FC2ブログ
アクセスランキング

彼女と俺の親友 1【寝取られ体験】

もう6年程前のことです。

俺(正雄)には現在付き合って7年目の舞結(マユ)という彼女が居ます。

付き合い始めた当初俺も舞結も同じ大学の学生同士でした。
当時慎哉(シンヤ)というかなり仲の良い連れが居たのですが俺と舞結と慎哉とでいつもつるんで、遊んだり飲んだりしていました。

俺も舞結も実家暮らしですが慎哉だけが一人暮らしだったため、よく慎哉の家に溜まっては遊んでました。

まあもう鋭い方ならお分かりだと思いますが、その親友慎哉と彼女の舞結が・・・・・・・・。

今もそうなのですが当時から舞結は大の男嫌いです。
驚くことに付き合った男は俺が初めてなのです。
自分で言うのも何ですが顔は日本美人といった端整な顔立ちで、スレンダーで胸は決して大きくありませんが、美しい形をしており、一般的に見てもイケてる部類の女だと言うことです。


なのに今まで彼氏が出来なかった理由は舞結の男嫌いが原因です。
舞結は基本的に男を信じてませんでした。

「セックスする事しか頭にない」
「付き合っても絶対浮気する」

といつも言ってるさまで、男と至近距離で話すのも5分位が限界。
更に肩や手などが触れるなんてもってのほか。
そんなガッチガチの頭をした女だったのです。




俺が落とすのに血の滲むような努力をしたのは安易に想像して頂けるかと思います(苦笑)

そんな彼女なのですが、不思議なことに予てから慎哉のことだけは「優しい人」「男前」と認めているようでした。

まあ3人で深く遊ぶうちに心を許したのかもしれません。

ある時の俺と彼女の会話です。

俺「もしこの世に俺が居なかったらどうする?」
舞「自殺する」

俺「おいおい 笑」
俺「じゃあ他の男とは付き合わないの?」
舞「有り得ない、他の男とか気持ち悪いよ~」

俺「じゃあ慎哉でも?」
舞「うん慎哉君はいい人だけど、それでも付き合うとかは別。無理。」

根っから拒絶しないこの時点で、やっぱり慎哉は特別なんだなと思ったのを今でもハッキリ覚えています。

そんな仲良しトリオの関係がしばらく続き、舞結が慎哉の体に触れる程になった頃に(最近痩せたよね?といって慎哉の腰周りを両手で掴んだりする)それは実行しようと思い立ちました。


俺は舞結の男嫌い絶対神話を本当かどうか試したくて仕方なくなっていました。
(本当は当時から寝取られ属性があったので男が嫌いだと言っている舞結が他の男に抱かれているのを見てみたかっただけなのかもしれません・・・・・)
その頃から丁度俺も慎哉に対して嫉妬心がムックムクと芽生えてきていました。

俺は慎哉に計画を持ちかけました。
計画は以下の通りです。

まずその週の日曜に慎哉の家で3人で遊ぶことにします。
昼の13時に慎哉の家に集合です。

俺も舞結も出発は自宅からなので、舞結が着く前から俺は慎哉の家の付近に到着してスタンバる。
舞結が到着するのを確認した俺はその場から舞結に電話を掛ける。

俺「あ、もしもし・・・・超悪いんだけど・・・・今起きた」
舞「はぁ!?何言ってるの?私もう慎哉君家着いてるよ!?」

俺「急いで準備して出るけどそっち着くの早くても16時位になる」
舞「有り得ない・・・・超特急で来て!」

俺「はい・・・取り敢えずそっちの駅前に着いたら一度メールするから別にどっか遊びに出ててくれて構わないから。」
舞「いいから早くしなさい!」

といった感じです。

そして俺が遅れる旨を彼女から聞いた慎哉は事前にした打ち合わせ通り、じゃあ昼飯と酒を買いに行こうと舞結を誘ってコンビニへ連れ出しました。

その間に俺は家の鍵を開けっぱで出てくれた慎哉の家にこっそり侵入し、携帯をサイレントにし靴を抱え、ワンルームである慎哉の部屋全てが見渡せるクローゼットの中に入り準備完了です。

あのホラー映画などによく出てくる、中からは格子越しに外が見えるが外からはまったく見えないタイプのもので、好都合でした。

俺はクローゼットの中からドキドキしながら慎哉にメールを打ちました。
「準備OK、オールグリーンb作戦実行セヨ」

コンビニは目と鼻の先なので二人は俺が潜りこんでから10分程で帰ってきました。
二人が談笑しながら玄関から入ってくるのが丸見えです。
ヨシヨシ。

舞結は絶対に人の家のクローゼットを勝手に開けたりする娘ではなかったので、その緊張は殆どありませんでしたが、不意に訪れるクシャミや咳などには細心の注意を払っていました。(苦笑)

二人は食べ物と酒がたっぷり入った袋を下げて玄関からこのクローゼットのあるリビングへやってきてエアーソファーに腰を降ろしました。
いざ本番を迎えてみると本当に間近で流石に息を潜めてしまいました。

慎哉がTVのスイッチをつけしばらくして予定通りの言葉を発しました。

「ねぇ、寝坊したアイツが悪いよね?先に飲んどこうよ」
「うん、これは完全に正雄が悪い。そうしよう」

あらら、舞結完全に怒らせちゃったみたいです。(汗)

それから二人は昼飯をつつきつつ、お酒を飲み始めたのです。
ココから先は全て慎哉に任せてありました。
何故ならヤツはイケメンで優しくて更に女性経験が豊富。
舞結も慎哉には少なからず心を開いているので酒が入って自然と慎哉がそういう方向に持っていってくれれば・・・・・

俺は舞結の慎哉に接する感じからして、かならず男嫌い絶対神話が崩れる!と何故か凄い自信を持っていました。


そのまましばらくはTVを見ながらあーでもないこーでもないと談笑をしていましたが(内4割程が遅れてくる俺の愚痴でしたw)30分程で中々良い感じにお酒が回って来ているようでした。

そしてとうとう慎哉の行動が始まるような感じでした。
よっしゃ!どう転ぶんだ!我が彼女よ!
気合も新たに格子に張り付きました。

「本当こんな可愛い子待たせるなんて正雄のヤツはどうかしてるぜ」
「イヤイヤイヤ、可愛くない可愛くない」

おーおー、舞結のヤツ否定しながらも顔を酒以外で朱色に染めてやがります。
まだほんのジョブ程度なのにそんな様子を見て、嫉妬心と興奮で俺の愚息はグングンともう元気になり始めました。

慎哉「イヤマジで可愛いよ?正雄が居なかったら俺アタックしてるよ 笑」
舞結「イヤイヤイヤイヤ何を仰いますやら」

舞結は遠めに見ても分かる程顔を真っ赤にして取り繕っています。

そうこうしているウチに話題は俺と舞結とのエッチの話題になりました。

慎哉「どうなの?正雄ってエッチ上手いの?チンチン大きい?笑」
舞結「上手いとか、大きいとか分からないよ、そんなの・・・・」

慎哉「今までの男で一番下手だったりして 爆笑」
(慎哉め覚えとけよ、後で死刑だぜ)
舞結「うーん、付き合うのもエッチするのも正雄が初めてだから本当に分からないんだよね」

慎哉「マジで!!?え?舞結ちゃんって正雄以外と無いの!?」
舞結「うんマジで、本当に初めてだよ。」

慎哉「こんなに可愛いのに!?信じられん・・・・」
舞結「イヤイヤイヤだから可愛くないって 照笑」

慎哉「へぇ~、でも好きな正雄とするエッチ気持ちでしょ?」
舞結「恥ずかしいってww」

慎哉「え~ いいじゃん。聞かせてよ^^」
舞結「うん・・・・・・気持ちいい、、、かな?笑」

慎哉「他の人としたことないんならさ、他の男としたらどんな感じかって興味湧いたりしてこない?」
舞結「え~!他人となんて絶対にイヤ!男って気持ち悪いもん」

慎哉「じゃあ俺が舞結ちゃんとしたいって言ったらどうする?」
舞結「こら!wやめなさい」

慎哉「やっぱりさせてくれないの?」
舞結「だめw」

慎哉「こんなに舞結ちゃんのこと好きなのに?」
舞結「ぇ?は?だめだってw」

うーむ・・・・どうも作戦が失敗に向かって進んでるような気がして仕方がなくなってきたのですが・・・・。
慎哉さん?あなた無謀にも突っ込み過ぎなのでは?

そう思っていた矢先、ヤツが技を発動させたのでした・・・・
よくもまああんな事考えつくな、と感心を通り越して呆れましたよ。
急に黙りこんで沈みだした慎哉がポツリポツリと語り始めました。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][寝取られ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-05-23(Sat) 21:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*