FC2ブログ
アクセスランキング

出会い系で長澤まさみ似の女子大生と出会った体験談

jd(女子大学生)とエッチ。男としたら、一度は、してみたいですよね。

18歳から22歳のという言う若さに加え、jd(女子大学生)というブランドを持つ女性とのエッチ。

想像するだけで、私のお〇んぽは、膨らんできそうですが、そう簡単にjd(女子大学生)とエッチなんてできるわけがないと思っているあなた。

出会い系サイトを利用したら、意外と簡単にjd(女子大学生)とエッチ出来るのです。

先日も、私、出会い系サイトで、jd(女子大学生)の愛子と知り合い、エッチをしてきました。

彼女は、自ら掲示板に、『今日休講になったので、超ひまなの。』と書いてあったので、『どっか遊びに行かない?』と私の写メ付の誘いメールを送ったら、3分後『いいよ。』と返事が来たのです。

私の経験上、今のjd(女子大学生)は、出会い系サイトには、そんなに抵抗がないみたいで、結構な数が登録されていると思います。

最近は、スマホでも利用できるので、気軽にしているjd(女子大学生)も多いですしね。

話を戻して。待ち合わせ場所に行くと、既に彼女らしき女性が居たので、声を掛けると、彼女でした。

彼女は、長澤まさみちゃんに似ていて、とても可愛いかったです。




彼女とは、喫茶店で、おしゃべりをして、お互いのことを言い合っていると、彼女は、ゲームが好きと言うことが分かり、ゲームセンターに行くことに。

そこで、UFOキャッチャーで、ぬいぐるみをゲットしたり、二人で協力して敵をやっつけるゲームをしたりして、とても楽しい時間を過ごしました。

その後、お腹が空いたので、レストランで、食事をすることに。

そこで、彼女はハンバーグを注文し、食べていたらソースが口元にベットリついたりと、無邪気なところがとても可愛くて、このままホテルに行きたいなと思ってしまいました。

お店を出て、しばし公園を歩いていると、いい雰囲気になってきたので、手を握るとOKでしたので、思い切って、キスをするとこれもOKでした。

そこで!『ホテル行かない?』と誘うと『うん!』と返事が来たのです。

後から聞いたのですが、彼女、私がタイプだったようで、彼女もエッチしたくなったみたいです。

ラブホテルに入り、部屋に入ると、キスをする二人。

彼女の香水の匂いがとてもいい香りで、たまりませんでしたので、我慢できずに彼女をベッドの部屋に連れて行くと、キスをしながら彼女の服を脱がす私。

彼女を下着姿にして、ブラジャーを取ると、お椀型のおっぱいが現れました。

とても、形が良いおっぱいだったので、つい触ってしまう私。マシュマロのような感覚が私の手に伝わり、とっても気持ちがいいのです。

ずっと触りたくなる一品でしたね。

その後、私も服を脱ぎ全裸になると、パンティーだけ履いている彼女を寝かせると、愛撫を始めました。

やはり、おっぱいが気になり、時間を掛けて舐め、触りまくる私。

そうすると、彼女の口から『はぁーん。ああああ』と声が漏れてきて、さらに乳首も立ってきたのです。

その姿を見て、興奮した私は、むしゃぶりつくようにおっぱいを舐めると、次に、彼女のお腹、そして、股間に顔を埋め、彼女のお〇んこを見ることに。

彼女の長い脚を左右に開かせると、真ん中にピンク色のお〇んこが見えたのです。彼女は、陰毛が少ないので、はっきり、ピンク色のお〇んこが見えました。

そのお〇んこには、彼女の白い愛液が流れていたので、その愛液を吸うように舐めてあげると『ああああああ。いいいいい!』と言って、とても感じたのです。

そこで、クリトリスも舐めてあげると、『あああああ、いいい!!』と感じまくり、さらに、指をお〇んこの中にいれて、Gスポット辺りで動かすと、『そこは、ダメ、感じちゃうからー。あああああ』と言った後、『いきそう、いく、いく、いっちゃうー。』と言って、オーガムスに達したのです。

彼女は、オーガムスに達した後、ピクン、ピクンと体を動かして、余韻に浸ってしました。

しばらくすると、彼女は、余韻から覚めると、いきなり私のお〇んぽを握り、フェラをし始めました。

『グチュ、グチュチュ』とエッチな音を立てて、舐めてくれる彼女。とても、気持ちよくて、たまりませんでした。

その後、彼女は、我慢できなくなったのでしょう。小さい声で、『もう、ダメ、入れたい。』と言って、騎乗位で入れてきたのです。

入れた瞬間、『ああああああ、入ってる。お〇んぽ、入ってる。』と言うと、そのまま腰を動かし始めたのです。

そして、腰を上下する度に、『ああああ、いいいい!』の声を上げて、感じまくる彼女。

さらには、彼女、足をM字型にして、奥までお〇んぽを入れると、『あああああああ。奥に当たる!!』と言って感じていました。

次に、私の要望で、バックをしましたが、彼女のお尻を眺めながらのバックは、最高でした。

私のお〇んぽには、ベットリ、彼女の白い愛液が付着していて、ピストン運動する度に、それが見えるのも最高でしたね。

その後、正常位にして、彼女のおっぱいが揺れる様や彼女の喘ぎ声を見ながらピストン運動をしていると彼女から、『あああああ、もう、いきそうなの。いく。いく、あああああ、いっちゃうー。』と言って、再度、オーガムスに達したのです。

その直後、私もザーメンを彼女の顔に出してしまいました。jd(女子大学生)の顔にザーメンで汚れる様はとても興奮しました。

そのザーメンをティッシュで拭いて、キスをすると、彼女から『とっても、気持ち良かった。またしたいね。』と言ってくれました。

その後、私たちは、セフレの関係になり、お互いがエッチしたい時に、連絡する仲になっています。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][出会い系][女子大生][クンニ][フェラチオ][生挿入][騎乗位][バック][絶頂][セックス][セフレ]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2015-09-01(Tue) 10:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*