FC2ブログ
アクセスランキング

結婚前の女友達と一度だけ…

小中学校の同級生だった総務課のミツコは、名前を満子と書く。
当然子供の頃のあだ名はマンコで決定だった。

ミツコは目立たない大人しい女の子で決してブサイクではなかったが、あだ名が災いして苛められることが多かった。

大卒で俺が入社したときは、短大出のミツコは入社3年目だった。

「雅ヤン、でしょ?」
「あ、君はマン、い、いやミツコか!懐かしいな。」

再会を祝して飲みに行った。もちろん、ミツコに恋心も下心も無く、ただの同級生として飲みに行った。
そこで、大人しくて目立たなかったミツコにも恋人がいたことを知った。県庁マンだと言う彼の写メを見せてくれたが、マジメで優しそうな、見た目は草食系に見える男だった。

ミツコとは古い親友のように接していた。男女の親友ってこういうことなんだと思った。ある日、社食でミツコが俺の隣にやってきて、

「ねえ、ウチの課の優希ちゃん、雅ヤンの同期でしょ?どう思う?」
「どうって、彼女高卒だから、ガキみたいな顔してて可愛いんじゃない。色気は感じないけどね~」
「雅ヤン、色っぽいのが好みなの?」
「まあ、特に好みって無いけど、小料理屋の和服のお姐さんなんか、色っぽくていいよね。」
「雅ヤンって、意外とスケベなんだね。」
「何だよ、ミツコが訊いたんじゃないか。」

と言うやり取りの真意は、優希が俺に興味があるみたいだから俺の優希に対する感触を探りたかったらしい。初めからそう言ってくれれば、余計なことは言わずに可愛いと思ってたとだけ言ったのに、ミツコのやつめ。





こうして俺は、優希と付き合うようになり、優希のガキみたいに華奢な肉体を手に入れ、誰も踏み入れたことの無いお嬢膣穴を突破し、色気は無いが、バーチャルな幼姦淫を楽しむようになっていた。

「ねえ雅ヤン、優希ちゃんにエッチなことばっかりしてんじゃないの?最近彼女、色っぽくなってきたよ。」
「何言ってんだよ。もうすぐ寿退社するお前だって彼氏とイイコトしてんだろ。」
「だって、彼が転勤だからついてきてくれって言うんだもん。で、あのさ、来週、ちょっと付き合ってくれる?」


その日、ミツコを乗せて郊外へ走った。ミツコは右前方を指差し、
「あそこ、入ってくれる?」
「お前、あそこ、ラブホテルだぞ。」
「1回だけ、お願い…私、小学生の頃から雅ヤンの事…好きだったんだ。」

ミツコは、顔は優希ほど可愛くなかったが、身体は実に色っぽかった。巨乳とまでは言えないが豊かな胸、くびれた腰、プリッとしたお尻、大人の女の身体だった。

何人の男が素朴な女のミツコの身体を通り過ぎたのか、優希にはない伸びた肉ビラはグレーがかっていた。意外と性体験が豊富そうな股間にむしゃぶりついて、穴と豆を舐めまわした。

身体を上気させて淫蕩にヨガるミツコの姿は、ミツコのキャラには相応しくない淫らさだった。その上、ミツコの吸い付くようなフェラは、口の中とは思えないほど絶品だった。

思いのほか使い古されていたミツコの淫膣に生で入れた。ヌチャッ、ヌチャッと粘り気のある音をたてるミツコの淫膣は、ヒダが絡みつき極上の感触だった。

「あはぁ―ん…はぁ―…あぁ…あ…」

優希のアニメのような喘ぎ声と違って、かすれた吐息のような喘ぎが、目を閉じて感じ入るミツコの女の色気を更に艶かしく演出した。極上の淫膣に我慢が限界に達し、

「ごめんミツコ、限界だっ!」

ミツコのヘソの辺りに白濁液をビュビュッと放った。ミツコはその白濁液を指に付けて、

「これは、優希ちゃんのものだからね。」
小さく呟いた。


街中へ戻ってきて、ミツコが車から降りる直前、

「ミツコ、今月でお別れだな。来月、お前はダンナと一緒にダンナの赴任先へ旅立つんだもんな。元気でやれよ。」

「雅ヤン、お願いがあるんだ。もし、誰かにきかれたら、詳しいことは言わないで、ミツコは元カノだったってだけ言ってくれないかな?私、昔雅ヤンの彼女だったって言いたいんだ。実際は1日だけだったけどね。」

「そうだな。恋人だった時間は内緒だけど、お前は元カノだよ。」

誰かに見られてるかもしれないのに、俺はミツコと最後のキスをした。唇が離れた瞬間、親友に戻った。

もう、20年前の事だ。俺は今、妻の優希と子供達と幸せに暮らしている。
先週末、年賀はがきの当選番号を確認した時、喪中はがきをもう一度見た。そこには、ミツコのダンナから俺と優希に宛てたはがきもあった。俺の元カノのミツコは、もういない。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][女友達][フェラチオ][生挿入][セックス][絶頂]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


友達 | 【2015-01-01(Thu) 21:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*