FC2ブログ
アクセスランキング

復讐から、知り合いの超可愛い彼女を寝取った 3

無防備にイビキをかくテルさんを見て、このまま寝ててくれと祈った。

こんな可愛い娘と喋る事もない俺には、そんな状況でも天国みたいな時間だったから。

頭の中は

「なんでこんな男に・・・」

ってだけ。

気に入ってた子を取られた怒りも手伝い、情けない俺は変な事を考えてしまった。

もしあのハメ撮り画像を見たら、破局するかもしれないって。

人の気も気にせず散々してきたんだから、そのぐらいの仕打ちはあってもイイじゃないかって。

だから彼女がトイレに立った隙に、俺はPCにあのフォルダを下のタスクバーに落としておいた。

「ちょっと俺風呂入るんで、好きにしてて下さい」

ワザとらしくそう言って、何事も無かったかのように風呂へ行きました。

すぐ目の前のPCに気がつかないわけもないし、もし気付かなかったらそれはそれで良い。

シャワーを浴びながら、最悪な事をしちゃったなと自己嫌悪に陥りました。

でも後には引けません。

ゆっくり浴びてから出ました。





彼女はTVを見てました。

「どうします?やっぱり車に運びましょうか?」

「うん、どうしようかな」

彼女はずっとTVを見ていました。

その後ろ姿を見て、泣いているのが分かりました。

人としてとんでも無い事をしちゃったと、またしても痛感し、思わず何も言えませんでした。

しばしの無言の後、TVを見ながら言われました。

「ワザとでしょ?」

「えっ?」

「パソコンの、ワザとでしょ?」

「いやぁ、別に・・」

リズミカルなイビキの中、しばしの沈黙がありました。

「やっぱりショックだったなぁー」

わざと明るく言おうとしてる口調で彼女が言いました。

「もうたくさんあり過ぎて逆に冷静に見ちゃったし」

「ねぇ?なんでだと思う?」

「う~ん、何でなんすかね・・・」

「アタシじゃダメって事だよね」

「いや、最後は戻るからそんな事は・・・」

「あーあ、なんかどうでもよくなってきちゃった」

自分がした事とは言え、俺は後悔で押し潰されそうでした。

その後ずっと無言だった彼女は、やっぱり帰ると言い出し、テルさんを車に運びました。

せめてもの罪滅ぼしだと思い、テルさんを抱えて運びました。

後悔に苛まれていましたが、次の日何も知らないテルさんからお礼の電話がありました。

「彼女からもヨロシク言っておいてって言われたよ」

それから数日後の、忘れもしない木曜日の夜、21時ぐらいに部屋でTVを見てました。

シャワーも浴びてビールを飲みながらダラっとしていると、突然インターフォンが鳴ったんです。

こんな時間に何?!と焦りつつ出てみると、カメラにはテルさんの彼女が映っていました。

一応オートロックなので、彼女はマンションのエントランス前。

「どうしたんすか?」

「今大丈夫?」

「まぁ~何もないっすけど」

「じゃー出て来れる?」

「今からっすか?」

「うん、下で待ってるから」

とりまエントランスで待機してもらい、急いで服を着て降りていきました。

エレベーター前のベンチに座っていた彼女は、

「ゴメンねぇ~」

と半ニヤで挨拶してきた。

すぐ近くの居酒屋に入り、

「どーしたんすか?」

と尋ねた。

しかもよく俺が家にいて、暇してるのが分かったね?と。

「どーせモテそうにないから、いると思ってね」

憎めない口調でカラかうように言われた。

「だってほら、彼氏の話出来る人他にいないじゃん?愚痴聞いてよ」

高圧的では無く、凄くサラッと軽い感じで言われた。

困っていると

「ワザと見せてんだから、そのぐらいイイでしょ」
とも言われた。

彼女は付き合い出してから思い当たる節を喋り出した。

「やっぱりあの時も浮気してたのかなぁ」

「だって次の日会ったら、いきなり日焼けしてんだよ?」

「後輩の付き合いとか言って合コン行くし」

ヤケになって飲むわけでもなく、ただ聞いて欲しいみたいな感じがした。

だから
「うんうん」
と話を聞き、せめてもの罪滅ぼしのつもりでいた。

23時過ぎになったので気遣ってみた。

「明日仕事じゃないの?大丈夫?」

「うーん、大丈夫じゃない!泊めて?」

「いや、それはまずいっしょ」

「なんでよぉー!どうせ何もデキないくせに?」

「そりゃそうだけど、だから余計ダメでしょ」

「何が余計によ。まだ呑み足りないから部屋で呑も!」

「んじゃー泊まらずにタクシーで帰って下さいよ?」

「分かりましたよぉーもぉー」

ぶっちゃけ手を出さない自信は無かった。
彼女もそのつもりなんじゃないかって思ってたし。

でも笑えない話、引っ越してからこの部屋に女を連れ込んだのは皆無。
単独で入ったのですら、テルさんの彼女が初というね。

部屋に戻ってからも酒を飲み、愚痴を聞いてあげてた。

「そういえば彼女ってどのくらいいないの?」

「この見た目ですからね、そろそろ3年になりますが」

「マジでぇ?性格は良さそうなんだけどね」

「性格も悪いっすよ。じゃなきゃあんなもん見せないでしょ」

「だってあれはアタシへの優しさでしょ?」

「う~ん、優しさっていうか、復讐?」

「なにそれ?何かあったの?」

酒の勢いもあって、俺は気に入ってた子の話をしてしまいました。

しかもPCを立ち上げて、
「この子」
と写メまで見せながら。

「マジぃ?テルくん超最悪じゃん!」

「俺だけじゃないよ?友達も同じ事言ってたからさぁ」

「でも大丈夫だよ!絶対その子達も満足はしてないから」

「何で?つーか、も、ってなに?」

「えーっ!アタシの口からは言えないぃーー」

酔いがまわってきた俺達は、ゲラゲラ笑いながら話をし出した。

「だってさぁ~見て分かるでしょ?」

「やっぱり大きさですかね?」

「初めてした時、えっ?って思ったもん」

「物足りなくて?大きさってそんな重要?」

「そんな気にはしてないけどさぁ、少しはねぇ・・」

悪ノリが過ぎた俺は、自分の大きさをアピールしてみた。

「そんなに?それは嘘でしょ?そんなの見た事無いし」

「んや、マジで。握るとこんなもんかな」

「うっそー!そんなの今までの子入った?」

「嘘じゃないし、ほら・・・痛がる子もいたけどね」

「うわぁ、デカッ!」

ジーパンの上からモッコリした部分を際立てて見せた。
全く勃起はしてなかったけど、こんな感じと浮きだたせて見せてやった。

そこから

「入る入らない」
の話題になり、過去の話になっていった。

「アタシが見た中で1番大きかったのはこのぐらい」

「俺の勝ちだな・・」

「もっと?元カノとかどんなだった?」

「別に普通かなぁ、アゴが疲れるとかはよく言われたけど」

「たしかにぃ~、小さいと楽だもんね」

「知らんがな」

2人して下ネタを笑いながら喋ってた。

だけど彼女が後ろのゴミ箱にゴミを捨てようと体をひねってた時、欲情してしまった。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][合コン][お持ち帰り][横取り][エロ写メ][フェラチオ][ハメ撮り][短小][泥酔][巨根]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2015-02-07(Sat) 22:10:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*