FC2ブログ
アクセスランキング

友達のご主人との不倫に狂っています【人妻体験談】

私は、ある人と不倫しています。
そのキッカケは……。

夫とケンカして、それが原因で夫がしばらく帰ってこなくなってしまったんです。
それで昔の職場で一緒だった恵美のところに相談に言ったんです。

そしたらたまたま留守で、恵美のご主人だけしかいなかったんです。
家に帰ってもひとりだし、愚痴も聞いてほしかったので、すぐ帰ってくるというので上がらせてもらったんです。

お酒を飲んで主人の愚痴を言って、でも恵美はなかなか帰ってこなくて、しばらくするとなんだか怪しい雰囲気になってきちゃったんです。

気付くとご主人にキスされて、胸を揉まれて、スカートの中に手が入ってきて……。
お酒が入っていたし、夫とはご無沙汰だったので、抵抗もせずにすんなり受け入れてしまったんです。


淡白な夫とは違い、ねちっこく濃密で、ご主人の愛撫を体が求めてしまうほどでした。

特にご主人のクンニが私を虜にさせました。
時間をかけて舐めるだけではなく、いやらしく伸びた口ひげがクリトリスを刺激して、じれったいような、チクチクするような、体験したことがない快感に、私は何度も絶頂してしまいました。




それだけでもう、私はご主人から逃れられなくなっていました。
口では「ダメ」と言っていても、何度もイカされた私の体は、固くそそり立ったモノを早く入れて欲しくてしょうがありませんでした。

入ってきそうになると、「ダメ」と言ってしまう私。
そのたびに、離れていくご主人のモノ。
また入ってきそうになると、「ダメ」と言ってしまう私。
その言葉に遠ざかるモノ。

こんなやり取りが30分以上続き、亀頭部分さえも入っていないのに、じらされ続けて私はまたイカされてしまいました。

私の口からもう「ダメ」という言葉は出ませんでした。
変わりに出たのは「早く入れて」でした。
それを聞いたご主人は、一気に挿入して、子宮をえぐるような勢いで突いてきました。

それは、ねちっこいオーラルセックスとは逆に、勇ましく激しいものでした。
何度も何度もイカされてからご主人は私の子宮めがけて精液を放出しました。
その瞬間、私は、完全にご主人のものになったと実感させられました。


その日、恵美は帰ってきませんでした。
話によると、地元の同窓会に出席して、そのまま実家に泊まるということでした。
ご主人に騙されていましたが、怒ることはありませんでした。
私も、その日は泊まり、いつも夫婦が寝ているダブルベッドの上で何度も抱かれました。

朝になって、私は1回自分の家に帰りましたが、またご主人に会うために、ご主人の職場に行きました。
呼び出されたのは、デパートの屋上です。

実は、このデパートは、私の以前の職場であり、夫の職場であり、恵美の元職場でもありました。
そうです、担当部署は違いますが、夫とご主人は同じ職場で働く同僚なんです。
だからご近所や学生時代の友達よりも親しく、家族ぐるみでお付き合いしていたのですが……。


私は、誰かに見付からないように、大きな帽子とサングラスをして屋上の隅に行きました。
週末や祝日には人で賑わう屋上ですが、平日の昼間にはあまり人がいません。
それでも、誰もいないというわけではないので、いつ誰に見付かるかわかりません。

もちろん、屋上より高い階にある周りのビルから見られてる可能性もあります。
そんな状況で、物陰に隠れた私のミニスカートをまくって、ねちっこくアソコを舐めくるんです。

決して静かではない屋上ですが、ピチャピチャと舐める音が響き、誰かに気付かれるんじゃないかとドキドキして、誰か来ないかと神経を研ぎ澄ませていると逆に感度が高まってきてしまいました。

もしかしたら、誰かに気付かれたり、見られたかもしれませんが、構いません。
ここに呼び出された以上、それは覚悟していたし、そのスリルが異様なまでに興奮させました。

1時間もない昼休みの間中、ご主人は私のアソコを舐め続け、私をイカせ続けました。
時間が来ると、ご主人は何もなかったようにまた職場に戻っていきました。

私は、何度もイカされましたが、何か物足りない気分でした。
だから、私はそのまま夫が働いている売り場の近くのトイレに行き、オナニーしてしまいました。

私が恵美のご主人とあんなことをしていたのも、オナニーしていたのも、夫は何も知らずに働いていると思うと、なぜか私はすごく満たされる気持ちでした。

それから私は、週に何度か、ご主人に呼び出されるたびにデパートに行き、アソコを舐められるという関係を持つようになりました。

私は、屋上でご主人のアレを受け入れたく、何度もお願いしましたが、それだけはしてくれず、月に1度か2度、恵美が出掛ける日を狙って、寝室のダブルベッドの上で抱かれるんです。

デパートでは夫や元同僚に、ベッドでは恵美に、見付からないように、バレないようにという、このスリルがどんどん私を狂わせていきました。
もう、戻ることも止めるることもできないんです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻の浮気 | 【2018-07-12(Thu) 16:10:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*