FC2ブログ
アクセスランキング

見かけに反して淫乱な娘と朝までやりまくった【出会い系体験談】

俺 男 183cm 71㎏ 27歳/彼女有(非通知)堂珍似のさわやか系(らしい)
相手 女 155cmくらい? 体型普通 24歳/彼氏無。
メールの文章では淡白そうな感じで写メも普通な感じ。


会ってみると写メよりもかわいく、プライド高そうだったので、会った瞬間は正直やれないと思った。会った瞬間、ありゃこれはできないな~と思った。面接30人の経験がそう警笛をならしていた。


でも、かわいかったので、ちょっと緊張気味にデートスタート。某観光スポットで待ち合わせしたので、すんごい人ごみ。でも、文句も言わずににこにこしながら、話に相槌を打ってくれる。

ええ娘や。エロ話とかは一切なし。はなからできないと決め付けてはいたものの、彼女と自分の距離が近いことに気づく。彼女の方から寄ってくる感じ。


これはもしや???この時点でデート開始から1時間。その後も距離は縮まり、とうとう、彼女の胸が俺の腕に当たり始めた。この時点でおれのマグナム砲は半立ち状態。

外を歩きながら、寒いね~などと相変わらず平凡な会話が続く中、突然、彼女が俺の手を握った!!その瞬間”やれる!”と面接30人の役に立たない直感がゴーサインを出す。




が、見た目は平然を装いながら、予約していたレストランへ。

そこでも紳士的に振舞いながら、時間は夜の10時を回った頃。
”もう一軒行こうか”の誘いに多少、考えながらも”うん。。”と。レストランで酒に弱いことが判明していたので、2軒目で酔わせて、やることしか考えていない俺。


2軒目に入ると前彼のこととか、恋愛観について語ること1時間。ホテルへ入る時間を考えながら、11時頃には店を出ることに。

人通りの少ない道端で立ち止まると彼女も抵抗なく立ち止まる。そしてキス、彼女は全く抵抗しない。

”俺でもいいの??”と聞くと”うん”と一言。
”寒いから暖かい所に入ろうか?”との問いにも、こくっとうなずく。もう、俺のマグナムは発射寸前!

ホテルへ入ると、お互いまさぐるようにディープキス。あそこに手を這わせると、下着の上からも濡れているのが判る程。
そしてなんとTバックを履いているではないか!!


四つん這いにさせてTバックを履いたまま、あそこに食い込んだひも状のものをずらすとピンク色のヒラヒラが。舌を這わせると”ああン”とすんげえ卑猥なあえぎ声をもらず彼女。

次に仰向けにしてクリを舐めながら、人差し指と中指でお○んこを刺激すると”ああ、だめ。。いく!”とかなり感じている様子なので、ここで全裸にして、更にクリ、胸、お○んこを刺激。


”あん、入れて”と彼女。おれがゴムを着けようとすると彼女が ”生でして・・”ととろ~んとした目で見つめる。
一瞬ためらったが、あまりのいやらしさに生で挿入。

”ああ、いい!”とかわいい声で喘ぐ彼女。こっちも気持ち良すぎてどうにかなりそうになりながら、懸命に堪えていると、彼女が ”後ろからして。。”と。


四つん這いにさせて後ろから激しく突くと

”あん、あん、いきそう!あ、だめ!”

あそこの締りもすごくて入り口から奥にかけて、俺のマグナムを絡めるように微妙に動く。

再度、正常位に戻すと”奥まで突いて”というので、思い切りがんがん突いていると、彼女が小刻みに震え始めて”いく、いきそう。。。中で出して・・”


ここでも一瞬ためらうが、ここまで来たら理性もくそもあったもんじゃない。あまりの気持ちよさに”いいの?いくよ??”というと ”ああ、いく、出して!”と更に体が震え、あそこも更に締まってきた。

次の瞬間、俺のマグナムは彼女のアソコに精子を大量に発射。

彼女も”はっああん。。。”こんなに気持ちのいいセックスも久しぶりだったな。


それにしても卑猥な子で、その後も精液まみれの俺のマグナムをこれまた絶妙な舌使いできれいにしてくれた。
そこで、また、元気になっちまったので肉弾戦再開。

結局、朝まで生中だしで5連発だった。お日様が黄色くみえたよ。
朝、ホテルを出てバイバイしたけど、すぐにメールきて”最高の夜だった”ってさ。セフレ決定!

これからもあんな卑猥な娘と生でできるなんて出会い系ばんざい!

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][出会い系][ディープキス][生挿入][正常位][バック][絶頂][中出し][セックス][お掃除フェラ]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2015-11-08(Sun) 13:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*