FC2ブログ
アクセスランキング

彼の親友との体験談

当時、私は4年くらい付き合った彼氏がいました。

しかし、彼に対する気持ちはまだあったように思いますが、彼の親友のK君のことが気になって仕方なかったんです。

私と彼が一緒にいると、K君はやってきて、3人で遊ぶことも多くなっていました。
K君はうっとりするほどの美男子なので、どうしても彼氏と比べてしまいます。

あれは、仲間内でコテージを借りて忘年会をした夜のことでした。
仲間内、20人くらい集まり、それぞれ彼女を連れてきたりしていました。
みんなすっかり出来上がって、それぞれ雑魚寝状態でした。

最初から、Hはなしでという忘年会でしたので、男部屋、女部屋を分けていたのですが、先に潰れたあたしが寝ていた部屋に彼氏が来て、ぞろぞろとそこが男部屋になってしまったようなんです。

それもそのはず、女部屋はカップル専用になっていたみたいでしたから。
ふと、目覚めたとき、あたしの右横には彼氏がすっかり酔っ払って寝ていました。
そして左隣にはK君が寝ていました。
「まずいな・・・」と思いつつ、あたしは、彼氏の方に少し移動しました。

しかし、彼は壁側を向いて寝ています。
隣のK君を見ると、すっかり寝入っているようでした。
そして、私も、いつの間にかまた、眠ってしまいました。




お酒と、眠気とで朦朧とした意識の中で、誰かがあたしの手に触れているのがわかりました。
それがK君だと分かるまで、それほど時間はかかりませんでした。
気になっていたK君の存在が、一気に鮮明になりました。

あたしは、彼氏の横で気付かないふりをしながらK君の手に身をゆだねました。
K君は、少しずつ私に触れ、体をあたしのほうに移動させてきます。

横向きになって寝ていた私の、ウエストラインをなで、カットソーのすそから、手を滑り込ませてきました。
私の素肌をゆっくりとなでまわし、静かにブラの上から胸に触れてきます。

そして、ブラをずらしながら、あたしの乳首を探し当て、軽くつまみました。
寝ているふりをしていた私ですが、じれったい彼の手がやっと乳首に到達したこともあり、少しピクッとなってしまいました。

あたしは、もともと、陥没乳頭なんですが、もう、自分でもびっくりするくらい乳首が立ってしまっていました。
その乳首を彼は、指で転がし、Aカップの小さな胸を優しくなでまわされました。
ホントに、衣擦れの音もしないほどでした。
だから、あたしも、必死で眠ったふりをしていました。

でも、体はとても感じてしまっていたんです。
その後K君は、スカートのままで眠っていたあたしのおしりに触れてきました。

今度はじらすことなく、スカートをまくりあげ、ショーツの中へ手を入れてきました。
冷たいおしりにあったかい感触が、すごくリアルで、さわさわ触れる彼の手に、もうあたしのあそこは汁が垂れるほどでした。

後ろから、ショーツをずらし、K君があたしのあそこに初めて触れてきました。
真横を向いたあたしの、後ろにぴったりくっついてきたK君。
K君も、もう、あたしが目が覚めていたことを知っているようでした。
しかし、眠ったふりは続けていました。

あそこに触れたK君は、ゆっくりとクリトリスを刺激しだしました。
そして、ごつごつした指を、あそこへと侵入させてきました。
ゆっくりと動き、出し入れをし、中で、タッピングをします。
そして、あたしの中をぐちょぐちょとかき混ぜます。

あたしの中も、ひくひくっ・・・
と自分でも痙攣しているような感じがしました。
あたしのあそこが、K君の指を吸い上げているような感じなんです。

あたしは、洩れそうになる声を、抑えるのに精一杯でした。
恥ずかしいことに、みんなのいる部屋に
いやらしい音が「ちゅぷっ・・・・。ちゅぷっ・・。」と聞こえてしまいました。
彼を含め誰一人、おきている人はいないようでしたので良かったのですが。


そのうち、K君はあたしの耳元に顔をわざとらしく近づけてきました。
そして、あくまでも寝たふりをしながら、首筋に舌を這わせてきました。

あたしはもう、我慢できず、寝返りを打つふりをし、K君の胸に顔をうずめました。
あたしは、彼の寝ている横で、寝ている仲間の前で、K君に抱きしめられました。
優しく優しく、K君は抱きしめてくれました。そう、宝物を抱くように。

「おまえがずっと好きだった・・」
と小さく囁き、激しくディープキスされました。

そのあと、布団の中で、カットソーをたくし上げ、舌で胸を愛撫しました。
舌先で、乳首を転がし、彼の唇すべてで私の小さな胸は覆われてしまいました。
彼の手は、嬉しそうに、あたしの背中をなでていました。

そのとき、横に寝ていた彼が、寝返りを打ち、あたしのほうを向いてしまったので、K君はあたしを彼のほうに押し出しました。
それで、コトは終わってしまいました。

しかし、今でも、あの夜のドキドキは忘れることはできません。
親友の彼女に手を出してしまったK君。
彼の親友に、恋心を抱いてしまった私。
Hはしていないけれど、やっぱり、一線を越えてしまったふたり。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][雑魚寝][彼氏の親友][乳揉み][乳首弄り][手マン][愛液][ディープキス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2015-07-08(Wed) 14:10:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*