FC2ブログ
アクセスランキング

俺の願望で元カノに複数プレイさせていたら…2

それから月一程度で営業くんと3Pを楽しむようになった。

飽きることはなかった。それどころか 巨根をやらしく吸い込む唇、おまんこを見る度興奮した。3Pというよりは元カノと営業くんのセックスを記録していると言ったほうが正しいか。

とにかく元カノと営業くんの交わる姿を近くで遠くでみて、オレは勃起していた。

毎回帰ってから彼女のおまんこをキレイに舐め、今日の感想を聞き、その話に興奮してオレはいつもすぐに果てた。

元カノのエロ話の仕方が、する度に上達していく。
「もっとききたいの?「じゃあもう一回おまんこキレイになめて」
オレは言われるがままに従った。

その次の朝 彼女がベッドの中でひとりオナニーしていた。
オレがまだ寝ている思った彼女は、物足りなかったのだろう。

オレに背を向けて、夕べの営業くんのちんぽを思い出して、静かに声も立てずオナニーに耽っていた。

彼女の背中がプルプルと震え、彼女が果てるのを寝たふりをしながら感じていた。何故か物凄く興奮したのを覚えている。

元カノはもうほかのちんぽを思ってオナニーしているのだ。オレとの物足りないセクロスをこなし、朝一から巨根を思い出してオナニーしている。

悔しさと興奮、嫉妬が巡り巡った。彼女はオナニーでいくと、オレを起こすこと無く普通に起き出していった。





ある日、元カノに営業くんのメールアドレスを渡してみた。
「彼が世間話したいらしいよ」と如何にもバレそうな嘘をついて渡した。

狙いはもちろん、オレに内緒で営業くんのちんぽを入れてもらいにいくか知りたかったからだ。

元カノは「へえー」とかいって普通にアドレスを書いた紙をオレから受け取った。あえて営業くんには何も連絡しなかった。

この時のオレは元カノに自らセックスしに行って欲しい願望と、オレに隠れてそんなことはしないかも、という期待と不安に揺れていた。

それから約二ヶ月、営業くんとはあえて会わなかった。
だがオレの行動はドンドンエスカレートしていった。

営業くんばかりだと刺激が薄れるので、代わり20歳の童貞くんとのプレイをしたり(童貞くんは初回4発も出したw)、この頃の元カノは完全パイパンで、参加する単独男性たちを喜ばせた。

流れる愛液が誤魔化し切れないパイパンは、元カノも恥ずかしがりつつ興奮していたようだ。その童貞くんと、新しく見つけたSEくん(20歳)との4Pをしたりした。

特に4Pではオレのちんぽを騎乗位で受け入れながら、両サイドに仁王立ちする若者たちのちんぽを、代わる代わるにフェラする姿が最高だった。

騎乗位のまま腰を振り、フェラで垂れる元カノの唾がオレの腹にタラタラ垂れた。
彼女のまんこからオレの下腹部に白く濁った愛液が広がっていくのも興奮した。

ちんぽが気持ちいいのか、男に囲まれた自分に興奮しているのか、オレには分からなかったが本当に洪水。上の口のちゅぱちゅぱ音と、パイパンに出し入れされるくちゅくちゅ音が部屋に広がる。

それぞれのちんぽの気持ちよさは残念ながら営業くんには敵わなかったようだが、それでも矢継ぎ早に三本のちんぽを入れられることに元カノも俺も大興奮した。

元カノも淫乱な自分に陶酔したような表情を浮かべていた。

一晩で三人の男に5回も精液を出されるような事になるなんて、想像もした事がなかっただろう。スポーツでもしたかのように紅潮した顔は今思い出しても興奮する。

こうやってわずか数ヶ月の間に、見知らぬ男のちんぽとオレのとで4本を味わうことになった元カノ。

4Pのあたりでは自分からパンティや洋服も選ぶようになり、言葉にはしなかったが楽しみにしているようにみえた。

そしてその間も彼女はドンドンキレイになっていった。
なにより服やアクセのセンスが格段によくなった。

メイクも自分に似合うものを習得、いつも手入れされた髪の毛もポイント高かった。

会社でもチヤホヤされるようになったようで、二人きりのセックスの時に「今日部長にずっと肩撫でられちゃった」とか「同僚の男の子からやたらメールくるの。どうしようかな?」 など、オレを興奮させる事実を耳元で囁いてくれた。

オレは興奮しつつ「抱かれたいの?」「抱かれたの?」と息荒く聞いていた。
彼女は答えを濁しつつオレの上でうれしそうに腰を振る。

オレはそんな彼女に毎回逝かされていた。

シャワーを浴びて恐る恐る毎回「本当は?抱かれたの?」と聞くと
「そんなことしないよ」と笑顔で抱きついてきた。

オレはそれが無性に嬉しかった。もう何年も付き合ってたはずなのに、毎晩でも元カノを抱きたいと思っていた。自制したが。

なので営業くんとも、もちろん会ってないと確信していた。

セックスのときも聞いていたが、「えっちなメールのやり取りいっぱいしてるよ」とか程度だったので(それでもオレは十分興奮したが)信じていた。


しかし・・・・

あれは元カノの誕生日の夜。
オレはお祝いする側だがオレの方が楽しみにしていた。

彼女の欲しがっていたアクセを買い、エッチ用の下着や香水、そして何を思ったか手錠wも買って準備したw

平日だったのだが、その頃フリーでやり始めたオレの仕事の方がかなり早く終わった。オレは部屋で料理の下準備をし、仕事終わりの彼女を待つ。

彼女もけっして定時で上がれる仕事ではないので、20時くらいかなと勝手に予測していた。 だがなかなか帰ってこない。

少し不安になった22時ころ、ようやく帰ってきた。「ただいまー」という彼女を迎えに行くと、いつも会社に行く格好とは違っていた。

普段仕事に行くときは結構いかにもOLな格好なんだが、その日に限ってフレアのミニ、休日に近い格好だった。

「なにその格好?どうしたの?」と聞くと
「ちょっとね!後で教えてあげる」と意味ありげに言われた。

オレはバカなので特に何も考えず、幸せなイベントを二人で過ごした。

そして夜。 彼女はその日オレが準備した下着を身につけていなかった。香水もしていなかった。帰ってきた時の格好でスカートをめくってパンティをみせてくれた。

「あれ?買った奴は?なんでその格好?」と聞くと
「もっと興奮させてあげる」と言って突き倒すように押し倒された。

その時身につけていたのは黒のフルレース。オレはそんなに好きじゃないヤツだ。???と思いつつ、抱きつく彼女を受け入れた。

「今日は私が攻めてあげるね」と真顔で彼女が言う。
オレは「お、おう・・」とされるがまま。

頭のなかはハテナだらけ。上に乗ってオレの大好きな乳首弄りをされる。舌と指でソフトにやらしく。それだけで即勃起。

元カノに身を預けているとオレの買ってきた手錠をオレにハメてきた。

普段からエロい事を受け入れてくれる子ではあったが、こういうふうにされるのは初めてだ。オレはドキドキしつつされるがままだった。

手錠をオレの両手にはめ、万歳の格好でベッドに括りつけられるオレ。
その格好のまま再度乳首責め。たまらん。。

元カノはオレの表情をみながらオレの乳首を攻め続ける。少し微笑むと言うか、笑ってるようにもみえた。

フル勃起したちんぽをパンツの上から指先で撫でられる。
裏筋をゆっくり指先でなぞられ、オレのちんぽからは我慢汁がダラダラ。

「パンツが汚れてるよ?」と元カノ。
ゆっくりと焦らすように脱がされるオレ。

脱がされ、どろどろに出ている我慢汁をちんぽに塗られ
「いっぱい漏らしてるね」と言葉責めされる。んー、新鮮で興奮するオレ。

オレが間抜けに「きもちいいーー」と上ずった声を出していると、唐突に元カノがちんぽの裏筋を優しくなぞりながら、
「今日、ついさっきまで営業くんに抱かれてたのよ」と告白。
元カノはオレを見ず、ちんぽをみながらそういった。

オレは最初何を言っているか分からなかった。いや分かっていたが受け入れられなかった。頭の中を、営業くんのデカイちんぽをくわえていたやらしいあの顔がよぎる。

「え?マジで!?」と間抜けに聞き返すオレ。
「うん。本当にいつもと違うの。今日の話は本当なの」という元カノ。

オレは嫉妬と裏切られた気持ちと、そしてなによりも興奮が体を駆け巡るのを感じた。

「二人きりのほうが超興奮したよ」
彼女はオレのちんぽを指先で弄りながらハッキリとそういった。

「どんなことしたの?」と聞いても何も答えない元カノ。
自分のおっぱいを揉みながらオレのちんぽをずっと撫でている。

「おしえて!なにしたの?どんなことしたの??」
と半泣きで手錠されたまま元カノに訴えるオレ。

すると元カノはオレのちんぽを弄るのを止め、
「おしえてください、元カノ(下の名前ね)様、でしょ?」と冷たく言い放ってきた。

興奮と嫉妬で訳がわからなくなったオレは「元カノ様!!教えてくださいぃぃぃ」と懇願した。彼女は満足そうに、僕の顔面にまたがった。

「彼に会う前に、会社でこの格好と下着に着替えたの」
「彼が黒いパンティがいいっていったから」

「そのとき興奮しちゃって、会社のトイレで一回オナニーしちゃった」
「電車の中でも体が火照って。。会う前からおかしくなりそうだった」

そして黒レースのパンティのまま、オレの顔におまんこを押し付けてきた。

「匂い嗅ぎなさいよ。さっきまであの極太ちんぽ入れられてたの。あなたの好きな匂いでしょ?」

オレは言われるままにパンティの上に鼻を押し付けてクンクンと匂いをかぐ。コンドームのゴムの匂い、他の男の唾液の匂い、乾いた愛液の匂いが鼻の中に広がる。興奮と悲しさでおかしくなりそう。

「このパンティを脱がされたの。その前にパンティの上からいっぱい舐めてくれたよ。あなたもして」 オレは必死で舐めた。他の男の唾液混じりのパンティを必死で。

半泣きで舐めた。彼女はオレに匂いを嗅がれびちゃびちゃ舐められながら、声も出さず震えながら逝った。少しお漏らししながら。

オレは下からその光景を見ながら、お漏らしの音と匂いと感触で、ちんぽに触られてないにも関わらず射精した。

お互い深いエクスタシーを感じ、ベッドの上でぐったりとしていた。
オレは手錠に繋がれたままだったが、もうどうでもよかった。

元カノに「本当に抱かれてきたんだね」としょんぼりしながら言った。

元カノは「喜んでくれるかなと思って」と言った。たぶん本当だと思う。

でも本当に落ち込んだ。興奮を超えて落ち込んだ。だが、今までで一番興奮したのも間違いない。

そんな話を二人でベッドの上でした。
彼女は「あなたに浮気されたとき、私はもっと悲しかった」と泣いた。

僕らは抱き合い、久しぶりに性癖にまったく頼らないセックスをした。興奮や刺激に頼らないセックス。オレたちは深い満足を得て、その日は満足して眠った。

オレは結婚しようと思った。たぶん元カノも。
とはいえオレ、そして元カノもスケベで刺激あるセックスを求めていった。

元カノに攻められ、時にオレが攻める。
オレも元カノもどちらの立場でも興奮した。

他人棒プレイも続け、元カノがオレに内緒で営業くんに抱かれに行くのも続けた。

元カノが営業くんに抱かれた後「あのちんぽじゃないともうだめなの」と言われながら入れさせてもらうのが一番興奮した。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][寝取られ][彼女][浮気][乳首舐め][巨根][ディープキス][フェラチオ][クンニ][挿入][セックス][連続絶頂][4P][複数プレイ]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-03-18(Wed) 23:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*