FC2ブログ
アクセスランキング

先輩の彼女とPCゲーム 3【寝取り】

恵利は先輩の彼女だ。俺らは同じサークルのメンバーでもあった。恵利は強ばった顔つきで下着を着け、服を着た。

俺も服を着て、所在なく、部屋の中を見つめた。

部屋の乱れっぷりは、2人の激しさを表していて、もう言い逃れは難しそうだった。

恵利が玄関まで出て、先輩と一緒に戻ってくる。

「だから、シ○シティ入れてもらって、あとガウディの話とかしてて、」

「それで、テレビの前にブラが転がり、じゅうたんにこんなにシミがつくって訳か。」

「でも、そんな想像しているようなこと、何にもしてないから」

「タカさあ」タカって俺のこと。
「はい」

「恵利のこと、好きなの?」
「え?いや」

恵利が俺に視線を向ける。

「タカさあ、こいつ、どんな女なのか知ってんの」
「え?」

先輩は恵利の腕をつかみ、恵利を手元に引き寄せる。
そして、恵利のスウェットのズボンを、下着ごと乱暴にずりおろした。





「いや」

恵利は左手で、股間を隠すともなく隠す。
先輩は恵利の手をはねのけ、強引に恵利の陰部に手を差し込む。

「何もしてない奴が、こんなに濡れるのかよ、どんだけ変態なんだよ」
「え、」

「先輩!!」
「なんだよ。」

「いえ、だから、」
「だから何だよ。よし、今からこいつがどんな奴なのか、お前にも見せてやるよ」

先輩は体がでかく、その風貌は院生というよりはプロレスラーのようだった。

その先輩がおもむろにシャツを脱ぎ、ズボンを脱いだ。
灰色のブリーフは、中の怒張を隠しきれず、既に乱暴に突き出ていた。

下半身だけ素っ裸の恵利を強引に抱き寄せ、先輩は立ったまま、恵利の股間を乱暴に指でかきまぜている。

恵利は、立ったまま、眉間にしわを寄せて耐えている。
先輩の指は、恵利の急所を素早く捉えているらしい。

グチャグチャグチャグチャ。恵利の股間から音がもれる。

「高校時代、ガリ勉で勉強してこなかったような女がよ」

グチャグチャグチャグチャ。恵利の股間から愛液が一筋流れ落ちる。

「大学に入って、うちのサークルに入って、大学デビューだろ」

グチャグチャグチャグチャ。恵利は足をふるわせて、立っていられないようだ。

「まだ処女だったこいつに、俺が全部教えてやったんだ」
「やめて」恵利が小さな声を出す。

「こいつ、キスすると舌、からめてくるだろ」
「やめて」恵利は泣きそうだ。

「そんなキスのやり方、教えてやったのも、俺だ」
「やめろぉ!」たまらず俺が叫ぶ。

「何だと。お前さ、明日、実験の当番なんだろ」
「え?」

「助手の高山さんが、お前のことぼやいてたぞ」
「。。。。」

「お前も、もう院生になったんだし、ちゃんとしろよ」
「。。。。。。。。」

「さて、と。」

先輩は、恵利のスウェットの上半身をはぎ取り、恵利を強引にしゃがませる。
それからブリーフを脱ぎ去り、跳ね上がったディックを恵利の顔にこすりつける。

「タカ、お前はこいつにしゃぶってもらったのか」

ペチ、ペチ、ペチ。ディックをバネのようにしならせて、恵利の顔を打ちつける。
そして、先輩は、ぬらぬらと赤黒く光るディックを恵利の口の中に押し込んだ。
恵利は薄く目を閉じて、先輩のディックをくわえている。

俺とディープキスをした、その舌使いで、恵利は先輩を愛撫しているのだろうか。

「うぐ」恵利がくぐもった声を出す。

時々、先輩は腰を突き出し、恵利の喉の奥に、ディックを押し当てているようだ。

「何がガウディだよ。今日は、お前の本当の姿を、こいつに見せてやれよ」
先輩は、恵利の口からでかいディックを引き抜くと、近くのクローゼットの扉を開けた。

何だか見たことのない道具を詰め込んだプラスティックのカゴを取り出し、脇に置いた。

先輩は床に腰をおろし、足を広げ、恵利をその間に座らせた。
先輩は恵利の足を広げ、俺に見えるように陰部をむき出しにした。

プロレスラーのような先輩に背後から抱きかかえられた恵利は、観念したようにうなだれて、なすがままにされている。

白い両足の結節点にぬらぬらと濡れ光る陰部と、それを覆い込む淫らな陰毛が見える。

小さく白い肩に少し不釣り合いに大きな胸が、細い腰へときれいな曲線を描いていた。

「まずは、お前の大好きなものを塗りたくろうか」

先輩はチューブ状のものから、塗り薬のようなものをひねり出し、恵利の陰部に丁寧に塗り込んだ。

「これを粘膜に塗ってしばらく経つと、熱くなってじんじんしてくる」

恵利は小刻みに震えている。

「お前は、この塗り薬がことのほか大好きなんだよな」

恵利が頭を左右に振って否定する。

「タカが見てるからって、何、きどってんだよ」

小刻みに震えていた恵利は、いきなりビクンとして顔を上げ、天井を仰いだ。

「ほら、効いてきただろ」
「う」恵利が小さく声をあげる。

「恵利、どうして欲しいんだ?」

恵利は狂ったように左右に頭を振って、拒否する。

「恵利、本当はどうして欲しいんだ?」
「ああああ」

先輩は道具が詰まったカゴから、エロ本でしか見たことがないような、大きな電動バイブを取り出した。

「こいつを、ぶちこんで欲しいんじゃないのか!!」
「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

恵利は狂ったように頭を振って、何かに耐えている。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

しかし、限界らしい。

「ああああ、だめぇ、ああああ、入れてー、入れてー、お願い、入れて?!」

先輩は大きな電動バイブにスイッチを入れて、恵利の穴に突っ込んだ。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

恵利は狂ったように、よがっている。
先輩は電動バイブをそのままに、両手で恵利の胸をぎしぎちと揉みしだく。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

恵利の口元から、よだれが流れる。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

先輩は舌を出し、そのよだれを舐めすくう。
それから舌でベロベロと、肩から、首筋、耳元を蛇のように舐め回す。
そして、耳たぶをガリリと噛んだ。

「う、ぐ!」

「薬を塗りたくられた、でかいバイブに燃え狂う、こいつは変態女なんだよ」

俺は動けずに、その場を見守るしかなかった。
ちょっと前まで俺の側にいた恵利とは、全く違う恵利がそこにいた。

「さて、レベル2といくか」

先輩は道具が詰まったカゴから、今度は、見たこともないような道具を取り出した。

恵利の体を突き放すと、素っ裸の恵利を犬のように四つん這いにさせた。

「タカ、お前、これ何だか分かるか」

恵利は先輩が持っている道具をみて、息を飲んだ。

「ああ、それはダメ。そんなのダメ」
「タカ、これはケツの穴用のバイブだ。これにさっきの薬を塗りたくる」

「お願い、人が見てる前で、それはダメ」
「そして、当然ながら、尻の穴にも塗りたくる」

「はあああん!」
「そして、ゆっくりと穴の中に差し込む」

「だめえ、だめえ、そんな、そんな。ああああ」

尻の穴用のバイブが小刻みに震え、それにあわせて恵利の声が高くなっていく。

「ひゃああん、ひゃああん、ひゃあ、ひゃあ」

聞いたこともないあえぎ声だ。

「タカ、こいつ、尻の穴で興奮するだなんて知らなかっただろ」

スフィンクスみたいな体勢で、尻を突き出して、恵利は鋭い快感に耐えている。

「こんな体勢でよがりやがって、それでも霞ヶ関の高級官僚の娘かよ」

恵利は悔しいのか、気持ち良いのか、顔をくしゃくしゃにしてあえいでいる。

「ひゃああああ、ひゃあああ、ああああ」

そして、尻のバイブをそのままにして、先輩が例の薬をたっぷり塗った大きなバイブを膣口につっこんだ途端、
恵利は、天まで貫くような大きな叫び声をあげて、果てた。
恵利はもはや廃人のようだった。

先輩はプロレスラーのような体を、四つん這いになった恵利の足の間に移動した。
尻の穴用のバイブを引き出して、脇に置き、また何かを始めそうな気配だ。

「さあ、まずはこの辺にして、ご褒美をやろうか」

恵利はもう反応しない。
先輩は黒光りのする太いディックを、恵利の陰部にセットして、恵利に挿入した。

「ああー」

恵利は小さく声をあげた。
先輩は垂れ下がった恵利の髪を1本にまとめだし、馬の手綱を引くように恵利の髪を引っ張った。

「う」

恵利の顔があがる。苦痛に顔を歪める恵利の頬に涙が一筋、流れている。
先輩は恵利の髪を引きながら、乗馬でも楽しむように腰を動かし始めた。

「あん、あん、ああん」

腰の動きに合わせて、恵利のあえぎ声がもれ出す。
先輩は空いていた右手で、恵利の尻を叩きだした。パーン。

「あああ!あん、あん、あん」パーン

「あああ!あん、あん、あん」パーン

「どうだ、こんな姿、タカに見られる気分は」パーン

「惨めだろ、情けないだろ、ガウディがどうしたとか、うるせえんだ。お前は」

俺は、薄々、理解してきた。こういうのまで含めて2人のプレーなのだ。
暴言を吐いたり、体を痛めつけたり。

恵利は今、惨めな気持ちを抱きながら、再度、絶頂に向かって進んでいるのだろう。

先輩は一定のスピードで腰を動かし続ける。次第に恵利は気持ちを高めていく。

「はあああん!!はあああん!!はあああん!!」

恵利のあえぎ声が1オクターブほど上がってきた。
先輩は、尻のバイブをまた手にとり、例の薬を塗りたくった。
先輩の腰づかいが一段と速まった。

「はあああん!!はあああん!!はあああん!!」

先輩は、尻のバイブを恵利に突き立てる。

「ひい!」

叫び声をあげて、恵利は狂ったように頭を振る。

「ひいい、ひいいい、ひいいい」

先輩の腰づかいにあわせて、恵利は悲鳴のようなあえぎ声をあげる。
先輩は、また尻を叩き出した。パーン。

「はあああん!!はあああん!!はあああん!!」

先輩は髪をつかみ、尻を叩き、尻穴専用のバイブを使い、
恵利に向かって、最後のとどめとばかりに叫ぶ。

「お前はな、ケツの穴にバイブ突っ込まれてあえぐ、ただの変態女なんだよ!!!」

小刻みに震えていた恵利の上半身が、大きくがくりと揺れて、恵利は再び果てた。

同時に先輩はでかいディックを引き抜き、髪をつかんで恵利の顔を引き寄せた。

そして、ぬらぬらと光るその先端から、信じられない量の精液を、恵利の顔にぶちまけた。

恵利の部屋にあがりこんでから、どのくらい経ったのだろう。

シ○シティの話とか、ガウディの何とかっていう教会の話とか、
留学したいって話とか、そういうことが、とても遠い昔のことのように思えた。

ティッシュペーパーで先輩の精液をぬぐう恵利の表情からは、もはや、どんな感情も読み取れない。

「おい、タカ、お前もやれ」
「え?」

「お前、恵利とやるつもりできたんだろ」
「。。。」

「だから、やれ」

放心状態の恵利は、死んだ魚のような目で俺を見つめる。

「ほら、恵利、お前からもお願いしろ」

恵利。初めてサークルの勧誘で声をかけた時は、まだ髪が短かった。

「ほら、恵利。言えよ、私はスケベな女ですって」

新入生の恵利は初々しくて、ベージュ色の野暮ったい探検隊みたいな服を着ていた。

「だから、タカさんのチンポを突っ込んで下さいって」

活動内容のこととか、練習日のこととか、いろいろ質問してきた。

「ほら、言えよ」

俺の方が、先輩よりも先に好きだったんだ。

「恵利!!」

だから、こんな風じゃなく、もっとちゃんと、

「オネガイシマス」

え?

気がつくと、先輩は恵利の膣口をぐちゃぐちゃにかきまぜていた。

「ほら、ちゃんと言えよ、指とめるぞ」
「私は、あああ」

先輩は指を動かしたり、止めたりしながら、恵利の最後の抵抗心を巧みに奪っていく。

「スケベな女です。ああああん」

ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。

「だから、だから、ああああ」

ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ

「タ、タカさんの、タカさんのチンポを突っ込んで下さい!ああああ、あああっ!」
「ほら、タカ、早くやれよ」

いやだ。

「お前、恵利とやりたかったんだろ、お前、何のためにこの部屋にいたんだよ」

くそ。

「恵利も、突っ込んでくれって言ったじゃねえか」
「いやあ」恵利が泣き声をあげる。

「こんな時にやれねえから、お前はいつまで経ってもダメな奴なんだよ!」

先輩の怒号に、俺の心の中で留め金が外れた。くそ、やってやる。四つん這いの恵利の後ろに回り、足の間にひざ立ちになった。

陶器のような腰のくびれを間近に見つめて、その淫らな曲線に息を飲んだ。
恵利の大きくて真っ白な尻に、俺の固くなったジュニアをあてがう。

恵利の腰のくびれに両手を添えると、その柔らかい感触が手のひらに伝わった。

それから、ゆっくりと、俺のジュニアを恵利に挿入した。

少しきつい膣口を通過する際、俺のジュニアの先端に冷やっとする快感が走った。
快感はすぐさま腰から背骨を伝わり、俺の脳髄を直撃し、上半身がゾクッと震えた。

「あああ」

腰に当てた両手に力を込めて、ゆっくりと腰を動かす。

「ああああ、ああああ」

膨張した俺のジュニアが、恵利のきつい膣口とこすれあう。

「ああああ、ああああ」

腰をうずめるたびに、俺のジュニアからゾクっとする快感が伝わってくる。

「ああああ、ああああ」

恵利の中で俺のジュニアはさらに大きく膨張し、膣壁が俺のジュニアに絡みつく。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

恵利のあえぎ声が耳にこだまして、熱い膣内にジュニアが溶けてしまいそうだ。
だめだ、いきそうだ。

「タカ、尻の穴に指を入れてみろ」

え?急に声をかけられて、射精までのカウントダウンがストップした。
腰の動きを緩めて、人差し指を口に含み、唾液をねっとりとつける。
つきだされた恵利の肛門に、濡れそぼった人差し指をあてる。

「やめて、お願い。。」

何もかも振り切るように、俺は人差し指をゆっくりと肛門に差し込んでいく。

「ひゃああああ」

恵利の膣内がよりいっそうきつく締まる。

「ひどい、ひゃああああ、こんなの、ひどい、ひやああ、ひやああ」

きつく締まる膣内に正確に反応し、ジュニアの先端に快感が集中し出す。

「ひどい、ひゃあああああ、こんなの、こんなの」

人差し指を乱暴に動かしながら、MAXまで膨張したジュニアを、猛スピードで出し入れする。

「ひどい、ひゃあああああ、ひどい、ひどい、ひゃあああああ」

やがてジュニアは、膣内の奥深く、子宮の壁にぶち当たる。

「ひどい、ひゃあああああ、ひどい、ひどい、ひゃあああああ」

ジュニアがドクドクと反応を始めた。もういくぞ。
すかさずジュニアを引き抜いた、と同時に、

ドビュシュ!

今までに経験のない衝撃で、一発目の精液が多量に放出された。
それからジュニアは何度もけいれんを繰り返し、残る体内の精液を一滴残らず放出した。

引きつけを起こしたようになっている恵利は、まだ何かつぶやいているようだった。

だが、もう俺の耳には聞こえなかった。

「タカ、お前はもう帰れ」
「え?」

「いいから、お前はもう帰れ」

先輩の道具カゴには、まだいろんな道具がつまっていた。
もしかしたら、本当の狂宴はこれからが本番なのかもしれない。

シャツを着てズボンをはいたところで、外から新聞配達のバイクの音が聞こえた。
もう夜明けの準備をしている人たちがいるようだった。

その後、俺はサークルをやめて、先輩とも研究室の用事以外では口をきかなくなった。

恵利もまもなくサークルをやめたらしい。風の噂で、ヨーロッパに留学したと聞いた。

おそらく彼女が希望していたとおり、留学先はバルセロナであっだろうと、何かの折に、いつも思い出す。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][先輩の彼女][寝取り][ディープキス][乳揉み][乳首弄り][手マン][潮吹き][フェラチオ][媚薬][アナルバイブ][生挿入][絶頂][顔射]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-02-28(Sat) 23:10:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*