FC2ブログ
アクセスランキング

復讐から、知り合いの超可愛い彼女を寝取った 5

その後はカリや裏スジを舌先で舐め、玉袋にまで舌先が届いてた。

「玉袋まで舐めちゃうんだね?」

「ダメ?」

「凄くイイです」

「ふふっ・・」

数年ぶりのフェラチオだったからだけではなく、本当に気持ち良かった。
彼女は男を喜ばせる舐め方を分かっていて、焦らされながらの舌使いに感動した。

「やっぱりアゴが疲れるかも」

ジュポジュポとしゃぶっていたが、そう言って亀頭だけをチュポチュポし出した。

「これでも気持ち良い?」

「最高に気持ち良いです」

「ですって何よ、もう」

「感動してるから」

「そんなに?」

「うん、そんなにです」

この期に及んでも、2人してケラケラ笑いあってた。





ちょっと待ってね・・・と、彼女を寝かせて俺はコンドームを取りに行った。

「ちゃんと用意してあるんだ?」

「用意じゃないけど、前に持ってたヤツが確かあったと思う」

「それいつのヤツよ」

「だからもう3年とかそんな前の」

「大丈夫なの?」

「大丈夫じゃなかったら結婚しますので」

「ヤメテよ、もう」

見つけたコンドームを装着して、濡れまくったアソコに亀頭を擦りつけた。

汁を亀頭に塗りたぐり、ゆっくりと挿入開始。
やっぱり馴れてないだけあって、亀頭から少し入った辺りでストップがかかった。

「マジで超異物感いっぱいなんですけど」

「そう?痛い?」

「少し痛いけど」

「じゃ~馴らしていきましょうか」

「もうその口調ヤメテよ」

「了解致しました」

ゆっくり亀頭から少し入った辺りまでを出し入れした。

初めのうちは苦しそうな顔で耐えている表情だったけど、次第にそれが変化していってた。

濡れも十分だったし、そのまま徐々に奥へ奥へと挿入開始。

出し入れしながらゆっくり入れていったので、半分以上入ってからやっと気が付いたみたい。

「今ってどのくらい?」

「もう半分ぐらいは入ってるよ」

「ホントに?」

「うん、痛い?」

「痛くないかも」

その後、亀頭が子宮口に到着するまでは、ゆっくりと時間をかけて出し入れした。

奥まで入ってからは出し入れをせず、亀頭で子宮を転がす事に専念。

元カノが好きだったからという理由でやったんだけど、これがズバリ的中でした。

「何これ!いやっ!なにっ!」
と彼女が乱れ出したんです。

腰を掴んで上下に振ると、勢いが凄まじくなっていきました。

「超ヤバい」
を連発し、手を広げてベッドの縁を掴みながら顔を左右に振りまくる。

亀頭が子宮口をグリングリンと上下に震わせているのが分かりました。

胸の揺れや泣きそうになっている可愛い顔を見ながら、強引に腰を掴んで動かしました。

途中何度か目が合って、何かをねだる様な眼差しを受けながら、構わず動かす。

そろそろ腕が悲鳴を上げると思い始めた頃、彼女の反応が最高潮になりました。

仰け反って脳天で体を支える様な体勢になり、最後は言葉にならない声を出してました。

直後にやっぱり脱力し体を震わせてたので、イッてくれたんだと分かりました。
胸を触ってみると物凄い汗でビチョビチョです。
顔も汗だくでビックリしました。

ゆっくり回復を待ちながら出し入れをしていました。

でも

「勘弁して下さい」
とか言い出してきて、お願いだから休憩しようって。

仕方なく抜いて添い寝。

「中がジンジンしてる」
と彼女は天を仰いでました。

「いつもじゃ届かないから?」

「今まで中でイッた事ないもん」

「マジで?さっきのが中の初イキ?」

「うん、もぉ~何でこんな時に・・・」

「俺が相手で申し訳ないっすね」

「うっそ!そんな事ないよぉー」

シッポリって雰囲気にはならないようで、その後も変なノリで会話をしてた。

でもそうこうしてる間に外が明るくなり始め、時計を見たらもう5時近くになってて。

「こりゃもう終了っすね」

「アタシ仕事いけないかもだしね」

「そういえば着替えに行かなきゃでしょ?」

「うん、そうだね。何も持ってないし」

汗だくだったのが半渇きになり肌寒くなってきたので、シャワーを浴びる事にした。

「もっと明るい場所で裸を見せて下さい」

笑いながらそんな事を言いつつ、一緒にシャワーを浴びた。

ブルンとした胸はちゃんと重力に勝っていて、かなり素晴らし過ぎるスタイルだった。

出して無いのですぐに勃起し始め、泡で包み込むように洗われるとギンギンになっていった。

「また今度ねぇ~」

とシャワーで流されたが、その言葉を聞いてキュンとしてしまった。
もうこれで終わりだろうなって思ってたから。

お返しに俺もアソコを洗ってあげて、同じ言葉を返してやった。

食べたいというのでフレンチトーストを作ってあげた。

「美味しいね!」

と喜んで食べる姿を見て、もうどうなってもイイと思った。

でも帰る寸前の玄関で靴を履きながら

「テルくんには内緒ね」
と言われた。

「あぁ・・そうだね」
と答えると彼女が振り向き、首に抱き付かれてディープキスをされた。

そういえばノーメイクだよなって思いながらキスを堪能し、そのまま駅まで送っていった。

部屋に戻ってふと気が付いたのは、枕の横にあった名刺でした。

何だ?と思ってみてみると、それは彼女の名刺で裏に手書きのメアドがあった。

abcdアットドコモ―みたいな感じで。

メールしてみると

「早いね(*~m~)」

と一言。

メールを見た瞬間、確実に惚れたと実感した。

「彼女を作るなとは言わないけど、合コンには行っちゃダメ」

テルくんとは別れていない彼女からそう言われ、未だにセフレみたいな関係が続いてる。

あの日から1週間とちょっとした土曜日の夜、また彼女がウチにやってきました。

「今日はテルくん合コンみたい」

俺も誘われてたけど、来るっていうから数日前にキャンセルしてました。
ちゃんと新しいコンドームも用意して、また朝までイチャつきながらエッチした。

「やっぱりおっきい」
と言われ、

「またして欲しい」
とも言われたので子宮を揺らした。

また俺が出さずに終了かと思ったけど、新しい超薄のコンドームのお陰でイク事ができた。

子宮に亀頭がグリングリン当たるだけでイケたのは初めての経験でした。
多分今までのセクロスの中で最高に興奮してたからだと思う。

回数を重ねるたびに、彼女は乱れるようになっていってます。

当初は1回昇天したら

「もう勘弁して下さい」

と言っていたのに、馴れてきたのか1回昇天してもしばらくすると回復し、また昇天するようになりました。

今まで10回ちょっとのセクロスで、最高記録は4回。

俺がいつも1回しかイってないので、最近では俺の方が強い立場になってます。

「またイったの?俺がイってないのに」

「また先にイクの?」

「テルさんに謝った方がイイんじゃね?」

「イキたいの?ならお願いは?」

終わった後はすぐ立場は逆転するけど、セクロス中は何気に彼女はMっ子です。

そうそう、相変わらずテルさんは浮気三昧らしい。

俺は仕事が忙しくてと言い訳して行って無いが、友人から毎回愚痴のような報告を聞いてる。

また持って行かれたよと。

俺は最悪な事をしたと思う。
言い訳はするつもりもないし、彼女と会うたびにそう思ってる。

でも今は彼女の事が好きだし彼女も楽しそうなので、忘れてこの時を楽しもうって思ってます。

今度ここに投下する時は、テルさんにバレた時だと思います。

修羅場になるかもしれないけど、そんな時はまたお付き合いお願いします。

それではその時まで、お疲れでした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][寝取り][巨根][フェラチオ][玉舐め][セックス][連続絶頂]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-02-08(Sun) 00:30:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*