FC2ブログ
アクセスランキング

清純派女優本○まなみの騙された大胆ベッドシーン

本○まなみは濡れた髪を乾かしていた。
身に着けているのはバスローブ一枚。

場所はホテルの一室を再現した撮影スタジオ。リハーサルを終えて、今は本番の撮影中。

結婚を機に本格女優への脱皮を図る重要な作品であるため、いつもにも増してまなみは力を入れていた。

映画の題材はラブストーリー。

今撮影しているのはホテルでのベッドシーンで、ストーリー上、大きな意味を持ち、清純派であったまなみが大胆な演技を見せる、大きな目玉となる場面である。

大胆といってもまなみのイメージを壊さないように、オールヌードは見せず、胸から下の部分はベッドや相手の男性俳優の体で隠しているし、その隠れる部分も撮影用の下着をつけているのでスタッフに見られる心配もない。


それでもリハーサルでの激しいキスや愛撫は、それまでのまなみにとっては未知のもので、かなりの羞恥心を感じたものの、女優の仕事にかける彼女の決意が大胆な演技を可能にさせた。


「リハーサルではうまくいったのだから頑張らなくちゃ」
ドライヤーで髪を乾かす演技をしつつ、まなみは本番のベッドシーンの決意を固めていた。




相手役の俳優がシャワーを終えて部屋に入ってきた。

台本ではまなみを抱きかかえてベッドに運び、絡みのシーンとなる。

台本どおりにベッドに運ばれ、横たわるまなみに予想外のことが起こった。

相手俳優の手が胸をつかんできたのである。

「え!?」

まなみは驚いて体を引こうとしたものの、本番中であるし、スタッフからも何のリアクションもない。

リハーサルでは口と首筋にキスをされるだけだったのに。
ちょうど手のひらに収まる形のよいバストは男の手の中で微妙に形を変えていった。

更に相手俳優の男手は休まずに乳首のあたりを指でなぞる。
その巧みな指使いにまなみは撮影中であることを忘れそうになった。

「ハァ・・」

演技ではない真のため息が漏れる。

「いけない!」

まなみは必死に官能に溺れそうになる自分を励ました。

さらに男はバスローブの合わせ目を開き、下着ごと剥ぎ取ってしまった。

「!?」

さすがにまなみは大声を上げようとしたが、口をキスで塞がれている為声が出ない。

リハーサルではシーツの下に隠れているはずの胸が、撮影のカメラとスタッフの前に露出されてしまった。

綺麗なバストの頂点に位置する小ぶりな乳首は、穢れを知らない処女のもののように薄い色で、先ほどの愛撫で硬く屹立している様はまさに芸術品である。

撮影スタッフの間からは小さなどよめきが起こったほどだ。
その乳首に男がチューチューと音を立てて吸い始めると、まなみは体を引くことも声を上げて抵抗することも出来なくなってしまった。

「ア・・・アァッ!」

出てくるのは甘い吐息だけ。乳首が男の唾液と撮影のライトでキラキラと光っていた。

「なあ、清純そうな顔しているけど本当は好きなんだろう?」

男が耳元で囁きながらまなみの股間に指を這わせた。

「イヤッ・・・!」

一番敏感な部分を愛撫されて、まなみの下半身は「ピチャピチャ」と卑猥な音を立てる。

クリトリスに触れられた瞬間、

「アァッ・・・!」

と思わず声が出てまなみの体が大きく仰け反る。
もはや撮影のことは頭にはない。

下着をすべて脱がされ、生まれたままの格好になったまなみは、四つん這いにさせられた。
秘所もアナルも全てを晒す格好にである。

腰を男にしっかりと捕まれ身動きできないまなみは、愛液でまみれた秘所やアナルを舐める男の舌を黙って受け入れるしかなかった。

「やめて・・・!」

かすれた声で懇願するまなみの声は誰の耳にも入らない。

ついに男の肉棒がまなみに突き入れられた。

「アッ・・・・」

挿入した瞬間から男の激しいピストン運動が始まった。

肉付きの良い尻を両手に掴まれ、まなみの細くて長い手足、ややこぶりなバスト、快感で歪む端整な顔が振動する。

「アン、アンっ!」

まなみのやや低い吐息が撮影所に響く。

撮影スタッフに見られているという意識がまなみを興奮させ、絶頂を迎える瞬間が来た。

「イク、イッちゃう・・!」

カメラの傍らで撮影スタッフが映画監督に耳打ちする。

「うまくいきましたね。
これは大きな宣伝になりますよ。
『清純派女優本○まなみ大胆ベッドシーン!』ってね」

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[女優][ベッドシーン][ディープキス][愛撫][乳揉み][乳首舐め][指マン][乳首舐め][生挿入][絶頂]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2015-07-29(Wed) 16:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*