FC2ブログ
アクセスランキング

彼女と彼女の幼馴染と3Pして 3

俺はもう完全に睡魔に襲われてたけど、ミキはまだそうでもなかったみたいで、身体が火照ってたのか、俺とは一回しかしていないから物足りないのか、
俺は寝たいオーラ出してるのに、やたらと俺の身体をつんつん指でつっついてきたり、胸を押し付けたりしてきた。

同時に床から聞こえてくる、「カズ君・・・なんかまた勃ってきたw」って声。
「あんたマジできもいから」
俺はもう眠くて、ミキに「相手してやって」と優しくミキに言った。
ミキは「や~だwカズが良いのw」と思いっきり抱きついてきてキスしてきた。
やっぱり俺と消化不良だったのが不満らしい。



「なんで?」「なんでってw彼氏ですしw」
眠いながらもイチャイチャいっぱいキスしてやって、「ごめん。超眠い」って言ったら、
しょぼんって感じの顔されて。「明日、ずっと買い物付き合うから」って約束したらしばらくは無言でぐずってたんだけど、渋々ベット降りて、タケシのところへ行った。

多分数分くらいだったと思うんだけど、マジ寝してた。
それでふと目が覚めて、隣見ると、ミキの膝から下だけが、ベッドの水平線から顔を覗かせてた。
正上位でやってるんだってわかった。
たまにタケシのケツや背中も見えた。
「あっ、あっ、あっ、あっ、いっ、あっ」って喘ぎ声のリズムで
ぷらぷらと足が揺れてのだけが見えて、すごいエロかった。





「ミキ姉ぇ・・・ミキ姉ぇ」
「あっ、そこっ、あっあっ、いいっ、そこっ、だめ」
「こう?こう?」
「いっ、あっ、あっ、そこ、あっ、あっ、いいっ、いいっ!」

俺が寝落ちしてる間の寝息かいびきかで、本当に寝たと思ったのか、
一応声は抑えてたけど、それでもはっきりと聞こえてくるミキの喘ぎ声。
たまに見えるタケシの背中と、ぶらぶら揺れる抱えられたミキの足がエロかった。


「あぁんっ!あっ!はっ、だめっ、また、いっちゃうかも・・・」
完全に甘い声になっちゃってるミキ。
「マジで?俺もやばい・・・かも」
「んっ、はぁっ・・・も、もうちょっと、我慢できる?・・・あ、やぁん」

「わ、わかんないけど、頑張る」
「ん、んん・・・あたし、もうちょいだから」
ぷらぷら揺れてた足が、きゅってタケシの背中を蟹バサミした。
ぎっぎっぎって揺れる床。

「キ、キスしていい?」となんだか情けない声を出すタケシ。
「い、いちいち聞くな馬鹿w」甘い吐息出しながらも、鼻で笑うミキ。
ピストンが殆ど止まって、そんでちゅって一回音がして、それからちゅっちゅっちゅって連続で音がした。

ピストンはもう完全に止まってて、それで暫くちゅっちゅって音が響いてて、
「・・・・・・お、俺、キスも初めて」ってやっぱり情けない声で言ってて、
「w」てミキが鼻で笑うと、「ばぁかw」って笑って、
ミキの両腕がにゅってベッドの水平線が出てくると、それがぎゅってタケシの首あたりを抱きしめてた。
タケシの腰に巻きついてた両足も、明らかにぐぐぐって更に力入ってた。

そんで更にちゅっちゅって音が鳴ってて、少しづつピストンもゆっくり再開してって、
「下手くそw」ってミキが笑って、「ミ、ミキ姉が教えてよ」ってタケシが言って、
「やだよw」とか言いながら、暫くすると、くちゅ、くちゅ、れろ、れろって明らかにベロチューの音が聞こえてきた。
タケシの悶えるような鼻息が凄かった。

俺は興奮とかじゃなくて、羨ましいって思った。
俺もこんな風に、年上に童貞奪って欲しかったなぁって思った。


「ね?・・・動いて?」
「あ、うん」
ゆさゆさ揺れる音。でもミキの両手足はがっちりタケシに抱きついてた。
「あっ、あっ、あっ、ん、そう・・・ああ、いいっ、あっあっ、ね?もっと、動ける?」
「ん」
ゆっさゆっさ激しくなる。
「ああ、そう・・・いい、いい・・・あっ!あっ!だめっ!きちゃうっ!ね?あ、あんたは?」

「俺もやばい」
「いいよっ、きてっ、きてっ・・・あっあっんっ!だめっ、もう、ああっ!いくいくっ!ああだめっ!」
「姉ちゃん!姉ちゃん!」
ぎこちないながらも、ギシギシ超激しいピストン。
「うんっ、きてきてっ・・・あっ、それ、いいのっ!ああんもうだめぇ!!!!」

びくんびくんする二人の身体。(といってもその水平線から見切れてる部分しか見えないけど)
「うううううう」って、やっぱりタケシの辛そうな声。
気持ちはわかる。
セックス憶え始めたころは、膣でイクのってすごい辛かった。
自分の手以外でイクのが苦しいほど快感だった。
あと、何に対するのかわからんけど、罪悪感とかもあったよねw

二人はそのまま暫く離れないで、ちゅっちゅ、くちゅくちゅってキスをしてた。
当然ミキは、がっちり抱きついたまま。
離れると、「ど、どうだった?」「はぁ?wそんなん聞くな馬鹿w」といつもの二人の感じの会話。
「いや、でも、まぁ一応。」
「ん~・・・まぁ60点?w」
「一応合格って感じ?」
「ギリねwギリw調子のんなよ童貞のくせにw」

そこで唐突にちゅってキスの音して、
「ちょwやめてw」
「やばい、キスって滅茶苦茶良いw」
「そう?w」
そんでまた、ちゅっちゅって音。

「唇ってめっちゃやらかい・・・」
「知るかwてかそういうのやめろってw」
「はまりそうw」
「あ、そうw」
そんでまたちゅっちゅ。今度はくちゅくちゅってベロチューの音もしてきた。

「んっ、ふぅ・・・もう童貞のくせに調子乗りすぎw」
またすぐに、くちゅ、くちゅ、れろ、れろ。
時々「ん、んん・・・もう・・・」ってミキの甘い吐息。
どんだけキスにはまってんだよって思ったけど、若かりし日の自分を思い出して納得。
眠かったのもあったけど、嫉妬よりは、頑張れ少年!って感じの気持ちのが強かった。

「んじゃ、あたしも寝るから」ってミキが言ったんだけど
その後もしばらくちゅっちゅちゅっちゅ、音が続いてたからタケシが離さなかったんだと思う。
「もういいでしょw」
「もうちょい」
「あーもうw」
うざそうに対応しながらも、ちゅっちゅとキスの音は続く。

「フェラとか、してほしいんですけど」
「調子乗んなってマジでw」
「痛いっ!・・・ごめん・・・」
そこでミキが立って、俺の隣に戻ってきた。
きゅって抱きついてきて、手とか握ってきた。
寝たふりしてたんだけど、ミキからキスしてきて、
そこで起きた振りした。

ミキはにこっと笑って「おはよw」って言った。
「まだ夜だろ・・・」
「え~・・・カズといちゃいちゃしたいw大好きなんですけどw」とご所望。
エッチはしなかったけど、イチャイチャした。
タケシはすぐ寝たみたいで、イビキが五月蝿かった。

「どうだった?」「ん?」「タケシと」「知らないw」「なぁ?」「やぁだw」
「どうだった?」ちゅってキスしてきて「微妙。やっぱカズが良いw大好きだしw」
やっぱり俺は眠いままだったけど、それでも他の奴にやらせた後は、
すごい愛おしくなるもんで、そのままミキが満足するまでイチャイチャしてた。

そんで朝が来て、3人で朝飯食ってる時、
「心なしか、タケシの顔つきが大人になったなw」って言ってやると(別にそんな事全く思ってなかったが)
「えへへwそ、そう?」ってにやけてて
「どこが?全然じゃんw」とミキはいつも通り悪辣。

「やっぱ大人の階段登っちゃった、みたいな?w」
「童貞きもい。マジ調子乗んな。」
本当、タケシに対してだけは、言葉遣いが悪くなるミキ。

「ミキ姉、マジありがとう」と真面目な顔で頭を下げるタケシ。
ぶすーっとした顔で、「はいはい」って感じの返答して、
「あ、そういえば、誰かに言ったらマジでしばくからね?」とマジ顔のミキさん。
タケシは「あ・・・はい」と本気で怯えてた。

とりあえず、最初の夜はこんな感じです。
他にも色々あったんだけど、まぁ時間があったら書き溜めて、投稿しにきます。


>>
まぁ実際そうなってるw
ユウはともかく、タケシには全然危機感無いけどねw
本当ミキにとって弟と書いてパシリと読む。みたいな存在だし

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][寝取らせ][3P][童貞][乳揉み][ディープキス][セックス][バック][初体験][フェラチオ][絶頂]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2014-11-25(Tue) 22:10:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*