FC2ブログ
アクセスランキング

スケベな六十路熟女をセフレにして残業中に会社でガチイキSEX

もう5年も性ペットして飼っているセフレの六十路のおばさんがいる。


出会った頃はまだ50代だったがが還暦を過ぎても男に甘えるしか脳がないメンヘラなぽっちゃりオバサンで俺は可愛がっているんです。


ちなみに62歳のおばさんはバツ2で独身で普段は清掃員のバイトをしている。


それで俺が残業をしているとメンヘラ還暦熟女からメールがきた。


「今日はとっても会いたい。抱かれたい。

近くにいるんだけど・・」


とストレートにエロエロメールがきた。


職場にはもう僕しかいないから


「じゃあ、来なよ」

ってメールしたら

ガチャってドアが開き、ぽっちゃり豊満で厚化粧のセフレ熟女が入ってきた。


すでに会社が入っている雑居ビルの入り口にいたようだ。




とりあえずもう少し仕事をしないとヤバイと還暦熟女に伝えると


「わかった 待ってる」

といってソファに座ってまっていてパソコンで書類を作るにも色気ムンムンのセフレが気になりはかどらないww


こうなりゃ一発抜いてからと、僕は休憩する事にして63歳の豊満熟女の隣に座ると大きく背伸びをした。


するとすかさずドスケベなおばさんがズボンの上からちんぽをギュッとにぎってきた。


「ここは会社だよ」


と僕が意地悪いうと、もう我慢できないってエロい顔をしながら


「誰もいないからいいじゃん」


そういってズボンのファスナーをおろそうとした。


今日はやたら積極的だなぁ

まぁいっか


と僕はされるままズボンを脱がされた。


ムクムクと大きくなったちんぽを握り締められながらセフレババアとキスをした。


舌を激しくからめあいながら僕は服の上からセフレの垂れたおっぱいを揉んだ。


淫乱熟女はもう片方の手で僕の頭をおさえ、さらに唇を押しつけてきた。


服の下から手を入れてブラジャーを上にずらして巨大乳首をつまむと、体をビクンとさせ


「あぁ といい」


激しく舌をからませてきた。


セフレ熟女と向かい合い垂れたおっぱいの上まで服を持ち上げ巨大乳首に吸い付き、舌で乳首を舐め回したり軽く噛んだり


還暦熟女はちんぽの先から出てきたガマン汁を親指でのばしながらちんぽの先をグリグリいじってる。


「あぁ おっきくなったちんぽ舐めたい」


と淫語をいってくる。


僕はソファーにもたれかかり足をのばし、彼女はシャツとブラジャーを脱ぐとギンギンにかたくなって真上をむいているちんぽの根元をにぎり、うれしそうにちんぽをくわえ、自らイラマチオしてくる。


おおきくほおばり、根元までくわえると、ゆっくりと頭を動かし、ちんぽをあじわいながらしゃぶりはじめた。


僕はちんぽをしゃぶられながら60代熟女の垂れた巨大おっぱいをもんだり、デカイ乳首をつねったり、そのたびおばさんは体をビクンと震わせた。


彼女は頬がへこむくらい強く吸いながら

ゆっくり 舌先でちんぽの先やカリを小刻みに舐め回したり、激しくジュルジュルとエロい音をたてながら大きく頭を動かした。


僕自身の淫乱熟女の激しい口淫プレイにビクビクしながらイカされるのを我慢した。


「おまんこグチュグチュになっちゃってるから入れたい」


とパンツを脱ぎ、僕にまたがり、ヌルヌルオマンコにちんぽをあてがい、ゆっくりと腰をおろした。


「あぁ…すごい…気持ちいい」


と根元までオマンコでくわえこんだ。


ちんぽをくわえたオマンコはヒクヒクとちんぽを締め付けてきた。


僕は動かないでと、彼女を抱き締めキスをしながらお尻を両手でかかえ広げてアナルに指を突っ込んだ。


そしてドスケベ熟女におっぱいを突きだたせ乳首を舐めた。


セフレ熟女はクリを押しつけ、ゆっくりと腰を動かしながら目をつぶり


「あぁん」


と顔をしかめながら、とっても気持ちよさそう。


キスをしながら、しばらくそのままオマンコの暖かさを感じたあと、おまんこ舐めてあげるよ。ソファーにもたれかかり


「足を大きくひらいてごらん」


と言うと、スカートを脱ぎ捨て、ビチャビチャになっているオマンコをひろげた。


僕は両手でオマンコを広げ口を強く押しつけ、クリトリスを吸いながら舌をとがらせて激しく動かした。


見事なまでに超エロい63歳のドスケベ熟女は僕の頭を両手で押さえ付けクリを押しつけて


「あぁ…すごい…あぁ気持ちいい」


と喘ぎまくり。


クリトリスを舐めながら指を2本奥まで突っ込み、お腹側のザラザラしたGスポットをを激しくこすると彼女は


「あぁ~」


って大きくあえぎ、太ももで僕の頭を締め付け体を大きくのけぞり


「あぁ…イクッ…あぁ」


とオマンコをヒクヒクさせガチイキ絶頂した。


さらに反対の手の指を2本突っ込み、お尻側の奥も同時に4本で一緒にこすりながらクリを激しく舐めると


「あぁ出ちゃう なんか出ちゃう

あぁ…ダメ…ピュッ…ビュ」


…と僕の顔に熱い大量潮吹き噴射をした。


顔が還暦熟女の潮吹きでビチャビチャになりながら、さらに激しくおまんこをかき回すと


「あぁダメ…イク…イッちゃう…あぁ」


と腰を持ち上げながら体をビクビクさせて、またマジイキ絶頂した。


「入れたい…ちんぽ入れたい」


と小さな声で淫語を言うので


「オマンコにちんぽ入れてくださいでしょ

ってちゃんと言わないと入れてあげないよ」


って言うと


「わたしのオマンコにおっきいちんぽ入れてください」


と言ったので…両手で足を大きく開き、床に膝をついて…ソファーの上の彼女の真っ黒なおまんこにちんぽを突っ込んだ。


「あぁ…気持ちいい…いっぱい突いてください

…おまんこグチュグチュにしてくださいぃ」


という彼女の腰を押さえ付け、ゆっくりと腰を動かし、いやらしく出入りするちんぽを淫乱熟女に見せたり

激しくピストンしながらおっぱいをわしづかみにして荒々しく揉みしだいた。


激しくピストンするたびに


「あぁ…あぁ」


という彼女のあえぎと、クチュクチュというエロい音がオマンコから聞こえてくる。


僕もすっごく気持ちよくて


「おまんこもギュッと締まってこのままイキそう」


「いいよ…さっき気持ち良くしてくれたから

好きにイってもいいよ」


僕はおまんこの奥までちんぽを突っ込み、クリをこするように腰を押しつけ動かした。


「あぁダメ…あぁ気持ちいい

クリこすれて気持ちいい

あぁまたイキそう」


「あぁ…僕もイキそう」


腰を大きく動かしながらちんぽでオマンコの中と恥骨でクリをこすった。


「あぁイク…いっしょに」


「あぁでる…イク あぁ」


部屋の中に二人の声が響き


「イクッ…あぁ~~イク~」


と僕は真っ黒な還暦おまんこに思いっきり中出し射精した。


そしてチンコを抜き出すと、よろよろとゾンビのように起き出してエロい顔をしながらお掃除フェラをしてくる六十路のドスケベ熟女。


その後、残業を終えて一緒に御飯を食べにいき、ラブホでまたいっぱい抱いてやりました。

[体験告白][熟女][淫乱][フェラチオ][生ハメ][絶頂][中出し][お掃除フェラ][セフレ]

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking


関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-06-18(Mon) 15:10:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*