FC2ブログ
アクセスランキング

酔った勢いで後輩に口走ってしまった… 1

アラフォーの夫婦です。妻は39歳で結婚して7年になります。私たちは社内恋愛での結婚でした。そして私の同僚で妻と同じ年齢の加藤という私の後輩がいまして我が家によく遊びに来ます。
この加藤はルックス的にも決して女性にモテる顔をしていないせいか未だに独身です。
私とは勿論ですが妻とも以前は同僚ということで3人は慣れ親しんだ関係です。
そんな加藤も同席した去年の会社の忘年会のことです。妻は退職していますから居ませんでしたけど他の同僚たちから妻の近況を尋ねられたのです。


私は「平凡にやっていますよ。」と答えると加藤が私に突然、「実は僕もユキちゃん(妻の名前)に惚れていたんですよ。」と酔った勢いも後押しして言うのでした。

この日から私は妻とSEXする時に加藤の言葉を意識してしまってSEXの最中「加藤がお前に惚れていたらしいぞ。加藤にもし抱かれたなら濡れてかんじるのか?」などと妄想を促してはお互いに興奮度を高めていることが多くなっていました。

ある日のことです。私は加藤と仕事帰りに居酒屋に寄りました。酒の量も増していくと加藤が「それにしてもユキちゃんは綺麗になりましたよね。」と言い出して妻の話題を持ちかけたのです。

私はその時、不覚にも「夜、ユキを抱いている時はお前(加藤)に抱かれている妄想をさせながらやっているよ。」と口走ってしまったのです。
それからというものは加藤も酔いをさましたかのように「本当に・・・それでユキちゃんはかんじたりしているんですか?」などと興奮してしまったのです。
私も、ごまかそうとしましたが一度口走った言葉です。取り返しがつかなくなり事実を伝えました。





妻の話題で盛り上がった末の加藤の言葉は「Wさん(私)とユキちゃんのアレ(SEX)をやっている様子を覗かせてとはいいませんが録音するなり盗聴させて頂くなり・・・だめですか?」と、あつかましくも言うのです。

加藤も酔った勢いだったのでしょう。同じく私も酔っ払っていましたので「見せるわけにはいかないが、声を聞かせるだけならユキには内緒で試してみるか?」ととんでもないことを企ててしまったのです。

そこから私たちはある程度の作戦をねりました。
まず、今から我が家に行って妻を含めて3人で飲みなおす。
それから加藤が酔っ払って眠ってしまうふりをする。
加藤が眠ってしまったのを妻に確認させた後に私たちは寝室で営みを行い、いつもの妄想をさせて加藤に声を聞かせる内容でした。
早速、私たちは店から我が家に向かいました。
家に到着したときは私も加藤も酔いは逆にさめていたようだったと思います。
それでも酔ったふりをして家にあがり妻を強引にも誘い飲みなおしました。
なかなか計画したことを実行にうつせませんでした。私は緊張してしまってその後のことを考えると武者震いさえしていました。

それでも家に帰ってから飲みなおしていたわけですが3時間ほど経過してしまっていて深夜1時になる頃には加藤の酔いも最高潮の様子でした。
私も厭らしさを増すかのような酔いに浸っていました。

妻は酒はあまり強くはありません。
そのため「私、酔っちゃったからお風呂に入って先に休んでもいい?」と私に言うのです。
やがて妻は風呂に入るために席を外しました。

すかさず加藤が私に「本当に今から聞かせてもらえるんですか?」と先ほどの計画したことだけに集中していました。

私は、恥ずかしさと妻を騙すという罪悪感から留まりながらも反面の興奮が勝っており「ユキが風呂から上がった後、俺も風呂に入って寝室(2階)に行くからお前(加藤)は今から寝たふりをしていてくれ!」といよいよです。

それから間もなく、風呂場の扉の開く音がしました。
慌てて加藤はソファーに寝そべり寝たふりをしました。
いつもはノーブラにパジャマ姿の妻もこの日ばかりは加藤が来客ということなのでしょう下着もつけてTシャツに『PUMA』のハーフパンツ姿で出てきました。

私が妻に加藤が酔い潰れたことを伝えると妻は奥の客間の押入れから毛布を取り出してきて加藤の体にそっと掛けたのでした。

完全に妻は加藤が眠っていると信じ込んでいました。
そして私は風呂に入り緊張を解すかのようにその後、起こりうることをイメージしていました。
風呂から上がると加藤が眠っている(狸寝入り)居間の明かりは消されていて妻の姿も見当たりませんでした。
意を決して私は加藤にそっと声をかけました。

「おい・・・起きてるか?今から上にあがるけど階段を上がって奥の部屋だからな。」
「・・・・はい。・・・本当にいいんんですか?」
「なんか緊張するけど・・・」
「お願いします・・・。」

寝室に入ると明かりは点けたままではありますが既に妻はベッドに入って眠っていました。
私はそんな妻の横に入りすかさず体を求めました。
妻は「もぉー・・・酔っちゃってるから眠いよぉー」と拒絶気味の言葉ではありましたがキスしながら胸などを弄ると言葉も薄れ、私のパジャマのボタンを外し間もなく2人は裸になっていました。

私はどこで加藤が2階に上がってくるのか分かりませんでしたので階段と通路に響くであろう足音を妻を抱きながら耳を傾けていました。
ある程度の時間、いつもより丁寧に愛撫していると妻のかんじ方も激しくなってきたことは体のくねり方で伺えました。

下で加藤が寝ているのを気にしているのか声を押し殺しているのもわかりましたが時々、耐え切れない悶え声が吐息とともに漏れていました。

どのくらい愛撫に時間をかけたでありましょうか足音に耳を澄ませたことをいつしか怠っていたことに気がついた頃にいよいよ私はあえて大きめな声で「下で加藤が寝ているけど、加藤が目を覚ましてここに来たらどうする?」と妻を挑発しました。
そして妻の中に挿入して私は妻を突きました。

続けて「加藤に聞かせてやろうか?」
「アァーッん・・・もうやめて、恥ずかしいィーッ!」
「加藤をここに呼ぼうか?」
「イヤァッー!・・・アァーン・・・おそわれちゃうよー」
「襲われたらどする?」
「かんじちゃうかもー・・・」
「加藤のものを舐めるのか?」
「舐めちゃうわー・・・お尻の穴も舐めゃうかもーッ」
「加藤に聞かれているかもしれないぞ?」
「いいわよー・・・見られてもいいわよー・・・アァーッ・・・気持ちイイッー!」
「加藤に抱かれたいのか?」
「貴方がいいって言うのなら抱かれてもいいわよー」
「・・・ (困)・・・」
「アァーッ!・・・イクッ・・イクーッ・・・アーン・・・イッチャウッー!」

そして私は妻の股間から口元にイチモツを移動させて果てました。
妻は私のドロドロとした液体を喉元奥深く飲み干してくれました。
私のイク瞬間はいつものことでした。

私は妻と少しの時間、会話を交わした後にトイレといって寝室から出ました。
寝室から出ると加藤の姿はそこには見当たりませんでした。
1階の居間に行っても加藤の姿は見当たりませんでした。
再び、階段を上がると加藤が階段を下りてきました。
そこで私は加藤が手にしている物を見て驚きました。
加藤が手にしていた物は携帯電話でした。
私は、尽かさず加藤に問いかけました。

「お前、どこにいたんだ?」
加藤「・・・」沈黙。
「ところで、なぜ携帯を?」
加藤「・・・」再びうつむいたままで沈黙。
「妻の声を聞いたのか?ドアの外には居なかったみたいだけど・・・?」
加藤は頭を上げないまま「Wさん、すみませんでした。最初はドアの所(2階通路)でユキちゃんとWさんの様子を聞いていたんですが、どうにも興奮してしまって隣の部屋(階段を上がって手前の衣装部屋)からベランダに出てお二人の様子を覗いてしまったんです。」と言うのです。

確かに、隣の部屋からベランダに出れば私たちの寝室は覗けます。おまけにレースのカーテンは閉めておりましたけど窓は少し開いていたと思います。それにかすかなフラッシュのような光も感じました。表の街道を通るバイクや車のライトだと思って特に気にしませんでした。
それにしてもうかつでした。

そして加藤が手にしていた携帯電話はそのフラッシュからもお分かりのように妻の痴態を写したものでした。
私は、加藤の携帯電話に保存されている画像を見せてもらうとボケているものもありましたけどハッキリ妻の裸を捉えた画像もあったのです。

私はどこか恥ずかしいやら腹立つやらで複雑な気持ちになりながらも次の言葉を探すのに苦労したことを覚えています。
今度は私の口が閉ざされて沈黙状態が続きました。
ようやく出た言葉は「お前、ユキが言った言葉を聞いていたんだよな?聞いたというより覗いていたんだよな?どう思った?」

加藤の返事は「僕は前からユキちゃんが好きでしたし、この際だから正直に言いますけど何度もユキちゃんを想像して一人でシゴイタ事も何度もあります。そんなユキちゃんが僕に抱かれてもいいとかケツの穴まで舐めてくれるなんて言ってくれたと思うと我慢できなくなってしまいましたよ。」と、少し力説気味に答えたのです。

階段のすぐ下で話していたので妻に聞かれてはと思い居間に移動して改めて話しました。
テレを隠すかのように冗談交じりにも話しました。しかし、私の妙な欲望も増してきていつしか真剣なおもむきにもなっていたと思います。

そんな会話の結論がこの日も土曜日でしたけど、翌週の土曜日に同じように加藤を招いて酒を交わし、妻が酔った頃に私は先に酔いつぶれた素振りで2階の寝室で先に眠ってしまう。勿論、口実で加藤と妻の様子を伺うために再び居間の隣りの客間の押入れに潜む。そこで加藤が妻を口説くなり強引にするなり状況に応じて攻める。
その様子を私は押入れの中から覗く。という設定でした。


私には、心のどこかで妻を試すという意味もあったのです。強引にとなれば結局は加藤にやられてしまうのですが、どこまで拒んでくれるのかを知りたかったのです。いわゆる、浮気願望みたいなものも知りたかったのです。

この加藤と約束した土曜日から1週間は妻とのSEXは控えました。しかし、夕飯時にはエッチな会話などで欲望を失わせない会話には努めました。
金曜日の夜には妻から求められましたけど体調不良を理由に私は拒んだのです。
あくる日のことを想像しているだけで興奮してしまってこらえるのに苦労しました。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][寝取られ属性][人妻][生挿入][絶頂][口内射精][ゴックン][覗き]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2014-12-18(Thu) 20:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]
コメント
ここに、またまたクズが誕生した。
2014-12-18 木  20:21:28 |  URL | ナナシ!!!!!!! #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*