FC2ブログ
アクセスランキング

お金欲しさにデリヘルで働いたことを後悔しています【人妻体験談】

中に出されてしまった私の体験をつづります。

私は2年前に夫の収入への不満と子供の養育費用の悩みから、高収入アルバイトということで申し込んだのが、実は人妻系のデリバリーヘルスでした。

面接で店長さんから、本番は禁止とはなっているが実際はホテルでお客様とふたりきりという状況になるので、本番までは覚悟してください。と言われ、

抵抗がありましたのでお断りして帰りたかったのですが、場の雰囲気から承諾せざるを得ない状況で、いやいや登録することになりました。

でも、ある時まで、呼ばれた先で挿入されそうに、または挿れさせて欲しいと言われたとき、

「うちは本番は駄目なんです。私、家庭がある身ですので、それはできないんです。」

と言うと、けっこう

「じゃあ、その分、たくさんイカせてあげる」

といって私のアソコを攻めたり、フェラで終わってくれたりして、そんな感じでヘルスとして仕事をこなしました。

その時、私を気に入ってくれて、いつも毎月私を指名してくれる常連さんがいました。




ある時のことです。

その人からのお仕事だったので、私はうれしくてウキウキして待ち合わせ場所に行き、会いました。

そしていつものようにやさしいエッチで始まりましたが、彼が私の両脚を開き、たくさん舐められ、グチョグチョになってしまったアソコに生でアレを押付けてきました。

私はやばい!と思っていたら、

「生のおちんちんでクリちゃんをこすってあげる」

と言われ、私は気持ちよくて、さらに愛液を漏らしてしまいました。

すると彼は、私の膣口がアレを欲しそうにポッカリと口あけてるよ。。などとエッチなことを言います。

私は

「恥ずかしいから言わないで!」

と言った直後でした。

いきなり、なんの承諾もなく、生のアレを奥深くまで挿入されてしまったのです。

「あ!駄目。駄目です。お願い、抜いてください。生なんてイヤ!抜いて!」

私は力いっぱい彼を押しのけましたが、男の人の力にはまったくの無力で、彼は徐々に激しくピストンしてきます。

抵抗する私も、彼の突きに感じてしまい、とうとう生での挿入を許してしまったのです。

負けました。

正常位、横、バック、騎乗位、そして正常位に戻り、そして最悪の瞬間が。

彼が逝きそうだというので、

「中は絶対に駄目。 抜いて、外、外に!」

と言ったとき、私の中で彼のアレが一気に膨らみ、ピクッピクッ!

そして熱いものがおなかの中にビビ~と広がり、中で射精されてしまったと感じました。

彼は

「ゴメンゴメン。やっぱり生で中に出すのが一番気持ちいい。」

と言って、さらに私の脚を広げ、彼のアレが引き抜かれ、彼の精液が恥ずかしい音(ブリブリ)とともに流れだしてきたのを堪能してました。

そして、すぐさま、また生で挿入され、まだ彼のさっきの精液が私の中にたくさん残っているのに、そこにまた挿入され、

そして、また大量に中に射精されてしまいました。

私は全身の力が抜け、どうしよう!と、心ここにあらずの状態です。

そして彼との時間が終わり、お金を頂き、その日は、もう仕事する気になれず、家に向かいましたが電車の中で彼の精液がまた出てきます。

どんどん出てきて下着がベトベトの感じでした。

家に帰るなり下着はビニールにいれてゴミに捨てました。

身体を隅々まで洗い流しました。

それから・・・・次の生理は来ませんでした。

産婦人科でみてもらったら妊娠してました。

私は事務所に言うか迷いましたが、自分が悪いと言われて終わりだよと他のコンパニオンの子に言われ、私は涙がこみあげてきました。

お客さんの電話番号は知っていたので、電話してみたところ、既に電話番号を変更されたようで、逃げられてしまいました。

おそらく私に射精してすぐに変更したのでしょう。

だんなにも言えないし。。。泣きました。

悔しくて、情けなくて、罪悪感で泣きました。

そして思い切って中絶を受けたのです。

それから、デリバリの仕事を辞め、今は配送センターで事務についてます。

やはり私には愛する夫、家族があります。

お金欲しさに足を入れてしまったことに今でも後悔しています。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


風俗・デリヘル | 【2018-07-12(Thu) 15:10:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*