FC2ブログ
アクセスランキング

出会い系で知り合った人妻美沙さん 3

ようやく久々に時間が作れました。
覚えてくれてた方、読んでもらいたいです。
では続きを。
前に名前を語られたのでトリップに入れておきます。

彼女とは一度生でしてからは生でするのが当たり前になりました。
生でしてからは、するたびに中に出してとお願いされるようになりました。

僕「今日も着けなくていいの?」
M「うん、いいよ。」

僕「でも何で生でさせてくれるようになったの?」
M「前に話したでしょ?主人が生でするようになったから。」

僕「それって理由になるかな~?」
M「だって出来ても不自然じゃなくなるし」

僕「僕の子ができても平気ってこと?」
M「というか主人より○○の子供がいいかな(笑)」

僕「それってちょっと怖いんだけど…」
M「大丈夫だよ、責任取れとかいわないから。正直離婚は出来ないし」

僕「なんで離婚は出来ないの?」
M「やっぱり経済力とかかな?今ほっぽりだされたら困るし。」

僕「なんか微妙だな」
M「じゃ離婚したら付き合ってくれるの?」





僕「それは…」
M「でしょ?気に食わないかもしれないけど、それが現実なの。」

僕「でも僕の子供が出来ても旦那には旦那の子としていくんでしょ?」
M「そりゃそうだよ、誰が他の男の子供をそだてるの?
最初から知ってるならともかく、妻が浮気して作った子だよ?」

僕「それはそうだけど…」

なんて会話をしながら、微妙に納得がいかないまま、生でセックスするようになりました。でも最初は中ではだしませんでした。

僕「入れるよ…。今日も着けなくていいんでしょ?」
M「うん、そのまま入れて…。」
M「あ~、入ってきた…。すごい。」

僕「やっぱりつけるより気持ちいいね。着けてるときより濡れるよね(笑)」
M「そうかな?でも確かに着けてるときよりスムーズに入るね」

僕「だってヌレヌレだもん」
M「気持ちいいから…」

しばらくピストンし、そろそろイキそうになったので
僕「そろそろイクよ」
M「うん、きて…。中に出してくれる?」

僕「それは…。今日はやめておこうよ」
M「また…、こないだもそんなこと言って外に出したじゃん」

僕「口に出してみたかったからさ(苦笑)」
M「口にはたまに出すでしょ?今日は中でイッてよ…。」

僕「でも…。」
M「お願い。今日は大丈夫、もうすぐ生理だから」

僕「うん、だけど」
M「お願い。ホントに今日は平気だから」

僕「ホントだね、じゃ、今日は中でイッもいいんだね」
M「うん、きて。お願い…。」

僕「あ~、イクよ!」
M「う~ん、私もイきそう…、あ、イク…」

僕は初めて女性の中でイキました。
僕「は~、中で逝っちゃった」
M「気持ちよかった…。大丈夫だから、今日はホント安全日だから」

僕「初めて中でイッたけど気持ちいいね」
M「やっぱり中でイクと気持ちいい?」

僕「うん、気持ちいい」
M「だから主人中で出すようになったのかな?
子供がほしくなったとかいいながら、私がいいって言ってないのに…」

僕「子供がほしいのは事実なんじゃない?Mさんもほしいんでしょ?」
M「ほしいけど、あんまり一方的だから」

僕「だからって俺の子が出来た方がいいって事には(笑)」
M「愛のない主人より○○の子がほしいよ。でもそれが引くんでしょ?」

僕「引くというより覚悟が出来てないから…」
M「いいって、別に責任とって貰うことなんてないから。
主人の子か、○○の子かは出来たらきっとわかんないよ、私にも」

僕「でも予定日とかでわかるんじゃないの?」
M「予定日て誤差があるんでしょ?主人にされたら○○にもしてもらうようにするから大丈夫(笑)」

僕「なんだかな~」

などといいながら、それ以降常に生で、中に放出を繰り返しました。
4ヶ月ほど生で中に出しても子供は出来ず、相変わらず旦那さんとした数日後、僕に抱かれる日々が続きました。

そんなある日のデートで、
僕「今日はどうする?お茶でもする?」
M「今日から主人セミナーとか言って1泊の出張だからウチに行こうよ!」

僕「ホントに?大丈夫かな?」
M「大丈夫、大丈夫。お義父さんと一緒だったから間違いないよ」

僕「それなら行こうかな」

その日久々に旦那さんに抱かれてるベッドでMさんを抱きました。

僕「やっぱりなんか興奮するね(笑)旦那さん相変わらず中で出すの?」
M「ここんとこしてないかな?忙しいみたい」

僕「え、じゃ生はまずいじゃん!」
M「もうしてるし遅いよ~(笑)大丈夫、もっとして…。」

僕「でも中で出すのは止めておこうね」
M「ダメ、中で出して!」

僕「でも…。」
M「中で出してくれなきゃもう今日はここで終わり(怒)」

僕「そんなこといって、続きしてほしいでしょ?」
M「中で出してくれないならやだ。そっちこそここで終わらせられるの?」

僕「…、ちょっと無理かも」
M「ふふっ、じゃお願い。中で出してね。」

そんな会話をしつつ、ここ数回の中での生放出の快感に勝てず、
今日も生放出を決めました。
僕は激しく中で放出しました。

M「これで出来たら○○の子だね」
僕「旦那さんも中で出すんでしょ?」

M「今月は生でさせないから、生理こなかったら○○の子だよ!」
僕「えっ…。(絶句)」

M「私本気だからね。ところで…。」

急な別れを切り出されました。
家が建ったらしく、引越しが間近にせまり、旦那さんのご両親と同居するのだそうです。
ご両親との同居により、今のように自由な時間が作るのは難しく…。
僕はしつこく今の関係を続けるよう迫りましたが、Mさん的には潮時だと思っていたのかもしれません。

子供が出来たかは…、結果はわかりません。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][出会い系][人妻][ディープキス][乳揉み][乳首舐め][手マン][コンドーム][セックス][生挿入][絶頂][口内射精][お掃除フェラ][中出し]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2015-02-22(Sun) 23:10:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*