FC2ブログ
アクセスランキング

誠実な人 1【寝取られ】

私達夫婦(40代)が、権藤さんに出会ったのは一昨年の秋のことでした。
町内会での廃品回収で、一際熱心に働かれていたのが権藤さんだったのです。
年齢は40代、実直そうな男性で人柄も良く、それは廃品回収での働き振りからも察することが出来ました。

廃品回収後、缶コーヒーを飲みながらの一服中に交わした会話、権藤さんが実は近所に住んでいるといことをきっかけに、私達夫婦と権藤さんの交流が始まります。

料理が得意だという権藤さん。
そう遅くない時期に、互いの家を行き来し、ホームパーティを開くようになりました。

私達は、その交流を通じて、権藤さんの多くを知りました。
早くに奥様を亡くされていること、一人息子は今東京の大学に進学していること等。


もっとも、実感されたのは、その人柄の優しさでした。
その優しさに私たち夫婦は癒され、ますます権藤さんとの距離が近くなり、妻と二人で日曜の夕食の買い物に行くことも珍しくなくなりました・・・。


そんなある日、終業時刻に近い頃、権藤さんから電話が携帯に掛かってきました。
話したいことがあるとのこと・・・。

私達は駅前で落ち合い、駅の近くの喫茶店に入りました。
深刻そうな権藤さんの顔・・・。
唐突に切り出した言葉・・・。




「奥様を抱きたいんです・・・。」
私は、あまりに常軌を逸脱した話に、なんと言葉を返していいのかわからず、じっと権藤さんの顔を見つめました。

常識的には、そんなことは胸の奥にしまって他人には、ましてや、夫には言ってはならないことです。
苦しそうな権藤さん、おそらく、悩みに悩みぬいた末、私に打ち明けたのでしょう。
そのまじめな性格からそのような会話をしたのだということは十分察せられます。

彼の表情には、なにか後ろめいた企みのようなものを感じませんでした。
権藤さんは、決心して語りだしました。

奥様を亡くされた精神的なショックで男性機能が働かなくなったこと、しかし、妻と触れ合ううちに、妻のことを思うとエレクト出来るようになったこと・・・。
だから、苦しい胸のうちを、恥を忍んでこのように話をしているのだと・・・。

男性機能の回復、それこそが彼にとっては、今生きる中で明るい希望であり、妻に出会うことでそれが夢ではなくなったこと、そんな思いがヒシヒシと伝わってきました。
とんでもない話なのに、彼のつたない言葉の数々は実直で、それをみじんも感じませんでした。

けれども、最終的には私は言葉に窮してしまい、「妻がどう思うかと思います」とだけ答えるのに精一杯でした・・・。
その話を私は妻にすべきかどうか悩みました。

結局、悩んだ末、それを妻に告げるのに一ヶ月を要しました。
それを話したとき、妻はとても悩みました。

「手でしてあげるくらいで駄目かな・・・。」
根が素直で優しい親切な妻のこと、結局、放っておけず、彼女なりに倫理観すれすれのところで結論を出したのでしょう。
それが手コキだったようです。

打ち明けてから、そう経たないうちに、決行の日が決まり、それはやってきました。
妻に話すまでの日々を考えると、あっという間です。

当日、三人は言葉を交わすこともなく、打ち合わせの通り、リビングに二人を置いて、私は家を後にしました…。
なんとも後味の悪いこと…。
この不安で宙に浮いた気持ちは何なのだろう…。

権藤さんの願望が破綻すればいいような、成功すればいいような複雑な気持ちです。
やがて、居ても立っても居られなくなった私は、すぐさま家に戻りました。
悟られないようにこっそりと、物音を立てずに、気配を気にしながら家の奥へ奥へと私は一心不乱に歩を進めました・・・。
そして、そっとリビングの襖の間から中を窺いました。

蛍光灯を最小にまで落としてあり、部屋は薄暗いオレンジ色に染まっています。
けれども、視野はさほど不自由せず、二人の表情まで識別できます。
むしろ、独特な雰囲気を醸して淫靡です。

権藤さんと妻は並んで、ソファーに腰かけていました。
妻は権藤さんの左隣にいて、二人の距離はつかず離れずと言った感じです。
妻を気遣ってか、権藤さんの股間部には膝掛けが被せてあります。

ただ、膝までズボンとトランクスが下がっており、恐らく腰掛けの下では、ペニスが顕わになっているはずです。
下をうつむいていた妻は、慣れない様子で膝掛けの中に手を入れます。

「あぁ…。」権藤さんが低い声を上げます。
妻の手が権藤さんのモノに触れたのでしょう。
あの下で妻の手が…、指先が…、他人の肉棒に触れているかと思うと心臓が破裂しそうな思いです。

やがて、膝掛けがゴソゴソと左右に動き出しました。
二人とも無言の状態で、私に知るすべは無いようです。
あの布切れの下で、なにが行われているのか…、気になって仕方ありません。
私のそんな思いをよそに、沈黙の中で膝掛けはしばらく動き続けます。
そんな中、権藤さんが唐突に口を開きました。

「す、すみません、奥さん。もう少しで…。」『もう少し』という意味は何なのか・・・。
まさか…、もう射精をするのだろうか…と、一瞬耳を疑いました。

「えぇ…、大きくなってきていますよ。」
妻が恥ずかしそうに合いの手をいれました。
私はそれで先程の言葉の意味を悟りました。<


確かに、膝掛けの真ん中あたりは、テントをはっているかのようです。
「奥さん、ありがとうございます。私一人ではこんなに早くには大きくなりません。」その通り、妻を思ってするよりも、その当本人にされた方が、効果は一目瞭然でしょう。

「本当にありがとうございます。」権藤さんは心底嬉しそうです。
奥さまを亡くされ、精神的に弱くなっていた男性機能の回復を、妻の手により確実なものとし、男性としての誇りを取り戻しつつある。
そんな様子が彼の笑顔に表れていて、それは一種の清涼感さえ感じさせました。

「いえいえ、私は…。」
妻はなんとリアクションしていいのかわからないようです。
普通の主婦には、男性器を勃起させて、お礼を言われた経験なんてあるはずがありません。

もっとも、妻の親切心が報われたのは間違いなく、妻も悪い気はしていないでしょう。
また一仕事始めるかといった感じで、再び妻はごそごそやりはじめました。
さっきまでとは違う大きな動き・・・、しごいているのでしょうか。

しかし、その動きのせいで腰掛けは少しずり落ちたかと思うと、すぐにはだけてしまいました。
明らかになる腰掛けの下…。

妻の右手が権藤さんのアレを握り締めています。
権藤さんの穏和な性格とはかなりギャップのある大きめの逞しいペニスをです。
私はその状況にクラクラになりそうでした。

腰掛けをまた掛けますが、再びはだけてしまう始末・・・。
終には腰掛けなしになりました。
妻はゆっくりと上下に動かしています。
実にぎこちない手つきです。
手で男性自身を満足させるなんて経験はありません。
それでも、心を込めてただただ妻は扱きました。

その光景に眼も眩む思いでしたが、私は、はっと、ローションを用意しておくべきだったと気づきました。
おそらく潤滑油なしでの状態はあまり心地よいものではないはずです。
しかし、萎えることなく持続しつづけるのは権藤さんの妻への思いなのでしょうか・・。

結局、彼是、15分程経ちましたが、もちろん権藤さんの肉棒は射精することはありませんでした。

「奥さん、ありがとうございます。もう、いいんです。」
「でも、男の人ってこんな状態は辛いんでしょう・・。」
親切心から、手コキで楽にしてあげたいと考える妻・・・。

「いやいや、もう、いいのです。私の我侭なのですから。もうこれ以上は・・。」

一瞬間が空き、権藤さんは思い直したように、あの衝撃的な言葉を妻に投げかけます。

「奥さまを抱かせてください。」「えっ…。」妻はやや後退りしました。
「やはり、奥さんの思いをたちきれません。」真剣な眼差しの権藤さん・・・。
「でも私には…。」「わかっています。そうなのです、旦那さんがいらっしゃる…。それは重々…。」
「ご、権藤さん・・・。」「もし、奥様がお気に召されないのであれば、いつでもやめます。」

権藤さんの役得でしょうか、男性が女性を口説くようないやらしさというものをその口調には感じられませんでした。
他の男性であればどうなることか…、しかし、権藤さんのあくまで誠実で真剣な姿勢は、まじめで面倒見のよい妻にとって、男女の仲とボランティアの境を曖昧にさせてしまうような気がします…。
妻の胸の内にあるものは何なのか…、気になって仕方がありません。

「本当ですね、わかりました。ただ約束してください。きちんとゴムをつけること、そして夫には秘密にするということ・・・。」

親切心と倫理の間で戸惑った結果、お人よし過ぎる決断を下し、妻は条件を提示します。

「ええ、必ずお約束します。」「それから、裸になるのは堪忍してください…。恥ずかしいですから・・・。」
そういうや否や、妻はスルスルとパンティを脱ぎました。
覚悟を決めたら、気持ちの切り替えが早く、変に度胸のある所にはいつも驚かされますが、まさか、こんな時にも彼女の性格が発揮されるとは・・・。

もっとも、妻はHに対して淡白であり、男性さえ絶頂を迎えることができれば、それで済むのだと思っているところも関係しているのかもしれません。
権藤さんの身体がソファーにもたれている妻にかぶさります。
そして、首筋に軽くキスを・・・。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][寝取られ][手コキ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-04-17(Fri) 22:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*