FC2ブログ
アクセスランキング

あっちも浮気していると思うから

傷も段々癒えてきたので初投下。

私・・・大学生(就職活動中)21歳

Y・・・彼氏。サラリーマン25歳 一人暮らし。

M・・・Yの女友達18歳


去年の4月。就職活動で毎日面接、試験でなかなか時間が作れず、
Yが「会いたい」って言っても私はその時、自分の将来のため・・って
我慢させていた。


久しぶりにYの部屋に行ったとき、何か微妙な違和感。

ピンクの皮むき器やキティちゃんのマグカップ。

こんな私の趣味じゃないもの、置いてなかった。

でも、その時は特に聞かず「泊まっていって」っていう彼の誘いを
「明日も面接早いから」と言って聞き流し帰宅。


当時、私とYは同じ機種の携帯を使っていた。

お互いストラップもつけてなくて、色も一緒だったから間違えて持って帰ってしまった。

全く気づかなかった私。





家に帰ってしばらくするとYから電話。

「携帯間違ってるよ!」

かなり慌てた声。その時点で夜中の1時くらい。

「ごめん、明日の朝イチで届けるわ」

と言ったら、激怒し始めるY。

「今から朝まで仕事の電話が入ったらどうすんだよ!今からもってこい。タクシー代は払うから。」

との事。


怪しいな・・・って思った。

今まで4年付き合ってきて、初めて携帯電話の中のメールを見てしまった。


メールボックスにはにはMという子からギャル文字いっぱいのメールがたくさん。

『Yくん、きのうゎ泊めてくれてぁりがとぉ☆』

みたいな。


体が冷たくなっていって、指先が震えた。

でも、自分が就職活動していて、あまり構ってなかったからしょうがないのかもしれない、って妙に冷静だった。


その日、タクシーでYの家へ行き携帯を手渡す。

何も言うまいって思ってたけど、やっぱり許せなくて

「その皮むき器とかマグカップはMさんの?」

って聞いてしまった。


慌てるY。そして

「携帯見たんか?最低だな!!」

の一言。お互い、プライバシーは大事だから携帯は絶対見ないって言い合っていた二人。約束を破ったのは私だから、そこは素直に悪いなって思った。

「もうMとは会わないから」

彼の言葉を信じて、また家に帰った。


数日後、珍しく時間があいたので午後2時ごろYの部屋へ。

合鍵を持っていたから、掃除とか洗濯しようと思って。

Yは仕事中だろうからいないと思うけど、それでも何もしないよりいいかと思った。


ベッドカバーが古かったから、ロフトで気に入ったベッドカバーを購入して、Yの家へ。


鍵を回したら、鍵が閉まった。

?????????

鍵のかけ忘れ?もう一度鍵を開ける。


すると、誰もいないはずの部屋からシャワーの音と鼻歌。

足元を見ると、華奢なゴールドのミュールが置いてあった。


お風呂場のドア、開けちゃおうかと思ったけどそれはかわいそうだから部屋でベッドカバーを替えながら心を落ち着かせていた。

多分今シャワーを浴びている子はMって子なんだろうな。

冷静に、部屋を見渡すと彼女の私物と思われる物がたくさんあった。


普通なら気づくんだろうな?。

自分にいかに余裕がなかったのか・・涙が出てきた。


Mがバスタオル1枚の格好でお風呂場から出てきて、
部屋で座ってる私を見て凍りついたような顔をしていた。


若い・・って当時21歳の私が思うほど若かった。

10代後半?高校生だよね?ってかんじ。


「誰ですか・・?」

強張った表情で必死に搾り出したMの震えた声。

「Yの彼女です。とりあえず洋服着てください。話しにくいから。」

同じく必死で冷静を装った私の声。


Mはその場で泣き崩れて、突然謝り出した。

「ごめんなさい、Yくんに彼女がいるの知ってた。でも私が勝手に好きで、
部屋に来ていただけだから。Yくんを許してあげて。」


そんなこと言ってたかな。


「申し訳ないけど、また来てねって言ってあげられない。Yが悪い。」

それだけしか私は言えなかった。


約束を破ったY。こんな幼い女の子にこんな台詞言わせて何考えてるんだろう。

初めて怒りを実感した。

Yの携帯にかけても、仕事中は出ないってわかってるから会社に電話して

「いまMさんと会った。さようなら。」

とだけ言った。

「定時で帰るから、待ってて。話し合おう。」

いまさら何を話せばいいのかわからないけど、このままでは収まりつかないから、とりあえずYの帰宅を待つことに。


長くてすいません。。


「Mとは友達で、泊まりにきたことはあるけど絶対セックスはしてない」

とか

「お前が就職活動ばっかりでさびしかった」

とか

「地方から出てきてるから、友達がほしかった」

とかそんなのばっかり。


一度やってみたかった、ビンタをお見舞いし

ついでにビールを頭からぶっ掛けて

「もう顔、見たくない。別れるわ。」

って言って、部屋を出た。


好きだったから、涙も出たけど別れてよかったと思う。

大した話でもなく、長くてすいませんでした。


後日談


Yからは毎日のように「会いたい、話し合おう」っていう電話とメール。

もちろん無視し続けていたんだけど、
YがMに、「お前のせいで彼女(私)と別れた」みたいなことを言ったらしく、
Mから私に電話が。

Mもかなりショックを受けていたみたいなので、Mと私の二人で会って話すことにした。


結局、Yはしてないって言ってたけどMの話によるとYは

「彼女のことは好きだけど、ほっとかれてるしあっちも浮気してると思うから」

とか言って部屋に誘い、やりまくってたらしい・・。

ほぼ毎日。


1年くらいたつのに、未だにメールがくる。

彼氏ができて今すごく幸せ!っていうメールを、彼氏ができたときにして以来してない。

Mも、Yには見切りをつけて今は別の男と付き合っていて幸せそう。


4年間なんだったんだろう・・。

支援いただきありがとうございます!

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][浮気]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2015-01-07(Wed) 16:10:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*