、ブス大生とやった。
あまりにも肉質が良さそうだったので、レアで頂いてしまった。

俺は霜降りが多い肉はあまり好きではない。
かといって霜降りがない肉は硬すぎて美味しくない。
適度に霜降りが全体に回った肉が一番好きだ。

きっかけは、後輩が持ってきた合コン話。
女性陣は、大学2回生の水泳部ブス美、貧乳芳子、年増顔のケバ子、唯一普通の真由美
俺の隣にブス美、前に芳子、
俺も昔水泳をやってたこともありブス美と盛り上がった。


顔は、誰に似ていると言う事はなく、ちょっと目が細く離れてて、前から鼻の穴が見え、唇は厚め、本当に残念、泳いでて鼻に水入りそう。
種目を聞くとは「平」
一瞬あぁ平目ねと思ってしまった。

花柄ワンピースのブス美、隣から見ると胸のところが大きく開き胸の谷が・・・
一次会で盛り上がり、カラオケへ


カラオケも隣にブス美。触れ合う太もも。
ブス美とデュエットを歌って盛り上がった。
二次会も終わり、ブス美を送って帰った。

今度二人で飲もうと言うことになり約束をして別れ際キスをするとビックリはしていたが、拒絶することなく受け入れたブス美。




翌週、約束通り二人で飲みに行き二次会はラブホテルのカラオケへ。
ラブホへ誘うと小さく頷き後ろについて入ってきた。
ラブホは初めてで、興味もあったらしく露天風呂付きの部屋に感動していた。

「恥ずかしいからと電気を消して」というブス美

一緒に露天風呂に入った。
月明かりに照らされる肌、弾く水玉が煌き綺麗な裸にむしゃぶりつきたくなった。
後ろから抱きつき胸を揉む。いい弾力。
股間へと手を伸ばすと、わかめの様に漂う陰毛が絡みつく。
マムコに指を入れ指マン。
胸を揉み乳首を摘む。声を漏らし悶え声を上げる。


触れる肌の感触がいい。
思った通りのいい霜降り具合の肌の張り。
柔らかすぎず硬すぎず。

後ろから唇を重ねる。
舌を入れると舌を絡めてきたブス美。
風呂から上がりスケベ椅子に座らせ、備え付けのローションをたっぷりかけ、胸からマムコヘと手を滑らせる。
スケベ椅子のお尻からマムコへ手を滑らせ指マン。
暴れる体を抑えようとしてもすべる。

スケベ椅子から下ろし、向かい合って抱きあう。
充分ローションもついて入りやすくなっていたが、マン汁も充分溢れていた。

硬くなった息子を挿入。
入り口が狭いのか、若干の入り辛さを感じながらも、グッ!と押し込むと亀頭が入り、徐々に膣中へと入っていった。
奥へと入ると声をあげ感じるブス美。


腰を抱え手前へ引き押し込む。
「あっつ!うっ!」

前後へと動かすと、
「あっぁあ、ダメ、動かしちゃ、ダメ、あっぁあ」
息子の先に子宮口がグリグリ当たる感じが伝わる。

「ダメ、ダメ、出ちゃう、あっぁあ」

息子が入ったまま、潮を噴き上げるマムコ。
小刻みに震えるブス美。

「あっぁん、だからダメだっていったのに、
ごめんなさい、ごめんなさい、オシッコ出ちゃった」
「大丈夫、大丈夫、オシッコじゃないから」
「えっぇだって・・・」
「大丈夫、大丈夫」


風呂場でよかった、こんなに噴いてたらベッドだったら大変。
しがみついたままのブス美。
ゆっくり手を外し、抱え股間から下ろし洗い場に寝せる。
露天風呂は広く充分の広さがあった。
裸のブス美の体を隅々まで舌を這わせる。

ブス美の耳元で、「初体験いつ?」
「えっ~!」
「いつ?」
「高校卒業してすぐ、好きな先輩と」
「へぇ付き合ったの?」
「先輩その時他に彼女が居て」
「へぇブス美は知ってたの?」
「うん、それでもいいと思って」
「そうなんだぁ」

ローションを洗い落とし、ブス美を抱えベッドへ
薄暗いこともあり、あまり顔を意識することはなかった。
それよりいい肉感、ピンク色の小さい乳首と絞まるマムコがくせになりそうだった。

マンスジに指を這わせるだけで感じるブス美。
69でブス美を上にして息子をしゃぶらせながら、指マン、マムコを掻き回すと、勢い良く潮を噴き上げた。
露天風呂で解っていたので、しっかりバスタオル2枚を敷いておいて助かった。

騎乗位では、体を振って感じるブス美、
正常位では、息子を入れたまま仰向けで自ら腰を振る。
何度やったかわからないまま、爆睡。
ブス美も隣で寝息を立て寝ていた。


朝、目を覚ますと元気な息子を見てビックリしていた。

「あれだけしたのに?」
「ははは、男は朝元気になるんだって」
「そうなの?」
「まぁ若いうちだけかもしれないけど」(笑

息子を握らせると
「すごく熱い、ドクドクしてる」
「これがブス美の中に入ったんだ」
「えっぇ~」と顔を赤らめるブス美。
「ほら、もぉ感じてきたじゃん」とマムコに手を伸ばし弄ると、マン汁が溢れていた。
両足を広げ朝立ちギンギンの息子を突き刺す。

「うっ!あっ!」息を荒げ絶頂へ
抱きついてきたと思うと背中に激痛が、
思いっきり爪を立ててきた。


さすがに振りほどく。可哀想だと思い我慢したが、さすがに痛かった。
終わった後、爪を立てた事をいうと、
「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」と謝るばかり
「大丈夫、大丈夫」

上半身だけは服着といたほうがいいなと思った。
朝ブス美は練習へ平の足が良く開いたと思う。


>

乙でした
これからも性欲に負けたときはレポよろです


>

「これがブス美の中に入ったんだ」
フイタwwww

ここのレポってエロとギャグ要素があって2重の意味で笑える。


>>
ブスって甘え上手だから、こっちも安心して変な事言える

ブ「気持ちいい?」
俺「気持ちいいよ、ブス子は?」
ブ「んっ…気持ちいい…」
俺「何が気持ちいいの?」
ブ「…オチンチン」
俺「誰の何が気持ちいいかちゃんと言ってみろよ」
ブ「も~、俺君のおちんちんっ…あっあぁスゴイ~」(ピストンスピードアップ)

文章に起こすとキモ過ぎワロタwwww   ワロタ…

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][女子大生][ディープキス][指マン][ローション][セックス][絶頂]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


会ったばかりの人と | 【2015-11-15(Sun) 15:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*