FC2ブログ
アクセスランキング

別れさせ屋の仕事で知り合ったキャバ嬢との恋愛 3

今度は元彼は当然のごとく彼女に挿入しようとしていました。

彼女「いやっ、ダメだよ、それはダメだよ、あっ、彼氏に怒られちゃうよ、ハァハァ」

元彼「じゃあいらねーの、もうこれで最後だよ、いいの?」

元彼は巨大な一物の先で彼女の穴やクリをねぶりまわしていて、
その度に彼女は「ビクッ」と反応します。

そして「それはダメ」と言ってる彼女も一向に股を閉じようとしません・・・

元彼「じゃーやめっか、彼氏の入れてもらえよ、
ちっちぇーのが好きなんだろ?粗チン入れてもらえよ。」

彼女「だってこんなのダメだよ・・・ハァハァ」

元彼「何いってんだよお前、ヌルヌルじぇねーかよ、
スケベなくせしてよー、どうすんだよ!」

彼女「もーやだー、わかんないよー、好きにしてよもー」

元彼「わかんないじゃねーよ!どうすんだよ!
俺のと彼氏のどっちが欲しいんだよ!」

彼女「もーなんでー、知らないよー、あんっ、いじったらダメ、
欲しくなっちゃうから、あんっ」

元彼「先っちょはいっちまうぞ、どうすんだよ、
俺のが欲しいのか?どっちのがいいんだよ!」





彼女「あっ、やだ、入っちゃうぅ、もうダメ、欲しくなっちゃう、欲しくなっちゃうから」

元彼「はい、じゃあやめ!言わないならやめ!
お前はずっとクリだけ擦ってろ!」

彼女「あんっ、やっ、ちがう、ハァハァ」

元彼「だから!どうすんだよ、入れるか?」

彼女「ハァハァ、・・・うん」

元彼「どっちのが欲しいんだよ、え?」

彼女「そんなの言えないよ・・・」

元彼「いいから!昔みたいに言えよ!」

彼女「これが欲しいです、一番おっきいから・・・これが欲しいです」

元彼「彼氏より?」

彼女「・・・うん」

元彼「でかい方がいいだろ?」

彼女「・・・うん」

元彼「じゃあ入れてやるよ、嬉しいか?」

彼女「嬉しい、ハァハァ、早く・・・」

いつの間にか立場が逆転していました。

なんなんでしょうかこの男の恐ろしさ・・・
彼女の方がヤリたかったような関係になってしまいました。

元彼「じゃあ入れるぞ」

彼女「あっ、待って」

元彼「俺らいつも生だったろ」

彼女「でも今の彼氏、いつもつけてるし・・・」

元彼「俺なら生でいいだろ?」

彼女「えっ・・わかった」

元彼「生の方が好きだろ?」

彼女「うん、好きだけど・・・」

元彼「なんだよ」

彼女:「なんでもない・・・いいよ・・・」

彼女はあっさり生ハメを承諾しました・・・

これは僕にとっては衝撃でした。

僕のイメージでは彼女のポリシーとしてゴムをつけさせてると思っていました。

エッチはするけどメリハリはつけて、
避妊に対しては真面目な女性だと思っていました。

でも元彼の言う事は絶対な感じでした。

元彼「クチュクチュじゃねーかよ、おらぁ、入れるぞ」

彼女「あっやっぱおっきいよ、あぁん」

元彼「じゃあお前ちょーしこいてっから先っちょだけな、あはは」

彼女「ハァハァなんで、やだ、あぁ、そんなっ」

元彼「じゃ彼氏とどっちのが欲しいか言ってみろ」

彼女「こっちが、あぁん、こっちが欲しいのぉ」

元彼「俺じゃねーとダメだろ?彼氏じゃ満足出来ねーだろ?」

彼女「うん、ダメ、ダメなのお、これじゃなきゃダメ、お願い、奥まで、お願い」

彼女は情けなくお願いをしながら、
自分で腰を押し付けていました。

元彼「おし、じゃあいつでもマ○コ使わせろよ、
いいか、抜きたくなったらいつでも使うぞ」

彼女「うん、わかったから、あぁん、早く、ハァハァ」

元彼「彼氏なんかより最優先で俺の性処理しろよ、いいか?」

彼女:「うん、するからぁ、早くうぅ」

すると元彼は彼女の両足を肩に乗せ、
思いっきり彼女の奥に巨根を送り込みました。

元彼「おらぁ」

彼女「あっは、ぐっひっ、あっ」

彼女は声にならない感じで、
一突きされただけでイッてしまいました・・

なんて男だと


そして元彼が今度は勢い良く巨根を『ブルンッ』と引き抜くと、
『ブシュッ』と噴射するように彼女のアソコから大量の潮が噴き出しました。

僕はつくづくこの男は彼女の『使い方』を熟知してるように思えました。

何をすればどうなるのか全てをこの男は把握してるんです。

そしてまた正常位で挿入すると、
少し変わった角度で突きはじめました。

でもそれが何故なのかはすぐに分りました。

彼女すぐに「あはぁ、それだめえ、はぁはっぁ」
と体中ブルブル震わせてすぐに連続でイッてしまいました。

でもそれだけではすみませんでした。
元彼がイッた後もピストンを続けていると、
彼女ずっと「また、あぁ~駄目ぇ~壊れうぅぅ」と叫び続けていました。

これが噂に聞く『イキっぱなし』というやつなんだって気がつきました。

そして彼女の「また、ひぐっ」って声を10回以上聞いた位で
彼女が急にぐったりしてしまい、
本当に死んでしまったようになりました。
僕は何がなんだか分りませんでした。

でも元彼は冷静に彼女の顔を引っ叩いて、
「おいっ、失神してんじゃねーぞ」と言っていました。

僕ははじめて人が失神してるのを見ました・・・

もうこの男に勝てる要素は全く無いんだなと実感しました。

彼女が目を覚ますと、
「お前だけイキすぎなんだよ、俺も出すぞ」と言うと
今度はバックの体位に変わりました。

元彼「どこに出してほしい」

彼女「どこでもいいい、いい、気持ちイ、なんでええ、すっごい気持ちい」

元彼「じゃあ中出しな」

彼女「中でもいいよ、いい、出してぇぇ~」

元彼「妊娠させてやるよ、そしたら彼氏と育てろよ」

彼女「いいのおお、出来ちゃってもいいのぉ、中に出して」

元彼「いくぞ!」

彼女「来てええええ、出して、中に出してえぇ~イク、ひぐぅ」


元彼は彼女のお尻を鷲掴みにして、
思いっきり奥に打ちつけて射精していました。

彼女は最初から中出しされるのを分かっていたのか、
むしろそれを待ち望んでいたように見えました。

とにかく僕の手の届かない所で
二人はつながってるのが良く分りました・・・

元彼がアソコから巨根を抜くと、
ブルブル震える体で彼女はお掃除フェラをしはじめました。

まるで崇拝するように巨根にすがっていました。

そしてその後元彼はさっさと着替えてしまい、
彼女が「もう帰るの?」と言っていましたが、
元彼は「帰るよ」とだけ冷たく言ってすぐに帰っていきました。

でも、相変わらず僕と彼女は付き合っていて、
彼女はまるで何事もなかったように僕の彼女でいてくれています。

元カレと今でも連絡とっているか、わかりません。

彼女は、きっと元カレに誘われたらエッチしてしまう事は確実です。

彼女や奥さんの本心なんてほとんどの人が分かっていないんじゃないでしょうか?

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][キャバ嬢][ホスト][別れさせ屋][元彼][巨乳][乳揉み][巨根][フェラチオ][手マン][潮吹き][アクメ][痙攣][生挿入][イキっぱなし][失神]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2015-01-07(Wed) 22:10:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*