FC2ブログ
アクセスランキング

ボート部で一番可愛かった先輩との忘れられない初エッチ 2

そして大会の日になり俺は寮の先輩とコンビを組み優勝目指した。

予選は1位、準決勝は2位、敗者復活で1位になりなんとか決勝に進めた。

N先輩も決勝まで残り、午後の決勝に備えていた。

決勝に進んだ人は、昼飯に重い物を入れられないためカロリーメイトと食いながら俺はN先輩と話をしていて「N先輩決勝ですね」と言うと「H君もね」と微笑みながら俺を見た。

N先輩の微笑みに俺は飲み会の出来事を思い出しパニック状態になり

「…N…N先輩」噛みながら言うと「ん?」と聞いてきて「あの…俺頑張ります」我ながら意味不明な事を口走っていた。

「やっぱり緊張する?」とN先輩は落ちついて聞き俺は正直に

「ふぅ。やっぱり緊張しますね」と答え

「大丈夫だよ。H君ずっと頑張ってきたじゃない。勝てるよ。私はH君をずっと見てたから保証する」とN先輩は俺の緊張を解そうとしてくれた。


しかし俺の中では「H君をずっと見てたから」と言う言葉に余計に心を乱されてしまう。(笑


N先輩は決勝で優勝し俺達の番が回って来る。

俺たちは他のチームより一試合多くしていて体力も消耗しきっていたが、おれは絶対に勝つということと、N先輩の言葉を意識し決勝戦に挑んだ。




最後の最後まで勝負は拮抗していて同時ゴールぽかったが、アナウンスで俺たちの名前が一番に呼ばれ逆転優勝をした。

俺はボートの上からN先輩を探し、部員と一緒になって手を振っているのを見てN先輩…俺が優勝して嬉しかったかなと考えた。


その後も俺達の学校は結果を残し総合優勝をもぎ取った。

帰りの車の中ではみんなが盛り上がり優勝を称えあったが疲れからか速攻でみんな寝てしまった(もちろん俺も)。

あとで写真を見せてもらうとN先輩が俺の肩に頭を乗せて眠っていた写真があり、N先輩は「恥ずかしいよぉ」とか言っていたが、俺はかなり嬉しかった。

だが俺が上を向いて寝ていたのが余りにダサく目も当てられない写真でもあった。

結局県大会は準決勝で負けで終わり、N先輩は県3位の成績を残しN先輩は引退した。

祭りが近くなり寮の先輩に
「今度の祭りお前も行くんだろNを誘ってみろよ。あのNをお前なら落とせそうだ」と言われ「行けますかね?」と聞くと先輩は「Nはかなりお前を意識してると見たね」と言い「やったら報告しろよ」と言い先輩は茶化した。

練習場に来ていたN先輩に俺は思い切って祭りに誘う事にした。


「N先輩。祭りって誰かといく予定があるんですか?」

「ん?。とりあえず部活の人と行こうかと思ってるけどなんで?」

と聞いてくると死ぬほど緊張したが「俺と祭りに行きません?」と言い、先輩の顔を見るとN先輩は顔を真っ赤にして「……いいよ」と一言だけ言って立ち去った。


祭り当日待ち合わせに行くべく準備をしていたら、「ほら!Hコレを持っていけ」と言い、先輩はコンドームを俺に手渡して「避妊はしないとな」と言い俺は「ありがとうございます」と言い財布の中にコンドームをしまった。


待ち合わせに10分前に行くとすでに先輩は居て、知らない男にナンパされていた。

俺が「N子」と呼ぶと先輩は俺のほうに来て腕にしがみついた。

するとナンパ男はさっさとどっかに行き

「N先輩。遅くなってゴメンね」と言うと

「私が早く来すぎたのが、いけなかったんだし…さっきは助けてくれてありがとう。」と笑顔を俺に向けてくる。

「んじゃ行こうか」と言うとN先輩は俺の腕にしがみついていた事を思い出し離そうとすると

「N先輩腕に手を回していてくださいよ」と言うとN先輩は顔を真っ赤にしながらも俺の腕に手を回した。

N先輩のおっぱいの感触が俺の腕にプニプニと当たるたんびに、俺のアソコはギンギンになりつつあった。

俺はN先輩に勃起していることを悟られまいと笑顔で色々と話して屋台を色々と歩いて回っていく。


花火が打ちあがる時間が近づいてきて、俺とN先輩は飲み物を買い海辺に移動し、ビール缶を軽く当て「乾杯」と俺が言うとN先輩も「乾杯!」と言い飲み始めた。

砂浜にいるのはほとんどがカップルでちと恥ずかしかったが、先輩と軽く冗談を言いあいながら花火の時間を待っていた。

花火が始まるとN先輩は「綺麗…」と呟き打ち上がる花火に夢中だった。

俺は花火の光に照らされたN先輩をじっと見つめていてN先輩が俺の視線に気付く。

「どうしたの?」と聞くとN先輩の耳元で「N先輩にキスがしたい」と決起会と同じ言葉を呟きました。

N先輩は真っ赤な顔をして目を瞑り花火が上がる中、俺はN先輩とキスをした。

唇を一度離しもう一度俺はN先輩にキスをする。

そして3度目のキスはN先輩の口に舌を入れた。

N先輩は驚いて口を離そうとしたが、俺は手で頭を抑えN先輩の唇を貪った。

N先輩はちょっとだけ抵抗していたが次第に力を抜き、俺の舌に合わせるように自分の舌を絡めてきた。

時折「ん…」と言うN先輩の声が漏れ、俺はあのN先輩とディープキスをしている事にいたく興奮を覚えていた。

花火大会も終わり俺はN先輩とHをするべきか、それとも素直に家に帰すかで悩んでいたらN先輩は俺に向かって

「今日は友達の家に泊まりに行くっていったから大丈夫だよ…」
と呟くと俺の中でN先輩を抱く事に決めて、適当なラブホテルに入っていた。

先輩は緊張した感じで「…シャワー浴びるね」と言い風呂場にいく。

俺は自分があのN先輩とラブホテルに居る事がすでに信じられなくて、テレビをつけたり便所にいったり忙しなかったと思う。

N先輩はバスタオル一枚でベットに座ると今度は俺が「んじゃ俺も風呂に入ってきます」
と言い風呂場に直行した。

風呂場でシャワーを浴びる俺は自分のアソコが痛いくらい勃起しているのがのが解る。

風呂に上がるとN先輩は布団の中に入っていた。

N先輩は緊張してるだろうなと思い、俺も布団の中に入りN先輩の緊張を解すため脇を擽り始めると先輩は

「もうH君てばっ!くすぐったいよぉ」と笑いながら俺の方向に顔を向けた。

俺は自分のデコをN先輩のデコに引っ付けて

「N子が寝たふりをするからだろ」とN先輩を呼び捨てすると、仕返しとばかりにN先輩は俺の脇を擽り始めた。

「だってH君がいきなり脇を擽るんだもん」と言うと

「君づけは辞めて呼び捨てで良いよ」と俺は言う。

N先輩は脇を擽るのを辞め「H…」と俺の事を呼び捨てにする。

俺も「N子…」と言いN先輩の唇にディープキスをし始めた。

「ン…ん…」と舌を絡めながら微かな喘ぎ声を出すN先輩…俺が唇を離すと今度はN先輩の舌が俺の唇に入ってくる。

唾液を交換したりひたすらキスを繰り返すN先輩と俺。

唇を離すと俺はN先輩に覆い被さりバスタオルを剥ぎ取る。

N先輩は程好い大きさのおっぱいとピンク色の乳輪…毛も薄めでマジで綺麗としか良いようが無かった。

N先輩は真っ赤になって顔を隠していたが俺は「N子…マジで綺麗…」と言い乳首に口を近づけた。

右の乳首を舐めながら左手でもう一つのおっぱいを触る。

時折聞こえてくる「…ン…アッ……ン…」と言う微かな喘ぎ声と勃起していく乳首にN先輩が感じていると言う証拠が俺の我慢汁をドンドン沸きあがらせていく。

勃起した乳首軽く噛むとN先輩は「…アッ!…」と少し甲高い声を上げる。

俺は顔を上げてN先輩に「気持ちいい?」と聞くとN先輩は小さい声で「………うん」と答える。


いよいよN先輩のマンコに手を近づけるとマンコはすでに濡れていた。

俺は「触るよ」と言うとN先輩は頷く。

俺がN先輩のマンコを触っていると「…アッ!……アン…」
と徐々に先輩の喘ぎ声も大きくなってきた。

空いた左手で髪を触りN先輩にディープキスをすると、N先輩は貪欲に舌を動かしつづけた。

そしてN先輩のマンコに中指を入れ動かし始めると

「……アッ…ん……アンッ……アッ!…」

N先輩の喘ぎ声も断続的に出るようになっていった。

これでもかと言うぐらいに中指がふやけて、俺は「N子入れるよ」と言うと「…うん」と一言だけ返してきた。

俺はコンドームを着けてN先輩の両足を持ち上げた。

N先輩は恥ずかしかったのだろう…顔を隠して俺に入れられるのを待っていた。

俺は自分のチンポをN先輩のマンコに宛がって一気に貫く。

N先輩はいきなり奥まで入れられたのが感じたのか、入れられた瞬間「アッ!!」と大きな声を上げた。

俺は始めは軽めに動いたり回したりしてN先輩の反応を見ていると

「……アッ…ア…ンッ…」

と出来るだけ声を抑えようとしているのか小さく喘ぐぐらいに留まっていた。

俺はN先輩を突きながら「気持ちよかったらもっと声を出して良いよ」と言うがN先輩は「……ン…ア…ンッ……あ…」と小さく喘ぎ続ける。

俺はもっとN先輩壊れて欲しいと思い一度抜けるか抜けないかギリギリのところまで出し、一気に突くと「…ヤッ!」と大きな声を再び上げた。

俺はこれでN先輩は奥が弱いんだなと思い、激しくN先輩のマンコ突き始めた。


すると「あっ、あっ、あっ……あはぁァァ………ぁあんッ!」と大きめな喘ぎ声をだすようになり始める。

時折空気が入るのだろう…マンコを突く度ブピュ!と音がなり、その音が一層卑猥に聞こえ俺を燃え上がらせる。

逝きそうになってきたのかN先輩は

「アッ、あっ、アン…H!ダメ!ダメ!ダメ!それ以…上は…ダメ!…」と意味不明な言葉だし始めた。

でも俺は容赦せずN先輩の奥突き続けるすると

「ダメ!おかしくなる!ダメ!」と言いつづけ体をビクンッ!ビクンッ!と震わせる。

するとN先輩は力尽きたように体がフニャフニャになっていった。

しかし俺は逝ってなくてチンポは硬いままだったので、疲れきっているN先輩のマンコにを再び突き刺しました。

俺はさっさと逝くべく一気に腰を振り逝こうとしましたが、N先輩は「アッ!アッ!H!辛いよ!お願い休ませて!」と哀願してきましたが、

「後ちょっとで逝くから我慢して」と言いドロドロになっているN先輩のマンコを突き続けました。

N先輩は「…もう…アッ…ダ…メ……ほん…ンッ…とに…壊れちゃ…う…あっ」と意識朦朧気味で喘ぎ、俺も限界が来て「N子!出すよ!」と言った後流れるように精液を吐き出し続けました。

その後コンドームを処理して裸のままN先輩と抱き合い朝まで寝ました。


朝起きると腕が痺れてるなと思い横を見ると全裸のN先輩がいて、俺昨日はマジでN先輩とやっちまったんだなぁと考えていると

N先輩が起き「…Hおはよう」と言い軽くフレンチキスをする。

俺も「N子おはよう」と言いフレンチキスをお返しすると、N先輩は笑顔で俺の顔を見た。

とりあえず長かったけど俺の高校で最初に付き合った人との話です。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][ディープキス][乳首舐め][初体験][コンドーム][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


初体験 | 【2015-11-13(Fri) 16:10:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*