FC2ブログ
アクセスランキング

美人になっていたエロすぎる変態女との体験談

田舎に15年ぶりに帰省した私は、ある女性に「hさんですよね。」と話しかけられた。

きれいな方で、フレンドリーな男好きのする顔つきだった。
だが、記憶に無い。

『どなたさんでしたっけ?」

『私は、〇〇村のk子です、覚えてますか?」

「えーーーっ本当に?きれいになって・・・気付かなかったよ。言われないか?」

『言われますね。hさんは、判りますね。」

私は、大柄で、プロレスラー並の体なので目立つし、悪いこともできないなと思っているが、女好きは今でもますます増すばかりで、精子の飛びも中高生の時と変わらないので始末に負えない。


k子は、昔私が6年生の時に、3年生で、臨海学校に行ったときに、オリエンテーリングの時に体育座りをしている時に、隣になり、あーだこーだと私に話しかけてきて、手とか耳とかを触ってくる。

『何だ、こいつ。」気持ち悪く、鳥肌がジーンと立った。

「やめろよ!」人が話してるときに・・・真面目な私。

「あっ!!!」




k子の手が、体育座りをした短パンの下から、大きい玉袋をさわさわと、いやらしく撫でて、むんずと掴んだ。


そんなことされた経験が無いため、鳥肌が怖ろしくたって、変な感覚だった。

「hちゃん、大きい。」

3年生なのにいやらしい笑顔だった。ゾッとした。

「やめろっていってるだろ!!叩くぞ。今度したら。」

小川直也似の私があの目で睨みつけると、やめてくれました。

何より、k子はブスで、色白だが、大きな牛乳瓶の底のような眼鏡が顔の半分位を占め、メガネザルのような感じで、嫌いだった。

そんな奴が人のチンコを揉むなんて・・・臨海学校の面白さが台無しになってしまった。

その後、下級生にk子のことを聞くと、えらいエロで、裸で抱き合ったり、チンコやマンコを舐めあったり、クラスの大半の男が、餌食になっているとのことだ。

後輩はマンコを舐めさせられ、おしっこの味がしたと言っていた。

まんざらでもなさそうに語る後輩に、背筋が寒くなり、関わらないようにしました。

純なのはその辺までで、中学になると、エロ(変態)に目覚め、目をつけた女の、リコーダーを舐めたり、体操服のマンコの部分を匂ったり、授業中に髪をかきあげる癖の女の髪の毛を集め、それで包んで机の中でオナニーもしました。

初体験もその頃に済ませ、k子のことなんか忘れていました。

それにしても、今のk子の魅力的な容姿はどうだ。

少し淫らに見えるが、モデルのようでもある。

話をすると、相変わらずエロで、体験した男の数は、300人位だという。

ノートにメモッているとの事だ。

お前は、ジェームス三木かっ(知らない人多いですよね。)

私は数えたこと無いが、k子にはかなわないと思う。

ビデオ1000本以上、裏本500冊以上・・・裏本ダンボールで5箱、先輩から貰って、片っ端から読んでると頭がおかしくなりそうでした。

興奮も何も無い。500冊で手元に残したの、8冊ですよ、8冊。

全部捨てました。すみません、脱線して。

k子とホテルに行くと、キスが脳天直撃、舌が生き物のようだった。

唾がローションのように粘り、泡が目に見えて、粒が大きい。

床に着く寸前のところまで糸を引いた。

エライ女だ。先輩もすごい、って言ってるけれど、こいつには・・・顔は美しく、目が大きく、睫毛がはっきりしていて尚更魅力的だ。

「テレビドラマでよく変わったとかあるけど、そのパターンだな。エッチすると美しくなるのっていうやつか。スポーツは?」

「してないんですよ。男の人に乗ってるだけです。」

腹筋が締まっていて、グラインドしたら強烈だろうな・・・

「hさんも凄いからだ。プロレスラーみたい。オチンチンもベスト3に入るくらいです。」

格闘技を目指した時もあったが、上には上がいる。

ヒクソングレイシーと戦って子ども扱いされたある選手と、スパーリングをしたときは、こんな強い選手が。と思ったものだ。

k子のフェラチオは、ゆっくりとしたストロークだが、吸引力が半端でなく、亀頭の皮が半分戻り、仮性包茎のようになる。

私は自慢ではないが、カリが大きいほうだ。

チンコを離した時に、例の粘る唾がチンコから床上20センチまで糸を引く。

温かく、むずむずする。マンコを開く。パイパンにしたじっとりとしたヒダが、墨色だが、乱れてなく、トサカもできていない。見るからに気持ち良さそうだ。立ちバックで突き立てた。

「ううーーーん、ああああーーーん、」

落ち着いた喘ぎ声。

締め付けは強烈でないものの丸めの大き目の尻に吸い込まれ、ヒダが濡れ始め絡んで気持ちいい。

10分以上楽しみ、私が寝そべると、尻を私に向けて、チンコが吸い込まれていく。

凄い尻の動きだ。

チンコだけに圧力がかかるので、普段の3倍は快感が増す。

亀頭が半分位見えるまで、大きくストロークするので挿入部を見るだけで、興奮する。

こんなに大きい?尻が上下するたびに自分のモノが大きくなる錯覚?が。

何しろ腰の動きがすばらしいのだ。私も正常位で使う技を・・・相性の良さだ。

時間を忘れて突きまくった。

「アナル、したいんですけど・・・ちょっと、食べすぎちゃって、うんちしてきていいですか?。」

「ここで見せてくれないか?」

「えっ、本当ですか?先輩そっちの・・・。」

「エロ本で見て、ちょっと好きになってる俺・・・ダメか?」

「いいですよ。見るだけなら。」

「さすがに、体に塗ったり食べたりはできないな。」

洗面器を用意して、k子が跨る。

アナルを結構使ってるらしく、少し捲れていて、エロい。

メリメリメリメリ・・・太い。

拡張されてるためか、極太の所々色の違う、石垣のように敷き詰められた茶濁の便が吐き出される。

臭いが香ばしさもある。さらに勃起した。

1本糞が、洗面器に当たり、カーブする。

私は待てずにアナルにぶち込んだ。

夢中になってぶつけた。

うんちの名残が、チンコに付着し、便臭が漂う中で、射精した。

大量の精子をそのまま洗面器のうんちの上に垂らされた。

何ともエロい。思わず写真を撮った。

上京するるまでの、3日間、k子と、やりまくり、4時間のムービーまで撮りました。

今見ても、こんなエロいモノは無いくらいです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][アナルセックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2015-11-13(Fri) 10:10:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*