FC2ブログ
アクセスランキング

遠距離恋愛には気をつけましょう

まとめた。文章は下手。そして修羅場も上手く再現できず。
でも折角まとめたから読んでください。

登場人物   私
       彼(正確には元彼)
       A子

当時、私は社会人、彼は大学院生でした。
彼は卒業後、東京で働くことになりました。

「彼について行きたい。でも負担にはなりたくない。」
そう思った私は、働きながら公務員試験を受けることにしました。
安月給の上、将来性もないOLをやっていて、手に職をつけたいとも思いました。

彼がM2の時に受けた試験(彼の就職に合わせて働き始めることができる)は全滅。
それでもあきらめずに1年コツコツ勉強しました。
その間、勉強を教えてくれたりして、彼も応援してくれていました。

4月になって、彼が東京に行き遠距離恋愛が始まりました。
もともと少なかったメールが、もっと少なくなりました。
「新入社員で疲れているんだろうな。」とも思ったのですが、なんだか嫌な予感がしました。





5月になり、公務員試験の願書を出す時期になりました。
遠距離が始まって間もないのに、なんだか上手くいってなくて不安でした。
それで、彼には「練習」とか「力試し」とか言って、地元の試験も受けておくことにしました。
真面目に勉強していたので、順調に合格していきました。
1次に全部受かったので、2次の面接試験(平日)を受けるために会社を辞めました。

そして9月。第一志望の職種(東京)の10月採用で内定がでました。
その時点で志望度は落ちますが、地元の4月採用の内定も出てました。
彼に「内定が地元と東京で1個ずつでた。彼さえ迷惑でなければ東京に行きたい」と相談しました。

その時点で二人のすれ違いは悪化していたので別れ話をされるかもしれないと覚悟していました。
が、答えは、「おめでとう。うれしい。手伝うことあったら言って」みたいな感じで私はすごくうれしかったんです。

10月、働きはじめました。
11月、彼に子供ができたので結婚すると言われました。
一瞬、「私子供できたっけ???」って思いました。

もう一人の彼女との間に子供ができたそうです。
聞くと、1年前の5月(私が願書を出した頃)から付き合っていたそうです。
彼女は私の存在を知っていて、私が東京にでてくるのを賛成したのも、彼女の助言があったからだそうです。

本当に情けなくて悔しくて。
私の知っている彼は本当に頑張り屋で、テレ屋で、優しくて。
浮気をして平然としている人ではなかったんです。少なくとも他に好きな人ができたのなら、私が東京に来る前に、前の会社を辞める前に、打ち明けてくれる人だと思っていました。


3人で会いました。彼女の喋り方は癇に障りました。

「私も悪かったけど、4月(彼の入社時)からついて来なかったあなたも悪い」
「人の気持ちは代わるものだからしかたない」
「私も彼もあなたの気持ちは分かるけど、あなたは私や彼の気持ちは分からない。」
「私だって辛かった。」
「これからは男を見る目を上げないとまた同じ目にあうよ。」
「まずは容姿から気をつかったら?」
「ってか、何その眉・・」
「あなたも彼とsexしたの?その体で?信じなんない。」

私は、「気持ちが離れるのは仕方ない。子供ができたこともあるし、彼のことはあきらめる。
でもせめて東京に来る前に報告して欲しかった。一言謝って欲しい。」
と極力冷静に話すと、
「謝るのは性に合わない。(だから謝らない)」だってさ。

が、その時彼氏がA子をひっぱたきました。
呆然とする私とA子。

彼は「やっぱりA子とは結婚できない。子供は堕ろして欲しい。
産むなら認知や金銭的責任はとるけど結婚はできない。」と言い出しました。


そこから彼とA子の修羅場。
A子怒りに任せてはA子のお腹の子は彼の子ではないかも・・・
という意味の事も言ってました。

そこで、私は退場しました。
彼とは別れることを決心していたし、後はA子と彼の話し合いで、私は部外者だと思いました。

彼に裏切られたのはかなりショックでしたが、私に暴言を吐いたA子をひっぱたいてくれた時、彼と付き合っていた5年弱は全く無駄ではなかったと、救われた気になりました。

以上です。

ちなみにM2とはマスター2年(大学院2年=卒業する学年)です。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][遠距離恋愛]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2015-01-17(Sat) 23:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*