FC2ブログ
アクセスランキング

大学生活も終わりに近づき、北海道への一人旅で乗ったフェリーで

大学生活ももうすぐ終わり。就職も決まったし、残り少ない自由な時間を使って、女の一人旅をしてみたときの話をしたいと思います。

当時のわたしは22歳になったばかりで、バイト先で社員登用してもらうことになって、就活に苦労することもなくって、時間を持て余していました。

見た目はまぁいまどきの普通の子。身長があまり高くないのと、童顔なので、成人してもお酒買ったりするときにほぼ毎回年齢確認されるのがコンプレックス。

某アイドルグループにいそう。そこそこかわいいけど、俺でもいけるって思うレベル。とか、まぁそんなふうによく言われていました。ちなみに胸はけっこう自慢で、Eカップあったんですけどね。

どこに行こうか迷って、高校生のころ家族で訪れた北海道に、ひとりで行ってみることに。
飛行機でいけばすぐだけど、なんか風情がないなーって思って、新幹線で途中までいってから、フェリーに乗ってみることにしました。

フェリーには大浴場もついていたので、ゆっくりとお風呂につかって。
ひとりで部屋をとるだけのお金はなかったから、大部屋で。

周りでお酒を飲んでいる女の人も多くて、軽く船酔いしていたところに、おつまみのスルメやスナック菓子のにおいが入り混じって、堪えられなくなってしまい、少し風に当たることにしたのです。

甲板に出てみると、夜の海風は少し冷たくて、上着を持ってこなかったことを少し後悔しました。
でも空を見上げると星がとっても綺麗で、しばらく寒さをがまんして星を眺めていました。




気分は少し楽になってきたけれど、お手洗いに行きたくなって、船内に戻ろうとしたとき、出入口から数人の酔っ払いが甲板へ出てきたんです。

かかわらないようにしようって思って横を通りすぎようとしたら、酔っ払いがふらついてきたので、体がぶつかってしまいました。

「おぉ~?お姉さん、ひとりでフェリーかい~?」
「はじめて?船酔いは大丈夫か?」
なんて心配してくれて、いい人たちだな~って思っていたら、ひとりが、
「いやぁ、おっぱい大きいな!いいねえ~!ちょっと触らせてよ」
といって、胸をつかんできました。

彼氏はいたことはあったけど、エッチはしたことがなくって、胸を触られただけなのに怖くて動けなくなっちゃって。
「こっちこっち~」
って手を引かれるまま、影になっている場所へ連れていかれて、両手でおちんちんを握らされました。

「手ちっちゃいなぁ!背もひくいし子供みたいなのに、おっぱいだけ大人だねぇ」
「下手くそなのが逆に興奮するわ~」

好き勝手いって、おちんちんを握るわたしの手を掴んで動かして、扱かされて。もうひとりにはおっぱいを揉まれ、服もブラもまくり上げられて乳首を舐めたり噛んだりされて。

お酒臭い口でいっぱいキスをされたりして、いっときはよくなっていた船酔いがカムバック。

思わず「おええええっ」って吐いてしまって、わたしが吐いたものが、ひとりの服を汚してしまい、殴られるかも!って思ったのですが

「やっぱ初めては酔うよなぁ。かわいそうに。お姉さんも服汚れちゃったし、綺麗にしてあげるからおいで~」
手を引かれて、酔っ払いの男性たちが取っていたらしい少し小さい部屋へ連れ込まれてしまいました。

「汚れた服、早く洗っておかなきゃな」
って全部脱がされて下着姿にさせられて、後ろから胸をもまれて、前からはおまたに顔をうずめられて。

「あぁ~いいにおい……ちょっと味見♪」
おじさんがわたしのパンツを横にちょいっとずらして、直接舐めてきて。

漫画とかで見て知識としては知っていたけど、実際に経験するのとは大きく違う。
こんなに気持ちいいって思わなかったってくらい、気持ちがいい。

もう体に力がはいらなくなっちゃって、壊れた人形みたいに「あっあっ」って喘いでよだれ垂らすしかできない。
「指もすんなり入るねぇ~」
ってトロトロになった膣の中を指でゆるゆるこすられて、むずむずしてきてしまった。

「あの、おじさん……避妊きちんとしてくれるなら、その、わたしの初めてもらってください」

処女を捨てるならせめて見た目が一番かっこいい人で……と思って、一番かっこよかったおじさんのおちんちんをキュッて握ったら、
「初めて?!処女とかラッキーだなぁ!ご指名だなんてうらやましいね~」
ってほかのおじさんが、かっこいいおじさんの背中をばしばし叩いてて。

「じゃあ遠慮なく」
そう言って、おじさんがパンパンに腫れたおちんちんを押し付けてきたんだけど、たっぷり舐められて指でほぐされたわたしの中に、すんなり入ってきてしまった。

驚くことに、痛みなんてまったくない。むしろ、むずむずしていたところを熱くて固いのでこすられて、どうしようもないくらい気持ちいい。

「痛くない?」
「はいっ、あぁ、気持ちい、ぃ……」
「いいね~。初めてなんだし、もっとよくしてあげなきゃなぁ」

ほかのおじさんがわたしの乳首を舐めてきて。優しく乳輪を舌でなぞられたと思ったらピンとたった乳首に軽く歯を立てられて……。

「ここも触るともっといいだろう?」
って、またほかのおじさんが、指でクリトリスをぐりぐりといじくってきて。

結合部分からあふれるトロトロとした液体を指にたっぷり絡めているのか、にゅるにゅる擦られたりつままれたりするのが、すごく気持ちいい。

ぎゅうって締め付けてしまったみたいで、おじさんが、
「きついなぁ…もういく……っ!」
そう言って、わたしの中でいっちゃった。

ずるっと抜いたおちんちんの先に、たっぷり精液のたまったゴムが。
どんな味なのか気になって、
「ちょっとだけ、舐めてみてもいいですか?」
ってお願いしたら、
「いいねぇいいねぇ、童顔で巨乳で淫乱!!」
って大喜びで、ゴムの中の精液をたっぷりと口の中にそそいでくれた。

苦くて青臭くてまずいけど、ごくっと飲み込んだら、えっちなにおいが鼻から抜けていって、余計に興奮しちゃって。

わたし変態なのかも……って思いながら、おじさんたちといっぱいしてしまいました。

そのあとはシャワーも借りて、大部屋のものよりもしっかりとした綺麗なお布団で寝かせてもらって、朝はちゃっかりおじさんのおごりで朝ごはんをいただきました。

北海道に到着してバイバイしたけれど、働き始めてまたいつか長い休暇がとれたら、懲りずにまたフェリーに乗ろうって思います。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


処女 | 【2018-07-06(Fri) 22:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*