FC2ブログ
アクセスランキング

ネトゲやる女はメンヘラが多くて…

弟也:私の弟。ネットゲーマー。
彼女子:弟也の彼女。ネトゲもやる。
姫子:弟也のネトゲ友達。大学生。ロリっぽくて可愛いらしい。
屑男:姫子のネトゲ友達。ニート。
姐御:弟也のネトゲ友達。姐御肌というか女子のリーダー?
私子:ネトゲ引退済み。

数年前、弟也のネトゲ友達に姫子という子がいた。
姫子はネトゲで「姫」と呼ばれる、簡単に言うと男の取り巻きがいて、何かとちやほやされる女性プレイヤー。
その性質上、他の女性からの妬みや、姫による他の女性への見下し態度などから仲間内に軋轢が生じやすい。

「姫」にはリアルだと悲惨な外見の個体もいるが、姫子はオフ会でも可愛い外見を見せていたので周囲の下心ある男性プレイヤーがウハウハして姫子をちやほやしたため、女性プレイヤーが姫子の周辺からどんどん離れて紅一点に近い状態にまでなってしまっていたそうだ。

弟也は彼女がいたし、姫子のような守ってちゃんは嫌いだったため、連絡用にメルアドは交換したものの、姫子からのメールは雑談の場合半分程度しか返していなかった。

何回目かのオフ会の後、姫子がオフ会初参加だった屑男にストーカーされるようになった。
オフ会で屑男が姫子を家まで送り、それから家の前で待ち伏せされたり、大量のメールが来たりするように。
姫子はネトゲ仲間に相談した。




しかし、姐御を筆頭に女性プレイヤーは冷たい。
「姫子は『ありがと~、屑男さんてやさし~いv』と喜んで送られていたじゃん、勘違いされてもしょうがない」とバッサリ。

「ストーカーされてるなら警察に言え」と言っても、「えー、でもー」でグズグズする姫子に嫌気が差している様子。
さらに姫子は不安と恐怖を訴えながらも自分かわいいアピールするのでイライラしていたらしい。

「なんでぁたしなんだろ。。。姐御さんの方がキレイなのに。屑男さんぁたしがかわいいって言うんだけど趣味悪い^^;」
「ぁたしちっちゃくてこどもっぽぃから、なめられてるのかなぁ;; こなぃだも小学生にまちがぇられた;;」
「姐御さんみたぃに大人の女になりたぃなぁ、強引にナンパされるのこわぃからもぉやだ;;」
こういう感じだったらしい。そりゃイラッとする、目の前にいたら殴る。

その姫子は「あの時送られてほんとは迷惑だったのに、誰も助けてくれなかった;;」と屑男以外の参加者に文句を言う。

一部の男は「送り迎えするよ」「ボディガードするよ」と姫子を守る会を設立したが、姫子はでもでもだってでグズグズしたまま、弟也にばかり相談するようになったため、守る会のメンバーも姫子の意図を察して去って行った。

弟也も「警察に行きなさい」と言うが、「元は友達だったし」「警察とか怖いし」で話が進まない。
弟也に「ねーちゃんちょっと助けて」と呼ばれ、このやり取りを横から見ていた私。

姫子が「どうしたらいいのこわい;;」と訴えた後、やる夫がチラッと見てるあのAA状態になってるようでつい笑った。

私 「お前、これ『俺が姫子を守るよ!全力で!』って言うまで終わらないんじゃね?」
弟也「…ねーちゃんもそう思うか」
私 「俺にできることは、警察に行くべきと言うことだけですって言って、もう落ちな」
弟也「そうするよ」

そして弟也はしばらくネトゲをやめて、姫子から来る相談メールもシカトした。

そこで起きるべくして事件が起きてしまった。

屑男が姫子の家に無理やり押し入り、あわやという状態に。
姫子が激しく抵抗したので屑男は逃亡、姫子の貞操は無事だった。

しかし姫子は「こんなことになったのも、弟也たちがぁたしの相談をシカトして助けてくれなかったせい!」と逆切れ。
チャットに屑男を除く関係者、というか姫子が関係者認定したネトゲ仲間が集められた。
私は弟也の横から画面を見ることに。


姫子の言い分をまとめると、
『現実の金でも取引される高額のレアアイテムを慰謝料として渡す』 
何で慰謝料が発生するんだ。

『姫子はPTDSになったので、その治療費を支払う』 
多分PTSDだと思うが誰もつっこまなかった。

『PTDSでバイトができないので、もらえるはずのバイト代月30万を支払う』 お前何のバイトしてんだよ女子大生。

『姫子の信頼を裏切った弟也は、姫子の家に来て土下座しろ』 イミフ。
『それから弟也は一生彼女を作らず結婚もしないこと』 なんでやねん。
『何故なら姫子を裏切った報い』 爆笑した。
『言う事を聞かないと警察に訴える』 警察がかわいそうです。

「全員相談に乗った。姫子に警察に行けと言った。しかし姫子はそうしなかった、責任は姫子にある」で他者の意見は一致。

姫子は「もっと真剣に行けと言わなきゃわかんない」と反論したが、他の人が真剣に警察に行けと説得したチャットのログをネトゲ仲間で連絡に使用していた掲示板に張ったため「姫子が悪いんじゃん」となり、姫子は無言落ちした。

話し合いはうやむやに終わった。

弟也は「俺もうネトゲやめる」と、しばらく家庭用ゲームと部活に打ち込むようになった。

これで終わりと思ったしばらく後、彼女子が弟也がやっていたネトゲに参加したいと言い出した。
彼女子に「お姉さんもやりましょうよ!」と誘われたので、私も彼女子と一緒にお試し参加。
私はネトゲでセクハラされるのが嫌だったので、「兄男」という男性の名前とキャラクターで登録した。

弟也と三人でモンスターを倒したり、たまに二人組みで歩いたりしていた。
彼女子とは「おにいちゃ~ん、あれ買って☆」「リアルでドーナッツ作ってくれたらいいよ」みたいな会話をしていた。
調子に乗って「あれ買って☆」「スク水着て語尾ににゃんつけてくれたいいよ」みたいな会話もした。
キモくてごめん。

数日後、見知らぬ名前から、他のプレイヤーには聞こえない内緒の会話メッセージが入って来た。

謎子「兄男さんですか?」
兄男「そうですが、どなたですか?」
謎子「私は謎子と言います、彼女子さんのことでちょっと…」
兄男「彼女子がなにか?」
謎子「こんなこと言いたくないんですけど、言わないと兄男さんがかわいそうかなって…」
兄男「何の話ですか?」
謎子「やっぱりやめたほうがいいのかな、知らない方がいいっていうか、教えても私の自己満足にしかならないのかも…」

イラッとしたので「話が無いなら話しかけないで下さい」と言ったら。

謎子「彼女子さんは二股かけてます。だまされてますよ」

一瞬リアルの話だと思って「なんだと」と思ったが、彼女子に限ってと思いkwskとお願い。

謎子はどうやら彼女子と弟也の会話と、私(兄男)と彼女子の会話をそれぞれ聞いて、彼女子が二股してると思ったらしい。
しかしキチっぽい謎子に事実を話すのも嫌だったので、「自分と彼女子はごっこ遊びしていただけ」と説明した。

でもでもだってが始まったので、なんだこいつと思って相手からのメッセージを着信拒否にした。

その後、お試し期間も終わるし本登録しようかなと考えていたら、弟也が難しい顔で部屋にやって来た。
「彼女子が嫌がらせされてる」と言うので慌てて彼女子に電話したら、謎子というプレイヤーからいろいろされて怯えていた。
嫌がらせの内容はゲームがばれるので、割愛。
弟也は謎子に話しかけ、ゲーム内で呼び出して仲間内にだけ聞こえるように話し合い。
彼女子と私(兄男)も参加。

弟也「どうしてこんなことをするんですか」
謎子「あなたが私を裏切ったからです」
弟也「は?」
謎子「姫子です。私を捨ててビッチと二股とかありえません。私は純粋にあなただけ見てたのに」
彼女子「二股ってなに!?」
謎子「あなたが兄男と二股してるの知ってるんですけど」
弟也「いや、それはない」
兄男「二股してるのはその理屈だと彼女子で、弟也じゃないんでは?」
謎子「二股してるビッチと平気でつきあうなんて最低」
兄男「だから二股じゃないってば、私はリアル女です」
謎子「うそです、女が女にスク水着ろとか言わない」
兄男「嘘じゃないよ。私は弟也の身内で彼女子とはリアル知り合いでふざけただけ」
謎子「レズきもい」
兄男「誰がレズだゴルァ」

だめだこいつと思ってる間に、弟也から連絡を受けた姐御ら女性プレイヤーが援軍として到着。
その瞬間に謎子こと姫子は回線を切って逃亡。
捨て台詞は「腐女子きもいビッチしね」だった。

姫子の件を通報してアカウント剥奪させようと盛り上がる姐御たちだったが、弟也と彼女子は疲れたと言って落ち。
自分もネトゲのごたごたを目撃してやる気が失せたので、そのまま落ちた。

その後姐御から報告があり、姫子は屑男を避けるために他のキャラを登録して遊んでいたそうだ。
だが名前が違っても中の人は同じ、やはり特定男性への粘着、男に愛想を振りまいてサークルクラッシュを繰り返した。

そして居心地が悪くなるとキャラを消し、別の名前で活動していた、その最新のキャラがあの謎子だった。
「姫子は風俗でバイトしてて、男プレイヤーと寝て貢がせてたんだって。噂だけどたぶん真実だね」という中傷めいた情報も来た。

彼女子と弟也はこれでネトゲをやめたが、その後姐御から弟也への「復帰しないの?」「さびしい」メールが相次いだ。
そのせいで彼女子は弟也と姐御の関係を疑い、プチ修羅場になった。

30過ぎた既婚の姐御さん、高校生に「なめてあげよっか?彼女とはしたことある?」とか送らないでください。
正直きもいです。
お前の方が警察沙汰だと思った。

弟也には携帯を変えさせた。
親に一連の事件は内緒にする代わりに、オフ会には成人するまで行かないと約束させた。
だいたいオフ会禁止令出てたのに、友達とカラオケとか嘘吐いて行くからややこしい目に遭うんだよ。

弟也は「彼女子と別れたらもう女とはつきあえない…」と言ってるので、これ以上の修羅場はなさそうでほっとしている。
一生頭が上がらないだろうが、彼女子は可愛い妹と思ってるので、このまま将来結婚してくれても私は問題無い。

支援感謝。以上投下終わり。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][ネトゲ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2015-05-08(Fri) 16:10:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*