FC2ブログ
アクセスランキング

私のせいで妻が変わってしまった…2【寝取られ】

唇を深く絡ませていた二人はそのまま横になってW君の上に妻が覆いかぶさっていました。

妻はそのまま身体を逆に向けてW君のチ○ポに顔を向けたと同時に、自分のアソコをW君の顔に向けました。
W君は静かに妻のアソコに顔をあてて丁寧に舐め始めました。他の男に妻のアソコを見られて私の興奮も最高潮でした。

お互いに満足するまで舐めあっていると、今度は妻がまた身体を反転させてW君のチ○ポを自分の穴に導き入れました。
既に洪水状態の妻のその部分は簡単にW君の大きなモノを飲み込むようでした。
その時です。妻は『アァーッ!気持ちイイ。W君のオチ○チン本当に欲しかったのよ。いつもそう思っていたのよ。W君とこうなれて最高よ。』と、妻の口から本音が漏れました。

私は、この時の言葉は今でもハッキリ覚えています。それほど衝撃的な言葉でした。
話が逸れましたが妻はW君の上に跨り激しく腰を上下左右に振っていました。
この頃からはW君もその気になったのか、妻の動きに合わせて先程までのおとなしいW君ではありませんでした。

それから妻を四つん這いにさせてバックでしたり、横向きにさせて片足を上げさせながらのピストン運動を繰り返したりしていました。
妻は悲鳴をあげながら乱れきっていましたね。
時より『W君、好きよー!愛してるわ。』の言葉は気になりましたけど。




やがてW君が妻の上になり、そこから激しく突きはじめました。その動きがフィニッシュをむかえんばかりの動きの時に『あなた、中でイってもらってもいい?安全日だから・・・』と、感じきって、言葉にならない様子で私に問いかけてきたので「いいよ。」の一言だけ妻とW君に言いました。

『W君、私の中でイってー。私と一緒にイってー。』の言葉に合わせるかのようにW君は妻のアソコに挿入したまま果てました。そして、しばらくそのままで最後に妻の唇にキスをしてグチョグチョになったモノを抜きました。

妻は、放心状態で動きませんでした。
開きっぱなしの妻のアソコから白くドロドロしたものが流れ落ちていました。
私は、先程までの興奮状態から何か虚しさみたいなものを感じていました。

妻を他の男に抱かせることが叶って私の願望は満たされたわけでした。しかし、どことなく不安に残る部分もない訳ではありませんでした。
それは、W君との絡みの最中に妻が言った言葉でした。
「普段からW君のチンポが欲しかった。こうなれて最高。」と、言った言葉がこの日から私の不安な材料でした。

妻が仕事から帰るのが遅くなった時とか、そうでなくても仕事中に外回りをしている合間にW君と不倫関係のようなことをしているのではないか?等など、自分が蒔いた種なのにどうしようもなく心配でした。


そんな不安にかられる日々も、妻の清純さに薄らいだかと思ったある日のことでした。

私が先に帰宅して晩酌をしていると、妻から『会社のみんなで飲み会に誘われた。』との電話がありました。
仕方なく冷蔵庫から有り合わせの物でつまみを作って、そのまま家で寛いでいました。

この日は土曜日で友人から電話がきました。
内容は「お前、今、一人なんだろ?さっき○○ちゃんを飲み屋で見かけたぞ。会社の人達と一緒だったみたいだけど、さぞかし酔ってたんだろうな。年下の男みたいな奴と腕を組んで店に入ってきたぞ。あんな○○ちゃんは初めて見たなあ。」と、友人も酔っ払った口調で私に告げたのでした。

そして「今からそっちに遊びに行ってもいいか?」でした。
私は、妻のことを詳しく知りたかったので友人の来るのを待つことにしました。
30分くらいで友人のKとKの後輩が私の家に来ました。
二人に焼酎を用意してやり、早速、妻のことを訊き出しました。
KはKの後輩のA君に確認するように妻のその場の様子を語り出しました。

妻は既に酔っている様子で時間もPM10時前くらいだから2軒目か3軒目の感じだったみたいです。
KとA君が見せの店のレジで会計している後ろを、その年下らしい男と腕を組みながら店に入ってきたというのです。

周りの同僚らしい人達もにぎやかな感じでいたのでKは妻に声をかけれなかったとのことでした。

「でも、○○ちゃんに限って浮気はないよなあ?」が、Kの感想でした。

私は、その話を聞いて「W君に間違いない!」と、直感的に思いました。
これまでの妻の振る舞いでは考えられない行動を聞かされた私は、一気にまた不安になりました。

KとA君はテレビを見ながら他人事でしたけど、私は動揺を隠し切れない気持ちで落ち着きませんでした。

そんな私の様子にKも気がつき「大丈夫だよ。○○ちゃんは、大金積んだって落とされないよ。あんな男に口説けるのなら俺がとっくに口説き落とせてるよ。」と私を勇気つけることを言ってました。

成る様にしか成らないことは分かっていましたけど、どうしても冷静ではいられませんでした。
妻の携帯に電話をかけたかったのですが、KやA君のいる前で恥をかきたくなかったので、とりあえずは平常心を装いました。
しかし、この後とんでもない結果になってしまったのです。


それからの時間帯は私とKとA君の世間話などで過ぎていきました。
2時間くらい経過した頃で、既に日が変わって午前1時を過ぎていました。やっと妻から電話がありました。

『ごめんね。遅くなっちゃって、会社のみんなが盛り上がっちゃって、もう1軒行こう!って言うから行ってきてもいい?』とのことでした。
私は、すかさず「W君も一緒なのか?」の質問をぶつけました。

妻の返事は『W君は最初から来ていないわ。だから、なんか白けたムードの会よ。でも、みんなやっと調子が出てきたみたいだから付き合わなければいけないような雰囲気なのよ。』と、妻は明らかに嘘をついていました。

私はKたちが家に来ていることを告げずに「この前の続きをしたいからW君を今から誘えないか?俺も一人で飲んでいて酔っ払っちゃったからさ。」と妻に言いました。

妻は『えーッ、そうなの。貴方は後悔していないの?貴方がそう言うのなら一応、電話してみようか?もし、W君が来るって言ったら私も今から抜け出してそっちに帰るわね。また電話するから・・・。』と、ヘタな演技をしていました。

電話を切ってからKに「この前の続きって何だ?W君って誰なんだ?」としつこく訊かれました。
私は、何となく誤魔化していましたが酔っていたこともあって、Kに妻とW君との出来事をW君に「妻のオナニーシーン」のビデオを見せたことから明確に説明してしまっていました。

当然、今から来るかもしれない妻とW君のことなど気にも留めずにKは「そのビデオを俺にも見せてくれよ!」と、完全に酔っ払いモードで言い寄ってきました。

私は、いくら言葉にしても友人に妻のオナニーなど見せれるはずもなく、自分の言った言葉に後悔しながら断りました。
そんな馬鹿げた会話の最中に妻が帰って来たのです。
時間は午前2時前だったと思います。私と電話で話してから1時間も経過しておりませんでした。

しかし、玄関先で「ただいまぁー!」と、酔っている様子のつまの声と同時に「御邪魔しまーす。」の確かにW君の声が聞こえました。
私は、Kの言っていた「年下の男」はW君だと確信しました。

妻は、『貴方ぁー。W君を連れてきたわよー。』と、完全に酔っている様子の口調でリビングにW君と一緒に入ってきました。
玄関先でKとA君の靴にも気がつかないみたいで、リビングに入るや否やに「あれー、Kさん来てたの?」と、少し拍子抜けというか、ガッカリしたかの様な言い方でKとA君に軽い挨拶をしていました。

するとKは「○○ちゃん、さっきは二人を見かけたんだよ。結構、仲が良さそうで焼きもち焼いちゃうくらいだったよ。○○ちゃんは気がついていないでしょ?そちらの彼氏もはじめまして。Kといいます。先程は同じ店で飲んでいました者です。」と、W君に対して挨拶をしていました。

このKの言葉で私はすべてを確信したと同時に、妻は困惑を隠せない様子の顔つきでした。
私は、着替えのために二階に上がる妻を追いかけました。
寝室に入った妻に私はその夜のことを追及しました。最初は否定していた妻でしたが、とうとう白状しました。

その内容は、やっぱりW君と勢いでラブホテルに行っていたというのでした。そのホテルを出る準備をしている時に、私のところに電話を入れたようなのです。

私は、ショックでした。酔っていた勢いとはいっても妻に初めて裏切られました。
しかし、怒りを直接ぶつけることも出来ませんでした。元はと云えば身から出たさびだからです。

それでも、私は妻が私を裏切ったことは事実でしたので私も酔っていたのでしょうか、妻に「俺を裏切った罰としてノーブラ・ノーパンでみんながいるリビングに行ってくれ!」と、今思えば訳のわからないことを言っていました。

しかも、Vネックの白いセーターにデニムのミニスカートに着替えるように指定しました。その格好でW君は勿論、その他にKと初対面のA君の前に出ろと究極なことを妻に押し付けたのです。

妻は、渋りはしましたが私の顔つきが変わっていたことに気がついていたのか、私の言うとおりの格好に着替えました。
きっとこの時の私の気持ちは、妻をW君にとられたことに対してW君から妻を奪い返すというか、私の思うままにしてという、仕返しを何かしたかったんだろうと思います。

そんなやり取りを妻としていて私は先にリビングに戻りました。そして妻が着替えを済ませて二階から降りてくるのを待ちました。

妻に無茶苦茶なことを言いつけて私はリビングに妻より先に戻りました。そして下着をつけていない妻を待ちました。

妻は5分ほど階段を下りてきましたがリビングには入らずに、隣りのキッチンに行くのです。
そこで何かつまみになる物をよういしようとしていました。その妻の後ろ姿を拝見すると確かに白のセーターは着ているのですが、ブラの線がハッキリ見えるのです。
その上、スカートはミニではなく膝下くらいはある花柄のスカートでした。

私は、W君と浮気された上に、自分の言いなりになってくれない妻を腹立たしく思いました。

「お前もこっちに来て一緒に飲めよ!」と私は妻を呼びつけました。
妻は簡単なつまみを皿に盛って私とW君の間に座りました。
妻は軽く1杯だけ飲むと今度は空いた皿を手にして、またキッチンの方に向かおうとするのです。

私は、妻が私を避けるかのような仕草にカッとしていました。そこで私は酔った振りをして「みんなにパンツを見てもらおうか?」などとふざけた演技で立ち上がり、振り向いた妻のスカートを両手で捲り上げたのです。

両手で皿を持っていた妻は無防備状態でしたので、完全に捲りあげることが出来たのです。
ブラの線があったのでパンティーも穿いていると思っていたのですが、捲れ上がった妻のお尻はノーパンだったのです。

辛うじて妻は皿を落とさずしゃがみ込みましたが、声をかけながらスカートを捲ってしまったので一同に妻のお尻を生で見られたのです。
自分で勝手に悪戯半分でしたことなのですが、妻に申し訳ないことをしてしまった気分でした。

私自身は白けたムードというか、次の言葉が出てきませんでした。
後で妻から聞いたのですが、W君との浮気を懺悔する意味で私の言うとおりにしたようなのです。

しかし、KやA君がいる前でノーブラはさすがに抵抗があるし、W君のことより私だけにノーパンを気付かせるために、私の手をスカートの中に誘おうと思っていたようなのです。
それなのに私は妻に対して屈辱的なことをしてしまったのです。

妻は、みんなにお尻を見られて、おまけにKから「なんだ、○○ちゃんはいつもノーパンなの?いやーいいもの見せてもらったよ。なんなら前の方がよかったなあ。」などと卑劣なことを言われてしまいました。

尚もKは「Aも見ただろ?どうだお前も○○ちゃんのスカートの中身を見たいだろ?捲ってこいよ!」と完全に酔っ払いのオヤジといった感じでした。

妻も酔ってはいましたが正気の言葉で『そうなの?Aさんも私の前の部分を見たいの?この人(W君を指差して)はさっきまで私の裸を抱いていたのよ。Kさんも驚いたでしょ?うちの人はそれにジェラシーを感じているから、こんなことを私にさせるのよ。KさんもAさんも見たいの?だったら見せてあげるわ。』と、開き直り、罵声を上げるかのように言って自分のスカートをKとA君の前で捲り上げたのです。

私の角度からは妻の背後でしたので何も見えませんでしたけど、確かに二人には確認できたと思います。

次に妻は『どう?私とHしたくなった?Kさんのモノも見せてよ。』怒り爆発といった開き直りでそう言いながらセーターを脱いでブラにスカートと状態でKの正面に跨るかのように座って、いきなりキスをしていました。

私は妻に対してそれほどひどいことをしてしまったのか?と自問自答を探しながら怒って荒れ狂う妻の行動をただ黙って見ていることしか出来ませんでした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][寝取られ][オナニー][ビデオ][][][][][][ディープキス][生挿入][絶頂][中出し][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-05-19(Tue) 00:30:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*