FC2ブログ
アクセスランキング

友人の彼女とホテルに行った体験談 2

裕子は俺の胸に顔を乗せた体勢で、柔らかい胸の膨らみが脇腹に触れてきます。
もう俺は顔を正視することができません。
しばらくすると、

「なーなー。友達の彼女に触られてるのってどんな感じ?」

などと聞いてきました。
こんな状況で「気持ちいいです。」とは言えないので返答に困ってると、

「全然小さくならへんよ?てか、なんかピクピクしとるで?」
「ちが・・・。」
「もしかして気持ちええの?」
「だから、ち・・・」
「健二ってやらしいなぁ。」

そんな事を言いながら。ついに手を動かし始めました。
俺は不覚にも「ぅっ」と声を出てしまい、その声を合図のように裕子の手を動かす範囲が大きくなりました。

「どう?気持ちええ?」
「愛にもしてもらうんやろ?」
「あたしがするのと愛がするのとどっちが気持ちええん?」

すごく気持ちよくて続けて欲しかったんですが、愛と徹の事が頭によぎったので、

「もうあかんて、徹に悪いやん、俺も愛がおるんやし。」と言うと、
「黙ってたらええやん、お互い言わんかったらばれへんし。」と言いながら乳首をペロっと舐めてきました。




「それに、私も練習したいしw」
「健二も気持ちええんやろ?、パンツ濡れてんでw」

言葉責めに弱すぎる俺は既に先走り液出しまくりだったんですw

裕子は手の動きを止めずに胸から脇腹をチロチロと舐めていきます。
俺は体中の力が抜けて裕子の好きなようにされてました。
裕子は俺の脚の間に右足を入れて寄り添うような体勢で密着してきました。

「どう?気持ちええ?」
「うん・・・。」
「パンツの上からやとやりにくいから脱いで。」
「それはまずいって・・・。」
「今更何言うてんのwもっとして欲しいんちゃうの?」

そんな事言いながらも手と舌は止まりません。
脇腹からおへそ、乳首ときて首筋まで上がってきました。
シャンプーのいい匂いと、首筋に這わされる舌。

「愛が言うとったよ。健二は首と耳が弱いってw」

そう言うと裕子は首筋から耳へターゲット変えてきました。
当然のように手は動かしたままです。
耳は最高に感じるので、体中がビクッとして自然に声が漏れました。

足は裕子の太ももに挟まれて素肌のひやっとした感触、腰の辺りには裕子の股間が密着してます。
脇腹には胸が押し当てられ、息子をしごき続ける手と、耳を舐めまわる舌の感触。

恥ずかしさとか罪悪感とかは消えて、もうなるようになれと右手を裕子の背中に回しました。
すると裕子は、トランクスの上を少し上げて手を直接いれてきました。

「うわぁ、すっごくぬるぬるしてんで?w」
「こんなに濡らしてたんや、やらしー」
「健二って女の子みたいww」

こんな事を耳元で言われると更に体が反応するわけで・・・。
トランクスの中に手を入れた裕子は、手が動かしにくいらしく、一度起き上がって脱がそうとしてきました。
当然のように脱がしやすいように腰を浮かす俺。
するっと脱がされました、つーか、途中から足使って自分で脱いだw

「へー、健二のってこんな形なんや、徹のと微妙に違うわ。」

全裸になった俺をまじまじと観察する裕子。
しばらく見た後に、先ほどと同じ体勢で、耳を舐めつつ手でしごき出しました。

「気持ちええの?」
「うん・・・。」
「もっと気持ちよくして欲しい?」
「うん・・・。」
「どうして欲しいん?」
「もっと・・・して・・・。」
「何して欲しいか言わんとわからんよ?」

そう言いながら、裕子は俺の頭の下に左手をくぐらせて、指で左の耳をさわさわと触りながら、舌で右の耳を舐め、右手は先走りのヌルヌルを手につけて息子をしごき続けるというテクを使ってきました。

もうダメですw
すごく気持ちよくて体が小刻みに震えました。
このままじゃイカされると思ったとき、裕子の手が止まったので目を開けると、俺の顔をニヤニヤしながら見てました。

「どうやった?愛とあたしどっちが気持ちええ?」

「裕子・・・。」と、小さな声で言うと、

「何?聞こえへんよ?大きな声で言ってみ?」

聞こえてるに決まってるのにかなり意地悪です、つーかこいつはS気あるのか?w

「・・・裕子の方が・・・気持ちええよ・・・」

すると裕子は、「素直でよろしい^^」と言ってキスしてくれました。
二度ほど軽いキスをした後で、舌を入れてきて手の動きも再開。
左手も耳をさわりながら、ディープキス&手コキ。
俺はキスされるのも弱いんですw

あまりにも気持ちよすぎて、はぁはぁ言ってると、

「もういきそう?」
「いかせて欲しいん?」
「いきたいんでしょ?」
「ちゃんと言わんとやめるよ?」

すごく嬉しそうな目で言葉責めは続きますw

「いかせて・・・。」
「なんて?聞こえへんよー?」
「いかせて・・・><」
「いかせて欲しいのにそんな言い方なん?」
「いかせて・・・くだ・・さい」
「大きな声ではっきりと^^」
「いかせてください><」

言っちゃいましたw

「ちゃんと素直に言えばええのにw」
「ご褒美にいかせてあげるね^^でも、イクとこ見せてやw」

そう言うと、裕子は俺の胸に頭を乗せてじーっと見つめながら手コキを続けました。
限界だった俺は10秒程で「あぁっ、イクッ」と発射w

すると、「きゃっ!!」と裕子の悲鳴が。
勢いあまって胸まで飛んだので、裕子の顔にかかったんですw
それでも手を止めない裕子。
少し力を入れて、搾り出すような感触のあとでやっと止まりました。

「もうw飛ばしすぎw」

そう言ってこっちを向いた裕子の顔にはAVでよく見るようにべったりと精子がついてました。
それを指ですくって悪戯っぽい笑顔でペロっと口の中に持っていく裕子。
ちなみに、愛は速攻で洗面所行って吐き出します・・・。

「なんか不思議な味してるね。」

そう言いながら俺のおなかにも飛んでる精子をペロペロと舐めていきました。

「ふーん、こんな味してるんやぁ。」
そして息子をもう一度握り、

「綺麗にしてあげる♪」
と、まだ硬い息子をパクッと咥えてきたんです。
ここで、うわぉ!と思ったけど、しばらくペロペロ舐められても、全然気持ちよくないw
気持ちよくないどころか、歯が時々当たって痛い(汗
徹が口でいけない理由がわかりましたw

この時、裕子は俺の横で正座をするような感じでお尻をこっちに向けて咥えてたんですが、その時に彼女の薄いピンク色のパンツが濡れてるのを発見。
しかもかなりクッキリと染みになってました。

これはチャーンス♪

既に愛とか徹の事なんてどうでもよく、ただのエロマシーンになった俺は、反撃のチャンスを待ちました。

しばらくペロペロしてた裕子は、「綺麗になったよ^^」と抱きついてキスしてきました。
頭をなでなでしてあげながら、恋人同士みたいなキスを何度かした後で体勢入れ替えに成功。

今度は裕子が下になって責められる番です。
俺は責められるの好きだけど、責めるのも大好きなんですよねw
上になるときに、足を彼女の足の間に入れて、左手は彼女の頭のうしろ。
完全に先ほどやられたのと同じ体勢になりました。

「なあ、さっきしてたときって、どんな事考えながらしてたん?」
「んー。別に何も考えてなかったけど?」
「ふーん。じゃあこれは何?^^」

そう言いながら俺は裕子の股間へ手を伸ばそうとしました。

「ちょ、ちょっと何するんよ!」
「ん?何って、ちょっと確認するだけ。」
「待って待って!何も確認せんでええから><」
「ふーんw」

そんな言葉じゃ俺は止めれませんw
裕子は左手でガードしようとしましたが、俺は裕子の頭に回してた手で彼女の左手をガッチリキープ。
裕子の右手は俺の背中に回ってるので、身動き取れない状態です。
少し強引にパンツに触ると、彼女は目を逸らしました。

「なあ、なんか濡れてんで?w」
「・・・・」
「なんで濡れてるん?」
「汗かいただけ。」
「ふーん?^^」
「・・・・」
「俺何もしてなかったのに、何で濡れてんの?」
「だから汗って言ってるやん・・・。」

楽しくなった俺はパンツから手を離して太ももをスススッと指先で撫でました。

「あんっ・・・」と可愛く声を出す裕子。
もっとこの声を聞きたくなったので、攻めに集中w
顔をこっちに向けないので、うなじから耳を舐め舐め。

「んあっ!・・」
「どうしたん?」
「なんでもない><」

太ももを撫でてた右手でパジャマの紐を解いて開くと、パンツと同じ色の可愛いブラジャー出現。

「可愛いブラジャーしてるんやなw」
「見るなあああああ・・・。」

そんな事言われてもねぇw
そのまま右手でブラジャーの上から乳首の辺りをくりくりと。

「あん・・・ねえ、もう、あかんて・・・」
「あぁ・・ん・・・はぁん・・・健二ぃ・・・」

掴んでる左手は少し暴れようとしてましたが、くりくりしてるとおとなしくなりました。
そこで彼女を起こしてパジャマを脱がし、背中のホックを外しブラジャーを抜き取ると、形のいい胸が。

「乳首立っとるよ?」
「言うなああああああ><」

でも隠そうとしないんですよねw

「可愛いやん^^」

そう言いながら胸に吸い付く俺。
胸を揉みながら乳首をつまみ、逆の胸にひたすら吸い付く。

「あんっ・・・あぁぁ・・・や・・・」
「はぁ・・・・あんっ・・・んっ・・」

手を下に持って行くと、ぎゅっと足を閉じようとしてましたが、
キスしながら「足開いて^^」と言うとゆっくり開いてくれました。
パンツの中に手を入れると、もうヌルヌル。

「やらしーw」
「だって・・・・。」
「だって、なに?」
「さっき健二にしてあげてたら、気持ちよくなってきて・・・」

すごく愛おしくてぎゅっと抱きしめてしまいましたw
そのまま指でいじるとクチュクチュと小さな音が。

「聞こえる?裕子のあそこから音してるで?」
「あん・・言わん・・といてよ・・・・・」
「気持ちええの?」
「う・・・ん・・・あぁんっ・・・」
「俺にしながら、自分もして欲しかったんやね^^」
「うん・・あぁ・・んっ・・・・して・・欲しかってん・・・」
「やらしー」
「だって・・健二が・・すごく感じて・・くれてるの見て・・・あん・・」
「もっとしてあげるから脱ごっか?」
「うん・・・」

起き上がって腰を浮かさせてするっと脱がしました。
パンツにはきっちり染みができてました。

「見てみwこんな濡れてたでw」
「みるなああああああああああああ!!!><」

そう叫んでパンツを奪う彼女。かなり恥ずかしかったみたいですw

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][友達の彼女][ラブホ][勃起][ディープキス][手コキ][フェラチオ][射精][お掃除フェラ][手マン]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2015-08-20(Thu) 23:10:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*