FC2ブログ
アクセスランキング

ライブの後の素敵な思い出 3

Oさんの指がゆっくりと私のあそこを広げてきて、クチュクチュ…という音が漏れていました。

もうすごくぬるぬるになっているのが自分でもよくわかりました。

Oさんの指のうごきが次第に激しくなり、私は自分から腰を動かして感じてしまいました。

目を閉じて声をあげながら、

『指入れてほしいな…』

と思っていると、指ではない、何かあたたかいものがニュルッと私のあそこに入ってきたんです。

ハッとして軽く頭を起こし、あそこの方を見ると、そこにOさんの頭がありました。

Oさんの舌が、私のあそこに入れられていたのです。

私のあそこにOさんが顔をうずめている…と思うとものすごく興奮してしまい、Oさんの頭に手をのばし柔らかい髪をくしゃくしゃと撫でながら、Oさんの事を愛しく想う気持ちでいっぱいな自分に気がつきました。

Oさんは私の中で舌を激しく動かした後、舌を抜き、鼻がついちゃうくらいに顔をうずめて私のあそこを舐めはじめました。




すごく丁寧に、全部を舐めてくれたあと、Oさんの舌先がクリちゃんにふれました。

その瞬間、私の体がビクン!と反応しました。

するとOさんはすぐに私のクリちゃんを激しく舐めはじめました。

舐めたり吸ったり、ものすごい早さでクリちゃんを舐められて私の頭は真っ白で、もう何も考えられませんでした。

Oさんはクリちゃんを激しく舐めながら、同時にあそこに指を入れてきました。

グチュグチュとものすごいいやらしい音を立てながらかき混ぜられ、私はもうがまんできずにイキそうになりました。

Oさんの髪をくしゃくしゃとさわりながら、

『あっ…あぁっ…Oさ…ん…!!もうだめ…っ…!!』

と言うと、Oさんは優しく、

『いいよ』

とだけ言ってさらに激しくあそこをかき回してきました。

『あぁっあっあっあっ!!あぁっ…!!』

Oさんのクンニと指で、私はイッてしまいました。


Oさんは私がイッたのを見ると、ぎゅっと抱きしめてキスをしてくれました。

私は力の抜けた体を頑張って起こすと、Oさんのおちんちんに手をのばしてそっとふれました。

そしてそのままOさんのおちんちんを軽く撫でながら、パンツに手をかけてゆっくりと脱がしました。

下着も、わざとゆっくりゆっくり脱がしました。

下着を脱がすと、中からOさんのおちんちんが飛び出してきました。

すごく大きくて、おなかにつきそうなくらい反っていました。

先っぽに指で触れると、すごくぬるぬるしていました。

ふとOさんの方を見ると、目をとじて

『はぁ…はぁ…』

と荒く息をしていました。

私はOさんのおちんちんをきゅっと握ると、軽く上下にしごきました。

目をとじて

『あっ…あぁ…』

と切ない声を漏らすOさんに興奮した私は、そのまま口をOさんのおちんちんに持っていきました。

それに気付いたOさんは、私の頭を撫で

『Mちゃん…いいよそんなの…』

と言いましたが、私はそのままOさんのおちんちんに口をつけ、先っぽをペロペロと舐めた後、おちんちんを口にふくみました。

Oさんは私の頭を撫でながら

『あぁ…Mちゃん…あぁ…』

と、ずっと私の名前を呼んでいました。

私がジュポジュポと音をたてながら激しくフェラしていると、急にOさんが私の口からおちんちんを抜き、切なそうに

『Mちゃん…これ以上はだめ…出ちゃう』

と言いました。

私はOさんのおなかの辺りにキスをして

『私の口にこのまま出して下さい…』

と言ってもう一度Oさんのおちんちんを口にふくみました。

右手でOさんのおちんちんをしごきながら、さっきよりも激しくOさんのおちんちんに舌をからめてフェラをしました。

今までフェラで口に出したりした事は無かったのですが、この時は自然と、

『Oさんのが飲みたい…』

と思ったんです。

激しくフェラをつづけているうちに、Oさんの腰が動き出して、Oさんが私の頭を軽く押さえ付けるような感じになりました。

『Mちゃん…ほんとに出ちゃうよ…っ』

と言いながら苦しそうに耐えるOさんに私は何も言わず、私の唾液でぬるぬるになったOさんの大きなおちんちんを、頑張って愛撫しつづけました。

Oさんの腰がさらに激しく動いたかと思った瞬間、

『あぁっ…!!Mちゃ…っ』

と言ったOさんのおちんちんから、たくさんの精子が私の口に出されました。

口の中でドクンドクンと動きながら、すごくたくさんの精子が出てきて、飲んでも飲んでも追い付かず、口からこぼれてしまうほどでした。

Oさんは、はぁはぁしながら私の口のまわりにこぼれた精子を指で拭き取り、

『ありがとう』

と言ってフェラしたばかりの私の口にディープキスをしてくれました。

そのあと、服を脱がされて全裸になりました。

私もOさんを脱がして、2人で裸になりました。

私はかなり濡れていて、おしりのほうまで濡れてしまっていました。

Oさんもイッたばかりでしたが、まだ大きいままでした。

Oさんは裸の私をぎゅっと抱きしめると、

『Mちゃん…本当にありがとう…こんなの初めてだよ…。』

と言ってくれました。

そしてまたキスをしてくれたあと、

『大好きだよ』

と言って抱きしめてくれました。

そのあとOさんは、

『俺、ゴム持ってないから…今日はここまででいいよ。このまま一緒に寝よ。』

と言いました。

Oさんは

『今日は』

と言ってくれたけど、私は、Oさんとの今度なんてあるはずがない、と思ったので、

『Oさん…このままでいいです…。お願いだから…最後まで…』

とお願いしました。

Oさんは少し悩んだあと、真顔で

『もしもの事があったら、本気で責任とるから。』

と言ってくれました。

私は間に受けないように気を付けながら、うなずきました。

次の瞬間私のあそこにOさんのおちんちんが押し当てられて、ゆっくりと私の中に入ってきました。

Oさんのは大きくて長くてすごく熱く、少し入っただけでも

『あぁ…っ』

と声が漏れてしまいました。

私は中が少し狭いので、Oさんのおちんちんを全部入れるのに時間がかかりました。

やっと根元まで入った時、Oさんはまた私を抱きしめて、

『愛してる…』

と言いました。

『私も…』

と言おうとしましたが、ぐっと我慢して、代わりにOさんを抱きしめました。

Oさんがゆっくり腰を動かすと、おちんちんがゆっくりと私の中で動き、すごくゆっくりなのにすごく気持ちよかったです。

私がOさんのものにだんだん慣れてくると、Oさんも激しく腰を動かしてきました。

Oさんが動くたびにグチュッグチュッという濡れた音が部屋に響いてすごく興奮しました。

Oさんが動くたびに、なんだかわからないけど、下半身がすごくキュンとする感じで…子宮がときめいてる、という感じでした。

Oさんのおちんちんが私を激しく突き、私はもう気を失いそうでした。

ガクガクと足が震え、あそこはどんどん濡れていきました。

Oさんのピストンが一段と激しくなり、私はOさんのピストンに合わせて

『あぁっ!!あっあっ』

と声を上げました。

するとOさんが

『あ…っ!!だめだ…いくっ…』

といっておちんちんを抜こうとしたので、私はそのままOさんにしがみつき、Oさんはそのまま私の中でイッてしまいました。

SEXが終わったあともずっと抱きしめてくれていて、私が眠るまでずっと頭を撫でてくれていました。

『明日のライブが終わったあと、楽屋に遊びにおいで』

と言って携帯の番号とアドレスを教えてくれました。


その後、眠ったふりをして彼が眠るのを待ち、彼が起きる前に部屋を出てきてしまいました。

次の日のライブには予定通り行きましたが、Oさんに連絡はせずに、終わってすぐ帰りました。

今でも忘れられない、素敵な思い出です。

[体験告白][エッチ][ミュージシャン][ディープキス][乳揉み][乳首舐め][愛液][指マン][クンニ][フェラチオ][口内射精][ゴックン][巨根][生挿入][絶頂][中出し]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2015-07-14(Tue) 22:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*