FC2ブログ
アクセスランキング

遠距離恋愛の彼女との興奮した体験談 1


20代後半男
175cm65kg(多分今はもう少し重い)
フツメンより下だと思う。
関東在住

彼女
俺と同い年
170cm体重不明(どれだけ聞いても絶対に教えてくれない)
彼氏の色眼鏡かかってるが、めちゃくちゃ綺麗。ハイスペック過ぎて俺にはもったいない。
関西在住


スペックの所で分かると思うが、遠距離なんだ。
なので2ヶ月に1回会えたほうがいいというかんじで、会う前からどんなセクロスをするのか色々電話で話すのが、俺たちのルールみたいになってきている。
大切なことを忘れてた。


彼女のパイはC。時々Dって時もあるが、お手頃サイズだ
いつもは俺がSっ気全開で攻め、彼女が甘えるという感じ。

しかし今回は違った。
会える日の1週間前にした電話での話し合いはこんな感じ。

俺「もうすぐ会えるね。今回は1泊やけど、夜どんなセクロスがしたい?」
彼女「うーん。いつもいじめられてるから、今回は攻めたい」




俺「え?どうしたの急に?」
(沈黙)
彼女「とあるスレで、彼女にいじめられている彼氏の話を見てね、凄くいいなーって思ったの。」
彼女はねらーです。。。

彼女「その彼氏が彼女に言葉責めにされたり、なかなかイカせてもらえなかったり、拘束されたり(ry で、泣きながらおねだりしてエッチしてるのを見て、やってみたい!って思ったの(はーと」

俺は攻めるのもいいのだが、攻められるのも好きなので、これは大歓迎!
大歓迎だが、そんな様子を悟られないように、冷静を保ちながら

俺「え。。。今どんなことしようって考えてるか、ちょっと教えてくれない?」
彼女「ダメ。教えたら攻められる楽しみが薄れちゃうでしょ?
そのままwktkしながら1週間我慢ね。」
バレてたw

彼女「あ、もちろん私と会うまで自分でしちゃだめよ。1週間オナ禁ね。」
俺「ちょwwwもう既に1週間してないんですけどwww死ぬwww」

彼女「そうなの?じゃぁねぇ
(すごく色っぽいというか、見下してるのがわかる声で)
2週間ためて、濃くなった俺君の性液、飲み干してあげる。空っぽになるまで出させるから」
もうこれ聞いただけで、愚息はフルボッキwww

俺「そんなこと言われたら、我慢できない(涙)」
彼女「じゃぁ少し電話でいじめてあげようか?でもイッちゃだめよw」
すでにスイッチが入ってたみたいです。。。

とりあえず、そんなことをされては本当に我慢ができなくなるので、話をそらせて、その日は終了。

で、その日から1週間。これが地獄だった。
一度現れた性欲はなかなか収まらないことを身をもって知った。
それに加え、毎晩彼女が俺の我慢してるのを知っててエロいことを言ってくる。
なお、ここら辺の会話は全て電話越しだということをお忘れなく。

彼女「ねぇ。ちゃんと我慢してる?」
俺「してます。」

彼女「俺君えらいねー。ご褒美におっぱい揉ませてあげようか?」
おっぱい星人の俺にとってはこれほど嬉しい言葉はない。

俺「では遠慮なく!」

彼女「あっ…そんなに強くしたら感じちゃう…」

電話越しの会話です。なにも見えてません。彼女のエロい声が聴こえるのみ

彼女「ねぇ。口で吸って…」
俺「ん」

彼女「ねぇ。なんで(愚息が)大きくなってるの?」
俺「聞くなwそんな声出されたら、そうなるよw」

彼女「どうして欲しい?」
オナ禁命令出したくせに、そんなこと聞くなよ・・・

彼女「上に乗って、太ももでグリグリってしてあげようか?」
俺「ちょ。。。」

彼女「上からキスして、私の胸を俺君の体にこすりつけながら、手でいじってあげようか?」

彼女、スイッチ入ったら怖い。。。
これ以上されては、我慢の限界に達してしまうので、無理やり話を方向転換。なんとかやり過ごしたのでした。

もちろん次の日もそんな感じの事をされ、全俺を以って性欲を抑えました。
ある日なんか、電話をかけたらいきなり

彼女「エッチしたい」
俺「はい???」

彼女「電話でエッチしたいから、しよ(はーと」
いやいや。はーとじゃないですよ。オナ禁命令は何処へ?
俺「え?会う日まで我慢するんじゃなかったの?」

彼女「それは俺君でしょ?エッチするのは私」
俺「え?お前も一緒に我慢するんじゃないの?」

彼女「俺君、わかってないね~
男の子は我慢すれば溜まる物があるけど、女の子はそうじゃないの。女の子はエッチすると気持ちが満たされるのであって、何かが開放されるわけじゃないの。だからエッチを我慢するっていうのは、その満足感を削ぐことになるわけで、そんなことをするよりも、したい時にエッチしたほうがいいのよ。」
と、なんだか一方的な言い分でしたが妙に納得した俺。
Mモードなので、心の中は「仰せのとおりに」といった感じでした。

彼女「実はね。電話掛ける前からちょっとしてたの。だからすぐにして欲しいの。指で中を気持よくして。」
俺「俺はどうすればいいんでしょうか・・・」

彼女「私を気持ちよくすればいいの。俺君は気持ちよくなっちゃだめ」
まじですか・・・

彼女「ああぁ。。。指入ってきた。。。そこ、いっぱいこすって!!!」

彼女はいつもGスポット→奥のほうってするのが好きみたい。
Gスポットを刺激(してるふりを)してるとすぐに声が甘く激しくなってくる彼女。

彼女「んあぁぁ。だめ。そこ気持ちよすぎぃ。俺。キスもして。」

さっきまで「俺君」だったのに、呼ばれ方が「俺」に変わってます。
これはかなり気持ちよくなっている証左。
彼女はイキそうになるに従って、俺の名前を連呼するようになるのです。

彼女「あっ。あっ。俺。俺。私もうだめ。気持ちよくなっちゃう。
だめ。。。。俺のこと大好き。あ、、、あ、、、いっちゃう!!!」

電話越しに、イク時の声を我慢している彼女の様子が。

彼女「はぁはぁ。。。抱っこしてぇ~」
俺「ん。おいで。。。」

そのまま彼女は爆睡。残ったのは性欲を抑えるのに一生懸命な哀れな男一人。どうすればいいのでしょうか?とVIPで相談したかった。。。

そんな感じで、彼女のオナヌーを電話越しに聞いたのが数回あったような。
もちろん俺は我慢を強いられましたよw
こんな調子で1週間が過ぎました。

1週間の地獄のオナ禁を何とかくぐり抜けたスカイウォーカー。
晴れて彼女と会う日を迎えた。

正午過ぎぐらいに東京駅で落ち合う様にしてたんだが、待ち合わせの時間30分前に駅に着く。

オナキン期待しすぎやろwって彼女に笑われました。
まぁその笑顔を見ながら、フルボッキしてたんですけどねw

とりあえず二人で楽しみにしてた、とある大学祭に行きました。
久々に会えるので、終始腕を組んで歩いてましたが、彼女が体を腕にくっつけると、胸にあたるのね。
胸が大きくなくてもちゃんと感触を確かめられて、幸せ&我慢メーターがどんどん減っていってました。。。

それでも一緒にいる間は楽しめるから、性欲はあまり感じなかったんだけど。
夜になりまして、ようやくホテルにチェックイン。
ちょっと良い感じのホテルに宿泊したんだけど、夜景が綺麗で、ムード満点!

「カーテンを開けて夜景を見ながらエッチしようかな・・・」
なんて考えていると、いきなりハグされました。

オナキン「どうしたの?」
彼女「1週間前に私がなんて言ったか覚えてる?」

オナキン「えっ。1週間我慢しろってやつ?」
彼女「それと、我慢できたら一番濃い奴を飲んであげるってやつ」

オナキン「そんなことを言われたような・・・」
といった瞬間、ベッドに押し倒されました。
彼女「ちゃんと我慢してたんでしょ?」

オナキン「はい。。。」
彼女「いいこ。ちゃんとご褒美あげなくちゃね。」

オナキンの上に乗ってきて、激しいキス。
彼女はフレンチ・キスが好きなので、思い切り舌を入れてきました。
こちらも負けじと舌を絡ませますが、上から押さえつけられ、思い切り彼女の舌で口の中をかき回されました。

オナキン「苦しい・・・優しくして」

そんな涙の懇願も無視され、お口を犯されるオナキン。。。
愚息はもうはち切れんばかりの勢いで大きくなってましたw

彼女「なんでこんなに大きくなってるの?どうしてほしい?」
オナキン「知ってるくせに。」

彼女「ちゃんと言いなさい」
オナキン「ボソボソ」

彼女「ちゃんと大きな声でいいなさい。じゃないと・・・」

ジーンズの上から愚息を握られました。1週間の我慢を乗り越えてきたので、かなり敏感な愚息やばい。。。

オナキン「気持よくして欲しいです・・・」
彼女「手で?」

オナキン「わかってるくせに」
彼女「ちゃんとお願いしないとわからないなー」

オナキン「・・・口でしてほしいです。お願いします。」
彼女「ちゃんと言えて偉いねー俺君は」
と言いながらジーンズを脱がされました。

彼女「ふふ。おっきくなってる。」
パンツの上から愚息を咥える彼女。エロい。そして気持ちいい。

オナキン「直接舐めて欲しい。。。」

これ以上は我慢出来ないので、意地もプライドも捨てて彼女にお願いするオナキンなんて情けない・・・
と、そこで気がついた。
まだシャワーを浴びてない。。。
いつもならちゃんとシャワーを浴びてからエッチするのだが。

オナキン「ちょっと待って!シャワー浴びてからにしない?」
彼女「だめ。汗臭い俺君のオチ◯チン食べたいの」

オナキン「ちょ。。。それは恥ずかしいから、お願い。。。」
彼女「だめ。(パクッ)」

躊躇なしに愚息は彼女の口の中へ。
亀頭を口の中に入れて、舌の上で転がすように舐められたり、舌先で尿道の入り口を優しく舐められたり。。。

彼女「どう?気持ちいい?」

しばらくすると、裏筋を丁寧に舐めながら、タマタマを揉まれました。
もうこの時点でバクハツしそうなのだが、なぜかうまい具合に寸前の所で舐めるのを辞める彼女。

彼女「なんか先っぽからでてるよ~。そんなに気持ちいいんだ」
オナキン「もう我慢出来ない・・・・・・イカせて。」

彼女「どうしようかな~もうちょっと味わいたいんだけど」

そう言いながら今度はタマタマを舐められながら、手で竿をしごかれました。。。

オナキン「だめ。いきそう・・・」
彼女「いいよ。お口にいっぱい出して。」

最後は、亀頭を口に含んで舐めながら、竿を手で激しくしごく彼女。。。
オナキンが一番好きなやつを最後に持ってくるとは。。。できる彼女で幸せだw

オナキン「だめ、、、イク!!!」

1週間いじめられながら我慢したものを全て彼女の口の中に放つオナキン。
いつになく大量に、長い間出てたような。。。

彼女「んもう。。。出しすぎ。苦しかったし。」

それを全部受け止めて、飲み干した彼女はまたエロい。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][彼女][遠距離恋愛][テレホンセックス][ディープキス][手マン][フェラチオ][口内射精][ゴックン]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2015-06-30(Tue) 12:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*