FC2ブログ
アクセスランキング

唇と肉棒の間から泡状の白濁液が噴き出す○8歳 3

左右の骨盤から盆地のようにへこんでいる真ん中にあるヘソに舌を入れてクチュクチュ少し寄り道したあと、目の前にある薄く繁った陰毛に手で触れます。
そうしながら彼女の股間の間に入り込みまたさらに大きく脚を広げました。

短めのほとんど縮れていない陰毛は恥骨の部分にだけ繁っていて、大陰唇の辺りは無毛状態でした。
そして、想像通りにぽってりと充血した小陰唇はすでに口をひらき、膣口からヌメヌメとした液体がピッチリと閉じられた肛門はおろか、辺りにまでしみ出ていました。

小さいながらもふっくらと充血した小陰唇には若干ながらメラニン色素が沈着していましたが、それがなおさら淫靡さを増していました。
私はもう焦らすのは可哀相だと思い、彼女のマ○コに顔を近づけながら言いました。

「もうおビチャビチャだよ」「ねぇ、………はやくぅ…。
あっ」
彼女の言葉が終らないうちに私はいきなり彼女の両足をかかえ、ぱっくりと広がった小陰唇をさらに両手で大きく開き、真っ赤な膣口へ舌を差し込みました。

「はあ~ぁ」

大きく吸い込んでいた息を吐き出し、彼女は腰を浮かしてのけぞりましたが、私の腕の力で彼女は動けません。
舌がつるんじゃないかと思うくらい膣の奥深くへと私は舌を差し入れました。
膣の中は私の舌よりも熱く潤っていました。

ペチャペチャとヤラシイ音をたてながら舌が膣の入り口をかき混ぜます。
処女膜の名残らしい小さな肉のヒラヒラが舌にまとわりついてきました。
丁度私の鼻の下には包皮のめくれたクリトリスがピンク色の顔をのぞかせています。





私は膣から舌を抜きだし、小陰唇の上の部分を広げて更に包皮をめくりあげ尿道の穴を軽く引っかけながらクリトリスへと攻撃を移しました。

ベロベロ、チュパチュパ、チュウチュウ、クチャクチャ。
小陰唇を片方ずつ、または両方とも、そしてクリトリスごと口の中に吸い込み、引っ張り、優しく噛み、もうこれから先は擬音だらけです。

そして私は彼女の脚をM字開脚に大きく開き、そのまま彼女の手で固定させ、自由になった両手でヌルヌルの膣口を蟹の4本脚のように左右からかきまぜました。
彼女は息をするのも絶え絶えのようでしたが、まだイク気配がありませんでした。

『あ、この子は膣内派だ。』

彼女のD言の言葉を思い出した私は、人差し指と中指を2本を彼女の愛液に浸すと彼女の穴に一気に差込さしこみました。

「アッ~ぁっ」

今までで一番切ない喘ぎ声が彼女の口からもれました。

差し込んだ2本の指はグッグッと膣口い締めつけられます、
『げっ、すげぇ締まる』
強い締めつけを感じながら指先はすぐに子宮口に当たりました。
かなり浅いマ○コでした。

『これならラクチン、奥まで突けるゼ』
二本の指でマ○コの中をかき混ぜます。
こうなると本当にかき混ぜると言う表現が合ってる気がします。
愛液は絶え間無く溢れ来てましたから、ヌメリは充分です。

2本指を心持ち曲げ、お決まりのGスポットの凹凸のある膣壁をかき出すように指を動かします。
そして膣の側壁へと時計回りに腕をねじりながら、そしてまた反時計回りです。
もちろんマ○コの中で指は膣壁をかき出しています。

「す…こ…すき………イっ」

彼女は息も絶え絶えでした。
いつオーガズムを迎えてもおかしくない状況でした。

私は彼女を起こし、さきほどのフェラチオの時の体勢、四つん這いにさせお尻を高く上げさせました。
お尻の穴のすぐ下に少し口を開けたままのマ○コが見えます。
たぶん懐中電灯で覗いたら子宮口が見えたことでしょう。

私は再び二本の指の出し入れしはじめました。
上下左右の膣壁に当てるように腕自体を振りながらです。
ヌルヌルの膣の中でピースサイン、指を開いたまま入り口まで抜きます。

指で広げた膣口の間から中が覗けます。
生々しいピンク色の膣壁がうねっていました。
力を入れると膣口も返事をするかのように口を閉じます。
不思議なマ○コです。

「あっあ、あぁあぁぁっ」

彼女の声がさらに上がりました。
私も彼女につられて、手のスピードをはやめます。
するとまた締め付けてきます。

「イ、そぉ…ぉ…ぉ…。 ダメェェェ………」

彼女の声がかすれて消えました。
私はマ○コに入れる指を3本に増やしました。
ヌルヌルに濡れた彼女のマ○コを押し広げ3本の指は簡単に入ってしまいました。
三本の指を三角形の形にしてより激しく出し入れを続けます。
3本に指を増やすと膣口はより一層激しく緩急をつけて締め付けてきます。

「あぁ~、もうだめ………、ねぇはやくぅ」

彼女は腰を激しくゆさぶりました。
私の指は入ったままです。

「もぉだめって………」

振り向いてそう言う彼女に私はキョトンとしてました。
彼女はもう絶頂を迎えていたのです。
というよりか、あの緩急ある膣口の締まりはイッた時に現れる一般現象と後でわかりました。

トモ「はやくぅ………」

はぁ、はぁ、と息をはきながら彼女は私を振り返ります。

YUJI「なんだ、イっちゃったのか。気づかなかった」

私はコンドーさんを探しました。

トモ「大丈夫だから………、いれてぇ………」

お尻を高く持ち上げたまま私を振り返り、恍惚と空ろに満ちた表情を見せながら彼女はそう言いました。
でも私の愚息は少し元気がありません。
ちょっと長いインターバルだったようです。

彼女はそれに気づくと、有無を言わさず私の愚息を咥え込みました。
もおう、いきなりです。
カポっと根元までしっかり咥えると、また例のレロレロレロがはじまりました。

私はベッドの上に立ち上がりました。
彼女をベッドに座らせて両手で頭をもったまま、今度は私が腰を動かします。
普通だったら喉に当たらぬようにゆっくりと腰を振るのですが、彼女は喉の奥にあたっても嫌がりません。
まとわりついて来る舌は先程と同様、まったく疲れを見せません。

『このまままた出しちゃおうかな』
とも思うくらいの快感でしたが、やはり男です。
子宮の奥を突かなくては………。
(なんのコッチャ?^^;)

しっかり硬度を復活させた愚息はいつでもOKの状態です。
私は彼女を寝かせて脚を開かせました。
そして私の両腕で彼女の脚を抱えさらに広げさせぱっくりと開いたマ○コのチ○ポの先をあてがいました。

「さぁて、本番です」私は本当にそう口にしました。
ゴムを付けなくては、そう思いましたが、もう理性は野生にひれ伏しています。

グ!!私は彼女のマ○コに素のままのチ○ポを一気にめり込ませました。

「あぁっ!!」彼女が喘ぎます。

そのままの体勢で私は腰を彼女のマ○コに押し付けます。
チ○ポは楽に子宮口に当たっていました。
少し固い子宮口を通り越すぎ子宮口そのものが私の亀頭の裏側の一番感じる場所に当たっているのです。
腰を抜き差しするより、マ○コに押し付けグリグリするだけでもぉ、、、、。

しばらく私は抜き差ししないで腰をグリグリと押し付けていました。
膣口は膣口でクィクィとチ○ポの根元を締め付けてきます。
奥ではちょうど子宮口を中心に亀頭が回っています。

「わたし………イッっちゃてる…から、イイヨ」

彼女はそう言いました。
私は私の為だけにさらにグリグリと腰を回しはじめました。
そして抜き差しです。

亀頭の裏にあたる子宮口が亀頭そのものを飲み込んでいるかのような気がしました。
彼女の小陰唇が私のチ○ポの根元を包んでいました。
そうしているうちに彼女の喘ぎ声がまただんだんと激しくなってきました。

「ねぇまた………ぁぁァァ」

彼女が再び感じはじめています。
私に新たな責任が生じてしまったようでした。
と思ったのもつかの間。

「いいぃ………またいぃ………」

2度めは簡単に達してくれました。
それも何度も何度も、大きく胸に息を吸い込み、眉間にカワイイ皺をよせながら…。

彼女が完全にイッテしまうと私は体を入れ替えました。
バックです。
彼女のだるそうな身体を裏返しにして、腰を両手で持ち上げ膝を立て脚を開かせます。
もう自分の意志で身体を動かす気力もないようです。

目の前のだらしなく開いた膣口は、もう締め付ける力を失っていたかのようでしたが、肉棒をその穴に差し込むと反射のように、ひくついてきました。
バックの体勢で子宮との距離がさらに近くなったようです。
私の腰が彼女のやわらかな尻に届く前に子宮に当たってしまいます。

私は角度を変え、彼女のお尻を腰に引き寄せました。
再び深々と彼女のマ○コの中に私のチ○ポは飲み込まれました。
そのまま激しくパンパンと音がするように私は彼女の腰を持ち揺さ振り続けました。
(小柄な子なんでその方が腰を動かすより抜き差しが早い^^;)

彼女は四つん這いになっていてもふらふらの状態でした。
ペコパコペコパコ子宮口に私のチ○ポが当たるたびに音がします、というよりその音がチ○ポに伝わってくるのです。

私は彼女を前方に押しやり、うつ伏せに寝かせました。
うつ伏せのまま大の字状態に彼女を寝かせ、尻を心持ち持ち上げ、その背後からマ○コに差込み突き上げるように激しく最後の動きをしたあと、私は子宮口に精子をぶちまけました。

私がイッてしまっても、ずっとそのままの体勢でした。
肉棒は先ほどと同じく硬度を保ったままです。
イッた後のほうが彼女の中にやさしくチ○ポつつまれているのが実感できました。
あたたかな彼女の膣壁と私の肉棒がまとわりつく感触がリアルに感じられます。

少しでも動かすと、また快感が生じてきます。
ザワザワとまとわりつく彼女の膣の中は一体どうなっているんでしょう。
私は再びゆっくりとその感触を味わいながら本当にゆっくりと腰を動かしはじめました。
そして、静かに一人果てました。

彼女は寝てしまったようにベッドに横たわったままでした。
私が硬度を無くしたチ○ポを静かに抜き去ると、「うっ」と小さな声をあげ、またそのまま横たわっていました。
私も彼女の横に裸のまま、寝そべりました。

煙草に火をつけると彼女は目を開け、私の顔をじっと見ました。

「ねぇ、今日から付き合って」

私は微笑みをかえし、彼女の頬にキスをしました。


-後日談-

それから三ヶ月の間、毎週末、彼女と時を過しました。
電話番号はもちろんお互いの家も知っていました。
彼女の友人も私達二人が付き合っているものと思っていました。

しかし、S○Xの相性が良すぎたのでしょうか、逢うと即ホテル、気持ちの繋がりが無いことに気づきケンカ………。
意地の張り合い。
過ぎ行く時間。

一ヶ月後、家に電話をしたら「現在、使われておりません」思い切って家に行くと、表札はありませんでした。
家族とともに東京から去って行った事を隣人の方から聞きました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][伝言ダイヤル][美巨乳][パイズリ][愛撫][フェラチオ][口内射精][ゴックン][手マン][クンニ][生挿入][正常位][バック][寝バック][連続絶頂][痙攣][中出し][セックス]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2015-01-31(Sat) 22:10:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*