FC2ブログ
アクセスランキング

嫁に縛られ恥ずかしい恰好で責められイカされる体験談

世の中はゴールデンウイーク…こちらはサービス業なので普通に仕事があり、家に帰って11時半頃でした。

その後シャワーを浴び、テレビを見ながらテーブルに用意されている夕飯を食べながらビールを飲み1時少し前に就寝しました。
嫁は小さい子供を寝かしつけながら、そのまま寝たらしく、帰った時には起きておらずの状態でした。

自分も1時前頃に布団に入り、連日の残業とビールの効果もあり、すぐに爆睡してました。


何時頃かは覚えていないんだけど、下半身の気持ちの良い感触に意識が朦朧としながらも少し覚めると、嫁がチ〇ポを優しく舐めており、自分は『うっ!うぅぅ~ ん』と声を上げてしまった所、一瞬、口を離してこちらを向いたようですが、またすぐにクワえ始め、舌がまとわりついてきました。


その時、体の向きを変えようと腕を動かそうとした所……。両手を何か布の長いもので縛られていました!

『んっ?』と言った所、嫁は『うふふ♪』と言いながら、こちらのTシャツをまくりあげ、左側の乳首を右手の親指と中指でコリコリとつまみあげ、もう片方の乳首を舌を尖らせながらツンツン突いてきたり、ペロペロと舐めあげてきました。

乳首が性感帯な自分は、『あぁぁぁ~』と低い声で悶え、その声を聞いた嫁は舐めていた右側の乳首を甘噛みしてきました。




『ううっ!』と更に感じてしまい、下半身はもはや膨張しようが無いまでに大きくなり反り返っています。

動こうにも両手は縛られている為に何にも出来ず、寝ぼけていて更に酔いも残っている状態で力もまったく入らず、ただ体をくねらせ、悶え、されるがままでした…。


その後、嫁が自分の上に四つん這いのような形で覆ってきて、片手でTシャツを上にまくり、片方の乳房を出し、自分の口に含ませました。
自分は赤子のように吸ったり、ペロペロ舐めたり、チュパチュパ音が出るように吸い上げたりしながら、頭の上に伸ばしていた両腕を肘をたたみ下にさげました。

そして縛られたままの両手を、嫁のTシャツの中に滑りこませ垂れ下がっている乳房の両方を揉みしだきました。

嫁は『ああん♪』と言いながら、揉まれ、吸われている乳房を口元に更に押し付けてきて、自分は呼吸が苦しくなりながら口を付けていない方の乳房の先端をコリコリと摘みあげました。

嫁は、『んっ!んん~んっ♪』とヨガリ始めながら、快感に浸って四つん這いのまま、身動きをせずに腰だけをくねらせはじめました。

上半身は自分を跨ぎ布団に両手を付いて、乳房への愛撫を受け、腰から下の下半身だけをくねらせ悶える嫁…

口から出てくる声がだんだんと甘く、艶のある声色を奏でたと思ったら、ふと自分から離れました。

『ん?』と思ったらタンスの奥からバイブを取り出し、スイッチを入れ、くねる頭の状態にしてから舐め始め、また自分の所に戻ってきて余った片手で優しくチ〇ポをしごき出しました。

ビンビンに勃起している自分のをしごきながら、バイブに『ふぇら』をして、そのあと十分に潤ったバイブをパンティの奥にうずめながら、嫁は縛っている自分の乳首をイヤらしく舐めてきました。

自分は、『んぁぁぁぁ~!』と悶え、なすがままで腰だけを空を切り裂くように打ちつけ、快楽の餌食になっています。

しばらくすると、ひっくり返され、肘を付いた状態の四つん這いにさせられ、尻だけを高く上げされられました。

そして、両方の指で尻の穴を広げながら奥まで舌を差し込み、グチュグチュとかき回したり、また舌を尖らせてズボッ!ズボッ!と突くように刺激します。
その度に『うぅぅぅ~っ』などと、快楽の声を漏らす自分…

そして、もはやチ〇ポは萎む事を知らぬまま、四つん這いの状態でも下に垂れる事も無く、はちきれそうです。

嫁は手を回し、尻の穴を刺激しながら、しごきはじめました。
嫁もくねるバイブをアソコに入れ、パンティを普通に履いてずり落ちたりしないようにしながら愛撫しているので、時折『あふぅん♪』とか『んん~んっ♪』とか言って自分への愛撫を中断させながら、快感を味わっています。

嫁も快楽を味わいながら自分のチ〇ポをしごき、尻の穴に舌を這わせ丹念に愛撫を続けてきます。
そうしたら、またひっくり返され仰向け状態。

嫁は、チ〇ポを『ふぇら』しだしながらバイブのリモコン部分を縛っている自分の手に渡し、時に優しく、時に少し強く吸い上げたりし、竿から離れたかと思えば、片方の玉ずつパクッとくわえ舌の上に乗せてもごもご動かしてみたり、裏筋を下から頭のほうに舐め上げてみたりします。


自分は、嫁のアソコに入っているバイブのリモコンの強弱を付けて、嫁を快楽へと導きながら、受ける愛撫にその都度反応して『うぅぅっ!』とか『あぁぁぁ…』といった声を出しています。

しかし、我慢も限界が近くなり、『あっ!うっ!あぁっ!』と低く呻くような声を出すと、嫁は分かったのかそれまではディープスロートな舌使いだった口だけの愛撫から、竿の部分を手でしごき、頭の部分だけをパクッ!パクッ!といった感じでリズミカルに『ふぇら』でしごきながら速度を速めてきました。


さんざん焦らされるような愛撫を受け、最後に手と口を使われてはひとたまりも無く、『あぁぁぁ~!イキそうだ…』と呻くように声を絞り出し、バイブの切り替えを一番『強』にひねります。

嫁も手でしごき、『ふぇら』しながらも『んふっ♪んん~んっ!!♪ん~んんん!♪』と明らかにバイブの『強』の威力の前にひれ伏しそうな勢い…

その後、数秒で自分が嫁の口の中に勢いよく精液を放出しピクピクしだした瞬間!嫁も体をピクピクと震わせ口の中に精液を出された状態でイキました。

立て続けに2回程、体を大きく震わせ、2度イッたようです。

そして自分はTシャツをまくりあげられ、下は何も付けない状態で縛られたまま、体をピクピク震わせながら意識は飛んで行きました…


朝になって目覚ましがなり起きた所、布団の上の方にネクタイが落ちていて、どうやらネクタイで両手を縛っていたようです。

バイブはきちんと片付けられており、嫁はパンティ姿では無く、きちんとパジャマのズボンも履いて寝ていました…

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][乳首舐め][フェラチオ][玉舐め][アナル舐め][口内射精][痙攣][絶頂]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2015-09-20(Sun) 14:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*