FC2ブログ
アクセスランキング

回り道だったけど…

(その後、番外編)学生時代はエミと順調に付き合い、バイトも続けた。
しかし、その後は順調には行かなかった。

就職は、エミの父親の会社に入ることを勧められたが、考えた末、違う道を選んだ。
保険会社に就職した俺は、半年後に札幌に転勤になった。
いきなりの転勤で、エミとの別れ。
初めは、月に1度は東京に帰りエミと会える、と思っていたが、現実はそうは行かなかった。
電話だけの付き合いが続く。


エミが「耐えられない、私も札幌に行く」と言い出した。
俺は悩んだ。
まだ結婚は出来ない、エミを養っていけないからだ。
大学入学時に借金した分を、俺が返済している。
会えない日が長くなり、お互い疎遠になりだした。

エミが「会社を辞めて、父の会社に入らないか?」と言ってきた。
受験のとき、俺はエミを取った。
ここでも、エミを取るのか、悩んだ。
結局、断った。
「待っててくれ」と。

が、エミは待たなかった。
電話をしても、ハッキリと態度が変化した。
俺は焦った。
帰りたかった。
でも、余分な金が無い。
そして、札幌にエミが来た。
話をしに。





エミ「今のような付き合いは、私には無理だった。
K君も誰か良い人を見つけて欲しい」
俺「俺はエミ以外考えられない。2年待ってもらえれば結婚したい。」

エミ「もう遅い。私は決心してきた」

その晩エミは、最後だと、俺の部屋に泊まった。
久しぶりに見るエミの体。
キスをしようとすると、エミは顔を背けた。
俺は虚しかった。

一糸まとわず、全てをさらしたエミの体の前で、俺は下を向いていた。
国立受験に失敗したこと、エミと付き合ったこと、家が貧しかったこと…。
エミの体をボンヤリ眺めながら、涙がこぼれてきた。
エミは横を向いて目をつぶったままだ。
一晩、エミに触れる事無く、横に座っていた。

朝早く、エミは帰って行った。
「さようなら」と。


2年後、俺は首都圏の支店に転勤し、自宅からの通勤になった。
ある休日、近所の店でエミの母親と偶然会った。
母親は、エミが結婚したことを告げた。
時が経っていたので、俺の傷は大分癒されていたが、ショックだった。
もし、まだ一人でいたら、と思っていたからだ。

数年後、俺は新しい恋人が出来た。
年末、大型スーパーで、俺達とエミ家族が出会った。
戸惑う、俺とエミ家族。
エミの顔には、ショックがありありと出ていた。
焦るエミの親達。
挨拶もせず、擦れ違った。

その晩、エミから電話があった。
「会いたい」と。

翌日、待ち合わせ場所に出かける

エミ「幸せそうね」
俺「……」

エミ「結局、私が我が侭だったのね。正直、後悔している」
俺「今それを言われると辛い、俺もまだ引きずっている」

最近手にした携帯の番号を教えて、20分ほどで別れた。
俺は、エミの気持ちが解らなかった。
なぜ、あんなことを今さら言ったのだろう?俺は、燃えるような恋をして今の恋人と出会ったわけでは無い。
何となく、心の隙間を埋めてくれた女性だった。
その日から、俺はエミのことが気になりだした。
携帯が鳴るたびに、エミからかと意識する俺。


そして、かかって来た。
夫が出張で、夜会いたいと。
何も起きない、と心に決めて会った。

しかし、会って30分後にはホテルにいた。
無言でお互いを貪る。
大人になったエミは、積極的に俺を求めた。
俺は、エミが人妻だと自分に言い聞かせ、自制しようとした。
しかし、エミを手放せなかった。
その日から、またエミが俺の心を占領した。

ある日、エミが離婚を口にした。
エミには子供がいない。
夫とは不仲だとも言った。
俺からは、何も言えなかった。
離婚しろとも、するなとも。


半年後、エミは離婚した。
俺も、付き合っていた彼女と別れた。
しかし、エミの家に対して、大っぴらに付き合うことは出来ない。
エミの両親は、エミの離婚の原因に、俺が影響してると思っている。

また、高校時代に戻ったような、隠れた付き合いが始まった。
エミの元夫は、兄の友人だった。
兄も俺の事を気にした。
俺は兄に相談した。

俺「自分の身勝手から、エミには可愛そうな事をした。今はエミを大事にしたい」
兄「エミが衝動的に結婚したことは気づいていた。
離婚について友人は、お互いの性格の違いを上げた。
決してK君のことだけが原因だとは思わない。」

俺「きっかけは、自分に責任がある。
両親の許しが出るまで、結婚は口に出来ない」
兄「エミはどうする?また、待たせるのか?」

俺「今度転勤になったら、連れて行く。もう離れられない」
兄「近いうち、家に来い。俺から話しておく」

そう言って、別れた。
エミの父親は、結婚していたエミに、俺がアプローチして壊した、と思っている。
昔に逆戻りだ。

しばらくすると、また転勤の辞令が出た。
今度は広島だ。
俺はエミに「今度、広島転勤になった。
一緒に来て欲しい。結婚して」
と告げるとエミは
「父はK君のことを良く思っていない。時間がかかりそう…」
と答えた。

俺は札幌の時の事を思い出した。
また同じようになるのかと。
エミを残しては行けない。
意を決して、エミの家を訪ねる。
お互い緊張した中、父親に型どおりの挨拶をした後、俺は「エミさんと結婚させてください」と言った。

父「……」
母「エミは、どうなの?」
エミ「反対された中で、結婚は出来ない。
お父さんにも喜んでもらいたいから」

父「……」
母「私は、昔からK君を知っている。色々苦労されたことも知っている。
今までK君は、エミに振り回されてきた様に思えてならない。
やっと一緒になれるのなら、そうしてあげたい」

エミは、思い出したように涙を流した。
しばらく沈黙の後、父親が重い口を開いた。

父「K君の人柄は知っている。
私がすぐにウンと言えないのは、エミが離婚した事だ。
それには君が関係しているとしか思えない。
人の家庭を壊すのは良くないことだ」

エミ「それは違う。以前から関係は悪くなっていた。
離婚の原因はK君じゃない」
母「T(兄)もそれは言っていた。K君が原因じゃないって」

しばらく沈黙の後、

父「わかった。我が侭な娘だが宜しく頼む。」

こうして、俺達はやっと結婚することになった。
転勤前の忙しさから、新婚旅行は無く、広島の転勤先が新居となる。
引越しも終わり、初めて迎える新居での夜エミは「好きにして良い」と言った。
プレッシャーから開放された、最高の夜だった。

終わりでつ・・・

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][遠距離恋愛][離別][結婚]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2015-03-09(Mon) 20:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*