FC2ブログ
アクセスランキング

私を本当の男にしてくれたSEXがピッタリだった女性【人妻体験談】

人妻Dは私にとって非常に感謝している女性です。何故かといえば、私を本当の男にしてくれたからです。

彼女の名前は美保子さんといいます。
彼女との出会いは、学生の時、バイトでデパートの配達をしていて、分からない家を探している時にベランダで洗濯物を干していた美保子さんにその家を尋ねたことに始まります。


美保子さんは親切丁寧にその家を教えてくれましたが、私はその間ずっとその時代全盛だったミニスカートの奥の丸見えの美保子さんの白いメッシュのパンティーを見ていました。

それから、二度ほど美保子さんの家にもお届け物を持って行ったが、愛想良く応対してくれ、ジュースなどを出してくれました。

バイトが終わりかけのお盆前、美保子さんの家にお届け物があり、チャイムを押すと、いつもの笑顔の美保子さんが出てきて、もうそろそろ来る頃だと思っていたと言いました。

私は何の事か分からずに不思議そうな顔をしていると、美保子さんは伝票の差出人を見たらと言いました。
差出人は美保子さんで自分に宛てた荷物だった。

もう暇でしょ?今日は少し上がって冷たい物でも飲んでいって言って、家に上げてくれました。十分ほどの話は主人は海外出張中で、一人で退屈だという話だった。




帰る時にバイトが終わったら、一度食事にでも行かないと誘われました。美保子さんはその時、二十九才で子供はいなかった。色白できれいな髪が胸あたりまであるヤングミセスという感じで、いつもはいているミニスカートからはキレイな足が伸びていた。


約束の日、待ち合わせ場所に行くと、美保子さんは先に待っていた。

どう見ても女子大生にしか見えなかった。私はジャズレストランに誘った。行く間ずっと私の腕を組み、恋人同士のようだった。

私は不覚にも飲みすぎて、気分が悪くなり、タクシーに乗るまでは覚えていたが、気が付くとふとんに寝かされていた。美保子さんの家だった。

私は喉が渇いたので起き上がり台所を探し水を飲んだ。寝室らしい部屋の前を通りかけた時、何とも言えない気持ちが湧き上がってきた。ドアを開け部屋に入った。

部屋は真っ暗だったが窓からの明りでベッドに寝ている美保子さんが目に入った。私は美保子さんと小さな声で呼んだ。しかし、返事はなかった。

私がベッドの横に行くと、「だめよ、出て行って。」と美保子さんが起き上がり言った。私は美保子さんの肩に手を置き、そのまま押し倒し、美保子さんの上に覆い被さった。

美保子さんは私の行為に抵抗した。

パジャマの上着のボタンを外すと、かたちの良い乳房が私の目の前に現れた。私は両手で揉み、口で愛撫した。美保子さんはそれでも抵抗していた。

私は一気にパジャマのズボンとパンティを剥ぎ取った。全裸の美保子さんは体を硬くして横向いた。私は足を広げようとしたが、かなりの力が入っており、なかなか広げれなかった。

思い切って美保子さんのあそこに手を滑り込ませ指を入れた。何度も指をピストンさすと、小さな喘ぎ声と同時に美保子さんの力が緩み始めた。私は美保子さんの足を広げると間に入り、私も全裸になった。

もう一度覆い被さると挿入を試みた。美保子さんは体をくねらせて抵抗をしたが、逆にそのことが原因ででスルッと奥まで挿入出来た。

私はゆっくりとピストン運動を繰り返した。気がつくと美保子さんの両腕は私の背中に回り、声を出しながら自分のペースで腰を動かしているのが分かった。

私は最近は早漏で悩んでいるが、この頃はかなりの遅漏でSEXには自信があった。一度抜き、私は美保子さんに後ろと言った。美保子さんは自分でうつぶせになりお尻を上げた。

私は深く挿入し、美保子さんを抱き起こし、寝転んだ。逆騎上位の形になり、美保子さんは完全にSEXに夢中になり、大きな声を出して喘ぎ、腰を上下させていた。

一回目は美保子さんのお腹の上に射精した。ティッシュで拭うとすぐ私は元気になり、すぐに挿入し、私の知っている限りの体位を試みた。

美保子さんは完全に女になっていた。外が明るくなるまで、何度も何度もSEXをした。私が目が覚めたのは昼過ぎだった。美保子さんはベッドにいなっかた。

すぐに寝室のドアが開くと、全裸の美保子さんが飲み物と菓子パンを持って入って来た。本当にきれいな体だと思った。たまらなくなり、美保子さんの腕を引っ張ってベッドに押し倒した。

美保子さんは私のモノをくわえると優しくフェラを始めた。それから、夕方まで何回しただろうか?夏休みが終わるまで毎日美保子さんとSEXした。

彼女が生理の時もタンポンを抜いてしていた。血みどろの戦いであった。休みが終わって、私の三時間ほどかかるアパートに美保子さんは月に二度ほど尋ねて来て、料理、掃除、洗濯、SEXをしてくれた。

冬になる頃、ご主人が帰国するとの事で別れることにしたが、半年ほど、かくれてホテルでSEXをしていた。私とSEXがぴったりの女性でした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-07-12(Thu) 17:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*