FC2ブログ
アクセスランキング

Hできる関係になって初めて本物の友情? 3

「さて、まずは乾杯かな!A美も手伝って」
S子は自分のカバンからシャンパングラスを取り出し、俺達にわたし始めた。
A美は冷蔵庫から(S子の持ってきた)シャンパンを取り出すと、
S子がグラスを渡す先から、シャンパンを注いでいった。
A美がシャンパンを注ぐたびに男たちが感嘆の声を上げた。

最後に俺にシャンパンを注ぐA美。
「ちょー、恥ずかしいよ」
「みちがえたぞ、A美」
「・・・似合ってる?」
「世界最高にかわいい」
「えへへ・・・」

A美がグラスに注ぎ終えた後、S子とA美もそれぞれシャンパンを注ぎ、A美は俺の隣に、S子は3人の間に割って座った。

「全員グラス持った?じゃあ、かんぱーい!」
S子の乾杯の音頭で、一気に飲み干す俺達。

「んーーーっ、これ、初めて買ったんだけどオイシイね。A美、これね、池袋の地下にある・・わぷっ!」

S子はあっさりAに押し倒された。
すかさず、他の2人がS子に群がる。

「あんっ・・・少しくらい待てないのっ?・・・・んんっ」
「だって、いつもと違うし」
「大体、十分すぎるくらい待ったぜ、俺ら」
「罰ですな、これは」





そういいながら、テキパキとS子を剥いていく。
まるで役割が決まってるようなスムーズさだ。

俺はしばらくS子のカラミを見た後、
ふと隣のA美を見ると、A美と目が合った。
どうやら、ずっとこっちを見てたようだった。
訴えるような目で俺を見るA美。

「どした?」
「なんか・・・すごくドキドキする・・・・
・・・・・・・・・・こんなにHな気分になったの初めてかも・・・」
「するか・・?」

A美は頷いた。
俺はかるくキスをした後、A美をあお向けに座らせ、白いパンティーの横から、アソコに向かって指を滑り込ませた。

既にパンティーは湿っていた。
さらに指を滑り込ませて、膣内に指を入れる。
ぐちゅ・・。と音がしたような気がした。

「あっ・・ん」
「お前、すっげー濡れてるな」
「だって・・・」

今までみたことないような切ない表情を浮かべるA美に我慢できなくなった俺は、A美を寝かせてパンティーを一気に剥ぎ取った。

少し開いたA美のアソコから、愛液がしたたっていた。
俺は、これ以上ないくらい勃起したペニスをA美のアソコに当て、膣内に差し入れた。
前戯抜きなのに、ぬるーーっと入っていく俺のペニス。

「はあぁ・・・ぁぁあん!!!」
A美の膣内に根元までペニスを入れたまま、しばらくその状態をキープ。

「すげー熱いぞ、お前の中。それになんか中でピクピクしてんな。
正月ん時よりすごくねー?」
「・・・だって・・はぁ・・・・しょうがないじゃん・・・・・・
・・・・ね・・・うごいて・・」

潤んだ目。半開きの光った唇。紅潮した頬。そんなA美のおねだりで俺は、さらに一回り怒張したペニスを徐々に動かし始めた。

「あんっ・・・はぁっ!・・・やっ・・・あっ・・ああっ!!」

いつもより激しく反応するA美。俺もいつもならペニスの角度を変えたり、首筋や胸を同時に愛撫したりするところが、あまりの興奮と気持ちよさに前後運動しかできない。

すぐに前後運動がMAXまで激しくなり、10分と立たずにA美の膣内がきゅ、きゅぅーーー!と締まると同時に俺のペニスからA美の膣奥に精液が勢いよく放出された。

4度5度とペニスが膣内で痙攣し、A美の膣もそれに反応して収縮する。
まだ全然体力を消耗してないので、息はすぐに落ち着いたが、
ペニスはちっとも納まらなかった。

「○○・・・まだ、おっきい・・・・?」
「ああ、今度はA美が上な」
「・・うん」

俺はつながったまま、A美を起こし、俺の上にA美を乗せた。

「ほら、動いていいぞ」
「・・・・・」なかなか動こうとしないA美。
「???どした?」
「えへ・・・みんなが見てる前でするの恥ずかしいかも・・」

4人は俺の足先の方に居て、俺の位置からはA美がじゃまで4人の様子は見えなかった。ただ、S子のアエギ声は聞こえていたので
「見てないだろ。それに見られたっていいじゃん」と返事した。
「えー・・・だって」
「つべこべいうなって!お前がするっつったんだろっ」
そういうと俺はA美に下からズンっと腰を突き上げた。

「あんっ!!わかったよぅ・・」
A美はゆっくり腰を動かし始めた。
俺も腰を同調して動かし、A美の腰に手を添えてサポートすると、
すぐにA美は自分から激しく自分の腰をペニスに打ち付けるようになった。

「んっ、んっ、あんっ!・・・んぅっ、んっ・あっ・・・はんっ・・」

完全に乗ってきているA美。
シースルーでリズムよく揺れる胸や、色っぽい表情を浮かべるA美を堪能しながら、徐々に向上していく俺、そしてだんだん声が大きくなっていくA美。

「あああんっ!」
そのとき、不意にA美の胸が後ろからわしづかみされた。

「やっほー!はっげしーねーっ」
A美の顔の横からひょいっと首を出すS子。

「もー、二人だけの世界にいってちゃだめっしょー?」
「A美の声が大きいから、こっちが止まっちゃったよー?」
といいつつ、A美の後ろから胸を揉み続けるS子。

「はん・・・・S子・・・」
「なんか、顔真っ赤だよ?A美」
「最初から、こんなにトバしちゃ持たないよ?」

S子はA美の顔を見てそういうと、A美の後ろから俺の胸の前まで回りこんで、寝ている俺を跨いだ。

「えへへ・・・○○、してくれる?」

そういってS子の腰が徐々に俺の顔の前に降ろされた。
目の前に迫るS子のマンコ。正月の時と同じピンク色のマンコが今度はハッキリと見える。
だが、S子のマンコは正月のときと違っているところがあった。

「S子・・・・お前、毛がないじゃん・・」
「でしょー?○○、毛が無い方が好きなんだよねー?A美がそう言ってたよ。
だからねー、特別サービス」

「マジ?そこまでするわけ?」
「あはははっ!するわけ無いじゃんー!ホントはあのTとMとAのリクエスト。
でも、なんでみんなそうなわけー?無いとなんか落ちつかなくない?」
「それが男のロマンなんだよっ」
「変なロマンー。それっ」「んぐっ」

俺の口がS子のマンコにうずまった。
A美とは違う女の香りがする。
一回り勃起する俺のペニス。思わず動きが止まってるA美の腰を突き上げた。

「あんっ」と反応するA美。また腰を動かし始める。
同時にS子のマンコを舐め始めた。

S子のマンコは比較的小さくて、クリトリスも小さめだった。
しかし、はっきり位置がわかるほど、剥けていてタピオカのようにぷりぷりしていた。
俺はそのクリトリスを重点的に責めた。
上のほうでアエギ声がくぐもって聞こえた。

「あっ・・・はんっ・・・・○○・・うまいね・・A美の言ったとおり・・あっ」
(俺のこともつつぬけか・・・はぁ)俺はA美のスピーカーぶりに半ばあきれながら、S子のクリトリスを下でこねまわした。

「後ろも・・して」

S子はそういうと、A美の方に向き直り、再び尻を俺の顔の上にうずめた。
今度はS子のアナルが見える。S子はアナルもピンク色だった。
俺はS子の大陰唇を舌でかきわけ、入り口周辺を舐めると同時に、S子の愛液で十分濡らした指をS子のアナルに差し込んだ。

「はああんっ!あんっ!やんっ」
1トーン高くなるS子アエギ声。
A美は相変わらず俺のペニスをくわえ込んでいた。

「・・A美・・・キスしよ・・・」
俺にマンコとアナルを責められているS子がA美に言った。

「・・・・・んんっ」
俺からはS子の尻が見えるだけでわからないが、S子とA美はキスしているようだった。と同時にA美の動きがゆっくりになった。

「ん・・・んん・・・・はぁ・・・・んん・・・・」

長いキスだ。女同士のディープキス。しかもS子とA美。是非見たいが俺の視界はS子の尻と腿でいっぱいだった。
ちぇ・・・・と思った瞬間。

「んんんんっっっ!!!」

突然A美の膣内が収縮した!
うわ、なんだ?状況を読めないまま、A美の膣の動きにペニスを勃起させてしまう俺。

「○○~。いいところで止めないでよー」

S子は尻をちょっと浮かせて、俺の鼻をマンコにこすりつけるように動かした。
俺は再びS子のマンコを舐め始めた。
A美はあいかわらずくくもった声を出している。
そして、A美の膣は不規則に俺のペニスを締めていた。
(S子の横に気配を感じるが、誰かA美にキスしてるのか?)
そのとき、S子の声が聞こえた。

「A美、すっごいでしょー?ココも弄ってあげるね」
「んんんんんーー!プはっ・・・あああっ・・・あむっ・・・んんっ!」

A美の膣がさらに収縮した。
俺の下腹部にS子の手の甲とうごめく指を感じた俺は、S子がA美のクリトリスを弄ってるのがわかった。そして、明らかにA美はS子以外の誰かに唇を奪われていて、それに感じている。
そんなA美の膣内にいる俺のペニスは既に限界に近づいていた。

S子がA美のクリトリスを弄りながら俺に言った。
「○○っ、A美に動いてあげて、4人でA美をいかせちゃえ」

4人???どうなっているのかよくわからない。
わからないが、俺もやばいくらい限界だ。俺は腰を高速で突き上げ、S子のマンコを再び舌でこねくりまわした。

「ああっ!あん!あん!」
「んんっ!はああっ!やん!んあっ!はあっっ!ん!」
「やっ!いっ・・くっ・・・・・はん!」
「A美っ!私もっ・・いきそ・・っ・・・・・はんっ!」
「やああああっっっ!・・・・いっちゃ・・・
・・・ああああああっっっ・・・・!!!!」
「うっ!!」

A美(と多分S子も)がイったと同時に俺のペニスから2発目の精液がA美の膣奥に放出された。
またも長い間断続的に精液をA美の中に注ぎ込む。

しばらくたって、S子とA美の息が落ち着いたころ、S子が口を開いた。
「じゃ、A美、交代しよっか」

と同時に「よっ」「せっ」という男の声がして、A美の両足が誰かに抱え上げられた(らしい)。
まだつながっていた俺のペニスは、ちゅぽんとA美の膣口から離され、
同時に「ああっん・・」というA美の声が聞こえた。
男の声の主は、MとTだった。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][放尿][アナル弄り][親友][ディープキス][乳揉み][乳首舐め][フェラチオ][クンニ][生挿入][連続絶頂][イキまくり][中出し][セックス][乱交]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2015-04-06(Mon) 22:10:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*