FC2ブログ
アクセスランキング

チャットで知り合った彼氏持ちの子とエロ三昧な週末

俺はずいぶん遅くて26歳の時が初めてだった。
それまで付き合った女や微妙な関係になった女はいたが、超奥手だったりちょっとヤンデレみたいな風変わりな女だったりで、リアルで出会う女には縁がなかった。

そんな中、もう10年以上前の話だから今もあるかどうか分からないけど、某メジャーなWebチャットで知り合った女がいた。

5~6コ下の女で、ほぼ毎晩チャットで話をしてたけど、しばらくして連絡先を交換するまでの仲になった。

チャットでも話してたけど電話も頻繁にするようになって、色々話を聞いたところによると、彼女は一人暮らしで、どうやら彼氏がいるらしい。
でもなんだか上手くいってないという話だった。

それから1~2ヶ月くらい連絡を取り合ってた。
でも彼氏いるし、やっぱちょっと疎遠になりつつあるかな?と思ったけど、その彼女がどうも俺との連絡を断ちたくないらしいことに気付いてからは心理的に急激に近付いた。

夜な夜な長電話をするようになり、お互い心理的に微妙な関係に発展し、ある意味ほとんど付き合ってるのと変わらない感じ。
この時点で既に浮気状態。


いつしか会う約束をした。
一応、軽く写真も交換した。
俺は実家だったので一人暮らしの彼女の家で会うことになった。




会う当日になり、彼女の住まいがある最寄り駅まで行ったわけだが、電車の中で座ってるだけなのに良からぬ事ばかりを考えてしまい、向かう電車の中で息子はギンギン、言うことを聞かない。
おかげでちょっと筋肉痛気味になったw

当然初対面だったから待ち合わせではちと緊張したので息子は一旦収束。
コンビニで待ち合わせたけど、立ち読みしてる時に彼女から電話がきて、「恥ずかしくて声を掛けられない」と言う。
仕方なくコンビニを出て俺から会いに行くことに。

コンビニを出て左側に彼女が笑って立っていてご対面。
小さめで、まぁブサ可愛い感じの子だったが、個人的には全然嫌ではなかった。
彼女も背が高めの俺を嫌がる感じではなく、ちょっと歩きながら話しつつ彼女の住まいに向かった。

泊まりに行く約束だったので当然セックスが含まれる感じではあるものの、とりあえず言葉上は「一緒に映画を観よう」ということでDVDを持参してお茶を濁した。

実は俺は童貞であることは彼女に伏せていた。


俺はドキドキしながらも足の間に彼女を座らせて後ろから抱き締める感じでDVDを観てたけど、彼女もドキドキしてたようで、DVDを見始めてしばらくすると、「熱い・・・」と言い始めた。

童貞の俺はスイッチが入るタイミングが分からなかったので、んじゃ横になって観ようということでくっ付きながらDVDを観てたけど、彼女はもうDVDに集中出来なくなっていて、DVDを消して腕枕して添い寝した。

ようやく「しよっか?」と言って半身で彼女に覆い被さって軽くキスをした。
何度か軽くキスしていたが、「ヘタクソ(笑)」と言われて、今度は彼女が俺に覆い被さってきて思い切り舌を絡めたディープキスをしてきた。
それからはもう堤防が決壊するように激しく求め合った。

今度は俺が覆い被さりディープキスをして、乳首を弄ると物凄く感じる様だったのでシャツを脱がせておっぱいをしつこく愛撫。
次に服の上から下の方を触ると恥ずかしがりつつも感じていた。
彼女はパンツだったけど、ボタンとチャックを外して下着の上からアソコを愛撫。
すぐに下着の中に手を入れて直接触るとすでに湿っていた。

全部脱がせて俺も服を脱ぎ、お互い気持ちいい所を触り合った。
彼女のおっぱいを舐めてあげて、徐々に下の方に移動しつつ舐めていき、アソコを舐めてあげようとすると物凄く恥ずかしがったので興奮した。

指と舌で気持ちよくさせてあげてから、今度は俺の息子を舐めてもらうことに。
今にして思えば、あまりフェラが上手くなかった子だったけど、初めて女に咥えてもらうのはかなり気持ち良かった。

でも、ここからが少し大変だった。
初めてだったので緊張に加えて前述の電車の中での勃ちっ放しが影響してか、下半身が突っ張った感じになり勃起がちょっと中途半端だった。
彼女も「ん~ちょっとダメかな?」とか言ってたけど、そういう彼女も緊張であまり濡れてなかったのもあり、挿入がうまくいかなかった。

お互い気を取り直して再チャレンジしてようやく挿入。
(後のセックスからすれば、それでも彼女はあまり濡れてなかったかな)
俺は童貞とは言え、当然AVで色んな体位を見てたのでいくつか実践。

でも彼女は処女ではないとは言え、まだ経験はそのとき付き合ってた一人だけ。
その彼氏は超絶早漏だったらしいので体位をほとんど知らず、しかも濃厚なセックスを知らない子だった。

色んな体位をしてあげると、恥ずかしがったり気持ち良くなったりしたのでさらに興奮。
そんなこんなで一回戦終了。


金曜の夜に仕事が終わって会ったので、2泊3日で彼女の家にお泊まり。
その間、休憩を挟みつつ延々と求め合った。
途中、彼氏から電話があったりしたけど、電話してる時に少しイタズラしたり。

彼氏とはちょっと冷めてる付き合いだったようで、その時は彼女も興奮してたけど、やっぱり浮気という関係に後ろめたさを感じたのか、「ヤメよう・・・」ということになって帰途に就いた。

でも、その3日後にはお互い気持ちが止まらなくなり、またその週末に会うことに。
金曜日は彼女がターミナル駅付近での会社の飲み会で遅くなるというので、飲み会が終わり次第そのターミナル駅で待ち合わせしようか?ということになったけど、「会社の人には見られたくないから先に私の家で待ってて」と言われた。
ちょっとリスクがあるけど、カギは封書に入れてポストに入れておく、と。

夕方仕事が終わり彼女の家に行き、ポストからカギを出して部屋で待つことに。
もうなんか完全に付き合ってる状態。
遅くなると言っていたので、またお気に入りのDVDを持参して時間潰し。
コンビニにジュースやゴムを買いに行ったりもした。

しばらくすると彼女が帰宅。
狭い玄関でディープキスをしてお出迎え。
帰宅して彼女が色々と用事をしている間、俺はDVDを観て引き続きちょっと時間潰し。
すると用事を終えた彼女が俺の名前を呼んだので振り返ると、あぐらをかいた俺の上にドシっと座ってディープキス。

それからまた一週間前と同じように激しく求め合った。
一週間前とは違って緊張もないので、俺も彼女も勃ちまくり濡れまくり。
小さなアパートだったけどそこそこ声を出し、卑猥な言葉やクサいセリフを言い合って激しくセックス。

同様に2泊3日、土曜日の昼間にマックに食料買いに行ったついでにちょっと散歩したけど暑くてすぐ帰って来て、イチャイチャ休憩を挟みつつまたエロ三昧。
台所で軽く何か調理したり洗い物したりしてる時も、「あっ・・・お鍋吹いちゃう・・・」みたいな定番エッチをしたりして。

日曜の帰る頃になって彼女の友達から電話が掛かって来たんだけど、思いっきり友達の声が聞こえた。

「今なにしてるの~?あ~彼氏といるんでしょう~?」みたいな感じ。

彼女は必死に否定しつつも、俺はそれを楽しんでちょっとイタズラしたり。
で、先週と同じように帰途に就いた。

その後、しばらく会わずにいたんだけど、しばらくして「彼氏と別れた・・・」と連絡があった。

俺はなぜか付き合いに踏み込めず、その時はそれを受け流したんだけど、またしばらくした時に俺から連絡して家に会いに行った。
彼女は心待ちにしていたようで、その時もセックスをした。
あれから1ヶ月くらい経ってたかな。

その時の彼女は生理前かなんかで発情中。
俺が行ったら彼女はすでにそんな雰囲気になっていて、優しくキスをしただけでアソコが大洪水。
同様にガンガン激しく求め合って、泊まってってと言われたけど、次の日どうしても抜けられない予定があったので後ろ髪を引かれながらも日帰り。

その後、しばらくして彼女から「彼氏が出来た」と連絡が来た。
ちょっと複雑だったけどこれで良かったのかなと思った。

その後もたまに連絡あったけど、最後の連絡はその彼氏に騙されたという相談の連絡だった。
その時点で彼女は友達の家の近くに引っ越してしまっていたので(うちからはちょっと遠方)、まぁ色々あって付き合いには踏み込めなかったけど、騙されてしまうくらいならあの時俺が付き合っておけば良かったかなと。
可哀想なことをしたと今も少し思う。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2018-09-19(Wed) 15:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*