FC2ブログ
アクセスランキング

友人の彼女とホテルに行った体験談 3

それからしばらくキスをして、耳からうなじ、胸と徐々に下に向かって行きました。
そしてあそこに到着。

「足開いて。」
「や・・・」
「開いてみ?」
「やぁ・・・・」
「なんで?」
「だって・・恥ずかしいやん・・・」
「わかったから開いてみ?w」

すると裕子は諦めたように足を開いていきました。
俺は彼女の開いた足の間に入り、顔を近づけていきました。

「ゃん・・・やっぱり恥かしいって・・・・」
「ねえ?・・聞いとる?」

聞いてません、つーか今の俺には聞こえません!
そのままあそこにキス。

「はぁん・・・」

舌でびらびらを舐めながら、時々クリをつんつんしつつひたすら舐めてました。
後からわかったんですが、裕子はクリがすごく敏感で感じやすいそうです。




「あんっ・・ああっ・・・やっ・・・・・んぁん・・・・」
「はぁ・・・んっ・・いい・・・」
「あぁんっ・・やん・・・はぁっ・・・んっ・・」
「け・・・んじぃ・・・気持ち・・んっ・・・いい・・・・・」
「ね・・もっと・・・して・・・・んっ・・」
「あぁ・・・・そこ・・・・いい・・・・あんっ・・・ぁぁ・・・・」

さらに濡れてきてるので、指を入れて手マン&クリ攻撃。
あっさりとなんの抵抗もなく指が入りました。

「んぁっ!んっ・・ぁんっ!・・・はぁ・・・・んっ!」
「いい・・・気持ち・・いぃよ・・・・・健二ぃ・・・・」

裕子は両手で俺の頭を掴んで、自分のあそこに押し付けようとしました。

「ああんっ!・・・・そこ・・・そう・・・そこ・・・・んあんっ!」
「ね・・健二・・・・もう・・・もう・・・・」
「あんっ・・・・健二ぃぃ・・・・・だ・め・・・・はぁん・・・」
「健二・・・・・けんじぃ・・・・だめ・・・・・いっちゃう・・・・・・」
「や・・・・や・・・・ぁん・・・や・・・・・・んっ!」
「ねえ・・もうだめぇ・・・・いっちゃ・・・・うぅ・・・・」
「ああああああんっ!・・・・・だめ!・・んっ・・健二ぃ・・だめええええ!!!・・・んっあああっ!!!」

裕子の体に一瞬力が入ったと思ったら、しばらくして力が抜けてぐったりとしてしまいました。
俺の顔はベタベタになってたので、ティッシュで拭いてから、彼女に軽くキス。
目を閉じてはぁはぁ言ってた裕子は、目を開けて抱きついてきました。

「気持ちよかったぁ・・・w」

何度もキスしながら見つめ合ってると、彼女の手が俺の股間に。

「ね・・・続きしよ^^こんな硬くなってたらすぐ入るし。」

俺も早く入れたかったのでゴムつけようと思って探すと、

「そのままでええから^^」
「え・・でも・・・・」
「ええから^^何もつけんでええから。」

今までゴム付きでしかしたことなかったので、さすがに考えました。

「ねえ、そのままでええから・・・ね?^^」

その言葉で吹っ切れた俺。
何もつけずにそのまま突撃することに。
濡れ濡れのままだった彼女のあそこに挿入せずに焦らしてみたりw

「あん・・・ねぇ・・・はやくぅ・・・・・あんっ・・・」
「ねぇ・・・ちょうだい・・・・ね?・・・ねえ・・・ああっん!」

しばらく焦らしてから先っちょだけ挿入w

「はぁんっ!」
「ねえ・・・・もっとぉ・・・・」
「健二・・・・ちょうだい・・・・おねがい・・・・・・んっ・・・」
「やん・・・健二ぃ・・・ちゃんと頂戴・・・・」

先っちょだけ出し入れして反応を楽しんでから一気に挿入!

「んああん!!!!!」
「もうっ!健二のあほぉ><急に入れんといてよ!」

この時、一回出してるのに、初めて生でする感触と、裕子の中のきつさで入れた瞬間に俺はいっぱいいっぱいw

「裕子、やばいかもw俺すぐイキそう・・・・」
「えええっ・・・だめっ!!!我慢してよっ!!!」
「でも無理っぽいw」
「動かんでええから、落ち着くまでこのままでいよ?^^」

裕子の言うとおりに動かずにじーっとしてたんですが、物足りなくなってちょっといじめる事にw
俺は動かずに、指で裕子のクリを刺激する作戦です。

「あんっ!なにするんよ!!・・・・んっ」
「んっあん!!・・・・動くなって・・・言ったやん!!・・・・ぁっ・・・」
「動いてないやんw」
「違うって・・・はぁっ・・・そうじゃなくて・・・動くなって・・・・・」
「だから動いてないやんw」
「あんっ!・・健二のあほおおおおぉ><」
「ああんっ・・・あかんって・・・・いっちゃうってば・・・・」
「何回でもいってええよw」
「いっちゃう・・いっちゃうよぉ・・・・ねぇ・・・健二ぃ・・・」
「あんっ、健二ぃ・・・んぁんっ!あかんって!!ねぇ!ああああん!!!!!」

裕子のあそこがぎゅっと縮んで俺の息子を締め付けた後に、ふっと彼女の力が抜けました。

「・・・・・・・・健二のあほぉ・・・・・・><」
「ん?でも、よかったやろ?^^」
「・・・あほぉ・・・・・」
「健二ぃ・・・・ちゅーして・・・・」

もうね、可愛くて可愛くて惚れちゃいましたw
繋がったままぎゅっと抱き合ってずーっとキスしてました。

10分ぐらいして、なんとなく落ち着いてきたので動く事に。
まあ、ただ動くだけだと光の速さでイク自信があったので、クリ刺激作戦も併用w
腰はゆっくり動きつつ指に集中です。

「あんっ・・・あんっんぁんっ!」
「けんじぃ・・・けんじぃ・・・・あん!」
「いぃ・・・けんじぃ・・・・気持ちいいよぉ・・・・・・」
「ねぇ・・・もっと・・・もっとして」
「そう・・・けんじぃ・・・はぁ・・それいいの・・・・あんっ」
「けんじぃ・・・・好き・・・・健二が好きなの・・・・・んあっ」
「ね・・・一緒にいこ・・・・健二と・・・一緒に・・ああんっ」

もう俺も限界に近かったので生でやってる事を裕子に言うと、

「いいからっ!!あんっ!そのままちょうだい!!やんっ!健二の!そのまま頂戴!!!!」

それを聞いた俺は安心してラストスパートw

「あんっ!あんっ!!けんじぃ!んぁんっ!!あぁんっ!!」
「ねえ・・・きて・・・・一緒に・・・・・けんじぃ・・・・」
「健二!好きっ!!・・・んあんっ!一緒に・・んっ」
「いいっ!そう!んっ!!来てっ!来て!!けんじぃぃぃ来てええええええ」
「けんじぃ!けんじぃ!ああんっ!!だめ!いっちゃう!いっちゃう!けんじぃ!あああああああっ!!」

すごい締め付けと共に、裕子の中に思いっきり発射しました。
生は初めてだし、中出しも当然初めての経験でした。

「健二ぃ・・・・なんか・・健二がピクピクしてる。」
「健二ぃ・・・ちゅー・・・^^」

まだ繋がったまま息子が小さくなるまでキスしてました。

その後で、二人でシャワー浴びて睡眠しました。
起きたときにキスすると、「やっちゃったね・・・・愛と徹には絶対秘密ね!」
それは当然だし、深く考えても仕方ないので、もう1ラウンドしましたw


後で聞くと、裕子も徹とするときはゴム付きでしかしてないらしく、今までの相手も全員ゴム付きでしてたと。
俺とゴム無しでした理由を聞くと、「気持ちよかったからつい・・・w」だそうですw

ホテルに行った時点ではこんな事になると思ってなかったと。
俺の息子を握ったとこでやめるつもりだったけど、俺の反応見て調子乗って止めれなくなったらしいです。

愛と徹には内緒のままで、裕子とは大学卒業するまでセフレしてました。
俺は裕子のテクにはまって、裕子は俺が反応するのが嬉しかったらしいです。

よく聞くと、徹はマグロ男だったとか。
フェラテクもちゃんと教えましたw
他にもありますが、この辺で。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][友達の彼女][ラブホ][勃起][ディープキス][手コキ][フェラチオ][射精][お掃除フェラ][手マン][クリトリス舐め][生挿入][絶頂][中出し][セックス]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2015-08-21(Fri) 00:30:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*