FC2ブログ
アクセスランキング

嫁を元カレに抱かせたら修羅場になった 3

いろいろあった一件が落ち着いて、Mから電話がありました。
「この前はありがとうな」
とか、当たり障りのない会話でした。

そのとき、俺が二つ返事で華を差し出したと嘘をつかれたことを思い出し、
そのことについてMに問い詰めようとしたところ、Mからは

そもそも、お前が話をしておくはずだったんだぜ、
直前にまだ話していないとか言われたら、ああするしかなかったんだよ。
と論破されてしまいました。
でもまあ確かにその通りなわけで。

そして俺が「お前も彼女いるんだし、大事にしてやれよ」と電話を切ろうとしたところ
Mから「彼女とは別れた。」と切り出されました。
そして、
「頼みがあるから、会ってほしい」と。


今思えば特に相手をする必要も無かったんですが、華に内緒で二人出会うことに。
飲みに誘われましたが、そんな気になれず、カフェへ。
入ってしばらくは社交辞令的な何でも無い話をしました。
そして、Mから、本題に。

「この前はありがとう、まさか本当に華とできるとは思わなかった。
華と会ってみて、やっぱり華はすてきだった。
ただ、やっぱり思い出の女性なんだと思う」
と言われました。





自分は、「華と別れてくれ」とか言われるんじゃないかと不安に思っていたので、意外なコメントにほっとしました。

そしたら、Mから
「正直、どうだった?」
とか、徐々に探りを入れられました。
いろいろ不毛なやりとりをした後、徐々に核心に。

「華が俺に抱かれて、正直興奮したんじゃないのか?」
そう聞いてきました。
正直、確かにそういう感情はあったし、
そういうプレイに興味が無かったわけでもありませんでした。
なので俺は、
「まあ、それはあったかもしれない。」と答えました。

そしたら、Mから
「これ、プレイにしない?」
切り出されました。

全く考えてもみない提案に、俺は返答に困りました。

そういうプレイに興味があると言った関係で、きっぱり断ることもできず、
どちらかというと、もしOKした場合、、
どうなるんだろうと考えていました。

ただ、華は絶対許してくれないだろうと思いました。
なので、そのことを引き合いに断ろうとしたら、
「あいつは、まんざらでもないよ」
と言ってきました。

どういうことか聞いたら、
メールを見せてくれました。

一部のやりとりだけでしたが、
たしかに、「俺がいいって言ったらね。」
って書いてありました。

それを見て一気に鼓動が早くなりました。
ちょっとした浮気なんじゃないかって思いましたが、
まあ、二人がメールしてたのは知っていたし
ああいうことがあったんだから、エッチな内容のメールもあるだろうと覚悟はしていました。

でも、ここまで話しているとはさすがに思っていなくて驚きました。

俺が怯んでいる中、Mが華とのセックスの話をし始めました。
「あいつの好きな体位わかる?」
「バックでしょ」

「そう。」とMが頷いて
「バックの時、後ろの穴に親指入れてみ?超乱れるから」

華のメールの件で、ただでさえモヤモヤしてたのに、そういう話をされて、俺のキャパが限界になったので、それ以降は適当に流してプレイの件は
「華と話ししてみる。」
と言って帰りました。


帰り道、俺がOK出せば、プレイとして成立するなーとか考えたりしてました。

正直、そういうプレイに興味があったし、憧れみたいなのはあったのかもしれない。
気持ちはやってみたい方に傾いていたのかもしれません。

ただ、なんて切り出せば良いんだ?とは思っていました。


家に帰ると、華が当たり前のようにお出迎え。
晩飯食べて、風呂入って、リビングでくつろいでたら、華があからさまにそわそわ。

トイレ誘われるのか!?って構えていたら
(あれから何度か誘われるようになりました)

「Mと会ったらしいね」
と華から話題を切り出されました。

どうやら、Mが華に言ったらしい。

「うん・・・ちょっとね。」

そしたら、
「全部、メールで聞いたよ。」と。

用意周到すぎるだろM。とは思いつつも、
説明する手間が省けたなと思っていたら

「あなた、そういうので興奮するタイプの人なんだって?」
と言われ、俺そんなことMに言ったっけ?
なんか大げさに伝わってないか?とか混乱しつつも、
「まあ、少しは・・・」
って返した。

そしたら華が
「変態・・・引くわ・・・」
ってニヤッて笑いながら言ったので、
「真性のお前には負ける。」
と言い返しておきました。

そして、華から驚きの一言。

「正直Mにもう二度と会うことはないと思っていたけど、
Mから、あなたが、もう一回どうしても抱かせたいって言っていると聞いて、びっくりした。」

俺もびっくりした。
俺は全然そんなこと言っていない。

一瞬「えっ」ってなったけど、そのまま話を聞いていました。

「私もしばらく悩んだけど、Mとそういうことしたいって言う気持ちもなくはない・・・
だから、あなたが望むなら、大人な関係として、良いのかなって思う。」

実際はもう少しぐだぐだっと話が進んだんだけど、
だいたいこんな感じでした。

俺は、華がMとしたい言い訳を必死に俺にあてがって納得しようとしてるのかなって思いました。
けど、それはそれでかわいらしいし、ちょっとした嫉妬心が、その時は心地よく感じられていたので、そのまま進めることにしました。

当日までは特に変化はありませんでした。
もしかしたら、お互いそういう風に演じてたのかもですが。



当日の朝、、華は思ったより普通でした。
その日も、普通に振る舞っていただけなのかはわからないけど。

どんな下着つけていくのかとか、どんな服でいくのかとか、目を光らせていたけど、いつも通りで、ほっとしたような肩すかしなようなそんな感じでした。

「またね」って華からハグしてきたので応えました。
すでに心臓がどきどき言っていて、ばれるかもと思いました。

前回はモヤモヤした気分だったけど、
「プレイ」だって思えば、こんな感じになるんだなって
冷静に考えている自分もいたり。

ただ、華が出て行ってからは前回と変わらず。
何をやっても集中できないし、そわそわしていました。

PS3やって、ネットしてをこまめに繰り返したりしてたら、
昼過ぎくらいになりました。

おそらく、もう会ってご飯食べて、
デートかなにかしてるんじゃないかな・・・と想像。

夜にはMの攻めが始まるのかと思うと、めちゃめちゃ興奮したり
同時に不安になったりしていました。

そしたら、着信。
Mからでした。

「よう、何してんの?」とM。

思わず俺は
「いや、仕事とかしてたけど?」
って見栄を張って嘘をついてしまいました。
で、「今何してんの?」ってこちらから質問すると

「大人の店いって、おもちゃ買ったりしてた。今はもう家だけど。」
といきなり先制パンチ。

マジかよ・・・と一瞬怯むも、あくまで平静を装って対応。
「そうなんだ。華は?」

「華は今、別の部屋。」
「そうなんだ。」
「何してると思う?」
「いや、わからん。」

そしたら、M

「目隠しして固定して、さっき買ってきたおもちゃ突っ込んで放置してる。」


「えっ・・・」
とさすがに動揺を隠せない俺。

「表面上はそんなことないけど、よほど楽しみにしてたみたいだよ。
おもちゃ入れるとき、パンツぐっしょりだったからね。」
と追い打ちをかけてくるM。
この時点で心臓が破裂寸前にどきどき言っていました。

逆算すると、会ってすぐにおもちゃを買いに行って、すぐにおもちゃプレイ。
たぶんそうだったんだと思います。

Mに無理矢理そうされたとしても、応じる華が俺の知っている華とは違っていて、興奮の反面、なんか不安にもなってきました。

目の前がふらっとなりながらも
「あんまり、無理はさせないでくれよ。」
って言うと
「わかってる。ブランクもあるしな」
といって、Mが電話を切りました。

展開が想像の斜め上を行き過ぎてしばらく放心状態に。
華はもしかしたらノリノリなのか?とか考えると、身勝手ながらもちょっと腹が立ってきました。

そしたら1時間後くらいに
「もう完全に淫乱モード入ってるぞ」
ってメールがきました。

そして、またしばらくしたら着信がきました。
ずっとケータイとにらめっこしてたので、慌てて受話。

そしたら、明らかに華の色っぽい吐息の音。
しかもめちゃめちゃ息が上がっていました。

「イキ過ぎじゃない?」
「だって・・・とまんないもん・・・」
「入れる?」
「うん・・・入れるの。(即答)」
「だって中いっぱい入ってるじゃん」
「そのまま入れるの・・・」
「変態だな。」

みたいな、じらしたり、意地悪言ったりする会話が5分くらい続きました。
華に対して、こんな冷たい事言ったことないので、胸が苦しくなりましたが、
それ以上に華が興奮しまくっていたので、複雑な思いに。
それと同時にこっちも興奮がかなりやばいことに。

「どれ入れるの?」
「それ・・・いまそこに当たってるの」

って流れで、挿入。

華は「あぁぁ・・・」って、快感のこもったような声を出していました。
そこで、自分が達してしまいました。
で、賢者モードがくる前に切断・・・。

このとき、取り返しがつかない事をしたような焦りを感じました。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][寝取り寝取られ][人妻][元カレ][セックス]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-03-17(Tue) 22:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*