FC2ブログ
アクセスランキング

あれ以来、俺は異性に対し一線を引くようになった

当時、20歳だったオレは16歳の彼女がいた。

高校生です。

まぁ、犯罪ちっくですけども、そこはつっこまないでw
こっち大阪、向こう新潟で遠距離恋愛で会えるのは月1回程度で、Hは向こうがそこまで好きじゃないので会ってもする時としない時がありました。
まぁ、私はH大好きだったんで、毎回せまってましたけどw

そんな付き合いが半年ほど続いた夏に盆休みを利用して彼女と会うコトを約束して、ウキウキと盆休みを待ってたんですが盆休みに入る前日に振休をとっていたコトを思い出し、どうせなら一日前に行って彼女を驚かしてみようと思いました。


そして当日、私は朝から車を走らせて途中微妙な観光を楽しみながら新潟を目指しました。
一人で風景見るのとかなんか落ち着いていいですよw

6時ぐらいに彼女の家の近くまで来て電話してみると中々電話に出てくれません。

彼女はスーパーでバイトをしていて、7時まで終わらないコトを思い出してスーパーまで車で迎えに行きます(この時点で彼女はオレが新潟にいることを知らない)

7時過ぎにスーパーの裏口から彼女が出てきたのですが、その隣には彼女と同じパイトのA君がいました。A君とは遊びにいった時、何度か面識があり、体格がガッチリしてて、結構おもしろくていい奴でお互い家が近く、親同士が親しいということもあり、結構仲がいいことは知ってました。

なぜか彼氏であるオレにも恋愛相談をもちかけてきたりと、オレとも仲よかったですw





話を戻しまして彼女と一緒に出てきたA君は彼女とがっちりと恋人のように腕を組み、彼女はもうA君にもたれかかって甘えてる様子。

その時点でオレの体中の血液が沸騰するのを感じました。

ってか血液が沸騰するように感じるって、ああいうコトを言うんだなと思いました。

そして彼女はA君の車に乗り込み、どこかへと向かいました。

もう最悪の結果はわかっていたはずなのにオレは後をつけてしまいました・・・到着地はオレと彼女が何度も行ったコトのあるラブホテル。

初めて行った時、トイレが和式でビックリした記憶があるホテルですw
そのホテルへと消えていくA君の車。

もちろん助手席にはオレの彼女。

それを見た瞬間、オレは何がなんだかよくわからなくなって車を急いで発進し、多分100キロは出てたと思いますが、夜の田舎国道をつっぱしりました。

2時間ぐらい走った後でガソリンが底をつきかけてるコトに気付き、GSに寄ったときにバイトの兄ちゃんが「お客さん、旅行っすか?いい観光地紹介しましょうか?」などと陽気に話してくるのではっと我に帰りました。

たかがGSの兄ちゃんに声かけられるだけでと思いますが、新潟についてからはほとんど人と話さず、ましてやラブホに入っていった二人を見た後なんか冷静じゃないんで、もうどうでもよくなってたのが正直で、人の声を聞いていきなり現実に戻りましたねw
そんで、GSでハイオク満タンにして彼女の家へと向かいました。

彼女の家はマジ超ド田舎で家の前に道路があるのですが、9時以降はまず車なんか通らない道で、その近くに彼女の家の前がよく見える工事現場があったのでそこに車をとめて、彼女の帰りを待ちます。

待ってる間、何度か電話してみるもずっと圏外でした。

ちなみにあのラブホは電波届きません。

ラブホの外は電波届くのに中に入ると届かない微妙な建物です。

「あ~まだラブホなんだ・・・」とションボリしながら待っていると12時前に一台の車が彼女の家の前に止まります。

A君の車です。

オレは車の中から二人のやりとりを凝視しました。

しばらく普通の友達のように仲良さそうにジャレあったあと、彼女がA君をひっぱってオレのいる工事現場へと向かってきます。

『ヤベッ!バレる!?』とマジで思い、車の中で身を縮め、隠れます。

で、なんの変化もないので恐る恐る彼女が向かった先を見ると・・・
彼女とA君が分厚く濃厚なディープキスをしていました。

しかもどう見ても彼女の方からしてるような感じです。

少しA君がうろたえてましたしw
しばらくキスが続くと、彼女はおもむろにA君のGパンを脱がし自分からフェラチオを開始していました。

私はこの時点で血液が再度沸騰するのを感じていました。

彼女はエッチが好きではなく、自分から軽い小鳥キスのようなものはこちらにしょっちゅうしてきましたが、ディープキスは自分から求めず、フェラなんてオレがお願いしても口が疲れるからイヤといつも断られていました。

またに口でしてくれてもイヤイヤという表現がピッタリでした。

そんな彼女がA君のチンポをとても美味しそうに口に運んでいる。

普通こういった体験の時、自分のチンポが勃起したりする体験談が多いんですけど自分の場合、なんの反応もなかったです。

蒸し暑い8月で車内なのに、ほぼ汗をかかなかったコトだけは覚えてます。

待ってる間は熱いなぁとおもってましたが、もうその時は暑さなんか感じられなかったです。

エロ描写は苦手なんで詳細はかけませんwその後、彼女とA君はその工事現場でそのままセックスをしていました。

『ホテルであんなにやったのに・・・』とA君が言ってた言葉が印象的でしたね。

おまえら何回やったんだよーーーーーって感じで(笑そして一通りの行為が終了すると再度、彼女とA君は熱いディープキスをすると彼女は家に帰り、A君も車を走らせてどこかへ去りました。

しばらくすると彼女から電話があり「どうしたのーもう明日が待ち切れなくて声聞きたくなっちゃったのー?」
「明日会えるんだよね~もうめっちゃ楽しみ!!」
「もう一ヶ月もHしてないから、○○(オレの名前)またがっついてくるだろー、でもしたいもんね。今回は4日間あるからタップリしていいよ」
などと明るく言ってきます。

でもオレはなんていうか生返事みたいな答え方ばっかりしてました。

とりあえず明日ついたら連絡するとだけ言って、その日は電話を切り工事現場で寝ました

翌朝、9時過ぎに起き、彼女のバイトがたしか11時だなぁと思い出して彼女が出てくるのを待ちます。

まぁ、彼女の家からバイト先のスーパーまで自転車で10分もかからないので、まだまだだなぁとか思ってると一台の車が彼女の家の前に止まります。

A君の車です。

すると家から彼女が出てきて、A君の車に乗り込んでいきます。
そして車を発車させ、どこかへと向かうA君の車。
オレも自分の車で後をつけます。
このとき、もう既に自分では逝ってしまったようでした。
今思えばストーカーだなこりゃw

そして彼女達のバイト先であるスーパーの従業員用駐車場へA君は車を止めて二人は抱き合い、キスをし、なにやらガサガサとしています。

オレが隠れているところからはよく見えなかったですが、おそらくセックスかフェラでもしてたと思います。
もー完全にオレは切れてました。

11時になり彼女達がバイトでスーパーの中に入った後、しばらくしてオレもスーパーに入り、店内をウロウロとしているとA君を発見。

A君もオレに気付いたらしく、近くに寄ってきて
「ひさしぶりっすね~△△は今日は3時上がりっすよ。○○さん来るからめっちゃウキウキしてたっすよぉ~」と陽気に語りかけてきました。

『どの口がそう言うんだ。オマエが悪い。人の彼女を取りやがって。』と心の中で自分の暗い部分が湧き上がってきます。

気付いた時にはオレはA君を殴ってました。

何度も何度も。

血だらけになりながら逃げるA君。

普通にケンカするとオレみたいな細いヤツがA君みたいにガタイのいいヤツにはまず勝てないと思います。
でもそん時はしんじられないぐらい力が出て、A君が気を失うぐらいまでボコボコにしてました。

後で知ったがA君は右足骨折・左手首骨折・左頬骨陥没骨折などなどだったそうです。
まぁ、その後は警察がすっとんできて、生まれて初めて手錠をかけられましたっと。

その日、夕方になると彼女が留置所に面会にやってきて、「何でA君殴ったの?」
「アタシの大事な友達なのに!」と泣いて私を責めてきました。

オレはゆっくりとした口調で
「昨日さ、会社休みでさ、夕方に新潟ついたんだ・・・」
「んでさ、オマエがバイトだってこと知ってたからスーパーの駐車場で待ってたんだ・・・」と昨日の出来事を見たまんま語りました。

はじめは怒りに満ちた彼女の顔もオレが話している内に青ざめてきて、下を向いてしまい最後には涙を流していました。
そしてとても小さな声で「ごめんなさい・・・ごめんなさい」と。

彼女はそのあと帰り、その夜、自分のしでかしたコトがとても大きなコトに気付き、恐くなりました。

もう犯罪者である。
会社は当然クビ。
親に顔向けできない。
結局その日は寝れませんでした。

そして、2日後、A君より傷害罪で訴えないというコトで釈放されました。

正直ビックリでした。
オレ、A君を半殺しにしたのに・・・と。

釈放された後、オレはA君の家に向かいました。
いくら浮気っていったって殴ってしまったんだし、謝罪しなきゃとおもって。

A君の家に着くと、A君の親父さんとお母さんが出迎えてくれて玄関先なのに向こうが

「すまなかった!!君の大事な彼女をうちの子が・・・・。本当にすまん。あんなケガ、人のモノに手を出した罰なんだ!アレで許してやってくれ!!」と土下座で謝られました。

意表を突かれ、ビックリしましたが
「そんなコトないです、暴力を振るったのはオレの方ですしオレが悪いんです!」と素直に土下座しました。


結局A君家族とオレは謝り合いまくった後、今回の件はもう流そうということになった。
これでA君との関係も全て終わり。
このときオレの中にはA君に対する怒りなんぞさらさらなくなっていました。


次は彼女だ。

これはきちんとしとかなきゃとおもって彼女の家に向かいました。

彼女の両親とは何度か一緒に食事をしたことがあり、歳の差など、まだ高校生であるというコトで、はじめは反対していましたが、オレと彼女の必死の説得に二人の関係はしぶしぶながら認めてもらっていました。

そして彼女の家に到着し、両親・彼女を挟んで話し合いを行いました。
彼女の父親はめっちゃ怒ってました。
人様を気絶するまで殴るなんて野蛮な男なんかもう認めない!二度とうちの娘に近づかないでくれ!と言った内容でした・・・

まぁーそりゃー殴ったのは事実ですし、野蛮といわれればセックスを見ても野蛮かなぁとか思ったりするんですが、ここまで言うかなぁとか思ったりしましたねw

しばらく親父さんの話が続いた後、オレが前に留置所で彼女に話した時と同じように、静かにあの日の出来事を事細かに話しました。
するとまぁなんでしょうか、親父さんも彼女もお母さんも、みるみるうちに顔が青ざめてくるじゃないですか。

もうオレ自身壊れてたんで、笑えました。

もう爆笑間近みたいな感じでw
最後にオレが

「今回の件、オレが殴ったのは確かに悪いですよ。
その点についてはどんなお叱りでもうけます。
ただ、人の気持ちを裏切るってのが、どんだけいけないってことかを認識してください。オレからは以上です」

と一方的に話を打ち切り、もう実家に帰るからということで、そのまま車で家まで帰りました。

家に帰る途中、何度か彼女から電話がありましたが全部取りませんでした。
後で留守番電話にメッセージが入っているのを聞いて見るとあの後、親父さんに人生で一番怒られた。

A君とは付き合うとかじゃなくて、寂しくてついしちゃっただけ。
本当に好きなのは○○(オレの名前)もう二度としない。
とまぁ、そんなコト言ってたかな。
たしかバックミラーで自分の顔見たら笑ってたかな。

その後、山ん中で携帯捨てて、かえった後、番号もメアドも全部変えて新しい携帯を買って、彼女のコト全部忘れようって決心した。
それから彼女から連絡はこなかった。

彼女と親しいネット友達曰く、2ヶ月後、彼女には新しい彼氏ができたそうだ。
まぁ、オレが言うのもなんだけど、彼女はめちゃめちゃ可愛かったから年中いつでも好きだっていう男はいた。

だから彼氏作るのには苦労しないだろうとは思ってたけどね。
この件で、自分の一番見ちゃいけない部分を見てしまったようでなんか吐き気がした。

一ヶ月ぐらいその悪夢にうなされたけど時がそれを忘れさせてくれた。
そして事件から一年後、オレは一人の女性(A子にしとこう)に淡い恋心が芽生えていた。

A子もオレのコトは嫌いではなく、むしろ好きかもってな雰囲気だった。
会社の子なんだが、一緒に帰ったりして、どうみても付き合ってるとしか見えない仲だった。

ある日、オレが地元の友達と遊んでる時オレの前を横切る一組のカップル。
A子と知らない男だった。
まじでベタベタなカップルって感じで、たまにキスとかしながら歩いていった。

その瞬間、あの事件以降忘れていた自分の暗い部分が目を覚ました。
あんなに好きなにに・・・と。
マジでその時、殺そうって思った。
多分目血走ってたと思う。

でもそこでオレと一番親しい地元の友達がオレの変化に気付いたらしく

「やべぇ、おまえら!止めろ!アイツやばい目してるから!!」
って感じでオレは男3人に押さえられた。

小学校の時、オレが同じ目をして大喧嘩をしたらしいが、オレは全く覚えてなかった。
でも彼は覚えていて、気付いたそうです。

その後、路上で座ったまんま考えてたらめっちゃ冷静になってきて、また恐くなった。
自分が恐くなってきて、これ以上人を好きになると裏切られたとき、マジで殺しちゃうかもしれないとか思ってると足がガクガクしてきたし。

それ以来、なんかオレは異性に対し一線を引くようになった。
好きになると怖いから。
もうかれこれ3年になるけど、ずっと彼女出来てない。
一度だけ好きって言われたけど、断った。

以上でっす~~エロ話とかほとんどなくてすみませぬw
ってかずっと前の文章でサイト用で微妙な小説風になってますけどそれは気にせずにw
では、つまらん話に付き合ってくれてどうもでした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][浮気][セックス][フェラチオ][ブチ切れ]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


女性の浮気 | 【2015-03-09(Mon) 12:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*