FC2ブログ
アクセスランキング

眠れなくてデリヘルを呼んだ体験談

まずチャイムと共に嬢が来たわけだ。

迎え入れながらも顔をチェック。

写真とは恐らく別人だが、可愛さ指数的には2割減程度、問題ない。
デブでも無かったし。

とりあえずどうしていいか分からず雑談を始めた。

嬢「何でここ選んだんですか?高いですよ」
俺「適当に片っ端から電話しました」

嬢「私実はSMクラブもやってるんですよー」

などと言いながら縄やムチを取りだした・・・。

特にオプション料金は必要ないらしいが、俺はノーマルなので丁重にお断りし、レッツシャワータイム。

俺「シャワーは隣人とこ近いんで静かにしてね☆」
嬢「はーい☆」

嬢はやかましかった。

オニンニンをよく分からない消毒液で消毒され、唐突にぱくり。

が、先端のみで低刺激の為半勃ち状態。

5分ほど堪能した後揃って浴室を出る。




ベッドに座る俺、歩いてくる嬢。

俺「で、どうするの?」
嬢「横になって」

そして再び雑談が始まる。

何故か俺の昔話(シリアス)になり急速に萎むマイサン。

嬢「萎えちゃったね」
俺「そりゃ・・・なあ・・・」

ローションを口に含みパクリ。
濃厚なフェラが始まる。

Mという事なので、頭を掴んで喉まで押し込む。

嬢「ゲホッゲホッ」
俺「苦しかった?」

嬢「大丈夫☆中にはお弁当食べさせた後に喉まで押し込んで無理矢理ゲロ吐かせる人とかもいるから」

その話を聞いた俺は再び萎えた。

20分くらいフェラされ続けたが、俺はあいにく遅漏でイク気配がない。

俺「手コキならいけるよ(オナニーの経験則から)」

手コキに切り替えフィニッシュ。

しかし休ませてくれずそのままフェラ続行。

珍しく速攻で回復する俺。

俺「攻守交代だな、横になれ」

横になる嬢にローション→手マン開始からのバイブ挿入。

俺はここで違和感に気づいた。

これは・・・懐かしい・・・潮の、海の香りがする・・・。

くっせぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

ヤツは隠れトベラ(クサマン)だったのだ。

嬢がイった後はもう凄まじい臭いだった。

そんな中、ローションと俺の精子がついた口でキスを迫る嬢。

覚悟する俺。

俺「何か・・・スライムみたいな味するね」

スライム喰った事ないけど。

それから40分ほどフェラ、乳首舐め、耳舐めなど責められたが俺がイク様子はない。

そして電話が鳴る。

「あと15分でーす」

手コキに切り替えてもらいフィニッシュ。


シャワー、雑談で解散。

最後の雑談で

嬢「私AVも出てるよ☆○○○○って名前で検索してね☆」

賢者の俺にはどうでもよかった。

あと、後半は慣れてどうでもよかったが、来た時に嬢の目が死んでるような気がしたな。

死んでると言うか深いというか、苦労を感じさせる目だった。

眼窩が大きく深い感じで、目がやたら黒いんだ。

嬢が来る前は風俗ハマったらどうしようと思ってたが、ハマる事はなさそうだ。

風俗未経験の奴はあんまり期待せん方がいいぞ。

[体験告白][エッチ][デリヘル][フェラチオ][手コキ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


風俗・デリヘル | 【2015-07-28(Tue) 13:10:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*