FC2ブログ
アクセスランキング

アブノーマル希望の私の出会い系体験談

私は富山県の富山市に住んでいる42歳になるOLです。
若い頃はスレンダーだったのですが、いまはぽっちゃり…。

だんだん男性との関係も遠ざかり、でも女盛りのこのカラダはうずいて仕方ありませんでした。

そんな時に知ったのが、出会い系サイトです!
中にはデブの体がいいって言ってくれる人もいます。

もちろんそこまでデブの体ではありません。俗に言うぽっちゃりというやつです。でもデブの体と判定する人も中にはいます。

そして私はとても淫乱な女です。40代前半になっても、とにかくアブノーマル希望で特に電マで責められたいという性癖もあります。

電マで責められたいという性癖も喜んでくれる男性がいますので特に問題がないのですが、どうもおねだりしてしまう感じで、それがイヤって言われることもあります。


アブノーマル希望の出会いがほしいって思うんで、そのせいでやっぱり40代前半の現在でも結婚が遠ざかっているのではって思います。

でもアブノーマル希望の私の願いを叶えてくれる男性との出会いはやっぱりやめられないんです。

OL同士の間でも出会いサイトを使っている方って結構いるんです。

私も3年ほど前から他のOLの子に教えてもらった出会いサイトを使ってアブノーマル希望の私の願いをかなえてくれる人を探しています。




そんな私の先日の話を聞いてください。

いつものようにOLの私は仕事が終わってから電マで責められたい願望をかなえるために出会いサイトで出会いを探していました。

そしたら富山市の私の自宅からほんの10分ほど歩いたところに住んでいる、同じく40代前半のサラリーマンの方から連絡がきました。

私はこんな感じなんで一人暮らしをしているのですが、その方も同じく独身で一人暮らしをされているそうで、私のデブのことも全く問題がないということなんで近くの公園で待ち合わせをして会うことになりました。


ということで富山市の少し郊外にある私の自宅から数分の公園で待っていると、向こうから私よりもデブの方がやってきました。

私のデブの体型がOKだと言ったのはこれだからっていうのはピンときました。でも悪い人ではなさそうだったんで、まずは二人で公園のベンチに座ってお話をしました。

話をしているとどうやらその男性もかなりの性欲の持ち主ということと、アブノーマルプレイ希望ということが分かりました。

それならということで、私は電マで責められたいっていう話をしてみたら早速やろうってことになっちゃいました。

一応どこかで使えると思って電マは持ってきていたので早速ホテルに行ってやろうって言ったら、彼がこの公園で野外プレイやっちゃおうって言い出したんです。

アブノーマルプレイ希望ではあるのですが、野外プレイは今までに経験がなくなんかちょっとドキドキしてきました。

富山市の郊外と言っても公園の周りにはたくさんの家が立ち並んでおり、それこそ夜間の静けさの中で声でも出そうもんなら・・

彼は私を草むらの茂みの方へと連れていきます。
私をその草むらに座らせて私の胸を揉みだしました。

それだけでも声が出そうになったんですが、彼はうれしそうに電マを取り出して私の股間に当ててきます。

最初はスイッチが入っていなかったんですが、それでも私は「あふぅう」という声が漏れてしまい、そのたびに「みんなに聞こえるよ・・・」って囁かれるんです。

そしていよいよ「ぶるぶるっ」とスイッチが入り出しました。
私は野外プレイなのは分かっていたんですが、ガマンできなくなって割と大きめの声で「きゃっ、はうはぁ」って言ってしまいました。

そんな声が漏れるのがうれしいのか、彼はさらにヒートアップします。もう電マで責められたいというよりは、早く挿入してほしくなってきたんで彼にお願いしてみました。

もちろん彼もそのつもりということで野外プレイを二人で楽しんだんですが、ここからはもう恥ずかしくて紹介できません。

野外プレイってあんなにドキドキしながら行うんですね。
でもそのドキドキがたまらないんです。

アブノーマル希望の私が大満足だった話でした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][出会い系][アブノーマルプレイ][野外プレイ][デンマ]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2015-08-13(Thu) 00:30:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*