FC2ブログ
アクセスランキング

兄と同級生のセックスを盗み聞きして興奮した体験談 1

スペック


高2男子
身長170くらい
顔はよく森山未来に似てるっていわれるけどブサメン
サッカー部
 
 
同級生
高2女
顔は雰囲気桐谷みれいに似てるとおもう
可愛い
身長は155くらいかな?
胸はCかDぐらい
男子バスケ部マネ


大学1年
俺と同じ高校だったバスケ部OB
悔しいけどイケメン
身長180くらいはあった


これは高2の冬の話
テスト休みだからいつもは地元の図書館にいくんだがあまりにも図書館が寒いから俺は家で勉強することにしたんだ。





俺んちは三階建てで、一番下が駐車場
二階がリビング、親の部屋
三階が俺と兄ちゃんの部屋って感じだった。
だから自分の部屋にいるときは誰が帰ってきたかはよくわからない。

俺は自分の部屋でコンビニで買ったご飯をくって勉強をはじめた。
すると1時間後ぐらいに誰かが帰ってきたんだ
おじゃましまーす♪って女の子の可愛い声と共に・・
そして階段を上がってくる。
その時は誰かはわからなかったが兄ちゃんの彼女か・・ぐらいで受け止めてた。
兄ちゃんは俺がいることには気づいていなかった。
俺は少しドキドキした。


俺はドキドキしたが勉強をはじめた。
女の子が兄ちゃんの部屋に遊びにくるのは普通だったから。
いつも声は丸聞こえでただ声が可愛いかった。
だが会話を聞いていてだんだん疑問が湧いてきたんだ

どうやら俺の高校の話をし始めた。
兄ちゃんも同じ高校だったからおかしくはないのだが、バスケ部の様子とか現状とかを女の子から聞き、女の子が答えている。
だが兄ちゃんがその子の名前を呼んだ瞬間俺は気付いたんだ・・
同級生だということに。

俺は戸惑った。なんで兄ちゃんと?
兄ちゃんにも失望した。高校生を狙うなんてシネと思った。
しばらくすると静かになったんだ
俺は勉強しつつも壁の向こう側の声に夢中になっていた。
もう壁に耳をおしつけて聞いたんだ
そしたら聞えた。聞こえたんだ

「チュッチュッ・・んっっ んっっ 」

こんな感じの音と声だった。
チューの音が俺がよく見るAVのようにエロい音だった。
チューしながら兄ちゃんが「ゆき好き」とか言ってて気持ちわるかった。
だが俺は興奮してしまった。
俺のアソコはそれだけでおっきしていた。

だけどその日は多分チューだけで帰っていった。
胸ぐらいは触ってたかもしれないが音を聞いただけではわからなかった。
兄ちゃんがゆきを送りにいった後俺は全力で抜いた。


次の日俺は学校でその子を探した。
名前でだいたいわかってはいたが見たかった。
見つけた瞬間俺は勃起した。
可愛いすぎるんだ・・
今日もくるのかななんて思いながら家にかえったがその日は誰もこなかった。

しばらくゆきは完全に俺のオナネタだった。ただ兄ちゃんとは別れてほしかった。
イケメンだし仕方ないとおもったがやっぱり身内は嫌だったしあまり信じたくなかった。
兄ちゃんは有名人でいうと生田斗真っぽいかんじ。
俺とは違ってイケメンだった。


そしてテストの最終日の前日のことだった。
学校が午前中で終わり俺はいつものように真っ直ぐ家へ帰宅
親は共働きだからだれもいない家
兄ちゃんは今日も大学といっていた
俺は勉強をはじめたんだが2時間後ぐらいに階段を登ってくる天使の声が聞こえたんだ。
兄ちゃんもいたんだがな。


おれはベッドに乗り壁にスタンバイ完了
壁をはさんだ向こう側に兄ちゃんのベッドもあるんだ
2人は兄ちゃんの部屋に入り、テレビをつけた。
するとギシッという音が聞こえた。
俺は唾を飲んだ・・
話し声が聞こえはじめた。
多分ベッドに座ってテレビをみているのだろう。

会話を聞いているとお昼ご飯を一緒に食べ俺の家へきた感じらしい。
ギシッギシッ
20分ぐらい話した後どうやら兄ちゃんはゆきを後ろからだっこしはじめたらしい。
そしてテレビの音がきえた。

兄「ゆき好きやで」
ゆき「んふふww」
兄「ゆき後ろ向いて」

ゆき「・・んぅっっ」

またあの音が聞こえてきた・・

チュッ・・
チュッチュッ・・
兄ちゃんはどうやら音をたてながらチュッチュッするらしい

2人の息は次第に激しくなっていった。

2人ともハァハァっていってた。
チューだけなのかもう胸を触ってるのかよくわからなかったがゆきの息はエロかった。
俺の右手は妄想とともに加速した。
だが音を立てると終わりだったのでかなり慎重に聞いていた。

ゆき「あッッ・・」

そんな感じでいきなり喘ぎ声が聞こえた。
おっぱい?おっぱいをさわったのか?
いろんな妄想をはりめぐらせた。
ゴソゴソ音が聞こえて

兄「ブラ・・可愛いな。エロい・・」

ゆき「もぅ・・やだ/// 」

兄「ははw でも似合ってる。可愛い。」

ゆき「恥ずかしいから電気・・消して?」

ブラ?ブラ?ブラ?どんなブラだよ!兄ちゃんkwsk!!!
ってかんじだった

すると兄ちゃんは電気をけした。

パチッ

多分ブラがはずれた。
するとまた喘ぎ声が聞こえてきた。

ゆき「アッッ はぁぁんっ (兄)ダメっっ」
チュッチュッ

ジュパッッ
ゆき「はぁぁっん っ アッッアッッ ダメっっ 」

多分チューしたり胸さわったりって感じだった。

そんな感じのいやらしい声だった。
AVみたいに声がでていて兄ちゃんの舐める音がエロかった・・
おれは同級生が壁の向こう側でそんなになってるのを考えるともう絶頂に達しそうだった・・

そしてついに兄ちゃんの手がゆきのスカートの中にはいっていった。

兄「ゆき、濡れすぎ・・」

ゆき「ヤダッッ・・///ンッハァッッッン」

クチュクチュ・・
ゆき「アッッアアンッッだめっだめっ」

それが何分か続いてた。
ゆきの声はいやらしかった。

またガサガサ聞こえた。
多分パンツを脱がしたんだと思う。

兄「ゆき、指入れるな?」

ゆき「くぅん・・アッッ」

兄「痛い?痛かったら言って」
ゆき「うぅん。」
兄「もっと足開いて」
ゆき「・・。恥ずかしい・・んんっっアッッ」

あれ、処女だったのか?ビックリした。
処女なのにあんな色っぽい声をだすなんて・・
もしかしたら兄ちゃんのために頑張ってたのかもしれないんだが。

クチュクチュクチュクチュッッ

ゆき「ハァッアッッダメッッ」

10分か15分ぐらいは続いてたから俺はその間に絶頂を迎え一回抜いた。
ゆきはよく喘ぐ方だった。

2人の息がエロかったw

ここから兄ちゃんの名前をけーちゃんで表します。

それから多分挿入。
兄ちゃんのチャックをおろす音が聞こえ
ゴムを開ける音が聞こえた。

ゆき「けーちゃん・・/// すごい//」
そんなことをいっていた。
きっと兄ちゃんもビンビンだったんだろう

俺もビンビンだ。

また少しクチュクチュと音が聞こえてきた。

ゆき「はぁぁッ アッッアアンッッ」

手マンかな?
何分かそんな感じで聞こえてきた。

兄「ゆき、入れるな?」

ゆき「うんっ・・」

兄「んっっ痛い?」

ゆき「だ、大丈夫・・」

兄「痛かったら言ってな」

ゆき「アッッ」

兄「大丈夫?もう少しやから・・」

ゆき「んんンッッ」

兄「ッッハァッ。入ったよ、痛かった?痛い?」

ゆき「少しだけ・・大丈夫だよ」

ゆき「ンッンッンッ」

兄「ハァッハァッハァッ」

ゆき「けーちゃん・・ンッンッ・・」

兄「ゆきっゆきっ好きっハァッハァッ」

ゆき「ンッンッゆきもっハァッハァッ」

パンパンといやらしい音が聞こえた。

10分ぐらいはそれが続いていた。
俺の右手も早くなっていく。

兄「アッッだめだイクッ」

ゆき「アッッアッッ」

兄「ゆきっゆきっゆきっイクッイクッハアッッッ」

ゆき「アッアッけーちゃんッけーちゃんッ」

多分兄ちゃんはイった。俺もイった。

その後はしばらくチュッチュッしてベッドで一緒に寝てたみたいだった。
ずっと落ちつかなかった。
覗きにいくかまよったがそんな勇気はなかった。

俺は完全にゆきが好きになっていました。
でも兄ちゃんの彼女。これはなくならなかった。
辛かった。
でも童貞ブサメンの俺にはなにもできなかった。
俺はゆきを学校で毎日見ていた。

授業中ゆきと兄ちゃんとのセクロスを思い出しておっきしたことだってあるし、学校で抜いた日もあった。
頭の中はゆきでいっぱいだった。
だが俺には一度も目をくれなかった。

ゆきは俺が兄ちゃんの弟だということは知らなかった。
兄ちゃんも言ってなかった。
言う必要はなかっただけだとおもうけど。

そんな日々が続いたんだ

そして高3になった。
まさかの俺とゆきは同じクラス。
だが目を合わせることもなく、これから話すこともないだろうってかんじだった。
でも俺は毎日眺めてた一緒の空間にいれるだけでも幸せだった。
もちろんオナネタは毎日ゆきだった。

俺が兄ちゃんの弟だとばれる日は突然あらわれた。
ある土曜日のことだった。
午前中にサッカーが終わり帰宅する俺。
帰宅するなり2階のリビングへ行き麦茶を一気飲みする。
これ最高だよな
それから俺はいつも洗面所へいき洗濯物をすべて入れるんだ。
俺の家の洗面所はお風呂の前にあるんだ。

リビングでパンツだけになり洗濯物をすべてかきあつめ洗面所へむかったんだが俺の足がとまる・・
シャワーの音
いや、まさかな
兄ちゃんいねーし・・
いやまさかなwwwww

俺はそっと洗面所のドアをスライドさせる。
風呂場のすりガラスには薄っすらと女子の身体がwwwwww
そう、ゆきだったんだwwwwwww
ちゃんとおっぱいがあったんだ
俺はそっと洗濯機のふたをあけ、しゃがんでまた目線をすりガラスにもどしたwww
確かにおっぱいだった。
俺のボクサーパンツはすでに興奮で盛り上がっていた。
俺は見惚れてたんだが、急にシャワーがとまった。

俺は焦って洗面所を出る。
焦った勢いで半開きのドアに身体の一部をぶつけてしまったんだ。
3階までいく余裕はなかったから急いでリビングに入った。

心臓がバクバクしてソファーにすわりどうやって3階にいくか考えていた。
あとなんで兄ちゃんがいないのか考えていた。
でもそれだけで終わらなかったんだ。

廊下をペタペタ歩いてくる音がしたんだ
いや、まて、まさかな。
まさかなまさかな。まさかだったw
俺はもう何も考えることができなかった。
隠れる場所をさがしたが見つからなくて台所へいきしゃがみこんだ。
パン一でな。完全に不審者だった。

するとドアが開いたんだ。
「け~ちゃん!どこけーちゃん!」
俺はもうビクビクしていた。

台所をスルーし、机の方へいく。
また戻ってきて足音がとまる。

ゆき「けーちゃん?・・じゃないよね。」

俺は壁の方を向いてしゃがんでいたがゆっくりと顔だけ振り返る。
なぜか俺はお辞儀というかうっすみたいな感じ。
俺は息を飲んだ。
ゆきは兄ちゃんのTシャツにパンツだった。
というか兄ちゃんのTシャツから生足がでてる感じ。
たまらなかった。

俺「・・・。」

ゆき「なんで俺くんが?・・」

俺「ここ、俺ん家。・・。」

ふるおっきしてる俺は振り返ることしかできない。

ゆき「そうだったんだ・・」

俺「うん・・」

ゆき「じゃあけーちゃんの弟?」

俺「うん・・。」

ゆき「知ってたの?」

俺「いや・・」

ゆき「もういいや、ごめんね」

そう言い残し階段を駆け上がっていった。

俺もトボトボ自分の部屋へ戻る。
スエットに着替えベッドに座る。
落ち着こうとおもったが隣の部屋にあの服装のゆきがいると考えたら更に興奮してしまった。

俺はスエットを下ろしオナニーをはじめた。
洗面所からのことを思い出しシコシコシコシコしていた。
特にゆきの服装が俺の興奮をさらに興奮させたんだ。
多分ノーブラだったとおもう。

するとドアを叩く音が聞こえた。
俺はすぐにスエットを引きあげる。
慌ててしまったからパンツはさげたままだった。
立ってるのがばればれだったためブランケットを下半身にかけた。

俺「はい」
ドアがひらく
入り口に私服でバッグを持ったゆきが立っていた。

ゆき「今日はごめんね」

俺「いや、全然」

ゆき「けーちゃん寝てるから帰るね。」

俺「お。おう」

ゆき「お邪魔しましたバイバイ。」

俺「バイバイ」

そしてゆきはドアを閉め階段を下りかえっていった。
そして俺は再びオナニーをした。
その後は兄ちゃんにゆきが帰ったことはいった。
なんだ、同んなじクラスだったんだ。とかいって笑っていた。

これが俺とゆきの始まり?だった。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ体験][同級生][美少女][兄][セックス][処女][盗み聞き][オナニー]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2014-10-11(Sat) 22:10:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*